本棚付きのテレビ台をDIY|作り方から購入できる商品までお役立ち情報まとめ

1.本棚つきのテレビ台の種類を知る

本棚付きのテレビ台はテレビ周りの小物を収納したり、テレビ台だけでなく本棚としても活用できるメリットがあります。今回は、さまざまな種類がある本棚付きテレビ台の中からおすすめの商品をタイプ別・メーカー別でご紹介。DIYでテレビ台を作る方法も併せてお伝えします。

1-1.まるで憧れの壁面収納! 「一体型」の本棚つきテレビ台

こちらは一体型の本棚つきテレビ台です。下側には引き出し、横には扉付きの棚があります。本や普段は外に出しておきたく無い物を置いたりと様々な使い方が可能です。そして、こちらはなんと通常のテレビ台の約3台分の収納力があるそうです!扉を閉めれば中に入っているものはわからないので、リビングがスッキリすること間違いなしですね。

1-2.部屋のイメージをクールに 「セパレート型」の本棚つきテレビ台

 
View this post on Instagram
 

インテリア王国さん(@interior_kingdom)がシェアした投稿

こちらはセパレート型のテレビ台です。テレビの下の箱部分にはDVDデッキやCDを収納。引き出しにも色々な小物が収納できる優れものです。色合いもとてもクールでお部屋をかっこよく演出してくれます。ブックエンドがあれば本も置くこともでき、一台で何役もこなしてくれる優れたテレビ台です。

1-3.おしゃれな飾り棚?! 「ハイタイプ」の本棚つきテレビ台

 
View this post on Instagram
 

kANMURYOU バリ家具 オーダー家具 インテリアさん(@kanmuryou_habikino)がシェアした投稿

こちらはハイタイプのテレビ台です。テレビは壁に吊り下げられているので、化粧台自体に小物や写真をを飾ったりと色々とおしゃれに工夫できます。しかも収納力も抜群!引き出し&扉付きですので本やCD、DVDもリビングから中が見えることなく収納できますね。しかもオーダー家具とのことで持ち主の想いがたくさん詰まった素敵なテレビ台です。

1-4.本棚もインテリアの一部 「ロータイプ」の本棚つきテレビ台

 
View this post on Instagram
 

スタイル工房さん(@stylekoubou_official)がシェアした投稿

部屋の端から端まで本棚と一体型になったテレビ台です。高さ的に子供の机にしたり、可愛い小物を置いたりと使用用途も無限大ですね!そしてテレビを部屋の隅に置いていることによってお部屋も広く見えます。ロータイプなので圧迫感もなく空間に余裕があるように感じるのが素敵です。DIYで真似してみたくなるテレビ台です。

1-5.お部屋のアクセント! 「コーナータイプ」の本棚つきテレビ台

 
View this post on Instagram
 

m.h0meさん(@m.h0me)がシェアした投稿

部屋の角にぴったりとハマっているテレビ台です。デザインもとてもシンプルでおしゃれ!幅は120㎝あるそうですがそんなに大きく見えませんよね?台の下の部分にはDVDデッキや本など色々なものがしまえそうです。120㎝も幅があればかなりの収納力のはず。お部屋のアクセントになっていてとても素敵です。

2.本棚つきテレビ台をDIY 賃貸でもできるディアウォールのすすめ

 
View this post on Instagram
 

Keikoさん(@keiko__618)がシェアした投稿

2-1.ディアウォールとは?

ディアウォールとは2×4材の先端にはめ込める長方形のDIYアイテムです。このディアウォールはクッション性があります。この道具を2×4材の上下にはめ込むとまるで部屋のどこにでも柱を作ることができるという画期的なアイテムです。

このクッション性のおかげで、天井や床に傷をつけることなく簡単に取り外しができます。 DIYが大好きには知らない人はいないというほど大人気のディアウォール。使い方次第で「テレビ台」「机」「部屋の仕切り」など色々なものが作れてしまう大注目のアイテムといえます。また棚板や、ジョイントなどのたくさんのツールがありますので、自由な形に組み立てられるのも魅力です。

2-1-1.本棚つきテレビ台にディアウォールを活用するメリット

ディアウォールは、釘やネジなどを使用せずに好きな場所に取り付けることができるので、賃貸物件でも気兼ねなくDIYを楽しめます。また、力のない女性でも簡単に大きな家具が作れるのもメリットのひとつです。壁面だけではなく部屋の間仕切として活用したり、お部屋のイメージに合わせてカラーリングするなど、自分好みの家具を作ることができます。

2-1-2.ディアウォールを使用する際のデメリット

万能に見えるディアウォールですが、デメリットもあります。バネで固定しているため、クッションフロア・カーペット・畳など下部が沈み込場所などの固定が不安定な場所では使用することができません。必ず硬い床の上で使用しましょう。

また、バネのみで上下を固定しているので前後からかかる力に弱い性質があります。フロアの中心などで使う場合は、注意が必要です。しかし、無理やりはめたりせず、耐過重を守れば危険を回避することができます。使用の際は必ず注意書きをしっかり読んで安全に使用しましょう。

2-1-3.ディアウォールを活用した本棚つきテレビ台の作り方

必要な材料

2×4材 棚用の木材 ディアウォール L字棚受け ビス

必要な工具

電動ドリル(インパクト) 水平器 ドレッサー(半永久的に使えるヤスリのこと)※あれば便利

  • STEP.1
    柱を作る
    2×4材の上下にディアウォールをはめ込み柱を固定する
  • STEP.2
    メインの台を作る
    メインの台となる板をL字棚受けでしっかりと固定する。固定する際には水平器を使い傾きがないか調べる (テレビを載せても大丈夫か事前に耐荷重量を確認しましょう)
  • STEP.3
    好みで小さな台をつける
    付属品の板棚と2×4材を使って棚を作る (単行本などが置ける本棚が作れます)
  • STEP.4
    ヤスリで角をとる
    ヤスリをかけるのは自由ですが見栄えが良くなったり、ぶつかった時にも安心です

3.場所別|本棚つきのテレビ台と配置アイデア

テレビ台の配置場所って意外と難しいですよね?大きなリビングでもどこに置こうか迷いますし、狭小住宅だととても悩みどころ。でもなるべく大きなテレビが欲しい!そんな人にぴったりのテレビ台を紹介します。

本棚つきのテレビ台と配置アイデア① 広めのリビングには「たっぷり収納できるハイタイプ」

 
View this post on Instagram
 

孝和建設さん(@kowa_construction)がシェアした投稿

こちらはなんと広いリビングに合わせて職人さんが作って下さった特注のテレビ台です。本もたくさん収納でき、扉の配置にもこだわりが見られとてもおしゃれです。特注品だけあってお部屋のイメージにもぴったりですよね。ものが一点に集中しているのでお部屋がさらに広く見えます。

本棚つきのテレビ台と配置アイデア② ひとり暮らしのワンルームには「ロータイプorコーナータイプ」

 
View this post on Instagram
 

꒡̈⃝✰︎amiami꒡̈⃝✰︎さん(@amiami919)がシェアした投稿

一人暮らしでは、意外と場所をとるテレビ台。こちらはコーナータイプのものです。小さいながらも、実はプリンタまで収納できてしまうそうです。プリンタの横に本なども一緒に収納しておけば何かと便利ですよね。大きさもワンルームにはぴったりのコンパクトなタイプが可愛いテレビ台です。

本棚つきのテレビ台と配置アイデア③おしゃれなリビングを目指すなら「セパレートタイプ

 
View this post on Instagram
 

E-dollar_shopさん(@e_dollar_shop)がシェアした投稿

幅や角度が変えられるテレビ台です。もちろんまっすぐの方向で使うことも可能ですし、の写真の様に壁の側面に合わせてコーナーに配置することもできます。引き出しがついているので、リモコンなどのテレビ用の小物やDVD、本なども綺麗に収納できますね。一番のポイントは台の横についているデジスプレイ式の小さな本棚です。お気に入りの本を飾ると、とてもおしゃれですね。

4.おしゃれな本棚つきテレビ台を購入できるメーカーとおすすめ商品3選

ここまで色々な本棚付きテレビ台をおすすめしたり、DIYで作る方法などを紹介してきましたが、なかなか自分好みのテレビ台が見つからない。またはDIYがしたくても無理。という人におすすめの商品を3つご紹介します。

おしゃれな本棚つきテレビ台① 無印の「スタッキングキャビネット」

こちらの商品はまるでパズルの様にパーツを組み合わせていくタイプの無印良品のテレビ台です。もちろん本棚パーツもありますし、扉がついたパーツもあります。自分の好みとセンスでテレビ台をカスタマイズするのも楽しいですよ!

おしゃれな本棚つきテレビ台② バロッカ(ロウヤ)楽天ショップの「壁面収納一体型テレビ台」

バロッカが販売しているロウヤの壁面収納型テレビ台です。まるで不思議なパズルの様な形のテレビ台でディスプレイ収納がとてもおしゃれにできるタイプ。本をたくさん飾っても書斎の様になって素敵です。

おしゃれな本棚つきテレビ台③ ニトリの「フラップ式扉の飾れるTV台」

ニトリといえば困った時のニトリと言っても過言ではないほど、良くて素敵なデザインの商品が揃っています。今回の商品は少しカントリーテイストの可愛いテレビ台です。ディスプレイ扉がついているので、中に本やDVDラックをしまい、ディスプレイ部分にはお子様のお気に入りの絵本を置いても素敵ですよね。テレビよりも本好きになってくれるかも?!

5.本棚つきテレビ台を設置するときの注意点

本棚つきテレビ台を設置する時に一番に気をつけたいのは設置場所です。テレビ台を買う際に大体の場所は考えて購入されていると思いますが、実際に家の中に入れてみると思ったよりも大きかったということや、思ったよりも低く、他の家具が邪魔で見えにくいというケースも。また、ハイタイプ のテレビ台の転倒にも注意しましょう。

5-1.テレビの適切な高さ・視聴距離について

実はテレビを視聴する際に適切な高さと視聴距離があるのを知っていましたか?人は上をむくとドライアイになる確率が高くなるのです。ベストな視線の位置は下向き10〜15度。最適視聴距離はテレビの高さによって決まるので、目安として『画面の高さ×3』が最適な距離です。そしてテレビ台の高さは『ソファに座って視聴する場合、30〜50㎝が最適な高さ』となります。

5-2.テレビのサイズに合ったものを選ぶ

最近はテレビのサイズが大きなものが多いので、自然とテレビ台も大きくなりがちです。場所をとるからといってテレビとサイズの合っていない小さなものや、耐荷重量を考えて選ばないと、転倒や大きな事故につながりかねません。気をつけて慎重に選びたいものですね。

5-3.転倒防止のための対策を

ここでハイタイプ や一体型のテレビは大きくて収納もたっぷりでき便利ですが、転倒すると危険性が増します。そこで転倒対策グッズを紹介します。

耐荷収納物置

こちらは、上部に収納物置を設置するタイプです。通常の突っ張り棒と違い、収納物置の上側に突っ張り棒の様にネジで天井と棚部分を固定できるタイプのものです。このアイテムですと、収納もアップしますし、外観も崩しません。

テレビ自体にも転倒対策を!

最近のテレビは薄型で便利ですが、小さなお子さんが触ったり、地震などの揺れでテレビが転倒する場合があります。テレビ台だけでなくテレビの転倒対策もしておきましょう!こちらの商品はベルトでテレビ台とテレビを固定するものです。こういったもので固定しておけば何か合った時にも安心です

本棚つきのテレビ台に関する情報まとめ

MEMO
    【本棚つきのテレビ台の種類を知る】
  • 憧れの壁面収納!収納力たっぷりの一体型本棚付きテレビ台
  • セパレート型のテレビ台はお部屋をクールに演出
  • ハイタイプ のテレビ台は収納力抜群&おしゃれ
  • ロータイプの本棚付きテレビ台は圧迫感なく部屋も広々
    【本棚つきテレビ台をDIY】
  • ディアウォールはどこにでも簡単に設置可能
  • 床面が硬くないと設置できないのがデメリット
  • 実際にディアウォールでテレビ台を作る手順 (材料を集める・柱を作る・台を取り付ける)
    【場所別|本棚つきのテレビ台と配置アイデア】
  • 広めのリビングにはハイタイプ
  • 一人暮らしにはロー対応又はコーナータイプ
    【おしゃれな本棚つきテレビ台を購入できるメーカーとおすすめ商品3選】
  • 無印の「スタッキングキャビネット」
  • バロッカ(ロウヤ))楽天ショップの「壁面収納一体型テレビ台」
  • ニトリの「フラップ式扉の飾れるTV台」
    【本棚つきテレビ台を設置するときの注意点】
  • ベストな視線の位置は下向き10〜15度
  • 最適な距離は画面の高さ×3㎝
  • テレビサイズに合ったテレビ台を選ぶ (重さなどに耐えられる等)
  • テレビ台とテレビの転倒対策
  • 耐荷収納物置をつける
  • ベルトでテレビ台とテレビを固定
カラーボックスで作るテレビ台|強度や配線収納にこだわったDIYアイデア&おしゃれリメイク術