漫画本の収納術。おしゃれな本棚からDIYアイデアまで完全ガイド

1.本棚に漫画を収納するアレンジ&DIYアイデア

大量の漫画本をスマートに収納するには、できるだけ背が高い大容量の本棚が理想的です。

奥行きが浅い本棚を使うと、狭い部屋でもじゃまに感じることがなく、どこにどの本があるのかひと目で見渡せるというメリットがあります。逆に奥行きのある本棚を使うと、2列に収納することができるため、ほぼ同じスペースに2倍の量の漫画本を収納できます。

また、インテリアにこだわる人の中には、大量の漫画本が見えているのはカッコ悪いと感じる方もいます。漫画本は好きだし、手に取りやすい場所に置いておきたい、でもおしゃれなインテリアにしたい。そんなときは、ひと工夫して「見せる収納」を演出しましょう。

「見せる収納」には、インテリアの調和を乱すことなく、部屋の中にたくさんの漫画本を収納できるというメリットがあります。さらに、ちょっとした工夫やDIYをすれば、普通の本棚を使っておしゃれな収納を演出することも。DIY収納には、あなたにとって理想的なサイズの収納や、あなた好みのデザインを実現できるというメリットがあります。

1-1.漫画を綺麗にディスプレイ。「見せる収納」

見せる漫画収納①
思い切って本を倒してみる?


漫画本の背表紙はカラフルで、いろんな漫画本を一緒に収納しているとごちゃごちゃとした印象を受けますが、倒して収納するだけですっきりとして見えます。背表紙が隠れるため、どれがどの本か分かりにくくなるというデメリットはありますが、見せる収納をしたい方にはおすすめです。

見せる漫画収納②
オリジナルのブックカバーで見やすくおしゃれに


漫画本に無地のカバーをかけるだけで、本棚の印象はガラリと変わります。テプラなどを使ってタイトルを書いておけば、本を探すのに困ることもありません。シリーズやジャンルごとにカバーの色を分けることで、見分けやすいだけじゃなく見た目にもおしゃれに。2重のブックカバーはもとのカバーの日焼けを防ぐ効果もあります。

見せる漫画収納③
かわいいグッズと一緒にシリーズごとに棚を分けて収納


シリーズや同じ出版社ごとに棚を分けて収納すれば、漫画本のごちゃごちゃとした印象がやわらぎます。最近はかわいらしい背表紙の漫画本も増えているので、あえて背表紙を見せるとディスプレイ効果になることも。

この場合、漫画本と一緒にキャラクターグッズやマスコット人形を飾るのがポイント。色の使い方さえ気をつければ、漫画本で個性的なインテリアを演出できます。

1-2.大量の本もスッキリ。「大容量収納」

漫画の大容量収納術①
廊下の壁にフィットしたスリムな漫画収納


奥行きが薄い漫画専用の本棚なら、一般的な幅しかない住宅の廊下にも置くことができます。本棚の色と高さをドア枠とそろえれば、インテリアに統一感が生まれてより自然な印象に。

漫画の大容量収納術②
通路の手すりを兼ねた漫画収納


廊下に背の低い漫画用本棚を並べれば、手すりの代わりにもなり便利です。手すりの高さの目安は80cm前後。この高さに近いカラーボックスの高さは90cmですから少し背が高いけれど、手すりが必要な方には何も無いよりはあると助かります。最近は高さ80cmの漫画用本棚も少しずつ登場しています。

漫画の大容量収納術③
寝室の壁一面をすべて漫画収納に


部屋の壁一面をすべて漫画収納にするとやや圧迫感があるイメージがありますが、棚板の色や照明を工夫すればそれほどでもなく、むしろおしゃれな空間に。

ベッドカバーやカーテンの色と本棚の色をあわせて統一感を出し、照明の灯りが本に直接当たらないように間接照明を使い、へやの中をやや暗めにするのがポイント。ちょっとした工夫をするだけで、まるでリゾートホテルの書斎のようなインテリアが作れます。

1-3.自作でオリジナルの本棚を。「DIY作品」

おしゃれな本棚をDIY①
棚板とL型金物を使って簡単に作れる壁面本棚


窓の下や壁の上の方はデッドスペースになりやすく、DIYで棚を作れば収納スペースとして活用できます。一枚の棚板をL型金物で固定するだけの壁面本棚なら、DIYに慣れていない人でも大丈夫。棚板を支える金物にはいろんなデザインのものがあり、金物を選ぶだけでもワクワクします。

テレビも置けるおしゃれなオープンラック