本棚は北欧風がおしゃれ。 北欧家具を取り入れたトータルコーデまとめ

1.本棚を北欧風に。おしゃれインテリア実例

おしゃれなインテリアの代表格になりつつある、北欧家具。最近では低価格なものも手に入るようになり、グッと身近なものになりました。中でも北欧風デザインの本棚は、おしゃれなだけでなく形やサイズにも多様な種類があるので、お部屋にぴったりなものが見つかりそう。まずはどのようなものがあるか、実例をみてみましょう。

本棚×北欧風インテリア①
壁一面を好きな本で飾る


まるで壁一面のモザイクのように、本をたくさん収納できるこちらの本棚。特に北欧の絵本や写真集、雑誌などの背はカラフルなものが多く、それがびっしり並ぶだけでも、お部屋のデコレーションになります。棚のサイズは何種類かを組み合わせているので、ものによって収納する場所を変えられるのも嬉しいですね。

本棚×北欧風インテリア②
本棚の先は別空間。空間を仕切ってくれる本棚

本棚は壁に沿って置くものというイメージが強いですが、広い部屋の真ん中に配置することで、部屋を仕切る役割を果たすこともできます。こちらは本棚自体にも差し色が入っているため、本や置物の配置に自信がなくても、おしゃれに演出できますよ。

本棚×北欧風インテリア③
おしゃれ雑誌を活かして作る素敵空間

海外雑誌などには表紙がおしゃれなものが多いので、それをそのまま活かせる本棚があれば、インテリアの配置や選び方に自信がなくても、おしゃれな雰囲気を簡単に作れます。こちらの本棚は前面のラックを上げると、中にはさらに収納があるため、たっぷり収納も叶います。

本棚×北欧風インテリア④
宙に浮く本棚!?床面積を有意義に

家具を置くスペースが足りない!と困ったことはありませんか。日本の物件は広いものばかりではないため、大きな本棚が置けない場合もあるかもしれません。また、棚の下にはホコリなども溜まりがち。そんな問題を同時に解決してくれそうな、壁に掛けるタイプの本棚です。

本棚×北欧風インテリア⑤
大切な本はホコリからも守りたい

自分の読んだお気に入りの本を並べて、おしゃれに飾ったり眺めたりしたい。でもただ棚に置いておくだけだと、気づいたらホコリだらけになってしまうことも。こちらはガラス戸が付いているため、ホコリが溜まりにくくなります。ガラス戸で中が見えるので、ディスプレイとしての要素も諦めなくて済みそうですね。

本棚×北欧風インテリア⑥
奥行き0の”立て掛ける”本棚

なんともミニマルなこちらの本棚。梯子のようになっている部分には、雑誌など薄めの冊子を入れることができ、壁ギリギリの小さなスペースも有効活用できます。また、棚自体の重みと本の重みで移動できなくなりがちな本棚が、お部屋の色々な所に出張できちゃう優れものです。

本棚×北欧風インテリア⑦
英字の古本を並べたいディスプレイラック

絶対目を引くこと間違いなしの、おしゃれを極めた本棚。なんと贅沢な足つきのデザインとなっています。下まで棚になっていないなんて勿体無い!と思ってしまうかもしれませんが、棚の一番下に入れた本を探すのは一苦労。この本棚なら、立ったりしゃがんだりの動作とは無縁です。

本棚×北欧風インテリア⑧
本をポスターに!壁に張り付くディスプレイラック

立て掛けるものがあるなら、貼り付けるものもあります!お気に入りの本を壁一面にポスターのように飾ることもできそうなこちらのラック。やはり奥行きを気にせず、壁があればどこにでも配置できてしまう手軽さは、他にはない魅力です。

おすすめの北欧風本棚をチェック