雑誌が本棚を飾る。簡単にマネできるおしゃれ収納術まとめ

1.雑誌を本棚に収納。おしゃれ収納テクニック

雑誌をきれいな状態で保管するには、立てるのではなく横に寝かせて収納するのが理想的です。その一方で、雑誌の表紙はおしゃれなものが多いので、立てて飾ると素敵なインテリアアイテムになります。本棚に雑誌を収納するときは、寝かせる雑誌と見せる雑誌を分けるのがポイントです。

また雑誌はサイズが大きい反面、厚みが薄いものが多いので、奥行きは深いけれど高さが低い空きスペースを収納場所として活用できます。100均グッズをうまく使えば、オープンラックに雑誌をすっきりと収納するのは決して難しくありません。

そして、キッチンカウンターの側面や通路の壁面といったわずかな奥行きしかない場所にも、DIYですてきなマガジンラックを作ることが出来ます。

1-1.本棚を使った雑誌収納術

本棚×雑誌収納①
雑誌は横にして積み重ねるとたくさん収納できる


本棚に雑誌を横に寝かせて収納すると、たくさん収納できるうえ、雑誌が曲がるのを防ぐことができます。立てて収納するより見た目にもすっきりとした印象に。背表紙の色が同じ雑誌を積み重ねて統一感を出すなどして、配置を工夫しましょう。あえて色違いの背表紙を積み重ねてもおしゃれです。

本棚×雑誌収納②
フラップ扉の本棚で隠しながら見せる収納を


雑誌の収納に適している本棚と言えば、扉をはねあげるフラップ式の扉がついているタイプ。フラップ扉には雑誌を1冊立てて飾ることができ、ディスプレイラックの機能もあります。扉があるためほこりがせず、日焼けの心配もありません。リビングルームやスマートなインテリアにしたい方におすすめです。

本棚×雑誌収納③
100均のファイルケースを使って雑誌をすっきり収納


本棚に雑誌を立てて収納したいときに便利なのが、100均のファイルケース。バインダータイプやボックスタイプなど、100均にはいろんな種類のファイルケースがあり、サイズも豊富です。ファイルケースを利用すれば、横幅の広い本棚にも雑誌をすっきりと収納でき、雑誌が曲がるのも防げます。

本棚×雑誌収納④
ワイヤーバスケットを使って雑誌をおしゃれに収納


オープンラックにおしゃれに雑誌を収納したい方におすすめなのがワイヤーバスケット。ワイヤーバスケットはペーパーボックスより丈夫で布製のボックスより変形しにくく、雑誌の収納に適しています。またアイアンのバスケットは丈夫なわりにすき間が多く、中身がよく見えるので、せっかくの素敵な雑誌の表紙を隠すことなく収納できます。

1-2.本棚以外のアイテムを活用した雑誌収納術

本棚以外×雑誌収納①
テレビボードの空きスペースは雑誌収納におすすめ


テレビボードやリビングボードの棚は高さが低い反面、奥行きが深く、空きスペースの使い道に悩みますが、雑誌を収納するのには便利です。最近はレコーダー一体型のテレビが増えているため、テレビボードに使っていない棚がある方も多いのでは?

テレビの下はリビングでくつろいでいるときに手が届きやすく、テレビボードに雑誌を収納しておくと、テレビに飽きたら雑誌を読むという動線が自然に生まれます。

本棚以外×雑誌収納②
ひと工夫で衣類用のクリアケースが大容量の雑誌収納に


100均のファイルケースは本棚以外の場所でも雑誌の収納に大活躍します。特におすすめな使い方が、サイズが大きな衣類用のクリアケースに、ファイルケースを使って雑誌を収納する方法。下段の引き出しに雑誌を収納すれば、クリアケースの重心が落ちて安定するというメリットも。

ただし、上段に雑誌を入れると逆に重心が高くなって危ないので、上段にも本を収納したいときは、重さが軽い雑誌やコミック本を入れるようにしましょう。

本棚以外×雑誌収納③
間仕切り用のパーテーションは雑誌の収納場所に理想的


デスク横の目隠しや子供部屋の間仕切りに便利なパーテーションは、雑誌の収納にも役に立ちます。それに壁面を雑誌で飾ると、パーテーションで仕切られた狭い空間の圧迫感がやわらぎます。

マガジンラックがオプションとして用意されているパーテーションもあるほか、フックで引っかけるだけのマガジン収納グッズもあります。DIYで収納棚を作るのもいいですね。

帆布バッグが収納アイテムに?