本棚を取り入れたシンプルライフとは?おしゃれ収納&DIYアイデア大全

1.収納、レイアウト、DIY。本棚を取り入れたシンプルスタイルを学ぶ

シンプルライフとは、本当に必要な物だけを手元に残し、できるだけ無駄がない簡素な暮らしをすること。むやみやたらと物を捨てるのではなく、必要なものと必要でないものとを選別することで、あなたにとって本当に必要なものや、快適な生活が見えてきます。

「そう言われても何から始めればいいのか分からない!」という方は、まずは本棚の中身を見直してみましょう。ずっと持ち続けたい本と今はもう必要ない本や、いずれ必要なくなる本がそれぞれにあるはずです。

1-1.本棚を取り入れた大人向けのシンプルスタイル

「大人向け」本棚×シンプルスタイル①
壁一面の本棚も部屋を片付ければシンプルに

 

View this post on Instagram

 

mor1oさん(@na.mor1o)がシェアした投稿


あなたにとって本がかけがえのないものなら、無理に捨てる必要はありません。むしろしっかりと収納スペースを確保しましょう。

壁一面を埋め尽くす本棚がごちゃごちゃとして見えるのは、本棚の中も部屋の中も散らかっているせい。本棚にはきれいに収納し、部屋の中に本以外の「いらないもの」を置かないようにすると、こんなにもシンプルになります。

「大人向け」本棚×シンプルスタイル②
オープン本棚にすのこで扉をつくる

 

View this post on Instagram

 

kikiさん(@kiki_nekko)がシェアした投稿


本棚にパネル扉があると中を隠すことができる反面、かえって本棚が散らかることも。DIYで本棚にすのこの扉を付ければ、本棚の中を隠しつつも散らかっていると気になるという効果があり、自然と片付けるようになります。

「大人向け」本棚×シンプルスタイル③
本棚をベッドサイドに

 

View this post on Instagram

 

mitsさん(@mits3030)がシェアした投稿


寝る前に本を読む習慣がある方は、ベッドサイドの壁に本棚コーナーを作ってみましょう。よく読む本は自然と枕元の近くに集まり、ほとんど読まない本は足元へ移動するため、あなたにとって本当に必要な本が見えてきます。本棚は単調になりやすいベッドまわりのディスプレイにも効果的。

「大人向け」本棚×シンプルスタイル④
あえて小さな本棚を選ぶ

 

View this post on Instagram

 

mitsuya工房さん(@work_shop_mitsuya)がシェアした投稿


シンプルライフを実践する効果的な方法のひとつが、あえて小さな収納家具を使うこと。この場合、家具が主役と考えて魅力的な家具を選ぶとうまくいきます。値段の安い家具は捨てることに抵抗がありませんが、少し無理をして買った家具は長く大事に使いたい気持ちがつのり、自然と本棚の中を片付けるように。

「大人向け」本棚×シンプルスタイル⑤
DIYで無駄のないオリジナル本棚をつくる

 

View this post on Instagram

 

Keita Nishinomiyaさん(@keita_n_)がシェアした投稿


持っている本のサイズと量にぴったりの本棚が欲しければ、自分で作るのが一番無駄がありません。手間をかけてデザインを工夫すれば、シンプルだけど高級感のある本棚が手に入ります。

1-2.本棚を取り入れた子供向けのシンプルスタイル

「子供向け」本棚×シンプルスタイル①
子供の絵本とおもちゃを同じ場所に収納

 

View this post on Instagram

 

6440@mamezoさん(@higashi6440)がシェアした投稿


子供の絵本とおもちゃが増えすぎて、部屋の中が片付かないと悩んでいる方も多いはず。そんなときは、一旦全部を同じ場所に集めてみましょう。そうすれば何がどれくらいの量あるのか分かりやすくなり、まだ使うものともういらないものの判別もしやすくなります。

「子供向け」本棚×シンプルスタイル②
本の量にあわせて収納量を変えられるブックハウス

 

View this post on Instagram

 

citrus_booksさん(@citrus_book)がシェアした投稿


ブックハウスは家の形をしたブックエンド。中に本を収納するブックラックとしても使うことができ、おしゃれで便利な本棚として密かな人気を集めています。成長とともに本の量が変わる絵本の収納場所にぴったりです。

ディアウォールで作る絵本ラック