カラーボックスに扉をつけるDIYに挑戦♪11の素材を使った誰でも簡単にできる作り方&アイデア集

カラーボックスに扉をつけておしゃれにリメイクしよう

カラーボックスに扉をつければ目隠し収納になるだけではなく、おしゃれな家具に大変身。元がカラーボックスとは思えないくらい素敵にリメイクすることができます。あなたもカラーボックスに扉をつけて、インテリアにぴったりのオリジナルの家具を作ってみませんか?

【素材別】カラーボックスに扉を付ける方法まとめ

ラーボックスの扉を作れる素材はさまざま。ここからは、カラーボックスの扉として使える11種類の素材と、その素材を使用した扉の付け方をご紹介いたします。ほとんどの素材が100均で揃うものばかりなので、出費を抑えて気軽にDIYを楽しむことができます。ホームセンターやネット通販で購入する場合は、好みのサイズにカットしてくれるサービスがある店もあるので、初心者の方でも挑戦しやすいでしょう。注意点やおすすめ商品などの情報も併せてお伝えするのでぜひ参考にしてください。

カラーボックスの扉を作れる素材①
ガラス扉のような仕上がりになる「アクリル板」

 
View this post on Instagram
 

Mikeさん(@peddlermike)がシェアした投稿

アクリル板はアクリル樹脂で作られた板で、透明性が高く、本物のガラスのような仕上がりになるのが特徴。加工がしやすいのでDIYの素材としても多く用いられます。アクリル板は100均でも購入可能。ホームセンターやネット通販でも取り扱いがあり、お店によっては好きなサイズにカットしてくれます。 扉を作る場合は主に木材と組み合わせます。まずはカラーボックスの大きさに合わせた4つの板を用意し、強力接着剤やグルーガンで接着し木枠を作ります。そして先程の木枠よりも縦横幅を1cm程小さく作った木枠を、裏側になる面に接着します。そうすると溝ができるので、その溝に合わせてカットしたアクリル板をはめ込みます。しっかりと固定するために、強力接着剤やグルーガンを使用し、1cm幅の木材で裏側を囲うように補強します。扉ができたら蝶番と取っ手をつければ完成です。

注意点
アクリル板をカットするときは、カッターで何度か傷をつけてから力を加えると手でカットすることもできます。その際は切り口が鋭くなっているので軍手を着用したりペンチを使用するなどしてケガに注意して作業しましょう。切り口はサンドペーパーで削り滑らかにしてから使用してください。

おすすめ商品|サイズをオーダーできるアクリル板

アクリル板の厚み:1.8mm サイズ:オーダー可能 使用したいサイズをオーダーすればぴったりサイズでカットしてくれる商品。自分でアクリル板をカットする手間が省けるので効率よく作業できます。

カラーボックスの扉を作れる素材②
誰でも簡単にリメイクできる「カラーボード」

 
View this post on Instagram
 

Akihisaさん(@sergeays)がシェアした投稿

カラーボードとは、発砲スチロールを板状にしたもの。カッターやハサミでカットでき、マスキングテープやボンドで接着することができます。とても軽くて使いやすいので工作感覚で気軽にDIYを楽しむことができる素材です。カラーボックスの大きさに合わせてカットし、蝶番と取っ手をつければ完成ですが、軽さ故に扉が固定されない場合も。そんなときはマグネットキャッチを取り付け、磁力の力で扉を固定しましょう。

注意点
カラーボードは軽量で簡単にカットでる反面、強度についてははあまり期待できません。テレビなどの重いものを乗せたい場合はほかの素材を扉に使った方が良いでしょう。

おすすめ商品|磁力で扉をしっかり固定してくれるマグネットキャッチ

サイズ:39 × 38 × 16mm 小型ながらも高い吸着力を持っている商品。ABSプラスチックと金属素材が腐食・錆びを防いでくれます。

素材③
木の質感を活かせる「ベニヤ板」

薄いベニヤ板は扱いやすく、加工しやすい素材。例えば、3段のカラーボックスに扉をつけるなら、仕切りに合わせて3つ扉をつけたり、ひとつの大きな扉にしたりと好みに合わせてアレンジすることもできます。 まずは、暑さ10mm以下の薄目の角材をカラーボックスに取り付けたい扉のサイズに合わせてカットし、接着剤やタッカーで接着させて木枠を作ります。そこに木枠よりも1cm程小さいサイズのベニヤ板を貼り合わせます。3mm以下の薄いベニヤ板ならカッターでカットすることができますよ。あとは好みの取っ手を付けたりペイントすれば完成です。

注意点
タッカーを使って接着させる場合は必ず表と裏の両方をとめるようにしましょう。片面だけだとパカパカと開いてしまい固定されません。タッカーが表に見えてもカラーリングやステンシルでリメイクすれば、さほど気にならなず、アンティーク調やインダストリアル風などのインテリアにマッチします。

おすすめ商品|木材を一瞬でとめられるタッカー

(針)サイズ:幅12mm×針足4〜14mm 素材に合わせてタッカーとしてもホチキスとしても使える2WAY仕様のタッカー。木材はもちろん、バイクシート・壁紙・キャンバスなど幅広い素材に対応しているのでひとつあれば重宝します。

100均アイテムで作るカラーボックスのオシャレ扉!!