1Kなのに広く感じるおしゃれレイアウト術|インテリアコーディネーターが教えます!

事例で学ぶ!広くおしゃれに見せるコツが活用されている1Kレイアウト

家具の置き方と色の活用に分けて事例をご紹介!インスタグラムにアップされている写真と併用し、具体的にどこをどのように変えれば広く、おしゃれに見えるのかをそれぞれポイントを交えながら紹介します。

あなたのお部屋をどう工夫すれば今より広くおしゃれに見えるのか、一緒に確認していきましょう。

1-1.家具の置き方が上手な1K×レイアウト

1K×レイアウト|部屋が広く感じるアイデア①
腰の高さまでの家具で揃える

1Kで広くない部屋には、高さのある家具を置いてしまうと天井と家具の間が近くなるので、圧迫感が出てしまいがち。腰の高さくらいまでの家具で揃えると、自然と視点が下がるので、圧迫感が軽減され目の錯覚でより広く感じられます。

また、低い家具で揃えるのと、高い家具で揃えるのとでは、同じ幅なのに動線が広く見え、日々の生活も過ごしやすくなるので参考にしてみてください。

1K×レイアウト|部屋が広く感じるアイデア②
高さのあるものは部屋の後方へ…

部屋に入った際に、手前に高さのある家具があると、そこに視線が集まりがちで圧迫感が第一印象に残ってしまいます。

少しでも奥に視線を持っていくことで、狭いお部屋でも奥行きを感じ広く見える効果が!お部屋後方の角に高さのあるインテリアグリーンを設置するのがオススメ。

どちらか一方の角はベッドなどでふさがっている為、考えにくいとは思いますが、両端に同じ高さのインテリアを置くことは避けましょう。その場合は高低差をつけて奥行きにもリズムを加えるとよりオシャレに見えます。

1K×レイアウト|部屋が広く感じるアイデア③
視点を下へ!照明の演出

視線を下に持ってくるには、間接照明がオススメ。照明を床に置いたり、サイドテーブルの上にテーブルランプを灯すことで、簡単に視点を下にすることができます。

視点を下にずらすということは、天井の高さに目が行くことを避け、1Kならではの狭さを軽減する方法の1つ。さらに、間接照明を置くことで部屋の雰囲気が良くなり、視覚で広さとおしゃれさを演出可能。

1K×レイアウト|部屋が広く感じるアイデア④
ベッドの向きは部屋の長手方向に。動線確保で広く見せよう

ベッドなどの大型家具のレイアウトを考える際は、お部屋の長手方向に沿って置くと◎1Kの間取りは大体奥にベランダがあり、垂直に置くと動線的にもストレスがたまりやすく、日々の家事も大変に感じてしまったり。

たとえば、お部屋の間取りが正方形や長方形でも、人1人通れるくらいの間隔 (約60cm) が取れていれば、垂直に置いてももちろん大丈夫です。

せっかくのあなただけのお部屋ですので、なるべくストレスを避けお気に入りの空間にし毎日を過ごしましょう。

1-2.色の活用が上手な1K×レイアウト

1K×レイアウト|部屋が広く感じる色のアイデア①
狭い部屋こそ白色!

白色は膨張色なので、狭いお部屋に対して色素の薄い色を使用すると、より広く見える錯覚が起こります。賃貸の壁紙は殆ど “白色” なのでそれを上手く活かしましょう。

全体的に “白色” だと女性の可愛らしい雰囲気に。

逆に色の濃いダーク色をインテリアで揃えると、男性のダンディな雰囲気に。ほんの少し空間を引き締めたい場合は、小物(クッション、ピロー等)で使用しましょう。

1K×レイアウト|部屋がおしゃれに見える色のアイデア②3色までにまとめるとよりオシャレに!?

なぜか部屋がごちゃごちゃして見えてしまう、まとまった部屋にしたい場合は使用する色を3色までにまとめる。そうすると、簡単にお部屋に統一感が生まれます。

落ち着いた雰囲気であればニュートラルカラー(白、ベージュ、グレー等)がオススメ。北欧であればニュートラルカラーの中にビビットカラーや、パステルカラーを入れても◎

1K×レイアウト|部屋がおしゃれに見える色のアイデア③アクセント色を入れてあなたらしさをプラス!

先ほどの3色でまとめた中にあなたの好きなカラーを1点、アクセントカラーとして入れてみると、簡単にあなたらしいお部屋が完成します。

その時に、お部屋にアクセントカラーをマグカップやフラワーベースなど小さめの物に散りばめると、よりお部屋としてまとまりができ、空間が締まるのでオススメです。

1K×レイアウト|部屋がおしゃれに見える色のアイデア④天井照明をオレンジ色に変更!

あなたがおしゃれだと感じているカフェやショップの電気の色。思い出してみると、オレンジ色が多くありませんか?

オレンジ色の照明はおしゃれな雰囲気を演出してくれるのはもちろん、リラックス効果も高いと言われています。

実際に、癒しや安らぎを提供する温泉施設やホテルなども、オレンジ色の照明を多く取り入れてるようです。あなたもオレンジ色の照明を取り入れてお部屋をリラックススペースにチェンジしてみませんか?

1-3.1K×キッチン周りレイアウト

1K×キッチン|おしゃれレイアウト①
視線をシャットアウト!カーテンで間仕切り

1Kだと、どうしてもきになるのがキッチンとお部屋が繋がっていること。空間をどうにかして仕切りたい!けれど狭く見えてしまうのが気になる…。というあなたにオススメなのが、カーテンで空間を仕切るという方法。

カラーボックスなどで間仕切りをすると、どうしてもスペースをとってしまいがち。

カーテンの中でも”ストリングカーテン”は視線を遮りながらも、見た目も軽いので1Kレイアウトには最適です。

>>ストリングカーテンって??

1K×キッチン|おしゃれレイアウト②
あえて魅せる収納でカフェ感を

キッチンが小さい分、収納にも困ってしまう1Kキッチン。調理器具(フライパン等)でシンク下はいっぱいになってしまいがちなので、あえて魅せる収納でカフェ感を演出してみるのも一つの方法です。

注意
ニュートラルカラーでまとめたお部屋に対して、ビビットカラーの調理器具(トングやフライ返し等)を魅せる収納にしてしまうと、チープ感や生活感が出てしまいがち!3色でまとめたお部屋の場合、その色に近い調理器具で揃えると生活感がかなり軽減されます♩

1K×キッチン|おしゃれレイアウト③
収納を増やしながらもおしゃれ感を。キッチンワゴンが便利!

何かと自炊するには大変な1Kキッチン。少しでも作業スペースや、収納をオシャレに確保したい場合はキッチンワゴンが便利!キャスター付きなので必要な時、好きな場所に移動させるだけで作業の効率化もアップします。

海外ドラマに出てきそうな食材や小物でまとめると更にオシャレさもアップし、キッチンに立つ時間が楽しくなるかも…?

1Kレイアウトにオススメの家具

1Kのお部屋で1番のスペースを取ってしまうベッド。大型家具なので失敗せずに購入したい!と、誰でも思いますよね?そこで1K(一人暮らし)にピッタリな収納スペースを確保したものから、フレキシブルなものまで、インテリアコーディネーターのオススメをいくつかご紹介します。

2-1.1K×レイアウト|ベッド編

1K×レイアウトにオススメのベッド①
収納スペース有り

引き出し付きのベッド。収納スペースがなかなか確保できない1Kには必需品!

引き出しを開けることができるスペースが取れれば、元々付いている方がインテリア的にもまとまるので、カラーを組み合わせるのが不安な方にオススメです。

1K×レイアウトにオススメのベッド②
ベッド⇄ソファ フレキシブルインテリア

ベッドとソファ。大型家具のこの2つでスペースを取りたくないあなたにオススメなのが、両方の機能を兼ね備えているソファベッド。

状況に応じて、フレキシブルに変えることができるのでとても便利!

1K×レイアウトにオススメのベッド③
通気性も◎すのこベッド

すのこベッドはベッド下に収納ケースを2〜3個置けることが多いので、収納力も抜群。そして通気性もいいので衛生的にもオススメです。

収納ケースを選ぶ際は、ベッド下の寸法を測って-3〜4cmのものを選ぶと取り出しやすいので、くれぐれもピッタリなサイズで購入しないことに注意しましょう。

2-2.1K×レイアウト|ソファ編

1k×レイアウトにオススメのソファ①
コンパクトソファ

ソファをいざ探すとなると、膨大の中からどうやって絞り込めばいいのだろう?

そういう場合は、一人暮らしや1Kなどのお部屋にぴったりな”コンパクトソファ”で探すとより絞ることができ、時短にも。1人用のソファを置いて、お部屋で寛ぐ時間を楽しみましょう♪

1k×レイアウトにオススメのソファ②
ソファベッド

2-1でも紹介したものと同じ考え方です。ベッドは置かずにソファのみでスペースを確保したい方。背を倒すことができるタイプがあり、ソファからベッドへと簡単に変えることができます。

2-3.1K×レイアウト テレビ台編

1k×レイアウト|オススメのテレビ台①
見えない収納で生活感0!

テレビを置いた際に、気になるのが黒々としたコードやAV機器。お部屋を折角広くオシャレに見えるようまとめたのにそれらが一気に生活感を出してしまいます。

それを避けるためには、テレビ台に前板が付いているようなものを選ぶと、コードなどが隠すことができ、お部屋の雰囲気も壊さずキレイにまとまります。

1k×レイアウト|オススメのテレビ台②
高低差をつけて部屋にリズムをプラス

View this post on Instagram

@yk2121121がシェアした投稿

1Kレイアウトで家具を揃えていくと、どこか空間にシンプルさが目立ちます。シンプルなお部屋が好みの方はそのままでもちろん良いですが、もう少しスパイスを加えたい、面白みが欲しいなと感じる方は、高低差のあるテレビ台を選んでみては?

テレビを置くだけでなく、ディスプレイ棚としても活用できるのでオススメです。

1k×レイアウト|オススメのテレビ台③
伸縮性テレビボード

テレビ台に伸縮性って?と思う方もいると思いますが、1Kや一人暮らしの方には頼もしい機能。

ある程度インテリアが揃い生活していくうちに、他のインテリアが欲しくなった場合、置くスペースが確保できないときにも、簡単にスペースを確保することが可能です。

四季を感じられるものを、飾ることができる棚として使えるのもおすすめしたいポイント。

サイズ感に不安がある場合、購入後調整できるので不安も払拭でき、安心して注文できます。

おしゃれな1Kにする為の小物レイアウト術!

あなただけの空間として過ごせるお部屋。そこがあなたにとっておしゃれな場所であること、それは何気ない日々の生活からも、気持ちの温度をあげることが出来ます。

家に帰るのが楽しみ、お友達を呼びたくなる。そんな空間を作りたいと思っているあなたへ、おしゃれな1Kにする為の小物の使い方をいくつかご紹介します。

3-1.小物レイアウトで差をつける!インテリアグリーン編

1K×小物レイアウト|インテリアグリーン①
部屋後方の角へ置く

オシャレな空間には必ずと言っていいほどインテリアグリーンが置いてあり、グリーンはリラックス効果があると証明されているので、視覚から癒しを得ることができます。そんなインテリアグリーンは、どこに置いたらいいのでしょうか?

1-1でもお話したように、高さのあるものは部屋の後方に置くと、お部屋が広く見える効果が。これは家具に限らず、インテリアグリーンでも同じことなのです。

少し高さのあるインテリアグリーン(1Kなら約120〜150cm)を部屋後方の隅に置くと、同じ効果を得られる+オシャレな雰囲気に大変身!小さめ(60〜90cm)のものでしたら何か台の上に置くのも良いでしょう。

1K×小物レイアウト|インテリアグリーン②
スツールの上に…

あまり大きなものは置きたくない。そんな方には写真のように、インテリアグリーンをスツールの上に置くだけOK。本1〜2冊のうえにグリーンを飾ってもとても素敵ですので、あなたの飾りたいものと一緒に置いてみてください。

1K×小物レイアウト|インテリアグリーン③
カーテンレールにハンギンググリーン

カーテンレールを利用することで、賃貸でも簡単にハンギンググリーンを吊るすことができます。上からグリーンを落とすことで、家具の重厚感とハンギンググリーンの軽さが、いいバランスを生みよりおしゃれに。

ハンギンググリーンを2本飾る時は高さに違いを持たせると、こなれ感が出てくるのでよりオシャレなお部屋に仕上がります。

3-2.小物レイアウトで差をつける!間接照明編

1k×小物レイアウト|間接照明①
インテリアグリーンと間接照明

オシャレな空間には必ずあると言っていいほどのインテリアグリーンと間接照明。グリーンを置いた部分に、照明を配置するだけでも影の演出や、照明の温かさに感度が上がるので、就寝前のゆったりとした時間を過すのにベストな組み合わせ。ぜひ、挑戦してみてください。

1k×小物レイアウト|間接照明②
ベッド横 サイドテーブル上にテーブルランプ

お部屋全体の照明を消した際、ベッドで読書などをするのにも便利な、サイドテーブル。そこにテーブルランプを1台。1つの灯りがあることで就寝前のリラックス・安眠効果が期待されまるのでぜひ試してみては…?

1k×小物レイアウト|間接照明③
角度調整可能なフロアランプ

1Kレイアウトはシンプルな家具を選びがちで、お部屋全体に一定のリズムは生まれますが、インスタ映えやおしゃれに見えるお部屋だとどこかリズムが一定ではないことが多いのです。

それを簡単に叶えられるのがフロアランプ。角度調整が可能なインテリアの線で、不規則なリズムを演出できます。

3-3 小物レイアウトで差をつける! ラグ編

1K×小物レイアウト|ラグ①
リラックス空間にするには大きめラグ

落ち着いた、温かみのあるお部屋にするには大きめのラグを床いっぱい敷くのが良いでしょう。毛足が長ければ長いほど、温かみが増すお部屋になっていきます。

もし、毛足が長いものを選ぶ際、春から夏にかけては視覚からも暑すぎに感じてしまうので、ラグも衣替えするのがオススメ!

1K×小物レイアウト|ラグ②
スッキリ見せたい!円形ラグ

四角形のラグと違い円形は床面積を多く見せることで、スッキリとした印象にすることが出来ます。

床の範囲が見えれば見えるほど、お部屋はクールに、スッキリ見せることができるのであなたがお部屋に入った時、過ごす時、どのくらいの気持ちの温度で過ごしたいのか考えて選んでみてください。

1K×小物レイアウト|ラグ③
おしゃれに差をつけたい!カウハイド

ソファの下に敷くのも、何もないところに敷くのも良いですね。どちらとも周りのみんなとは一味違うオシャレな雰囲気を簡単につくることが出来ます。

イケア、ニトリでもファーのような物を取り扱っているので、安く手に入れて挑戦してみるのも可能。
ファーのものは女性にオススメです。

1Kレイアウトのサイズ感とは?失敗しない家具選び

いざ引っ越しをして、インテリアを設置してみると、あれ?なんかお部屋がとても狭くなってしまった。そんな経験ありませんか?

再度家具を選ぶには、時間も労力も費やしてしまいます。忙しい毎日を過ごされているあなたに時間、労力を無駄にしないための家具選びの方法を3つにまとめてみました。

4-1.思っているよりも小さめのを選ぶ!

ベッドは大体サイズ感が決まっているので、その他の家具に対してはあなたが思っているよりも小さいものを選ぶことをオススメ。

ショップで見ているときは天井の高さも、広さも違うので、実際の部屋に入れた時に圧迫感を感じることが多く、失敗する方が多いのです。

もし不安な場合は、お部屋の図面に寸法を記載し、お店に行ってみましょう。どのくらいのサイズ感になるのかショップ店員に聞くのもOK。

4-2.部屋の8割を家具で占めるイメージを!

図面上で家具を置いてみてピッタリ収まった!ここで少し想像してみましょう。図面では分からない家具の高さ。はじめにお伝えした通り、高さが高いものばかり選んでいると窮屈感が必ず出てきます。

図面で家具が詰めこまれた状態ではなく、8割を占めるイメージで考えてみることをオススメ。
図面上で余白がある分、お部屋にも余裕が出てきますので、一旦落ち着いて想像してみてください♩

4-3.インテリアコーディネートを利用する

4-3-1.インテリアショップでレイアウトを考えてもらう?!

インテリアショップで無料サービスを行なっているところがあるのを、ご存知ですか?もちろん、そこのショップ取扱商品を中心にプランニングしてくれるのですが、やはりプロの視点で考えてもらえると安心。

平面図に寸法を記載して持っていきましょう。その部屋に会った家具を提案してくれるので、きっとお気に入りのインテリアが見つかるはずです。サイズ感を参考にしながらインテリアを探してみるのも一つの方法です。

《無料サービス実施中!インテリアショップ》

都内でインテリアコーディネートの無料サービスを実施しているショップをいくつかご紹介。時間がない方に特におすすめのサービスです。

■Francfranc

コストパフォーマンスが優れ、女性にも大人気なFrancfranc。最近は、モダンよりの商品も増えてきているので、誰でも気軽にインテリアを楽しめるようになっています。

■IDC OTSUKA

インテリアの大企業と言ったら大塚家具。多くのショップの商品をセレクトしているので、1つのショップ商品に限られず提案してくれるので、おすすめ。インテリア価格は高め。

■Rigna

今流行りのインテリアテイストを得意とするリグナ。多くの撮影セットも手がけており、インテリアグリーンとの相性が抜群。男女問わず人気のインテリアショップ。

■a.flat

リゾートテイストを得意とするa.flat。お部屋を南国イメージにしたい方におすすめのインテリアショップ。

■ACTUS

インテリアコーディネーターは誰もが利用したことあるACTUS。自社ブランドからセレクトまで幅広い商品を取り扱っており、流行にも敏感。お店に行くだけでも雰囲気を楽しめるのでおすすめなショップ。

注意
ショップの商品を検討しているお客様対象になりますので、ご了承ください。

4-3-2.ネットで解決! インテリア コーディネートサイト(アプリ)

インテリアショップに行く時間も取れない!そんな忙しいあなたにピッタリなのが、オンラインやアプリなど直接出向くことなくコーディネートしてくれるサービス。平面図や寸法など必要な情報を用意し、問い合わせると格安で提案してくれるところも。そんなサイトとアプリを2点ご紹介。

■Karen

プロのインテリアコーディネーターを集め、希望の予算や、テイストを選ぶだけでプランニングしてくれるアプリ。スマホ1つで簡単にやり取り可能。

■Onnela decor

プロのインテリアコーディネーターが、オンラインでお部屋をコーディネートしてくれるサイト。対応時間はなんと、24時間365日!あなたの都合に合わせて連絡可能なので、自由時間が夜遅い方でも対応してくれます。

1Kレイアウト 重要ポイントまとめ!

MEMO
    《1Kを少しでも広くオシャレに見せるには》
  • 膨張色のカラーをメインに!使用するカラーを3色にまとめる
  • 高さのある家具やインテリアグリーンは、お部屋後方に置いて奥行き感を出す
  • 天井照明や間接照明を使って視点のバランス/雰囲気を整えよう
    《インテリアを選ぶときは詰め込みすぎ注意》
  • ベッドやソファを選ぶときは、人が通れる約60cmをなるべく確保
  • 高さのある家具を少なめに、腰の高さより低いもので揃えよう
  • お店でみるときは、お部屋の広さを頭に置いてイメージ
    《1番大事なのは楽しむこと!!》
  • お部屋で”どんな生活をしたいか”想像して、ワクワクを感じられるお部屋にすること
  • SNSでお気に入りのお部屋を保存しよう!
  • 時間がない方はプロの力を借りるのが◎一緒にお部屋を考えてもらう