単行本を本棚に収納。技ありアイデアから収納のポイントまで完全ガイド

1.単行本の収納方法。おしゃれにアレンジするアイデアを学ぶ

コレクション目的の単行本は、できれば目に付く場所に収納したいもの。背表紙の装丁が豪華な単行本は、1冊でもおしゃれなインテリアアイテムになります。 その一方、インテリアより本の状態のほうが大切なら、湿気や日焼けを防ぐために収納ケースに入れてラックやクローゼットに保管するのがおすすめ。単行本を収納できるケースは100均でも手に入ります。

1-1.単行本を本棚へ。おしゃれに収納するアイデア

単行本×本棚のおしゃれ収納術① グリーンと一緒に飾る

 
View this post on Instagram
 

ユウコさん(@yucohb)がシェアした投稿

インテリアグリーンは部屋の中にいて自然を感じられる人気のアイテム。本棚にもグリーンを飾ると、部屋の雰囲気がグッと明るくなります。 グリーンに湿気はつきものなので、本の横に飾るのは多少のリスクがありますが、グリーンの隣にはある程度のスペースを空け、室内の湿度管理に気を配っていれば、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。心配な方は、少しの水があれば生きられる多肉植物やサボテンを選びましょう。

単行本×本棚のおしゃれ収納術② 隙間をあけて「見せる」収納を

 
View this post on Instagram
 

デコラティブブックス専門店 Gossa Booksさん(@gossa_books)がシェアした投稿

せっかく装丁がおしゃれな単行本を、背表紙しか見せないのはちょっともったいないですよね。本棚は本を収納する場所ではなく、本を「見せる」場所と考えてディスプレイしてみましょう。雑貨をいっしょに飾らなくても、単行本だけで十分に本棚をおしゃれに演出できます。

単行本×本棚のおしゃれ収納術③ 小屋裏スペースは壁面収納におすすめ

 
View this post on Instagram
 

犬と暮らす平屋さん(@dream.house.yukikoko)がシェアした投稿

窓が小さな小部屋や小屋裏収納は日焼け対策も湿度管理もしやすいため、本を収納するのに理想的です。ロフトは天井高が低いので一番上の棚にも手が届き、本棚用の椅子やはしごは必要ありません。部屋の中に本棚を並べてロフトをベッドコーナーとして使っている方は、ためしに居室にベッドを置いてロフトを書架にしてみるのもいいかも。

単行本×本棚のおしゃれ収納術④ 大事な本は扉付き収納に

 
View this post on Instagram
 

minminさん(@amiagram)がシェアした投稿

本をきれいな状態で保管したいけれど、すぐに手に取れる場所に置いておきたいなら、扉付きの本棚を使うのがおすすめ。本棚のすべての棚に扉がついていると本棚っぽくなくて味気ないですが、部分的にオープンラックがあれば本棚らしさを演出できます。

単行本×本棚のおしゃれ収納術⑤ 本も雑貨のひとつと考えて「飾る」

 
View this post on Instagram
 

interiorworks[インテリアワークス]さん(@interiorworks_store)がシェアした投稿

本棚そのものがかわいらしくて絵になるときは、あえて本棚としては使わず、本棚を「見せる」ための小物として本を棚に飾るという考え方も。厚みのある単行本は本棚を飾る本に最適です。雑貨やバッグを飾っている棚にさりげなく数冊の単行本を一緒に並べると、ディスプレイが引き締まり知的な印象に。

1-2.100均の収納ケースを使ったアイデア

100均×収納ケースのおしゃれ収納術① ケースに入れてから本棚へ

 
View this post on Instagram
 

KAORIさん(@r_jem_k)がシェアした投稿

大事な単行本を本棚に出しておくか、ケースに入れて押入れに収納するか悩んでいるようなら、ケースに入れて本棚に収納するという方法も。こうすれば、ほこりや日焼けで本が傷むのを防ぎつつ、いつでもすぐに本を手に取れます。本棚の見た目もすっきりに。

100均×収納ケースのおしゃれ収納術② コミックボックスを活用

 
View this post on Instagram
 

あーにゃさん(@anya_v_11)がシェアした投稿

100均のコミックボックスにはB6判のコミックが入るものが多く、単行本の収納にも活用できます。積み重ねができるものや、部屋の中に出しておいても絵になるおしゃれなパッケージも。

100均×収納ケースのおしゃれ収納術③ A4サイズのファイルボックスを使う

 
View this post on Instagram
 

maaco & mcさん(@maaco.uw)がシェアした投稿

縦置きにも横置きにも使えるデザインのファイルボックスは、本棚の中でブックエンド代わりになるだけじゃなく、カウンターの上にポンと出しておいても様になります。たくさん並べるより、さりげなく2~3個だけ並べるほうが自然な印象に。単行本と一緒に雑誌を収納して無造作感を演出するのもおしゃれです。

100均×収納ケースのおしゃれ収納術④ 持ち手付きのプラケースに

 
View this post on Instagram
 

まるさん(@maru7520)がシェアした投稿

持ち手がついているプラスチック製のハードボックスは、重い単行本の収納にぴったり。本棚の上のほうやクローゼットの奥に入れておいても取り出しやすく、持ち運びも楽です。そのままデスクやカウンターの上に出しておけば、机の上が本で散らかる心配もありません。

100均×収納ケースのおしゃれ収納術⑤ リメイクシートでデコレーション

 
View this post on Instagram
 

simproom/暮らしの記録さん(@simproom)がシェアした投稿

100均グッズを本の収納に活用したいとき、役に立つのは入れ物ばかりではありません。100均のリメイクシートをいま本を入れている段ボールに貼るだけで、ただの段ボールがおしゃれな収納ケースに。クリアケースに入れている本が外から見えないようにしたいときにも、リメイクシートは役に立ちます。

2.単行本の収納に相応しい本棚・収納グッズを購入する

ここでは単行本を収納するのにおすすめの本棚をご紹介します。単行本のサイズは一定ではないので、本棚を選ぶときはいま持っている単行本がギリギリ入るサイズではなく、収納スペースにある程度の余裕があるものを選びましょう。ほこりや湿気から大事な本を守るために、単行本が入る収納ケースを活用するという手もあります。

2-1.単行本とは?

「単行本(たんこうぼん)」とは、一冊だけ単独で刊行された本のことです。全集やシリーズ本の対語として使われることばで、単行本として発売されたあと、さらに売れ行きが期待できる単行本はのちに文庫本として刊行されます。始めから大きな売れ行きが見込める本は、単行本と文庫本を同時に刊行するケースもあります。 単行本ということばは主に小説やエッセイに対して使われますが、広い意味では1冊で完結する漫画本も単行本と言えます。また海外で日本のコミック本を「tankōbon」と呼ぶことが定着したため、国内でも漫画本を単行本と呼ぶようになりました。

2-2.単行本のサイズ

単行本のサイズにも製本の仕方にも厳密な決まりはありませんが、広く用いられているサイズをいくつかご紹介します。

・B6判 横128mm×縦182mm ・四六判 横127mm×縦188mm ・新書判 横112mm×縦174mm ・菊判 横150mm×縦220mm

ここでひとつ注意が必要なのは、「判」のサイズはあくまでも「本編の紙」のサイズであって、「本」のサイズではないということ。単行本は一般的に硬くて丈夫なハードカバーで製本されますが、ハードカバーは中(本編)の紙よりカバーのほうが少し大きなサイズになっています。 なお参考までに、青年コミックや女性コミックといった大人用の大きなサイズの漫画本もB6判です。

2-3.単行本の収納に相応しい本棚

単行本×おすすめの本棚①奥行き15センチの本棚

高級感のある単行本の収納にふさわしい、天然木製のスリム本棚。背板を無くすことで奥行きを15cmに抑えています。一般的な単行本のサイズはB6判か四六判。この場合、ハードカバーも含めた本の奥行きは13.5~14cmほどなので、本棚の奥行きが15cmあれば十分に収納できます。

単行本×おすすめの本棚②本が探しやすい回転式の本棚

スチロール製のリーズナブルな回転式本棚。収納スペースのサイズは奥行き14.3×高さ21.9cmと、単行本が収納できるように考えて作られています。 省スペースにたくさんの本を収納できる回転式の本棚はとても便利ですが、値段は決して安くありません。中には組み立て式にすることで価格を抑えているものもありますが、回転式本棚を組み立てるのは大変です。けれどスチロール製なら木製の本棚より重さが軽く、簡単に組み立てられます。

単行本×おすすめの本棚③大容量収納できる壁面収納型の本棚

単行本は丈夫で存在感のある本棚に収納したいという方におすすめの本棚。棚板1枚あたりの耐荷重は20kgもあり、重い本やたくさんの本を安心して収納できます。奥行きは30.5cmあるので2列収納も可能。棚板は可動式ですから、いろんなサイズの本を一緒に収納できます。

単行本×おすすめの本棚④サイズがオーダーできる本棚

本棚の横幅と高さを1cm単位でサイズオーダーできる本棚。奥行きは19cm、31cm、40cm、46cmの4サイズから選べるほか、カラーは10色から選べます。幅木よけやケーブル穴を開けるといったうれしいオプションもあるなど、まさに「かゆいところに手が届く」本棚です。

2-4.単行本を本棚以外の場所に収納したいときのお役立ちグッズ

単行本×おすすめの収納グッズ①ダンボール

A4サイズの書類入れとして作られた、フェローズ社の「バンカーズボックス」。耐荷重性に優れており、重い単行本も安心して収納できます。定番品の白いボックスもシンプルでおしゃれですが、木目模様の段ボールはアンティークな風合いがあり、単行本の収納にぴったりです。

単行本×おすすめの収納グッズ②収納袋

通気性に優れた不織布の収納ケース。高さが20cmあるので四六判の単行本も収納できます。正面は透明窓になっており、中身をひと目で確認できるほか、両サイドには持ち手が付いているため、高い位置にある棚に乗せていてもすぐに引き出せます。

単行本×おすすめの収納グッズ③収納ケース

ビビッドな色がかわいらしい、ベルメゾンのコミック収納ケース。BIGサイズのコミックが入るようにひと回り大きなサイズになっているため、単行本の収納にも利用できます。ベッドの下やスチールラックなど、部屋の中の目に付く場所に収納ケースを置きたい方におすすめです。

3.単行本を本棚に収納するときの注意点

値段が高い単行本は、できるだけ長くきれいな状態を維持したいもの。そのためには、湿気によるカビや虫害への対策が重要になってきます。本棚でも使える除湿シートを利用したり、本棚に湿気がこもりにくい収納を工夫をしましょう。

3-1.湿気対策

3-1-1.本棚の間に隙間をあけて収納する

本棚の幅いっぱいにぎゅうぎゅうに本を収納すると、湿気がこもりやすくなります。本と本の間にほんの少し隙間をあけて収納するだけで、湿気対策には大きな効果が。本棚にかっこよく隙間をあけたいときは、ブックスタンドを活用すると便利。おしゃれなアイアン製のブックスタンドなら、置き場所を取らずに本棚をデコレーションできます。

3-1-2.本棚の下に「除湿シート」を敷く

本棚にできるだけたくさんの本を収納したい方におすすめなのが、本棚に除湿シートを敷く方法。脱臭効果や防ダニ効果もある、本棚用に作られた除湿シートもあります。

3-2.防カビ・防虫対策

3-2-1.防カビ機能のある「除湿剤」を置いておく

本棚に湿気がこもると起きる問題のひとつが「カビ」。湿度管理をしっかり行っていれば基本的にカビの心配はありませんが、防カビ効果がある除湿剤を本棚に置いておくと、なお安心です。一見、おしゃれな雑貨にしか見えない、かわいらしい形をした炭の除湿剤もあります。

3-2-2.「防虫剤」を入れておく

本棚に湿気がこもると起きるもうひとつの問題が「虫」。正確には、湿気がこもった結果カビが生え、そのカビをエサにしている虫がどこからともなく集まって来ます。本棚に防虫剤を置いておけば、仮に湿気がこもっても大量の虫が集まるのを防ぐ効果が。アレルギー体質の人でも安心して使える、天然の成分だけで作られた防虫シートもあります。

単行本×本棚収納のまとめ

MEMO
    【単行本の収納方法。おしゃれにアレンジするアイデアを学ぶ】
  • 単行本の横にインテリアグリーンを飾る
  • 単行本は隙間をあけて「見せる」収納を
  • 小屋裏スペースは壁面収納におすすめ
  • 大事な単行本は扉付きの本棚に
  • 単行本を雑貨と一緒に本棚に「飾る」
  • 単行本を収納ケースに入れてから本棚へ
  • 100均のコミックボックスを単行本の収納に活用
  • A4サイズのファイルボックスに単行本を収納する
  • 持ち手付きのプラケースは単行本の収納に便利
  • 100均のリメイクシートで段ボールをデコレーション
    【単行本の収納に相応しい本棚・収納グッズを購入する】
  • 単行本とは?
  • 一般的な単行本のサイズはB6判と四六判
  • 単行本をスマートに収納できる奥行き15センチの本棚
  • 本を探しやすい回転式の本棚
  • たくさんの本を収納できる壁面収納型の本棚
  • サイズオーダーができる本棚
  • 単行本の収納に便利な段ボール
  • 単行本を収納できる不織布の収納袋
  • カラフルなプラスチック製収納ケース
    【単行本を本棚に収納するときの注意点】
  • 湿気対策に本棚には隙間をあけて本を収納する
  • 本棚専用の「除湿シート」を利用する
  • 防カビ機能のある「除湿剤」を本棚に置く
  • 安心して使える植物由来の防虫剤もある