リビングのレイアウトでもう悩まない!快適リビング完全ガイド

1.リビングのレイアウトを考える

リビングは『食事をする』『家事をする』『大切な人と会話を楽しむ』など様々なシーンを過ごす空間です。インテリアのレイアウトを考える時に部屋の形が大きく影響しますが、今回は居心地のよい快適なリビングにするためのレイアウトをご紹介します。

代表的なリビングの形は「縦長」「横長」

「縦長」のリビング

画像出典元:あなぶき興産
画像出典元URL:https://www.anabuki-style.com/nishinodoi/plan/c-type.php

「横長」のリビング

画像出典元:あなぶき興産
画像出典元URL:https://www.anabuki-style.com/nishinodoi/plan/a-type.php

リビングは主に「縦長」と「横長」の間取りがあります。バルコニーに対してキッチン、ダイニング、リビングが縦に並んでいるのが「縦長」、横に並んでいるのが「横長」です。それぞれの特徴を理解すると自分に合ったリビングが作りやすいですよ。

リビングの形別メリット・デメリット

「縦長リビング」のメリット・デメリット

画像出典元:あなぶき興産
画像出典元URL:https://www.anabuki-style.com/nagaoka/modelroom.php

「縦長リビング」の場合、バルコニーに面しているリビングの隣に、居室(洋室や和室)がある間取りが多いです。

縦長リビングのメリット

・リビングと隣の居室がバルコニーに面しているのでどちらも日当たりが良くなる
・リビング・ダイニングの壁面積が多いので、家具を置く面積が増える

縦長リビングのデメリット

・バルコニーからダイニング・キッチンが離れているので、日当たりが悪い場合がある
・廊下からリビングに入ってきた時に全体が見えるので、家具のレイアウト次第で狭くみえることがある

「横長リビング」のメリット・デメリット

画像出典元:あなぶき興産
画像出典元URL:https://www.anabuki-style.com/nishinodoi/modelroom/

「横長リビングの場合、リビング・ダイニングがバルコニーに面しているので、隣の居室は廊下側にずらしている間取りが多いです。

横長リビングのメリット

・リビング・ダイニングがバルコニーに面しているので、どちらも日当たりが良くなりキッチンまで明るくなる
・リビングとダイニングそれぞれ用途のゾーンを分けやすい

横長リビングのデメリット

・縦長リビングに比べてリビング・ダイニングの壁面積が少ないので、家具を置く面積がやや少ない
・廊下からリビングに入ったとき、バルコニーまでの奥行が短いと狭くみえることがある

リビングに欠かせない家具をご紹介