カラーボックスの比較&辛口評価|6社のカラボを実際に組み立てたからわかったこと

□無印のカラーボックス

①ケチャップ汚れ
無印 カラーボックス ケチャップ比較

無印 カラーボックス ケチャップ比較2
紙のような素材なのでケチャップの油分や水分が染み込んでしまうかと思いましたが、無印のカラーボックスもケチャップをすばやく拭き取ればきれに落とすことができました!

②油性マジックの汚れ
無印 カラーボックス マジック 比較

無印 カラーボックス マジック 比較2
マジックの汚れは、すばやく拭き取っても(右側)文字が読めるくらい残ってしまいました。(左側)時間を空けるとインクが板にさらに染み込んでいってしまい、拭いてもあまり文字を薄くすることができません。

さらに、ウェットティッシュで文字を書いた部分をごしごし拭いていたらティッシュの水分が板に染み込んでいってしまい、画像のように色が変わってしまいました。他のカラーボックスと比較すると、マジックなどの汚れには弱いようです。

□IKEAのカラーボックス

①ケチャップ汚れ
IKEA カラーボックス ケチャップ 比較

IKEA カラーボックス ケチャップ比較2
ケチャップはご覧の通りきれに拭き取ることができました!

②油性マジックの汚れ
IKEA カラーボックス マジック 比較

IKEA カラーボックス マジック 比較2
白い板ではマジックのインクが残りやすく、目立ちやすいのではないかと思ったのですが、(右側)すぐに拭き取れば意外ときれいになりました!ただ、1分以上時間を空けてしまうと、油性のインクが板にしっかりと染み込んでしまったようで、ウェットティッシュでどんなに強くこすっても多少薄くはなるものの、じんわりと汚れが広がってしまい悲惨なことに…

やはり白い家具と黒いインク汚れは相性が悪いようです。女性はアイライナーやマスカラなど、メイク道具の収納に使う際には注意した方がいいと思いました。