子供部屋レイアウトのお悩み解決!心地よく過ごせる空間づくりアイデア集

1.子供部屋のレイアウトづくりを成功させるための準備とポイント

インテリアコーディネートや模様替えを考えるときは、行き当たりばったりだとサイズが合わなかったり、全体が調和せず失敗してしまうことも。

お料理でも、完成イメージがなければ難しいですよね。子供部屋レイアウトづくりを成功させるために、取りかかる前に少しだけ準備をしてみましょう。

1-1.紙とペンとメジャーの3つのアイテムで失敗しないレイアウトを

子供部屋のレイアウトを考えたいけれどまず何から始めてよいかわからない。そんな方は、「紙」「ペン」「メジャー」の3つのアイテムを使って実際のお部屋のサイズを測って描いてみましょう。

さらに、購入予定の家具や使っている家具などを書き込んでいくと、具体的なイメージが湧きやすくなります。

1-2.手書きが面倒な方はアプリやWEBサイトでシミュレーションもできる

手書きで書くのはちょっと面倒という方は、アプリやWEBサイト上でシミュレーションしてみるのもおすすめです。

カリモク家具3Dシミュレーターはログイン不要で便利

おしゃれな家具で有名なカリモク家具の3Dシミュレーターは、手間のかかる会員登録も不要ですぐにイメージが作成できるのが便利。操作も直感的でわかりやすいです。

カリモク家具 3Dシミュレーター

無印で子供部屋の家具購入検討中なら公式サイトで

無印良品で子供部屋の家具を購入予定の方は、無印良品のアイテムでお部屋のレイアウトイメージがしやすい無印良品のサービスがおすすめです。

無印良品では、ご自身で無料でシミュレーションすることも、店頭で知識を持ったスタッフの方にアドバイスをもらいながらシミュレーションすることも可能。店舗に行く際は、なるべくお部屋のサイズを事前に測ってから相談してくださいね。

無印良品 インテリアシミュレーター

unicoのシミュレーターは家電も置けてよりリアルに

unicoのシミュレーターは、選べるアイテムの中に家電やインテリア小物があり、より実際の暮らしに沿ったレイアウトづくりにぴったり。インテリアのイメージも掴みやすいです。

unico 3Dシミュレーター

2.みんなどうしてる?3〜6畳の部屋サイズの子供部屋レイアウト(ひとりっ子編)

どのおうちでもお子様のお部屋がいちばん大きいおうちは少ないですよね。

小さなお部屋が割りあてられがちな子供部屋だけれど、限られたスペースでなるべく子どもが心地よく過ごせる空間を作りたい!そんなパパママに3〜6畳のお部屋におすすめのレイアウト案をご紹介します。

2-1.太陽の光を取り入れよう!お部屋が広く見える3畳の子供部屋レイアウト

決して広いスペースとはいえないけれど、広くてくつろげるように工夫することはできる3畳のお部屋。窓からの光をさえぎらないように、ベッドとデスクを配置することが大切です。設置する家具はお子様の性格や暮らしに合わせて選びましょう。

子供部屋×3畳のレイアウトアイデア①
ミドルベッドを角にレイアウトして縦のスペースを活用


ミドルベッドをお部屋の奥側にレイアウトしてベッド下の空間も活用したアイデアは、ベッド下に収納もでき活動できる範囲も広がります。元気でわんぱくなお子様にぴったりです。

子供部屋×3畳のレイアウトアイデア②
学習机にこだわらない。デスクの窓際レイアウトで自然光の中で勉強を


デスクを窓の前に配置したレイアウトは、小さめのデスクを窓際に置くと光をさえぎらず狭さを感じません。日中は手元が明るいので、勉強したり何かを描くことが好きなお子様にぴったりのレイアウトです。

リビング学習をする子供向けのレイアウト