本棚に引き戸をつける。DIYアイデアや厳選アイテムなどを大特集

1.本棚×引き戸。おしゃれな本棚からDIYアイデアまで事例を参考にする

こちらでは、お部屋に置きたい素敵な引き戸付き本棚をご紹介します。家具の一部に収納があるタイプのものも、スペースを有効活用できるものなど、用途に合わせて選ぶことができます。 また、引き戸付き本棚はDIYも可能。本記事では、作り方と共にアイデアも豊富にご紹介いたします。

1-1.おしゃれな引き戸付き本棚

【本棚×引き戸】おしゃれな引き戸付き本棚①
ソファーと一体化?!本棚に見えない本棚

こちらは、ソファーの下に引き戸付き本棚が一体化されたもの。ソファーは部屋の中で大きな場所を取ってしまいがちですが、こういった隠し収納が少しあると、子供の絵本や、コミックなどを来客時にサッと隠すことができるので、とても便利ですよね。

【本棚×引き戸】おしゃれな引き戸付き本棚②
全て隠すことも可能!変幻自在な引き戸付き本棚

こちらは、リビングに施された引き戸付き収納。全て隠すことも可能ですし、写真のように、少し引き戸を開けて本や観葉植物などをディスプレイして、おしゃれな空間にするのも素敵ですね。

【本棚×引き戸】おしゃれな引き戸付き本棚③
カリモク家具でおしゃれ空間を

有名な家具メーカー、カリモク家具が手がける、引き戸付き本棚収納。引き戸板は収納幅の半分サイズですが、片方は引き出しタイプ、片方は棚タイプになっているので、好きな方に寄せて使うのも良いでしょう。 お部屋のどこに置いても馴染みそうなシンプルなデザインかつ、工夫が施されたアイテムです。

【本棚×引き戸】おしゃれな引き戸付き本棚④
壁一面の大収納!引き戸付き本棚

こちらは、全面収納可能な引き戸付き本棚。ごちゃごちゃしているたくさんの本も、引き戸付き収納で隠してしまえば、お部屋の中もスッキリしますよね。 さらに、目線の高さにガラス張りの収納棚があるので、こちらにはお気に入りの本や、大切な食器などを置くのはいかがでしょうか。見せたくないものは全て引き戸の中にしまって、素敵なディスプレイを楽しんでみてくださいね。

【本棚×引き戸】おしゃれな引き戸付き本棚⑤
こんなところに本棚が!絶好の隠し場所

こちらは、部屋の仕切りを使用した引き戸の本棚。リビングから見るとただの仕切りですが、後ろに仕切りを引き出すと、なんと本棚が出現します!スペースも有効活用でき、他人に見られたくない本も隠してしまえるかも・・・?

1-2.本棚に引き戸をつけたDIY作品

【本棚×引き戸】DIYアイデア①
好きなモチーフを扉に施した引き戸収納

こちらは、猫をモチーフにしたハンドメイド作品。自分で全て作るのは難しいかもしれませんが、既製品の引き戸収納や本棚の扉に好きなモチーフを描いてみてはいかがでしょうか? 動物や車のシルエットなど、ネットでも探せばたくさん出てきます。お子様の好きなモチーフにして、おもちゃを片付けてもらうという手も♪ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【本棚×引き戸】DIYアイデア②
引き戸の中にも引き出しをDIY

こちらは、引き戸の中にも引き出しをつけたアイデア。取手をわざわざ取り付けなくても、丸く開いた穴に指を入れることで引き出せるので、簡単にDIYできますよね。 引き戸を閉めて収納の中身を全て隠すことも可能ですし、よく使うものであれば開けっ放しでディスプレイすることもできます。細々した小物は引き出しの中にINして、ディスプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【本棚×引き戸】DIYアイデア③
机にもベンチにもなる引き戸付き本棚

こちらは、お部屋の角に置いても映えるオーシャンブルーで色を塗った引き戸付きの本棚。ちょうどいい高さなので、床に座って机がわりに使用したり、ベンチがわりに腰掛けても使えるアイテムです。 棚の半分のサイズの引き戸板がレールの上に設置してあるので、どちらかの端に寄せて片方をディスプレイ用にしてもいいですね♪

【本棚×引き戸】DIYアイデア④
部屋に馴染む木材の本棚

こちらは、木材の素材を生かした色合いで作られた、引き戸付き本棚のDIYアイデア。DIYならではこそ、好きな高さに棚を設置したり、取手のデザインを変更することもできます。 こちらも半分しか引き戸板がないタイプなので、見せたくないものは引き戸の後ろに隠すことも可能です。

【本棚×引き戸】DIYアイデア⑤
手持ちの本棚も工夫して

こちらは、引き戸の中を収納ボックスなどを利用してうまく収納しているアイデア。本はわかりやすいようにそのままで、ブックスタンドを用いて高さを有効活用していますね。 今お持ちの本棚や収納棚にも、こういう収納ワザを使えるのではないでしょうか。買い換える前に、一度検討してみてくださいね♪

2.本棚に引き戸をつける方法。簡単にできるDIYを学ぶ

部屋にある本棚を引き戸にしたい。そう思ったら、買い替えより前に、DIYを検討してみましょう。難しそうに見えますが、実は簡単に設置できるのです。 今回は、簡単に本棚に引き戸をつける方法をご紹介します!

本棚に引き戸をつける方法

一番簡単に引き戸をつくりたい場合

簡単に引き戸をつくりたい場合、引き戸の素材は塩化ビニール板などがオススメ。ガラスフィルムを貼り、直接レールに入れると、割れる心配もありません。 以下、引き戸の取り付け方をステップごとに説明していきます。

  • STEP.1
    本棚のサイズを測る
    一番大切なのは、今ある本棚のサイズを確認すること。「棚の開口部の高さ+底板側のレールの溝の深さ+天板側の溝に引っかかる部分の高さ」で扉のサイズを計算しましょう。
  • STEP.2
    本棚に引き戸がスライドするレールを取り付ける
    引き戸 レールの既製品パーツを使いましょう。そのパーツを本棚の天板と底板に取り付ければ完成。貼り付けるタイプのものがあれば、そちらを選んで簡単に取り付けてしまいましょう。
  • STEP.3
    引き戸の扉をつくる
  • 戸の大きさにカットした塩化ビニール板にガラスフィルムを貼るだけ。この時、レールの太さと板厚を確認して、戸がレールにしっかりはまるか確認することが大切。また、棚には引き戸を2枚入れますが、真ん中に3〜4cmの重なりをつくりましょう。

ガラス戸をつけたい場合

ちなみに、ガラス戸を本棚に設置したい場合は、本棚のサイズを伝えることで、その大きさにあったガラス戸設置キットを届けてくれるサービスも。これならDIYが苦手な方や、工具が揃ってない方でも安心ですね。

3.用途や好みに合った引き戸付き本棚を購入する

引き戸付き本棚は、扉がつく分、デザインや使い勝手に大きな違いがあります。せっかく本棚を増やすなら、リビングや子供部屋などの用途や雰囲気に合わせて、使い勝手のよい引き戸付き本棚を選びたいですよね。 また、たとえ安く手に入れたとしても、すぐ壊れてしまって買い替えを繰り返していては、元も子もありません。こちらでは、素材やカラー、値段といった特徴別に商品をご紹介します。

3-1..素材別|おすすめの扉付き本棚

天然木で作られた【本棚×引き戸】
ウォールナット天然木材で大切な本を守る

サイズ:幅75.5 奥行39 高さ180cm 国産ウォールナット木材を贅沢に使用した引き戸付き本棚。大切な本を守るため、しっかりしたつくりであることに加えて、長く使えるようなスタイリッシュなデザインが魅力的です。 さらに、省スペースに配慮したスリム設計なのも嬉しいポイント。完成品でお届けしてもらえるため、組み立てが不安な方や、女性でも安心ですね。

ガラス扉がついた【本棚×引き戸】
お気に入りの本をディスプレイして

サイズ:幅85or105 奥行42 高さ180cm こちらは、中に入る本が見えるよう、ガラス扉の引き戸がついた本棚。置きたい場所に合わせて、ナチュラルとダークブラウンの2色から、幅も85cmもしくは105cmから選べます。 ガラス扉だから、魅せる収納としてお気に入りの本や雑貨をディスプレイしてみてはいかがでしょうか?

3-2.カラー別|おすすめの扉付き本棚

ホワイトカラーの【本棚×引き戸】
文庫本やコミックを上手に収納

サイズ:幅60 奥行30 高さ180cm こちらは、1cm間隔で棚の高さを調節できる引き戸付き本棚。高さを低めに調節すれば、巻数の多い文庫本やコミックをすっきりと収納できます。 ホワイト、ライトブラウンといった、どんなお部屋にも合いやすい2色展開。お部屋の雰囲気を損なわない大量収納を実現させてみてはいかがでしょうか。

ナチュラルブラウンの【本棚×引き戸】
お部屋に馴染むカラーで魅せる

サイズ:幅90 奥行43.5 高さ183.5cm こちらは、ガラス扉の飾り棚になっている本棚。木製の扉の枠が強調されているデザインで、ナチュラルとブラウンの2色展開。 木製枠によって本棚の中身が目立ちにくくなっていて、たとえば統一感のない本を並べていたとしても、そこまで気になりません。大きさや色が同一でない、雑誌や絵本などを並べてみるのも良いですね。

3-3.値段別|おすすめの扉付き本棚

激安で手に入る【本棚×引き戸】
安見えしない、まるで本物の木材!

サイズ:幅60or90 奥行36 高さ180cm こちらは、安く見えないつくりであるものの、使う素材を安価なものにすることにより、コストダウンを実現させた本棚。 表面材は、長く使える強化プリント紙化粧繊維板によって木目調を表現しています。安く見えない作りのこちらの本棚を、お得に手に入れてみてはいかがでしょうか。

高級な【本棚×引き戸】
やっぱり木が好き!自然の恵みをお部屋で感じる

サイズ:幅71.5奥行29.5高さ76.5cm こちらは、本物のウォルナット天然木を利用した、高級感のある引き戸付き本棚。高さ87cmというロータイプなので、リビングにもぴったり。棚の上には電話やFAXなども置いていただけます。 天然木のため、一色展開となっていますが、お部屋の雰囲気に合わせやすいシンプルかつスタイリッシュなデザイン。気に入った家具を一つ、リビングに置いてみてはいかがでしょうか。

3-4.サービス別|おすすめの扉付き本棚

完成品の【本棚×引き戸】
組み立て不要の楽チン本棚♪

サイズ:幅80 奥行43 高さ184cm こちらは、時間のかかる組み立てが不要な、完成品でお届けしてもらえる本棚。特別な工具なども必要なく、すぐに使える商品となっています。 ディノスの商品は幅や高さなど、様々なパターンが展開されているのが特徴。ぜひ、お部屋にあったアイテムを探してみてくださいね。

オーダーメイドの【本棚×引き戸】
サイズオーダーで隙間にもぴったり

サイズ:幅60~150奥行30高さ71~100cm こちらは、幅・高さを1cm単位でサイズオーダーできる商品。オーダー品のため、配送まで約1ヶ月半ほどかかりますが、空いたスペースが狭い場合はとても便利ですよね。 さらに、ディノスの他の商品を組み合わせることで、お部屋の雰囲気が統一されて一気におしゃれに。ぜひ、ご自分の好きなサイズでコーディネートしてみてくださいね!

4.本棚×引き戸のメリットとデメリット

4-1.本棚×引き戸のメリット

4-1-1.最小限のスペースがあれば設置できる

引き戸は、開き戸のように手前や奥にスペースを必要とせず、本棚のスペースだけで設置できます。さらに、2枚の板が引き違いになっている商品が多く、片方に寄せて片方をディスプレイ用にすることも可能。 扉を全て外せるものもあるので、部屋の雰囲気や使い勝手、来客時といったシーンに合わせて変幻自在に操れる優れもの。小さなサイズのものでも、一つあればとても重宝します。

4-1-2.扉で隠す収納ができるため、部屋が綺麗に見える

引き戸付き本棚は、収納の全面を扉で隠すことが可能。ごちゃごちゃした本棚が見えないだけでも、お部屋がスッキリして見えますよね。 来客時には見せたくないものは扉の裏側に隠しておいて、綺麗な部屋でお客様をおもてなししてみてはいかがでしょうか?

4-1-3.地震による本の落下が防げる

日本は地震大国と言われるほど、地震の多い国。そんな地震による二次災害を防ぐには、引き戸付き本棚がぴったりです。万が一、地震が起きたとしても、本棚から本がなだれ落ちてきて、下敷きになるということは防げますよね。 さらに、天井と本棚を固定するアイテムを用いれば、鬼に金棒!被害が最小限に済むので、しっかり準備しておきましょう。

4-2.本棚×引き戸のデメリット

4-2-1.レールにゴミがたまりやすい

引き戸タイプの扉は、下部にレールがついており、スライドさせる仕組み。ホコリが溜まると、レール上をスライドさせる際にゴミを巻き込んでしまい、スライドできなくなってしまうことも。そのため、引き戸のレールはこまめにホコリ取りを行いましょう。

4-2-2.子供が指を挟んでケガをする・ペットがいたずらをするなどの可能性がある

引き戸タイプの本棚は、扉をスライドさせることができますが、それゆえに子供が指を挟んでしまうことも。本棚に子供が手を触れないよう、保護者の肩が常に目を離さないようにしておくことが大切ですね。 また、扉が少し空いていたりするとペットが勝手に扉を開けたり、中のものにいたずらしたりすることも考えられます。引き戸をしっかり閉めたり、ペットが自由に歩ける範囲に本棚を置かないなどの対策を行うようにしましょう。

本棚×引き戸についての総まとめ

MEMO
    【本棚×引き戸。おしゃれな本棚からDIYアイデアまで事例を参考にする】
  • 引き戸付き本棚は見せたくない本にも最適
  • ガラスの引き戸でおしゃれにディスプレイもできる
  • 机にもベンチにもなる引き戸付き本棚のDIYアイディアも
    【本棚に引き戸をつける方法。簡単にできるDIYを学ぶ】
  • 引き戸をつけるのは意外と簡単
  • ガラス戸は大きさを伝えてオーダーできる
    【用途や好みに合った引き戸付き本棚を購入する】
  • いろんな特徴から好きな引き戸付き本棚を選べる
  • 完成品でお届けしてくれるサービスも
    【本棚×引き戸のメリットとデメリット】
  • 部屋の物を少なく見せたいときは引き戸付き本棚が便利
  • 引き戸は子供やペットの手に触れないところに