キッチン収納術まとめ。ごちゃごちゃしないおしゃれ収納&DIYアイデア

1.キッチンの収納術。シンク下とキッチンカウンターをフル活用

キッチンの収納を考えるときに、もっとも頭を悩ませるのがシンク下の活用法。一番手を伸ばしやすい場所にもかかわらず、シンクのさがりや排水管が邪魔で、うまく活用できていない方がたくさんいます。また対面キッチンでは、カウンター下や壁面の使い方に悩んでいる方も。 そしてもうひとつ、狭いキッチンで悩ましいのが食器の収納場所。キッチンに食器棚を置く場所がなく、ダイニングやリビングに食器棚を置いていると、毎日使う食器を収納するには不便です。

1-1.キッチン収納を考える。シンク下を活用した収納アイデア

キッチン収納×シンク下① ひとり暮らしならシンク下のほかに収納は必要ない?

 
View this post on Instagram
 

maruさん(@maru.room)がシェアした投稿

初めてのひとり暮らしをスタートするときは、ワクワクしていろんな収納家具を買いたい気持ちがこみ上げるもの。しかし、部屋のスペースには限りがあります。ボックス収納やファイルスタンドなどを使ってシンク下を上手に活用すれば、フライパンや調理用具はもちろん、調味料や消耗品など、キッチンで必要なものをひと通り収納できます。

キッチン収納×シンク下② 100均の突っ張り棒でシンク下に棚を作る

 
View this post on Instagram
 

Hiroyoさん(@hiroyo.may)がシェアした投稿

排水管を避けて設置できるシンク下専用のラックがありますが、100均の突っ張り棒と専用棚板を使えば、同じようなラックを簡単に作れます。ラックの下にはやはり100均のプラスチック製ボックスを置けば、低予算でシンク下がすっきりと。100均には洗剤などの重いものを入れるのに便利なキャスター付きのボックス収納もあります。

キッチン収納×シンク下③ A4ファイルボックスを使ってスライド収納をもっと便利に

 
View this post on Instagram
 

Ⓜ︎iitaさん(@miita185_home)がシェアした投稿

大きなスライド式のシンク下収納は、出し入れが楽な反面、収納量の確保は難しいという悩みが。そんな大きな引き出しの間仕切りに便利なのが、A4サイズのファイルボックス。洗剤用や消耗品用といったように、目的別に分けて入れると探しやすくて取り出しやすく、引き出しの中をフルに活用できます。 そして引き出しの上部には突っ張り棒で棚を作れば、デッドスペースになりやすい引き出しの上もちょっとした収納コーナーに。

キッチン収納×シンク下④ 引き出しに2段に収納するという発想も

 
View this post on Instagram
 

Kyoさん(@chica_chica.home)がシェアした投稿

スライド式のシンク下収納に背の低いものを収納すると、深さが余ってもったいないと感じることも。そんなときは、かごやボックスを使って上下2段に収納すれば、スペースを有効活用できます。下のボックスに上のかごの下部分が重なるようにしておけば、引き出しを開けた拍子に上のかごが飛び出す心配はありません。

1-2.キッチンの収納アイデア。キッチンに食器を収納する

キッチン収納×食器① コンロの下に食器を収納

 
View this post on Instagram
 

tomoさん(@lelien_tomo)がシェアした投稿

コンロ下にはお鍋やフライパンを収納するイメージがありますが、ここは食器を収納するのにも便利な場所。フライパンやお鍋はフックに吊り下げておけますが、食器はそうはいきません。コンロ下なら調理しながらすぐに食器を取り出すことができ、洗った後も手早く片付けられます。

キッチン収納×食器② レンジラックに食器をオープンに収納

 
View this post on Instagram
 

長島ゆかさん(@y.nagashima_41883230)がシェアした投稿

食器は扉付きの戸棚に収納するものというイメージがありますが、よく考えたら、毎日使う食器を戸棚に収納する必要はありません。オープンラックで十分。棚板がたくさんあるレンジ台を選べば、空いている棚を食器棚として使えます。頻繁に使わない食器のコーナーには、突っ張り棒にカフェカーテンをかけてほこり避けを作ると安心。

キッチン収納×食器③ スタッキングボックスを使って食器を重ねて収納

 
View this post on Instagram
 

我が道ライフ 大木聖美(おおきさとみ)さん(@wagamichilife)がシェアした投稿

小さなスタッキングボックスを使うと、シンク下の引き出しやスライド式の食器棚に食器を収納するときに便利です。小皿や小さなグラスは個別に収納すると取り出しにくいですが、ボックスを使えば同じサイズの食器をまとめやすく、2段に重ねて収納することも。 来客用の食器は下のボックスに入れるなど、ライフスタイルにあわせていろんな使い方ができます。

キッチン収納×食器④ マグカップを棚の下に吊るして収納

 
View this post on Instagram
 

AYA.さん(@enjoy_every_day_4mam)がシェアした投稿

マグカップのように持ち手が付いている食器なら、「吊るす」という選択肢もあります。マグカップツリーを利用する以外に、吊り戸棚の下に取り付けられるかごやフックを使う方法も。シンク上の吊り戸棚の下なら洗ってすぐに吊り下げられ、デッドスペースの有効活用ができます。

1-3.キッチンの収納アイデア。キッチンカウンターを活用する

キッチン収納×キッチンカウンター① カウンター下にボトルラックを作る

 
View this post on Instagram
 

矢車草 atsuko nakanoさん(@akko.kornblume)がシェアした投稿

カウンターの奥行きが浅いLDKでカウンター下に奥行きのある収納家具を置くと、部屋が狭く感じることも。だからといって、カウンター下スペースを使わないのはもったいない。そんなときは、奥行きの浅いボトルラックやマガジンラックを置くという手も。お酒のボトルやファッション雑誌なら、ディスプレイにもおしゃれです。

キッチン収納×キッチンカウンター② カウンター上にスパイスラックを置く

 
View this post on Instagram
 

Yohei Gotoさん(@yohei.goto)がシェアした投稿

キッチンカウンターの上を散らかしたくはないけれど、何とか収納場所として使いたい。そんなときは背の低いスパイスラックを置くのがおすすめ。高さが15~20cmくらいなら、ラックを置いても対面キッチンの利便性は維持できます。ラックの背面にはアクリルパネルなどのクリアな素材を選ぶと、より圧迫感がやわらぎます。

キッチン収納×キッチンカウンター③ キッチンカウンターの下に棚を作る

 
View this post on Instagram
 

nisenさん(@nisen_baby_myhome)がシェアした投稿

キッチンカウンターで食事ができるようにしたいけれど、カウンターの下に収納も欲しい。そんなときは、カウンターのすぐ下に棚を作るという方法も。カウンターから10cm程度の位置なら食事をするときにも邪魔にならず、ある程度の収納を確保できます。

1-4.キッチンの収納アイデア。壁面を活用する

キッチン収納×壁面① 木製のラックに陶器をおしゃれにディスプレイ

 
View this post on Instagram
 

KitoBitoの毎日さん(@kitobito_days)がシェアした投稿

キッチンの居心地のよさを大事にしたいなら、壁面におしゃれなオープンラックを取り付けてグリーンなどを飾ると、キッチンが明るくなります。木製のラックは陶器との相性が良いので、ウッドラックに収納を兼ねて小さな食器を飾ると、キッチンがカフェのような落ち着いた空間に。

キッチン収納×壁面② 実用性に優れた突っ張り式ワイヤーネット

 
View this post on Instagram
 

りーさん(@riiiii.ouchi)がシェアした投稿

キッチンでの作業性を重視したいなら、突っ張り式のワイヤーネットやワイヤーラックを使うのがおすすめ。うまく活用すれば、調理用具や調味料だけじゃなく、包丁やまた板、洗剤やスポンジ類まで、キッチンで使うものをぜんぶまとめて収納できます。狭いキッチンでは突っ張り式のワイヤーラックを水きりカゴの代わりに使うと便利。

キッチン収納×壁面③ アイアンバーにおしゃれにお玉を吊るす

 
View this post on Instagram
 

株式会社 山善さん(@yamazen_official)がシェアした投稿

よく使う調理用具がたくさんあるようなら、個別に収納場所を決めるのではなく、全部一緒に1本のアイアンバーに吊るすという方法も。よく使うツールは狭い空間にギュッと詰め込むほうが、かえって探しやすくなります。 そしてアイアンバーのまわりには古木調の棚を取り付け、スパイスや食器を並べれば、ごちゃごちゃした調理器具もアンティークでおしゃれなディスプレイの一部に。

2.キッチン収納×DIYアイデア。デッドスペースをフル活用

キッチンはDIYファンに特に人気のあるコーナー。キッチンで過ごす時間は長く、収納したいものがたくさんあるため、DIYに慣れるとアイデアがどんどん広がります。

DIY×キッチン収納アイデア① 100均グッズで作る調味料ラック

 
View this post on Instagram
 

DIYレシピ共有サイト「DIYREPi」さん(@diyrepi)がシェアした投稿

100均にはDIYビギナーでも使いやすい収納アイテムがたくさんあります。100均の小さな木製のボックスと細い板をうまく組み合わせれば、シンク横やコンロ奥に置くのにちょうどいい、おしゃれなスパイスラックを作れます。

DIY×キッチン収納アイデア② キッチンカウンターの腰壁にパタパタ扉を作る

 
View this post on Instagram
 

橋本麻美さん(@mamiii_home)がシェアした投稿

対面キッチンに腰壁があると、視界が開けてキッチンが広く感じられますが、腰壁の上端はちょっとした物置きになる反面、物が落ちやすいから棚としては使いにくいというジレンマが。そこで100均のフォトフレームを使って腰壁の上にパタパタ扉を付ければ、空間の広がりはそのままに、安心して物を乗せることができます。

DIY×キッチン収納アイデア③ 牛乳パックで作る調味料ラック

 
View this post on Instagram
 

かぁこさん(@kaako_life)がシェアした投稿

牛乳パックを使うと、調味料のストックラックが簡単に作れます。作り方はきれいに洗った牛乳パックを適当な長さにカットして、必要な個数を組み合わせてテープで固定するだけ。牛乳パック自体には大した強度がなくても、未開封の調味料を中に入れるといい具合に安定します。

DIY×キッチン収納アイデア④ カラボで作るキッチンカウンター

 
View this post on Instagram
 

ぽよさん(@poyo_boyo)がシェアした投稿

対面式キッチンじゃない場合は、流し台の後ろに作業台も兼ねてダイニングテーブルを置くのが一般的です。けれどダイニングテーブルとは別にちょっとした作業台があるほうが、調理がしやすくテーブルの上もすっきりと片付きます。 2台のカラーボックスの上に天板を乗せれば、使いやすいサイズの作業台が簡単に作れます。それぞれのカラボの向きを逆にすると、コンロ側とダイニング側に収納コーナーができ、間にスペースを空ければテーブルとしても使うことも可能。

DIY×キッチン収納アイデア⑤ キッチンカウンターの上にオープンラックを作る

 
View this post on Instagram
 

yu_kiさん(@yu_ki3359)がシェアした投稿

対面式のキッチンカウンターは、カウンター上のスペースがもったいないと感じる方もいるでしょう。特に狭いキッチンでは調理道具や調味料の置き場を確保するのに苦戦します。そんなときは、カウンターの上にDIYでオープンラックを作るという手も。 対面キッチンのカウンター上はキッチンからもダイニングからも手をのばしやすく、ラックを作るのにぴったりの場所。ラックは適度な目隠しにもなります。

3.キッチンにおすすめの収納家具&グッズを購入する

キッチンがもっとおしゃれで使いやすくなる、便利な収納家具と収納グッズをご紹介します。本来は違う目的用のグッズであっても、キッチンで使うのに便利な収納グッズはたくさんあります。

3-1.キッチンに適した収納家具

ゴミ箱が置ける幅60cmのレンジラック

スチール製フレームのシンプルなレンジラック。棚板が4枚あり、キッチン家電をコンパクトにまとめて収納できます。ラックの下はオープンスペースになっており、大きな分別ごみ箱を置くことが可能。棚板のうち2枚は可動棚なので、必要に応じて棚の高さを調整し、空いたスペースは食器棚などに使えます。

国産杉のおしゃれな分別ダストボックス

カウンタータイプのナチュラルな天然木製ダストボックス。上品で高級感があり、とてもごみ箱には見えません。サイズは幅72cm×奥行き40cm×高さ71cm、天板は作業台やレンジ台として使えます。

対面キッチンに便利なカウンター下収納デスク

キッチンカウンターを物置きとして使いつつ、作業台もカウンター下収納も欲しいという方におすすめの収納家具。デスク部分の奥行きは42.5cmあり、子供の学習スペースやノートパソコンを置く作業コーナーとして使うのに十分なサイズです。ゆくゆくは子供部屋の学習机としても使うことも。

スパイスラックに。ガラス戸付きカウンター上収納

正面と背面の両方に引き戸が付いている、対面キッチンのカウンター上で使うのに便利なスパイスラック。キッチンからもダイニングからもすぐにスパイスを取ることができ、食事中に調味料を取りにキッチンに行く必要がありません。「お母さんしょう油取って」と家族に言われることも無くなりそう。

3-2.キッチン収納に役立つグッズ

フライパンの収納に便利な無印良品のファイルボックス1/2

本や日用品の収納に使いやすいと人気の無印良品「ファイルボックス1/2」は、キッチンのシンク下やコンロ下の収納にもよく利用されています。しっかりとした強度があるため、洗剤や調味料の収納はもちろん、フライパンやお皿も安心して収納できます。

ペダル式ワイド分別ダストボックス

上下二段に分別収納ができる、ニトリのスマートなダストボックス。キッチンの腰壁の横や廊下の壁沿いに置いても邪魔にならず、見た目もおしゃれ。下段はペダル式でゴミの出し入れが楽にできるほか、天板は物置き台として使えます。

引き出しの中を有効活用できるIKEAの鍋ぶたオーガナイザー

驚くほど使いやすい、IKEAの鍋ぶた収納。ステンレス製で十分な強度があり、ベース部分は伸縮式になっているため、鍋ぶたに限定せずいろんな使い方が出来ます。調理パッドなどの背が高いものや、立てて収納したいときの仕切りにも便利。

4.キッチン用品の収納場所を考えるときの注意点

キッチンの収納を考えるときは、いくつかの大事な注意点があります。キッチンの収納スペースは限られているため、すき間を見つけるとそこに入りそうなものをつい入れたくなりますが、その結果キッチンが使いにくくなったり、片付けにくくなるようでは困ります。

4-1.動線を第一に考える

キッチンの収納を考えるときにもっとも大事なのは「作業の動線」です。料理の下ごしらえから調理・盛り付け・配膳・後片付けまで、一連の動作ができるだけスムーズに行えるのが理想的。そのためにはどこに何があると便利かをイメージします。 「ここにこれがあると作業がしやすい」という動線を第一に考えれば、使いやすいだけじゃなく、結果的には散らかりにくいキッチンになります。

4-2.「見せる」と「隠す」を使い分ける

キッチンには調理用品だけじゃなく、日用品や掃除用品といったさまざまなものを収納しています。これらのものを全部おしゃれに見せるのは難しいのが当たり前。目隠しカーテンやボックス収納を活用して、「隠す収納」を作ることも大事です。おしゃれに「見せる収納」も作っておけば、隠す収納には目が行きにくくなるという効果があります。

4-3.間取りによって使いやすい収納場所は変わる

キッチンには対面カウンター式のキッチンもあれば、昔ながらのシンクが壁付けになっているキッチンや、アイランド型のキッチンなど、いろんなタイプがあります。また家全体で見たときに、キッチンがどの位置にあるかによっても、使いやすい収納場所は変わります。 このため、他の人が「使いやすい」と言っている収納方法が、必ずしもあなたにとっても使いやすいとは限りません。他人のアイデアを参考にしつつ、あなたが使いやすいと感じる収納方法を実践しましょう。

4-4.無理にキッチンに置く必要はない

キッチンが狭いと、本当はキッチンに収納したいものを置けないときがあります。例えば食器棚や分別ゴミ箱、野菜ラックなどがそうでしょう。 作業動線を考えるとキッチンに置いたほうが便利だけど、無理やり置いたせいでキッチンが使いにくくなるようでは不便です。そんなときは、使用頻度の少ないものは別の部屋に置くことを検討しましょう。

5.おしゃれブロガーに学ぶキッチン収納術

キッチンの収納術を発信しているブロガーさんはたくさんいます。ブログに人気が集まったことで、キッチンの収納術に関する本を出版した方も少なくありません。そこで、おしゃれなキッチンの収納術を紹介している人気のブログをご紹介します。

キッチン収納について学べるブログ① メグメグの好奇心。収納インテリア

参考 メグメグの好奇心。収納インテリアメグメグことmegruさん

インテリアと収納術をテーマにした、アメブロで大人気のmegruさんのブログ。100均グッズを使ってすぐに実践できる収納術がたくさん紹介されています。キッチン収納に関する内容は約120記事。2014年に「メグメグのシンプルかわいい片づけ生活」という書籍を出版したことでも知られています。

キッチン収納について学べるブログ② PAS A PAS -DIYとGREENのある暮らし-

参考 PAS A PAS -DIYとGREENのある暮らし-ライフオーガナイザー Rumiさん

「Ameba公式トップブロガー」で、ライフオーガナイザーの資格を持つRumiさんのブログ。主に100均グッズを使った収納アイデアとDIYアイデアを紹介されています。 キッチンに関する内容は25記事ほどですが、整理収納に関する内容は200記事以上あり、どれも片付ける思考の参考になります。Rumiさんのやさしさが伝わってくる温かいブログです。

キッチン収納について学べるブログ③ ワーキングマザー的 整理収納&北欧インテリア

参考 ワーキングマザー的 整理収納&北欧インテリア整理収納アドバイザー akikoさん

整理収納アドバイザーの資格を持つakikoさんが、「忙しい働くママでもすっきり&おしゃれな部屋が続く」をテーマに収納術を紹介しているブログ。中でもキッチンに関する記事が多く、忙しくてキッチンがすぐに散らかるという方は、参考になる内容がたくさんあります。

キッチン収納アイデア&ポイントまとめ

MEMO
【キッチンの収納術。シンク下とキッチンカウンターをフル活用】 ・ひとり暮らしならシンク下のほかに収納は必要ない? ・100均の突っ張り棒でシンク下に棚を作る ・A4ファイルボックスを使ってスライド収納をもっと便利に ・引き出しに2段に収納するという発想も ・コンロの下に食器を収納 ・レンジラックに食器をオープンに収納 ・スタッキングボックスを使って食器を重ねて収納 ・マグカップを棚の下に吊るして収納 ・カウンター下にボトルラックを作る ・カウンター上にスパイスラックを置く ・キッチンカウンターの下に棚を作る ・木製のラックに陶器をおしゃれにディスプレイ ・実用性に優れた突っ張り式ワイヤーネット ・アイアンバーにおしゃれにお玉を吊るす 【キッチン収納×DIYアイデア。デッドスペースをフル活用】 ・100均グッズで作る調味料ラック ・キッチンカウンターの腰壁にパタパタ扉を作る ・牛乳パックで作る調味料ストッカー ・カラボで作るキッチンカウンター ・キッチンカウンターの上にオープンラックを作る 【キッチンにおすすめの収納家具&グッズを購入する】 ・ゴミ箱が置ける幅60cmのレンジラック ・国産杉のおしゃれな分別ダストボックス ・対面キッチンに便利なカウンター下収納デスク ・スパイスラックに。ガラス戸付きカウンター上収納 ・フライパンの収納にジャストサイズ!無印良品のファイルボックス1/2 ・ニトリのスリムなペダル式ワイド分別ダストボックス ・引き出しの中を有効活用できるIKEAの鍋ぶたオーガナイザー 【キッチン用品の収納場所を考えるときの注意点】 ・動線を第一に考える ・「見せる」と「隠す」を使い分ける ・間取りによって使いやすい収納場所は変わる ・無理にキッチンに置く必要はない 【おしゃれブロガーに学ぶキッチン収納術】 ・シンプルライフを目指す大人気ブロガーに学ぶ ・ライフオーガナイザーのキッチン収納術に学ぶ ・ワーキングマザーのおしゃれ収納術に学ぶ