オフィスレイアウトを学ぶ。業務効率&モチベーションが上がるレイアウト事例集

1.オフィスレイアウトに入る前に

1-1.ゾーニング計画

オフィスのレイアウトを計画する時、まずはゾーニング計画から始めます。ゾーニングとは用途別におおまかにエリアを分けること。
「受付」「会議室」「ワークスペース」「休憩室」「来客スペース」などをオフィスのどこの位置に配置するかを決めていきます。

例えば会社の重要な情報を扱う部署は、来客スペースから離すなど、ゾーンの位置関係も考えながら計画することがコツです。 後から簡単に変更できないことなので、とても重要なポイントになります。

1-2.動線計画

各スペースの通路を効率良く利用できるように考えることを動線計画と言います。キャビネットや事務機器を使いやすい位置に配置する、非常時のスムーズな避難経路を考える、など全体的な動きを考慮しておきます。 使用頻度の高い動きを優先的に計画すると無駄な動きが減り、業務の効率にもつながります。

1-3.基準寸法

通路やデスクと壁などの必要な寸法が適正か確認します。基準寸法以下でオフィスのレイアウトをしてしまうとイス同士がぶつかったり、動きづらくなります。結果的に仕事の効率を落としてしまうことに。 通路幅、デスクと壁などの必要寸法は必ずチェックしておきましょう。

【必要寸法】 ・メイン通路幅 1600㎜(両側が壁や部屋の場合は1600㎜以上が必要) ・デスクと壁の間 1500㎜ ・デスクサイドとデスクサイドの間 600㎜(人が一人通れるスペース) ・背中合わせのデスク間 1500㎜ ・デスクとキャビネット間 1400㎜

2.オフィスレイアウトのデスク配置

オフィスレイアウトのデスク配置①
コミュニケーション重視~対向式レイアウト~

画像出典元:メトロクス札幌-STORE 画像出典元URL:http://metrocssapporo.jp/

対向式はデスクを向かい合わせにした、日本のオフィスでは一般的な島型とも呼ばれるレイアウトです。コミュニケーションが取りやすいので、同じ業務を分担して行う職種などに向いています。また、最小の面積で配置できるメリットもあります。

オフィスレイアウトのデスク配置②
個人の業務と適度なコミュニケーション~同向式レイアウト~

画像出典元:株式会社あどばる-STORE 画像出典元URL:https://akibaco-reuse.com/detail/10062 同向式はスクール式とも呼ばれますが、その名の通り学校などで見られる同じ方向を向いたデスクの配置のことです。銀行のように店舗運営やコールセンターなどに多いレイアウトです。 適度にコミュニケーションが取れますが、対向式に比べて少し面積効率は下がります。

オフィスレイアウトのデスク配置③
自由な席でコミュニケーション活性化~フリーアドレス式レイアウト~

画像出典元:株式会社内田洋行-STORE 画像出典元URL:https://office.uchida.co.jp/case/yamatointr.html近年増えているフリーアドレス式は、固定席を設けず座席を自由に選んで仕事をするスタイルです。隣に座る人が毎日変わることでコミュニケーションが活性化し、他部署とのコラボレーションが増えるきっかけに。 全員分の席を作る必要がないのでオフィススペースの節約にもなります。外出の多い営業職や、パソコンだけの業務が多い職種に向いています。

オフィスレイアウトのデスク配置④
作業に集中したい専門職に~ブース式レイアウト~

画像出典元:共栄商事株式会社TORE 画像出典元URL:https://cr-nakatsu.com/shared-office/ 周囲からの視線や騒音を気にせず集中して業務ができるブース式は、クリエイターなど業務のほとんどが個人作業という職種に向いています。デスクの間をパーテーションなどで仕切る方法や、デスクやイス、ブースがセットになった物もあります。

3.おしゃれなオフィスレイアウト事例集

おしゃれなオフィスレイアウト事例集①
ホームオフィス向きのシンプルで効率良い空間~小規模~

ホームオフィスでは、必要な物は手の届く範囲にあれば作業効率が上がります。パソコンデスクの近くには、収納付きカウンターが。小規模オフィスだと収納するスペースが限られてしまうため、飾りながら収納できる長めのカウンターはありがたいですね。

おしゃれなオフィスレイアウト事例集②
無機質でミニマムな空間にイマジネーションが膨らむ~小規模~

無駄のないミニマムなインテリアが特徴のオフィス。窓際にパソコンデスクを置き、部屋の中心にはミーティング用テーブル。存在感はあるものの空間が広く見えるのは、天板にガラスを使っている効果もありそうです。無機質な中にナチュラルなスツールが目を引きますね。

おしゃれなオフィスレイアウト事例集③
グリーンと武骨なインテリアのコンビネーション~中規模~

天井は換気用ダクトをそのまま見せ、壁はブロック塀をアクセントにしたインダストリアルテイスト溢れるオフィス。そのままだと武骨なイメージが強くなるところをグリーンをふんだんに飾って柔らかな空間に仕上げています。

おしゃれなオフィスレイアウト事例集④
開放的なスペースとモザイクタイルがアクセント~中規模~

まるでBarのような雰囲気のこちらは、モザイクタイルで仕上げたカウンターテーブルが主役のオフィス。間仕切りのないオープンな空間は自然と会話がはずみ、良いディスカッションができそうです。

おしゃれなオフィスレイアウト事例集⑤
シンプルモダンなインテリアに気持ちが引き締まる~大規模~

内装や家具をホワイトで揃え、パソコンのブラックが引き締め役のモノトーンコーディネートされたオフィス。ゴールドのペンダントライトがアクセントに。整然とした空間に思わず背筋をスッと伸ばしてしまいますね。

おしゃれなオフィスレイアウト事例集⑥
仕事とリラックス空間を共存させて~大規模~

とても大きな面積のオフィスですが、間仕切りを設けずにワークスペースとソファを置いたリラックススペースを家具だけで区分分けしています。 ちょっとした休憩やミーティングをソファスペースで行えば、程よくリラックスできて仕事がはかどります。

4.モチベーションを上げるオフィスレイアウト

4-1.一人になれる居心地の良い空間を作る

画像出典元:プラス株式会社ファニチャーカンパニーORE 画像出典元URL:https://kagu.plus.co.jp/solution/focus/ 普段はみんなとコミュニケーションを取りながら仕事をしていても、時には集中して取り組みたい業務、アイデアを考えたいことがあります。また考えに煮詰まった時、一人の空間で気持ちをフラットな状態にしたいもの。 周りの音や視線を遮った落ち着いたブースを作っておけば、効率良く仕事がはかどります。

4-2.リフレッシュできるカフェスペースを作る

画像出典元:株式会社ヴィスE 画像出典元URL:https://designers-office.jp/work/page/index.php?cat=1&id=106 長時間仕事を続けているより、時々リフレッシュすることで気持ちの切り替えができて効率が上がります。自然と人が集まるカフェスペースがあると、オンオフの切り替えが上手にできたり、他部署の人と会話が生まれて新しいビジネスアイデアが生まれる場合も。

4-3.誰もが整理収納できる工夫をする

画像出典元:株式会社オカムラ 画像出典元URL:http://workplace.okamura.co.jp/works/case/170601/ 書類や備品が散らかってしまうと、探す手間になるだけでなく、仕事の効率は確実に下がってしまいます。いつでもきれいな状態であることがモチベーションを上げる大切なポイント。そのためには物の「指定席」を作ることです。 この書類はこの場所と決めてしまえば後は元の位置に戻すだけなので、散らかることがなくなります。複数の人が使う場合は、キャビネットやファイルボックスに何が入っているかラベリングすれば、誰が使っても分かりやすいですね。

5.オフィスレイアウトのまとめ

MEMO
【オフィスレイアウトに入る前に】 ・ゾーニング計画、動線計画、基準寸法を理解する 【オフィスレイアウトのデスク配置】 ・仕事スタイル、コミュニケーションに合わせたレイアウトを考える 【おしゃれなオフィスレイアウト事例集】 ・小規模オフィスは必要な物に手が届くレイアウト ・中規模オフィスは広く見える空間作り ・大規模オフィスは家具のレイアウトでゾーン分け 【モチベーションを上げるオフィスレイアウト】 ・一人で集中できる空間を設ける ・カフェスペースでオンオフ気持ちの切り替えを ・整理収納でむだな時間とストレス軽減