おもちゃを賢く収納したい。子供も喜ぶおしゃれな収納術まとめ

1.子供も大人も嬉しい。置く場所別のおもちゃ収納アイディア

どうしても散らかりがちで、収納場所に困ることの多いおもちゃですが、そもそも子供たちが過ごす場所によっても、収納の仕方やそれに合わせた家具が違ってきます。 ここではまず、子供たちの過ごす場所をどこに置くかを考えた上で、それぞれのおしゃれな収納アイディア一例を見ていきましょう。

1-1.子供用スペースはどこにする?それぞれの利点とは

1-1-1.子供専用の部屋を

どんな人でも一度は憧れたことのある、夢の詰まった子供部屋。あまり小さいうちは目が行き届かないためあまりおすすめできませんが、自分の部屋があることで、子供の自立心を育み、おもちゃの居場所も明確になります。 これまでリビングなどに流出気味だったものも、部屋の外に置きっぱなしにしない、などのルールを作りやすくなり、お片づけしやすくなりそうですね。

1-1-2.和室の片隅に

気がつくと自然と床で遊んでいることの多い子供たち。フローリングは滑ったりして危険もありますし、硬い床では遊びづらそうですが、和室の畳は自然とその悩みを解消してくれます。 また、和室の家具や収納は、床に座って使うことを想定されているので、あまり背の高いものはありませんし、倒れてきて怪我をするなどの心配が一番少ない部屋かもしれません。 親たちにとっては手の届きづらい押入れなども、子供目線では使いやすい収納になってくれることもあります。

1-1-3.リビングの一部に

もっとも多いのは、リビングの一部に子供用のスペースを儲けているご家庭ではないでしょうか。子供がなにをしているかいつでも目に入りますし、安心です。 子供の遊ぶスペースが家族の過ごす空間と同じであることで、ちょっとした会話も生まれやすく、子供たちがいつの間にか悩みを抱え込むことも防げます。家族が同じ空間で過ごしていれば、夏場や冬場の冷暖房代も節約できそうですね。

1-2.子供部屋に置きたい収納アイディア例

子供部屋×おもちゃ収納アイデア①
お姫様のお部屋?テーマで揃えたラブリールーム

これぞ子供部屋の醍醐味。リビングや和室にはなかなか置けない、かわいい家具や収納、おもちゃなども、子供専用の部屋だからこそ、思い切って子供が喜びそうなもので揃えることができます。 パステルブルーの壁紙に合わせて、収納のカゴにかける布も水色に統一。お部屋の雰囲気をとことん極められます。子供の欲しがるおもちゃが、お部屋の雰囲気と合うとは限らないので、しっかり収納して見えなくできるのも嬉しいですね。

子供部屋×おもちゃ収納アイデア②
カラフルを活かして。無理せずかわいい子供部屋

子供だけのためにつくる部屋とはいえ、大きくなるにつれて好みが変わったり、必要な家具も変わったりするものです。大金をかけてお部屋を可愛く揃えても、いつまで満足して使ってくれるのか、と不安になってしまうことも。 そこでおすすめなのが、収納自体はシンプルに抑えてバスケットやカゴなどをカラフルでかわいいものにする方法。安価なので、好みに合わせて買い換えて行けるのが魅力です。

子供部屋×おもちゃ収納アイデア③
男の子の夢!ミニカー専用の飾り棚

男の子のいるご家庭では定番の、ミニカーやミニチュアサイズの電車たち。床や線路を走らせたり、お出かけにはいつもつれて歩いたり。次々増えていって、置く場所に困ってしまうこともあります。 このお部屋のように、収納するだけでなく、同時に飾りとしての意義も与えられる。そんな飾り棚をDIYするのも素敵です。男の子たちは、大切なおもちゃがかっこ良く並べられて大喜びですね。

1-3.和室に置きたい収納アイディア例

和室×おもちゃ収納アイデア①
和室だって夢の子供部屋に

壁紙を一部変えて、和室の子供部屋でありながら、おしゃれでかわいい雰囲気を実現しているこちらのお部屋。絵本を見せながら飾るラックや、おもちゃを片付けるラベル付きのバスケット、小さな黒板など、お部屋の雰囲気を考えつつ、全て高さの低い家具で揃えられていて、子供も遊びやすい空間になっています。 おもちゃも小さなバスケットごと移動して、遊ぶ時も片付ける時も便利に使えそうです。

和室×おもちゃ収納アイデア②
リビングにある和室。小上がりキッズスペース

最近住宅メーカーでも増えてきた、一段小上がりになっている和室。段差に腰掛けやすかったり、リビングの延長として使えたり、和室としての機能は残せたりと、便利な要素が満載。 そんな空間になら、リビングに置くような絵本ラックやおもちゃ用の収納を置いても、完全に仕切られた和室よりも馴染みやすくなります。和室に置く家具やインテリアに迷ってしまいそうな方にはおすすめです。

和室×おもちゃ収納アイデア③
木製のもので揃えて。和室を活かしたおもちゃ収納

子供には、スペースの都合上も和室を使って欲しい。でも和室に子供のものを置くと、ごちゃごちゃして、人を呼ぶ時に気になる。そんな方には、収納の素材を障子の枠や柱などに使われている木材に合わせることで、統一感を出す方法がおすすめです。 また、おもちゃをガサッと入れるバスケットなども、同じ色味の木製に揃えると、おもちゃを置いても雰囲気を壊さずに済みそうです。

1-4.リビングに置きたい収納アイディア例

リビング×おもちゃ収納アイデア①
もう隠さない!リビングに思い切って飾り棚を

リビングにおもちゃ置くなら、収納はお部屋の雰囲気に合わせて、空間に統一感を持たせたい。そんな方が多いですが、子供が家で過ごす時間は人生の微々たるもので、あっと言う間に終わってしまいます。 それならば思い切って、子供の趣味にあわせてリビングを作ってしまおう!というのがこちらのお部屋。ミニカーやプラレールは飾り棚でディスプレイ。 線路などもキッチンカウンターの下に収納できるようになっています。こんな思い切った収納法も、子供思いで素敵ですね。

リビング×おもちゃ収納アイデア②
デッドスペース有効活用!色あわせで統一感

大人では屈まないと入れない場所や、背の高い収納が置けないため、うまく利用しづらいデッドスペースは、子供用に使うのがベスト。お部屋の色味に合わせた白い収納家具や、小さなテーブルなどを購入することで、リビングにあっても違和感のない子供用スペースの出来上がりです。階段下は子供の背丈なら問題なく入れるので、ちょっとした秘密基地感覚で使えて、子供も喜びそうですね。

リビング×おもちゃ収納アイデア③
丸ごと収納!クローゼットはおもちゃの帰る場所

いつでも目に入る場所で遊んで欲しいので、やっぱりリビングに子供のおもちゃは置きたい、でもお部屋の雰囲気も守りたい、という方にはこちら。思い切って、クローゼットをまるまる子供のおもちゃ用の収納にしています。 中に低めの棚を入れて、バスケットなどにおもちゃを入れたり、おままごと用キッチンセットもその場で遊べば、片付けも簡単ですね。

2.おもちゃ用の収納を購入する

どこに子供用のスペースを設けるかで、必要な収納のサイズや、色合い、機能などが違ってきます。それぞれのお部屋に置くのにおすすめの、おもちゃの片付けにぴったりの収納をご紹介します。

2-1.子供部屋に置きたいおもちゃ収納

子供部屋×おもちゃ収納|おすすめ商品①
絵本一緒に。カラフルボックスで仕分けも簡単な収納

おもちゃを元に戻せない子供は多いですが、その原因の一つは、どこに何があったかあまり認識がないまま、おもちゃを次々と出してしまうこと。 おすすめは、色違いのボックスがあるこのような収納を利用し、おもちゃにはそれぞれのボックスの色のシールなどを貼って置く。色なら字が読めなくても分かりますし、お片づけもクイズのように楽しくなります。

子供部屋×おもちゃ収納|おすすめ商品②
おもちゃ大集合。一箇所に集めてすっきり収納

子供が大きくなってくると、その分おもちゃも増えてきて、気づくとあちこちに分けて収納されていることがあります。こちらのカラフルなおもちゃ収納なら、ボックスがたくさん配置されていて、家のおもちゃをすべてここに集められそうです。 部屋の雰囲気を壊すことを気にせず、カラフルでかわいい色合いのものを選べるのは、子供部屋のおもちゃ収納ならではですね。

子供部屋×おもちゃ収納|おすすめ商品③
みんな大好きアンパンマンで、お片づけもわくわく

女の子も男の子も一度は、アンパンマンを好きになるといっても過言ではありません。こちらのアンパンマンの顔が描かれた収納は、見せるおもちゃを置ける棚もあり、その下には細かいものをたくさん入れられる引き出しがついています。 子供部屋であれば、お部屋の雰囲気作りとは関係なく、子供が楽しく片付けできそうな、アンパンマンの収納を選ぶのもいいかもしれません。

2-2.和室に置きたいおもちゃ収納

和室×おもちゃ収納|おすすめ商品①
おもちゃ収納と言えば。IKEAのトロファスト

言わずと知れたIKEAの人気商品トロファスト。引き出せる形のボックスで、色を選んで組み合わせられるなど、自由度も高く、どのようなお部屋にも合います。 特におすすめしたいのが、和室にこちらのトロファストを置くこと。和室はあまり背の高い家具を置くと、どこか違和感が出てしまいます。子供が届く高さであるのはさることながら、和室に置いても違和感がないと言う点でも、トロファストを和室のおもちゃ収納にするのはいかがでしょうか。

和室×おもちゃ収納|おすすめ商品②
すいすい片づけ。キャスター付きボックス収納

和室に置く収納は、低めに揃えることが統一感を出すコツですが、低い位置にある収納は、大人にとっては屈む必要があり、使いづらいイメージもあるかもしれません。 こちらの収納は、畳の部屋でも使い心地の良さそうな、机にもなる棚の下に、キャスター付きの収納ボックスがすっぽり入るようになっています。どこへでもスイスイ移動できるので、片付けも楽になりそうですね。

和室×おもちゃ収納|おすすめ商品③
縦にも横にも。かわいいボックス付きの収納ラック

子供のためのスペースが、ずっと和室は限りません。子供専用の部屋を作る時には、必要な家具も収納も変わってくる可能性があるので、そんな状況にも対応できる収納として、こちらのラックはいかがでしょうか。 和室に置いている間は横に並べて、洋室や別部屋に移動した際には縦に積み上げて、置くものもおもちゃ中心から本にシフトするなど、変化に幅広く対応してくれそうなおしゃれ収納です。

2-3.リビングに置きたいおもちゃ収納

リビング×おもちゃ収納|おすすめ商品①
おもちゃもおしゃれにナチュラルに。リビング収納

目の届きやすいリビングに、子供が遊ぶスペースは作りたいですが、おもちゃの収納をリビングに置くと、せっかくのおしゃれな雰囲気が台無しになると思いがちですが、こちらの収納ならリビングにも馴染む素敵なデザインです。 バスケットの茶色の色味も数種類含まれているので、どんなお部屋の家具の木材などの色にもしっくりはまりそうです。

リビング×おもちゃ収納|おすすめ商品②
どんなリビングにもマッチする究極シンプル収納

家のリビングに本当に合うのか、置いてみないと分からないと不安に思うことが多い家具ですが、こちらの収納はとことんシンプルなデザインで、お部屋の雰囲気を選びません。 その一方で大容量も叶うので、おもちゃがたっぷりあっても、すべて収納できます。プラスでバスケットやボックスを購入する必要もないので、これでおもちゃ収納を完了できます。

リビング×おもちゃ収納|おすすめ商品③
リビングに置ける片付けやすさ抜群の優秀収納

取り出しやすさや、片付けのしやすさを考えると、プラスチック製のボックスをラックに置いて、そこに収納するのが理想ですが、カラフルなボックスなどを利用すると、リビングには合わないという難しさがあります。 こちらは色味は落ち着いた茶系で統一されているので、使いやすさはそのままに、リビングに馴染むおもちゃ収納です。

3.さらに賢く収納するには

ここまで、おもちゃを賢く収納する方法をたくさん見てきましたが、既存の収納に工夫を加えたり、追加でグッズを購入することで、さらに素敵に快適におもちゃを収納できるかもしれません。 ご自身のご自宅やお部屋にあったものがあれば取り入れて、子供にも大人にも嬉しいおもちゃ収納を目指しましょう。

3-1.ボックスを利用する

シンプルに棚だけを購入した場合、おもちゃをガサッと入れられるボックスを、棚の上にいくつか並べていくと便利です。収納自体の引き出しではないことで、ボックスごと移動させ、おもちゃを入れてから棚に戻すなど、柔軟に対応できることが魅力ですね。

ボックスなのにフェルト!子供も安心収納ボックス

収納ボックスといえばプラスチックの角張ったものをイメージしますが、こちらのボックスはなんとフェルトで出来ていて、角で怪我をしたり、床に引きずった傷などができる心配もありません。 色もカラフルなので、子供もそれぞれのおもちゃをどこにしまうか、覚えやすくていいですね。

3-2.バスケットを利用する

大きなおもちゃや、よく遊ぶおもちゃは棚にしまいこまず、蓋なしでいつでも取り出しやすいバスケットなどに入れるのがおすすめ。収納の上に並べても、床にそのまま置いても使えます。 おもちゃだけを入れる棚ではない場合に、一箇所だけバスケットを取り入れることで、他のものとの住み分けも実現できますし、お部屋の雰囲気も壊さないおもちゃ収納が実現できます。

リビングにもオーケー!おしゃれな収納バスケット

バスケットの移動には取っ手があると便利ですが、こちらはバスケットの上に飛び出した取っ手ではなく、面の一部が切り抜かれているので、収納の棚に配置しても取っ手が邪魔になりません。 木のストローで出来ているおしゃれなバスケットなので、おしゃれなリビングにもマッチしますね。

3-3.衣装ケースを利用する

収納棚は低めでシンプルなものを購入した場合、置いたものが全部見えてしまうという難点も。衣装ケースは積み重ねていくつも並べられますし、収納棚はシンプルなものでも、上に乗せるなどして、見せない収納を増やせます。

和室にもしっくり。木製衣装ケース

衣装ケースはプラスチックで安っぽいし、押入れの中などに入れてしまって、人に見えないところで使うものと思っていませんか。 こちらのような木製の衣装ケースなら、低めの収納の上に設置したり、棚に置いて引き出しのように使ったり、見えるとこに置いても違和感がない、おしゃれな収納として使用できます。 サイズも大きすぎないので、お子さんの成長に合わせて移動させて使用していけそうです。

3-4.仕分けシールを利用する

子供が遊んだ後自然に片付けをしてくれず、何度も注意しなくてはならなくなると、心にゆとりがなくなってイライラしてしまうこともあります。片付けさえも、楽しくゲーム感覚でやってくれたら、という方は、仕分けシールを取り入れてはいかがでしょうか。子供もどこになにを戻すか、目で見て分かるようになると、嫌がっていた片付けが楽しくなるかもしれません。

一つで何役も!仕分けシールで片付けマスター

片付けを楽しくできるように、ボックスやバスケットにシールを貼って、どこに何を片付けるかを視覚的に整理しましょう。こちらのシールはイラストはもちろん、ひらがなとアルファベットで記載されたもの。 小さいうちから文字と触れ合うことで、無意識に関心を持ち、習得の役に立っていってくれるかもしれません。

4.おもちゃ収納で気をつけたいこと

おもちゃの収納に限らないことですが、家具が増えれば、子供にとっての危険も増える可能性があります。こちらではどんな収納や家具にも応用できそうな、子供の怪我を防ぐおすすめ商品をご紹介します。

4-1.収納の転倒

地震もそうですが、子供が棚の片側につかまってりするなどして、過度に重さが加わると、収納自体が転倒して、その下にいた子供が怪我をするなどということが考えられます。そのためには家具の転倒防止対策をしてくれるグッズなどを使用するのがおすすめです。

下からこっそり、挟むだけで転倒防止できる便利グッズ

子供のものを入れる収納は、子供の背丈に合わせてあまり背の高いものではないことが多いため、天井とのつっぱり棒をするのは難しくなります。 また、持ち家でない場合には、壁に穴を開けたり、壁紙に粘着テープなどの跡が残ってしまっては困ります。そのような時には収納の脚の下に挟むことで、壁側にもたれかからせ、倒れにくい状態にできるこちらのグッズがおすすめです。

4-2.収納の角で怪我

子供が走り回って勢いよく転んでしまうと、その先に収納の角があって怪我をすることもあります。大人の目線では気づきづらいようなところにもたくさん危険な角があり、特に頭などをぶつけると大きな怪我につながりやすいため、予防策をしっかりしていきたいですね。

かわいい子供部屋にも対応可能!カラフル角カバー

家具の角での怪我は怖いですが、せっかくこだわってかわいい雰囲気に作り上げた子供部屋に、存在感のある大きさや色の角カバーをつけるのは、一瞬躊躇してしまいますよね。 そんな方におすすめしたいのが、カラフルなこちらの角カバー。柔らかい材質なので、自分で好きな長さに切って使用でき、どんな家具にも使えるのが嬉しいですね。

4-3.扉の隙間などに手を挟む

ドアの隙間に手を挟むことを警戒し、対策をしているご家庭は多いと思いますが、収納も引き出しがあるタイプのものは手を挟む危険があります。 子供向けの収納などは、扉が完全に閉まらず、隙間が開いたままになる扉が付いているものがありますが、子供向けのものを購入しなかった場合には、対策をしておくといいでしょう。

可愛い指を守る動物たち。ドアストッパー

収納の中には、途中まで閉めると自動で閉まる引き出しなどもありますし、兄弟などが気づかず勢いよく閉めてしまった場合、子供が指を怪我してしまう可能性がります。 こちらのグッズは可愛い動物のデザインで、引き出しの扉にはめておけば最後まで閉まらず、怪我も防げます。ローラーなどがついていて、強く閉まるものには付けておくことをおすすめします。

おもちゃ収納に関するまとめ

MEMO
【1.子供も大人も嬉しい。置く場所別のおもちゃ収納アイディア】 •どこに子供スペースを儲けるか考える •子供部屋のおもちゃ収納アイディア •和室のおもちゃ収納アイディア •リビングのおもちゃ収納アイディア 【2.おもちゃ用の収納を購入する】 •子供部屋に置くならとことん可愛いものを •和室に置くなら高さは低めにシンプルに •リビングに置くならおしゃれも気にして 【3.さらに賢く収納するには】 •移動して片付けラクラクを目指すならボックスやバスケットを利用しよう •シンプルラックには衣装ケースで引き出しを追加 •シールで片付けもわかりやすく仕分け 【4.おもちゃ収納で気をつけたいこと】 •収納が転倒しないように対策を •収納の角で怪我をしないように対策を •収納の引き出しの扉に手を挟まないように対策を