洗面所の収納術。ランドリーをおしゃれで気持ちのいい空間にするアイデア集

1.洗面所の収納術。壁面と洗濯機上スペースをフルに活用する

壁面や洗濯機上のスペースは、狭い洗面所では貴重な収納場所。スリムな棚やラックを使って少しでも収納を確保したいところです。そしてもちろん、洗面所でもっとも有効に活用したい収納場所は洗面化粧台の中。洗面台の上と下に効率よく収納できれば、それ以外の収納は必要ないかもしれません。

1-1.洗面所の収納アイデア。洗面台を無駄なく使う

洗面所収納×洗面台①
洗面台上の棚に小物を2列に収納


ユニットタイプの洗面化粧台には、一般的に鏡の左右や鏡のうらに収納が設けられています。この洗面台上収納の奥行きはあまり深くはありませんが、小さなケースを使うと2列収納も可能です。奥には背の高いヘアブラシやシェーバーを収納し、手前にはヘアピンや綿棒などの小物を収納すると取り出しやすくて便利です。

洗面所収納×洗面台②
ファイルボックスと突っ張り棒を使って洗面台下に大容量収納を


洗面台下には給排水管があるため、うまく収納するのが難しいと感じるかもしれません。でもA4サイズのファイルボックスを使うと、シャンプーや洗剤のストックをスマートに収納できます。その上の部分の空いた空間には数本の突っ張り棒を渡して棚を作れば、歯ブラシや排水ネットなど軽い小物の収納に使えます。

洗面所収納×洗面台③
洗面台下の扉に掃除用具をフックで吊るして収納


洗面台下で見落としがちな収納場所が「扉の裏」。よほど扉の面ギリギリまで収納していない限り、扉の裏側にフックを付けるとちょっとした収納に使えます。お掃除用のブラシやスポンジなどをここに収納しておくと、使いたいときにサッと手に取れて便利です。

洗面所収納×洗面台④
歯ブラシを吸盤で鏡に貼り付けて収納


洗面所に必ず収納したいものと言えば歯ブラシ。歯ブラシは一日に何度も水浸しになるため、どこに収納するかは悩みの種です。でもいっそのこと洗面台上の鏡に吸盤で歯ブラシを取り付ければ、歯ブラシから水滴が垂れても気にならず、お掃除も楽になります。

洗面所収納×洗面台⑤
洗面台の上に小さなゴミ箱を置く


狭い洗面所に大きなゴミ箱を置くのは邪魔ですが、洗面台の上に小さなゴミ箱を置くと場所を取らず便利です。それに綿棒やコットンといった小さなゴミを入れるときは、足元より洗面台上にゴミ箱があるほうが助かります。

1-2.洗面所の収納アイデア。壁面を活用する

洗面所収納×壁面①
タオル掛けに差し込めるドライヤーラック


ドライヤーは洗面所でかなり大きな場所を取るグッズ。ヘアドライヤーのほかにヘアアイロンやクルクルドライヤーなど何台ものドライヤーがあると、洗面台の貴重な引き出し1段分がドライヤー入れになってしまうことも。

ドライヤーは壁面に収納するほうが、手に取りやすく置き場所を取りません。タオル掛けの上から差し込めるドライヤーラックなど、便利なアイテムもあります。

洗面所収納×壁面②
必要なものだけを置くと掃除も作業もスムーズに


洗面所をきれいな状態で維持したいなら、あえて置かないという発想も大事。本当に必要なものしか置かないことで、手に取りたいものがどこにあるかひと目で分かり、かえって作業性が上がります。さらには洗面所が汚れにくくなるというメリットも。

洗面所収納×壁面③
おしゃれなハンガーバーを壁に立てかける


廊下やリビングから見通せる洗面所は、きれいな状態にしておきたいですよね。そうでなくても洗面所はお客様が使うこともある場所なので、おしゃれに飾りたいもの。

洗面台の下や上にはできるだけものを置かず、化粧品やコップなどかわいらしいものだけを置くとすっきりと片付いて見えます。おしゃれなアイアンのハンガーバーを収納を兼ねて壁に立てかけておけば、すてきなディスプレイに。

1-3.洗面所の収納アイデア。洗濯機上スペースを活用する

洗面所収納×洗濯機上①
ラタンのバスケットを使って「見せる」収納を


洗濯機の上に手っ取り早く収納を作りたいときは、ランドリーラックを使うと便利です。でも洗濯機の上は周りから丸見えのため、棚にむきだしのままたくさんのものを乗せていると、見苦しく感じることも。

そんなときはラタンのバスケットを使って「見せる収納」をするのがおすすめ。棚の位置が高ければバスケットの中身は見えないので、肌着などの衣類も安心して収納できます。

洗面所収納×洗濯機上②
ランドリーラックは洗濯機の側面に設置する方が使いやすい?


ランドリーラックは洗濯機の奥に据えるように考えて作られていますが、洗濯機が大きいと奥の棚に手を伸ばすのは大変です。むしろ側面にラックがある方が使いやすい場合も。そして天井突っ張り式のラックなら、棚の位置を自由に移動できます。

洗面所収納×洗濯機上③
アイアンのランドリーラックにおしゃれに収納


メッシュのラックが付いているランドリーラックは生活感があって苦手という方は、黒いアイアンのフレームに木調の棚板が乗っているおしゃれなランドリーラックもあります。ラック自体がおしゃれだと、棚にむき出しのまま洗剤を乗せていても絵になるため、飾るのが苦手な方にもおすすめです。

2.洗面所に収納すると便利なもの。タオル・肌着・ハンガー

歯ブラシやシェーバーといった洗面所に無いと不便なものは別にして、洗面所に収納すると便利なものは他にもたくさんあります。逆に、必ずしも洗面所に収納しなくてもいいものもたくさんあります。狭い洗面所に何を優先的に収納するか、改めて考えてみましょう。

2-1.タオル×洗面所収納

洗面所収納×タオル①
洗面台の引き出しにタオルを収納


タオルを洗面所に収納していると、顔を洗うときやお風呂に入るときにわざわざ新しいタオルを取りに行く必要がなくて便利です。でもタオルは吸水性が高いので、洗面所の棚にむき出しで収納していると、湿気を帯びてカビが生えてしまうことも。

タオルは引き出しや扉の中など湿気の影響を受けにくい場所に収納するのが理想的。引き出しに立ててタオルを収納し、洗ったタオルは奥に入れて前から順に使うようにしておけば、引き出しの奥や下に湿気がこもる心配はありません。

洗面所収納×タオル②
マグネット式タオルホルダーを使って洗濯機にタオルを収納


洗面所にタオルの収納場所がなく、数枚のタオルを置ける収納が欲しいときは、洗濯機の前面にマグネット式のタオルホルダーを取り付けるという方法も。わずかな奥行きに4~5本のタオルを収納でき、使うときにはサッと抜き取れます。

洗面所収納×タオル③
無印良品の「壁に付けられる家具・箱」を使ってコンパクトにタオルを収納


洗濯機のまわりなど、洗面所の壁面にちょっとした空きスペースがあるようなら、タオル収納用に奥行きの浅いボックスタイプのラックを取り付けるのもおすすめ。タオルは直接体に触れるものですから、オープンな棚に置くよりボックスラックに収納するほうがほこりや汚れの心配がありません。

2-2.ハンガー×洗面所収納

洗面所収納×ハンガー①
100均ボックスを使って洗面台下にスマートにハンガーを収納


洗濯ものを干すハンガーを洗面所に収納すると、洗濯時の動作に無駄がありません。大量のハンガーは目につくとごちゃごちゃとして見えますが、洗面台下をハンガーの収納場所にすればすっきりと隠して収納できます。100均のボックスを使うとよりスマートに収納でき、出し入れも楽です。

洗面所収納×ハンガー②
100均のワイヤーバーを使ってランドリーラックにハンガーを掛けて収納


洗濯ハンガーをランドリーラックの物干しバーに掛けて収納すると作業が楽な反面、普段は目障りです。でも棚板に取り付けるタイプのワイヤーバーにハンガーを掛けて収納すれば、ハンガーが少し奥に収まるため、あまり目障りじゃなくなり、棚板もそのまま活用できます。

洗面所収納×ハンガー③
洗濯機横のデッドスペースにハンガーを掛けて収納


洗濯機横に幅10cmほどの隙間が空いているようなら、マグネット式のハンガーラックを利用するという方法も。わずかなスペースにたくさんの洗濯用ハンガーをスマートに収納できます。

2-3.肌着×洗面所収納

洗面所収納×肌着①
仕切り板を使ってリネンのバスケットに肌着を収納


肌着やパジャマといったお風呂あがりに着る衣類もまた、洗面所に収納すると便利なもののひとつ。洗面所にタオルと肌着を収納しておけば、入浴したいときに手ぶらで洗面所に行けます。

洗面所のように湿気の多い場所に肌着を収納するときは、リネンなど通気性のいい素材のケースがおすすめ。大きなバスケットには仕切り板を使うと簡単に仕分けができ、取り出しやすくなります。

洗面所収納×肌着②
肌着とパジャマをフラップケースに入れてランドリーラックに収納


地震などで落下する場合も考えて、ランドリーラックの一番上の棚にはできるだけ軽いものを乗せるのが安心です。衣類やタオルはまさに打って付け。フラップ扉のボックス収納を利用すれば、高い位置でも楽に出し入れができます。

洗面所収納×肌着③
クリアケースにリメイクシートを貼って肌着を隠して収納


クリアケースは引き出しを開けなくても中身が分かるのがメリットですが、洗面所のように狭い空間では、肌着を入れているとちょっと恥ずかしいと感じることも。そんなときはクリアケースの表面にリメイクシートを貼ると隠す収納ができ、見た目もおしゃれになります。

中に入っているものを書いたシールに隅に貼っておけば、どこに何が入っているか分からなくなることもありません。

3.洗面所で役立つおしゃれなアイテム

洗面所でよりスムーズに作業ができ、効果的に収納できるおしゃれなグッズはたくさんあります。便利なアイテムを活用して、洗面所をもっと快適な空間に変えましょう。

収納付きバスタオルハンガーにシャンプーを収納


数枚のバスタオルを収納できるバスタオルハンガーがあると、省スペースに家族全員のバスタオルを広げて掛けることができ、助かりますよね。そのタオルハンガーの足元にラックがあれば、シャンプーやボディソープも収納でき、浴室がすっきりと片付きます。

キャスター付きランドリーハンガーカートは1台4役!


脱衣かごをハンガー付きランドリーカートに収納すると、入浴するときはハンガーをパジャマやガウンを掛けるのに使え、洗濯するときは物干しとして利用できるなど、狭い洗面所では便利です。

ハンガーにバッグなどを下げて脱衣かごに覆いをしておけば、入浴するとき以外は洗面所から出しておいても気にならず、来客時にはカートを下ろすとコートハンガーに使えるなど、いろんな使い方ができます。

家族が多いなら折りたためる脱衣カゴがあると便利


洗濯ものがある程度たまってからまとめて洗濯するという方には、たくさんの洗濯ものが入る大きな脱衣かごより、折りたためる脱衣かごを複数使うのがおすすめ。大きな脱衣かごは常に大きな置き場所を取るのに対し、折りたたみ式のかごを2個使うようにすれば、片方をたたんでいるときはそのぶん洗面所を広く使えます。

また家族が多いと夏場と冬場では洗濯ものの量が極端に変わるため、冬用に折りたたみ式の脱衣かごを備えておくと便利です。

4.洗面所収納×DIYアイデア。賃貸でも大丈夫!

洗面所は家の中でもっとも生活感が出やすい場所。洗面所のDIYは単に収納を増やすためだけじゃなく、洗面所をおしゃれにディスプレイするのにも効果的です。ここでは賃貸でもできる洗面所のDIYをご紹介します。

DIY×洗面所収納アイデア①
ディアウォールで洗濯機横にタオルラックを作る


賃貸のDIYで大活躍するのがディアウォール。洗面所のように狭い空間ではその威力が特に発揮されます。洗濯機横や洗面台横といった奥行きの深いデッドスペースにディアウォールを使って棚を作れば、タオルやコスメを収納するのに便利です。

タオルの配色に気を配り、一緒に観葉植物などを飾ると、タオルがおしゃれなディスプレイに。

DIY×洗面所収納アイデア②
洗面台横の壁に小物用の棚を作る


洗面台横の壁に棚を作るとちょっとした小物を収納でき、身支度が素早くできます。棚の奥行きが深すぎると洗面台を使うときに邪魔になりますから、5~10cm程度の奥行きが理想的。洗面所では棚の奥行きが5cmあれば収納できるものはけっこうあります。

DIY×洗面所収納アイデア③
洗面台上の収納に扉を付ける


3面鏡や2面鏡タイプの洗面化粧台は鏡の裏側に収納が付いていますが、1面鏡タイプの洗面台では鏡の両サイドか片側に収納があり、収納には扉が付いていません。このため鏡の横に収納しているものがまる見えで、ごちゃごちゃしていると感じることも。

そんなときは100均のカラーボックス用ドアを使って洗面台の収納部分に扉を作れば、すっきりとした印象になります。

DIY×洗面所収納アイデア④
狭い洗面所にコーナー用の小さな棚を作る


ランドリーラックのような大きな収納は使わずに、洗濯機の周りにコーナー用の小さなラックを作り、おしゃれなボトルに詰め替えた洗剤を乗せておけば、生活感のないすてきな洗面所に。奥行きが浅い棚やコーナーラックでも、洗剤を乗せるには十分です。

DIY×洗面所収納アイデア⑤
ドアを外すと収納量が増える?


DIYと聞くと「作る」ことをイメージされるかもしれませんが、いま付いている邪魔なものを取り外して暮らしやすく改良するのもまたDIYです。そして取り外すDIYと言えば「ドア」。

収納にドアがあるとドアの内側にデッドスペースができ、室内側にはドアを開け閉めするスペースが必要です。つまりドアを外すだけで収納量が増え、ドア前のスペースを有効に使えるというメリットが。収納に目隠しが欲しいときは、ロールスクリーンやのれんを掛けるとスマートでおしゃれな印象になります。

5.洗面所に収納するときの注意点

洗面所は浴室の隣りにある、湿気がこもりやすい部屋です。賃貸では浴室にも洗面所にも窓が無いケースが珍しくなく、換気に気を配らないと湿気がこもってカビに悩まされることになるかもしれません。

カビと湿気対策が欠かせない

洗面所は湿気がこもりやすいため、あまりにぎゅうぎゅうにものを収納していると風の通りが悪くなり、カビが生えやすくなります。カビを防ぐためには、ある程度すき間を開けて収納するのが効果的。

また洗面所のように湿気の多い場所では、小さな除湿剤に大きな効果は期待できません。普段から湿気が気になるようなら、除湿機を利用しましょう。

24時間換気システムを正しく利用する

改正建築基準法で住宅に24時間換気システムの設置が義務付けられたのは、2003年の7月です。これ以降に建てられた住宅は、一戸建ても集合住宅も24時間換気システムが設置されています。

逆に言うと、それ以前に建てられた住宅には24時間換気システムがありません。このため、築20年を超える古い賃貸には24時間換気システムがなく、洗面所に湿気がこもりやすいです。つまり24時間換気システムがあるかどうかで大きく事情が違います。

あるようならきちんと作動させていればあまり深刻に考えなくても大丈夫ですが、24時間換気システムが無く、窓も無い古い賃貸の洗面所では湿気がこもりやすく、濡れた壁はこまめに雑巾で拭くなどしないとカビが生えやすいです。

清掃性を重視する

デッドスペースを無くすことに夢中になるあまり、清掃性を無視していたら、後で悔やむ結果になるかもしれません。

洗面所は水が飛び散るため、気を遣っていても汚れてしまう場所。掃除がしにくい場所に物を置いてしまうと次第に掃除の頻度が減り、カビが繁殖してしまう可能性があります。カビを防ぐためにも、収納を考えるときに掃除のしやすさを意識するようにしましょう。

重いものを高い位置に置かない

ランドリーラックの一番上の棚は手が届きにくいため、洗剤やシャンプー類のストック置き場にしたいと思うかもしれませんが、あまりおすすめできません。

未開封の洗剤の重さは500g~1kgもあり、洗面所にいるときに地震が起き、万が一頭の上に落ちて来たら大変です。高い位置にある棚には、タオルや衣類のような軽くてやわらかいものを置くようにしましょう。

洗面所収納アイデアまとめ

MEMO
    【洗面所の収納術。壁面と洗濯機上スペースをフルに活用する】
  • 洗面台上の棚に小物を2列に収納
  • ファイルボックスと突っ張り棒を使って洗面下に大容量収納を
  • 洗面下の扉に掃除用具をフックで吊るして収納
  • 歯ブラシを吸盤で鏡に貼り付けて収納
  • 洗面台の上には小さなゴミ箱を置くと便利
  • タオル掛けに差し込めるドライヤーラック
  • 必要なものだけを置くと掃除も作業もスムーズにできる
  • おしゃれなハンガーバーを洗面所の壁に立てかけてディスプレイ
  • ラタンのバスケットを使って洗濯機上に「見せる」収納を
  • ランドリーラックは洗濯機の側面に設置する方が使いやすい?
  • アイアンのランドリーラックにおしゃれに収納
    【洗面所に収納すると便利なもの。タオル・肌着・ハンガー】
  • 洗面台の引き出しにタオルを収納
  • マグネット式タオルホルダーを使って洗濯機にタオルを収納
  • 無印良品の「壁に付けられる家具・箱」を使ってコンパクトにタオルを収納
  • ファイルボックスを使って洗面台下にスマートにハンガーを収納
  • 100均のワイヤーバーを使ってランドリーラックにハンガーを掛けて収納
  • 洗濯機横のデッドスペースにハンガーを掛けて収納
  • 仕切り板を使ってリネンのバスケットに肌着を収納
  • 肌着とパジャマをフラップケースに入れてランドリーラックへ
  • クリアケースにリメイクシートを貼って肌着を隠して収納
    【洗面所で役立つおしゃれなアイテム】
  • 収納付きバスタオルハンガーにシャンプーを収納
  • キャスター付きランドリーハンガーカートは1台4役!
  • 家族が多いなら折りたためる脱衣カゴがあると便利
    【洗面所収納×DIYアイデア。賃貸でも大丈夫!】
  • ディアウォールで洗濯機横にタオルラックを作る
  • 洗面台横の壁に小物用の棚を作る
  • 洗面台上の収納に扉を付ける
  • 狭い洗面所にコーナー用の小さな棚を作る
  • ドアを外すと収納量が増える?
    【洗面所に収納するときの注意点】
  • カビと湿気対策が欠かせない
  • 24時間換気システムを正しく利用する
  • 清掃性を重視する
  • 重いものを高い位置に置かない