子ども部屋の収納アイデア。お子さんが自分で片付けるインテリア術

1.子ども部屋の収納術。子供が楽しく片付けるアイデアを学ぶ

子どもが自分でおもちゃや絵本を片付けるようにするためには、ただルールを決めて守らせるだけでは難しい場合もあります。それよりも、子供が片付けたくなる環境や、片付けが苦にならない収納を作ってあげるほうが早道です。

1-1.子ども部屋の収納アイデア。おもちゃをすっきり片付ける

子ども部屋収納×おもちゃ①
カラーボックスに引き出しを付けておもちゃをスマートに収納


子どもに自分で片付けさせるには、できるだけ簡単に収納できるのがポイント。ふたを開ける必要がない引き出し収納などが理想的です。カラーボックスに引き出しやボックスをセットすると、子供でも片付けやすく、見た目もすっきりと収納できます。

子ども部屋収納×おもちゃ②
おもちゃを片付けなくていいディスプレイコーナーを作る


遊ぶたびにおもちゃを出し入れさせるのが、必ずしも正解ではありません。子供がふと何か思いついたときにいつでも遊べるように、おもちゃは出しっぱなしにしておくという考え方もあります。

この場合、あくまで子供に管理させるのがポイント。はじめはぐちゃぐちゃになるかもしれませんが、ルールを決めることで少しずつ片付けられるようになります。

子ども部屋収納×おもちゃ③
立ったままおもちゃをケースに放り込めるようにする


片付けが苦手なお子さんには、ラックや引出しはハードルが高すぎます。まずは決められた場所に収納することだけに集中できるように、立ったまま放り込めるおもちゃケースを用意してあげましょう。

子ども部屋収納×おもちゃ④
お片付けが「遊び」になるように収納をデコレーション


おもちゃ入れがかわいいケースだったり、好きなキャラクターのシールが貼られていると、子どもはお片付けが楽しいと感じることも。子どもが片付けを面倒くさがるときは、おもちゃ入れをお子さんの好みに合うようにデコレーションしてみるといいかもしれません。

子ども部屋収納×おもちゃ⑤
子供が幸せを感じる「秘密基地」スペースを作る


大人の目から見ると散らかっているようにしか見えなくても、子供にとっては一定のルールの元に片付けたり飾っている可能性があります。そんな子供には、好きなように飾りつけをしていい「秘密基地」スペースを部屋の一角に作ってあげましょう。

「秘密基地」で欲求が満たされることで、それ以外の場所でのルールを以前より守ってくれるようになります。

1-2.子ども部屋の収納アイデア。衣類をすっきり片付ける

子ども部屋収納×衣類①
押入れ用ハンガーラックは子供の身長にぴったり


押入れ用のハンガーラックは背が低く、スラックスや丈の短いスカートしか掛けられませんが、子供にとっては使いやすい高さ。子ども部屋に押入れハンガーを床置きして、洗濯した子ども服をそのまま掛けるようにすれば、子ども服をたたむ手間がなくなり、子供も楽に服が着られるようになります。

子ども部屋収納×衣類②
普段着を壁掛けフックに収納する


ハンガーラックにたくさんの服を掛けておくと、どの服を着るかなかなか選べない子どもには、何枚かの服を選んでフックに掛けておくことで、あまり悩まなくなる可能性が。またエプロンや外着など、子どもが毎日着る服は目に付きやすい場所に掛けておくことで、早くから子供が自分で服を脱ぎ着できるようになります。

子ども部屋収納×衣類③
収納が苦手な子どもには袋やかごタイプがおすすめ


引き出しの中にきれいに洋服を片付けるのが苦手な子どもには、簡単に収納できる袋やかごタイプを使うという方法も。大事なのは美しく収納することではなく、子どもが自分で収納できるようになること。自分でやる癖がついたら、もっときれいに収納する方法も次第に考えられるようになります。

1-3.子ども部屋の収納アイデア。絵本をすっきり片付ける

子ども部屋収納×絵本①
棚板の高さが子供の目線に合う本棚を選ぶ


絵本棚の棚板の位置が高いと、子どもは自分で絵本を取れません。お母さんが絵本の出し入れをしてあげていたら、お子さんはいつまでたってもお片付けが出来ないまま。お子さんの自立を促すためにも、子どもが本の出し入れをスムーズにできる絵本棚を選びましょう。

子ども部屋収納×絵本②
よく見る絵本の収納にはかごが便利


お子さんが毎日見るお気に入りの絵本があるようなら、無理に本棚に収納するのではなく、かごに入れてすぐに手に取れる場所に置いておくほうがむしろ散らからないことも。持ち運びがしやすいかごを使えば、子ども部屋からリビングへなど、お子さんが遊ぶ場所にあわせて楽に移動が出来ます。

子ども部屋収納×絵本③
カラーボックスに突っ張り棒を渡して絵本を見やすくディスプレイ


幼児用の絵本棚が必要な期間は数年です。このため段ボールや板を使って絵本棚をDIYで作る方もいますが、カラーボックスに突っ張り棒を渡すだけで、表紙が見えるディスプレイラックが簡単に作れます。上段をディスプレイラックにして下段を収納ラックにするなど、カラーボックスならいろんな使い方ができます。

2.子ども部屋のレイアウト。自立を促す収納とインテリア

子ども部屋は文字通りお子さんの部屋。早い段階から子どもに自分で部屋の管理をさせることで、子供の精神的な自立をうながせます。そのためには、子供が管理しやすいインテリアレイアウトを考えてあげることが大切です。

2-1.ボックス×子ども部屋収納

子ども部屋収納×ボックス①
遊ぶ机の下におもちゃ入れボックスを置く


子供がいつも遊ぶ場所はだいたい決まっているようなら、遊ぶ机の下などすぐに手に取れる場所におもちゃ入れボックスを置いてあげましょう。収納場所を簡単で分かりやすくすることで、お片付けの習慣が身に付きやすくなります。

子ども部屋収納×ボックス②
100均ボックスにラベルを貼って小物を収納


お片付けの習慣ができている子供には、もっと収納がしやすくなる工夫をしてあげましょう。特に女の子は、アクセサリーなどお子さんなりの区別があるかもしれません。小さな仕分けボックスをラックにセットしてラベルを貼れば、どこに何が入っているか分かりやすくなり、お子さんのストレスが減ります。

子ども部屋収納×ボックス③
おもちゃを入れたボックスをラックにスマートに収納


気分によって遊ぶものが変わる気まぐれな子供には、たくさんのおもちゃが入る大きなボックス収納を使ってみましょう。それぞれのボックスに種類別におもちゃを分けて入れておけば、気分に合うおもちゃの箱を探しやすく、ひとつの遊びに集中できます。大きなボックスはのちに衣類ケースとして使えるというメリットも。

2-2.ラック×子ども部屋収納

子ども部屋収納×ラック①
子供の身長に合う家具を選ぶ


子ども部屋の家具はすべて子供の身長に合わせて選ぶのが理想的。そうでなくても、部屋の中で背の高い家具に囲まれていると落ち着きません。

椅子に腰かけているより床に座っている時間が長いうちは、立った状態ではなく床座の目線に合わせるのがポイント。背の高いラックは部屋の角に置き、中央には床に座ったまま開けられるボックス類を置くといいでしょう。

子ども部屋収納×ラック②
お気に入りのおもちゃはディスプレイできる場所を作る


プラレールなどお子さんが特に気に入っているおもちゃがあるようなら、好きなものを自分で飾れるディスプレイコーナーを作ってあげましょう。この場合、あくまでお子さんに自分で飾らせるのがポイント。

コレクションが増えたときはどれかひとつ捨てるようにルールを決めておけば、大事なものと不要なものを選別できるようになり、子ども部屋がものであふれかえるのを防げます。

子ども部屋収納×ラック③
ワゴンラックにランドセルと学習用品を収納


子供が小学生になったら必要になるのが、ランドセル置き場。そして学習用品は机よりランドセル置き場のそばに収納するほうが、出し入れがスムーズにできます。

キャスター付きのワゴンラックをランドセル置き場として利用すれば、必要な時は机のそばに引き寄せられ、邪魔な時は壁際に移動できて便利です。本や衣類など、他にもワゴンに収納するものは子供の性格や成長に応じて柔軟に変えていけます。

2-3.ベッド×子ども部屋収納

子ども部屋収納×ベッド①
引き出し付きの子供用ベッドもある


低い位置にあるベッド下の引き出しは子供にとって使いやすく、大きな引き出しなら上から立ったまま物を放り込めます。引き出しを閉めれば部屋の中が片付いた印象になるため、お母さんのストレスも減りそうです。

子ども部屋収納×ベッド②
小さな子供は低いベッドのほうが安全


ひとり寝は子供が精神的に自立するのに欠かせないステップ。早くから子供部屋にベッドを置くと、子どものひとり寝を促すのに効果的です。いつでもひとり寝ができる環境を整えておけば、子供のほうからある日突然「ひとりで寝る!」と言い出す可能性も。

マットレス面の高さが低いベッドを選んでおけば、小さなお子さんが寝ているときにベッドから落ちてケガをする心配もありません。

子ども部屋収納×ベッド③
子供が喜ぶインテリアを作って自立を促す


子どものひとり寝を早く進めたいなら、お子さんが喜ぶインテリアに子ども部屋を飾り付けると効果的。素敵なインテリアに囲まれて眠れるなんて、大人でもワクワクしますよね。大好きなキャラクターデザインのベッドカバーやぬいぐるみが並んでいたら、お子さんは大喜びでベッドに駆け込むはずです。

3.子ども部屋の収納におすすめの家具

子ども部屋に置く収納家具は、子供の成長に合わせて使い方を変えられるものが理想的。幼児から成人した後まで、使い方を変えながら長く使える便利な収納家具が最近では増えています。

成長に合わせて使い方を変えられる「コロコロチェアアンドデスク」


近ごろ急速に人気が高まっている「コロコロチェアアンドデスク」。一見、小さなお子さん用のデスクセットに見えますが、椅子もテーブルも立てると本棚として使えるように内側に棚板が付いています。

またテーブルはゆくゆくは玄関ベンチやテレビ台にするなどいろんな使い道があり、かわいいだけじゃなく長く使える便利な家具です。

ニトリのカラーボックスでおしゃれなベビークローゼットを作る


ニトリにはカラーボックスにセットできるオプションがたくさんあります。背の低いカラーボックスは子どものクローゼット収納にぴったり。オプションを付け替えることで成長に合わせて使い方を変えられます。

木の風合いがおしゃれなイケアの「おままごとキッチン」


子どもの収納家具で絶大な人気を誇るIKEA。素朴なデザインは飽きにくく、木の風合いにはやさしさを感じられます。中でも高い人気がある商品が「おままごとキッチン」。あまり子供っぽすぎないデザインなので、おままごとを卒業した後もラックとして使えます。

無印良品の「壁に付けられる家具・長押」に絵本をスマートに収納


無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズは、石膏ボードの壁にピンで固定できるため、位置を変えるときに大きなネジ穴が残りません。成長に合わせて棚の位置を変えたい子ども部屋で使うのに便利です。

4.子ども部屋の収納を考えるときの注意点

かわいい子ども部屋やすっきりと片付いている部屋は、親にとっても憧れですよね。でも、子供の意見や個性を無視してはいけません。子供に精神的な自立を促すためには、早くから自分の部屋は自分で管理させることも大切です。

親の都合で収納場所や商品を選ばない

お母さんが片付ける前提で収納場所や収納家具を選んでしまうと、子供にとっては片付けにくく、いつまでたっても自分で片付けられないという結果になる可能性も。収納場所は子供に決めさせ、収納家具は子どもと一緒に選ぶなど、子供の意見を尊重しましょう。

お子さんに自分で片付けさせる

子どもが部屋をぐちゃぐちゃに散らかしていると、イライラしてつい片付けたくなりますよね。掃除機をかけるのも大変です。けれどそのうちお母さんが片付けてくれると思ったら、子供は自分から片付けようとはしません。

お母さんは絶対に片付けてくれなかったり、片付けないと遊ばせてもらえないなどのリスクがあれば、仕方なく自分で片付けるようになります。

ケースを色分けすると早く収納できる


なかなか片付けが出来ない子供は、どこに何を入れればいいのか分からないのかもしれません。そんなときは、形や色で収納場所が分かるようにしてあげましょう。電車のおもちゃは青い箱、ぬいぐるみは黄色の箱、積み木は緑の箱といったように色分けすることで、おもちゃを探しやすくなり、自然と片付ける場所が覚えられます。

成長に応じて収納の見直しが必要

子どもは体の成長が早いため、たった1年でそれまで使っていた収納家具が使いにくくなることも。成長に合わせて使い方を変えられる家具をはじめから選んでおくことで、よりスムーズに収納の見直しが出来ます。

子ども部屋の収納ポイントまとめ

MEMO
    【子ども部屋の収納術。子供が楽しく片付けるアイデアを学ぶ】
  • カラーボックスに引き出しを付けておもちゃをスマートに収納
  • おもちゃを片付けなくていいディスプレイコーナーを作る
  • 立ったままおもちゃをケースに放り込めるようにする
  • お片付けが「遊び」になるように収納をデコレーション
  • 子供が幸せを感じる「秘密基地」スペースを作る
  • 押入れ用ハンガーラックは子供の身長にぴったり
  • 普段着を壁掛けフックに収納する
  • 袋やカゴタイプなら子供が自分で出し入れしやすい
  • 棚板の高さが子供の目線に合う本棚を選ぶ
  • よく見る絵本の収納にはかごが便利
  • カラーボックスに突っ張り棒を渡して絵本を見やすくディスプレイ
    【子ども部屋のレイアウト。自立を促す収納とインテリア】
  • 遊ぶ机の下におもちゃ入れボックスを置く
  • 100均ボックスにラベルを貼って小物を収納
  • おもちゃを入れたボックスをラックにスマートに収納
  • 子供の身長に合う家具を選ぶ
  • お気に入りのおもちゃはディスプレイできる場所を作る
  • ワゴンラックにランドセルと学習用品を収納
  • 引き出し付きの子供用ベッドもある
  • 小さな子供は低いベッドのほうが安全
  • 子供が喜ぶインテリアを作って自立を促す
    【子ども部屋の収納におすすめの家具】
  • 成長に合わせて使い方を変えられる「コロコロチェアアンドデスク」
  • ニトリのカラーボックスでおしゃれなベビークローゼットを作る
  • 木の風合いがおしゃれなイケアの「おままごとキッチン」
  • 無印良品の「壁に付けられる家具・長押」に絵本をスマートに収納
    【子ども部屋の収納を考えるときの注意点】
  • 親の都合で収納場所や商品を選ばない
  • お子さんに自分で片付けさせる
  • ケースを色分けすると早く収納できる
  • 成長に応じて収納の見直しが必要