一人暮らしは収納力が重要!現役インテリアコーディネーターがおすすめする収納術まとめ

1.一人暮らし収納術|場所別にご紹介!

一人暮らしでは、工夫次第で収納スペースを増やすことができます。アイデアが詰まった実例とともに、場所別に収納術のコツをお伝えします。

1-1.一人暮らし収納術《玄関編》

一人暮らし収納術《玄関編》①
シューズ収納アイテム

一人暮らし向き物件の玄関は、そこまで広さはなく、靴が好きな人にとって収納場所が少なく感じることも。1足でも多く収納するために、写真のようなグッズを取り入れるのもおすすめです。

普通に収納した場合の半分のスペースでOKなので、より多くの靴をスッキリと収納することができます。100円ショップでも販売しているので要チェック。

一人暮らし収納術《玄関編》②
おすすめの傘立て

傘を玄関の外にかけて置きっ放しにしている方も多いのではないでしょうか。玄関は綺麗に保てますが、傘には砂埃や汚れが付着しやすいので、あまりおすすめしません。

そこで玄関の素材を生かしたマグネット式の傘立てをご紹介。傘立てを床に置くのではなく、玄関扉につけることで、靴の脱ぎ履きスペースも広々使えます。

傘立ての底が取り外し可能なので、雨の日に水が溜ったら排水でき、衛生的にも安心。もちろん、床に置くこともできます。一人暮らしだからこそ、デッドスペースを上手に使って収納していきましょう。

1-2.一人暮らし収納術《キッチン用品編》

一人暮らし収納術《キッチン用品編》①
100均アイテムでDIY収納

一人暮らしのミニキッチンは、何と言っても作業場や収納スペースが少ない!料理を楽しむために、こちらも使えるスペースをDIYで作ってみましょう。

こちらの実例は、突っ張り棒を縦に2本、そこに網目の商品を結束バンドで固定するだけ。フックを使って、キッチンツールを見せる収納として活用してます。

一人暮らし収納術《キッチン用品編》②
キッチンワゴンを活用しよう

ミニキッチンでは作業スペースを増やすことも大切。IHの場合、使用していないときは作業スペースとして使うことができますが、それでも狭く感じる場合はキッチンワゴンを使ってみてはいかがでしょうか。

キッチンワゴンは、2〜3段のものが多く、収納力も抜群。調味料や、食器、野菜置き場としても活用でき、キャスターが付いているので移動もラクラク。お好みのキッチンワゴンを探してみましょう。

1-3.一人暮らし収納術《トイレ編》

一人暮らし収納術《トイレ編》①
突っ張り棒でおしゃれに

トイレのデッドスペースは、突っ張り棒で収納スペースを作ることをおすすめ!トイレットペーパーのストックや、タオルなど実例のように収納できると良いですね。

実例は壁から突っ張り棒の間隔を、トイレットペーパーが落ちない幅で位置付けて、上に置くだけの簡単なストック方法。

そこに、キッチン同様網目の商品を結束バンドで、片留めし、開閉できるよう工夫しています。インテリアグリーンも、ディスプレイとして入れているので、おしゃれさもアップ!

一人暮らし収納術《トイレ編》②
カフェカーテンで隠す収納

目隠し収納を目指す方は、100円ショップや300coinsにも売っている”カフェカーテン”でを使いましょう。

カフェカーテンは、突っ張り棒に取り付けるだけで、簡単に取り付けが可能。生活感がなく、清潔感に溢れていて、とても好印象です。トイレットペーパーや掃除用具など、見せたくないものも気兼ねなく収納することができます。

1-4.一人暮らし収納術《リビング編》

一人暮らし収納術《リビング編》①
ベッド下収納

ベッド下収納は一人暮らしで必須といっても良いほど、活用したい家具。もともと、ベッド自体に収納が付いているフレームを選ぶか、実例のように、ベッド下に隙間のあるものを選んで、自分で収納ボックスを購入するかの2パターンがあります。

収納付きベッドのメリットは、デザインが統一されていて、インテリアを考えるのが大変と感じる方におすすめ。ここで注意して欲しいのが、引き出すスペースを考慮すること!家具に当ってしまい、完全に引き出すことが出来なくなることも…

自身で揃える場合は、軽めの収納ケースを選びましょう。あまりに重いと、引き出す作業も億劫になってしまうので注意しましょう。

一人暮らし収納術《リビング編》②
扉付き収納家具

この投稿をInstagramで見る

@2noppi8がシェアした投稿

ワンルームのお部屋は、物が多いだけで生活感を感じ、散らかったイメージがつきがち。その場合は、扉付き収納家具を選ぶことをおすすめします。

お部屋をおしゃれにするのが難しいと思う方は、収納物を隠すだけで簡単に生活感をなくすことができ、スッキリとしたお部屋に大変身。

生活感が出てしまう原因は、たくさんの色がお部屋にあることで、人は散らかって見えてしまうのです。

そうはいっても、雑貨や本などの色を合わせることは不可能に近いので、隠して収納しましょう!ということです。写真のようなキャビネットを選んだ時は、インテリアグリーンを1つ飾るだけで、あっというまにおしゃれ感もアップ。

一人暮らし収納術《リビング編》③
お店のような見せる収納

私も一人暮らしをしていた時に直面した洋服の収納問題。ここでおすすめなのが、お店のようにディスプレイをすること。

実例を見てみると、ハンガーラックにかけられた洋服は、デザインが統一され、お店のディスプレイのような雰囲気。カバンもきちんとS字フックを利用し、床置きにならない工夫をされています。

この方の洋服を見てみると、似たようなカラーを見せる収納にしていることがわかります。見せる収納に挑戦する時は、これが1番大事なポイント。ここにブルーやグリーンが入ると、世界観が崩れるのでそれらはクローゼット内に収納しましょう。

2.一人暮らし収納術|いろんな悩みを集めました

一人暮らしをしている方、もしくはこれから始める方の悩みを、現役インテリアコーディネーターの視点から解決するコーナー。

誰もが1度は思ったことがあるのでは?という悩みを集めて見ました。

一人暮らし収納術《お悩み解決》①
リネン類の収納スペース

一人暮らしの間取りでは、脱衣所がないものも多く、リネン収納に困ることも。そこで実例のように奥行きが少ない突っ張り棒式の収納方法がおすすめ。

こちらは見えてしまう収納なので、カラーを揃えることが大切です。この方は白色ベースに、ベージュとニュートラルカラーで揃えているので、清潔感も演出でき、水回りにはぴったりなレイアウト。突っ張り棒を活用して、収納スペースを増やしましょう

一人暮らし収納術《お悩み解決》②
食器棚の代わりになるものが欲しい!

ワンルームや一人暮らしのミニキッチンでは、食器を収納するスペースが本当に限られていますよね。シンク下に、100円ショップの棚を重ねても、フライパンや鍋で埋まってしまうことも。

そこで、ここでも大活躍なキッチンワゴン。食品だけでなく、実例のように食器棚としても使えます。また、移動も容易なので乾いた食器を戻すのに、ワゴンをキッチン側に持ってくると時短にもなるので、活用しない手はないくらい、一人暮らしの方にはおすすめ!

一人暮らし収納術《お悩み解決》③
クローゼットが狭く収納力がない

クローゼットは、収納力があればあるほど嬉しい!ほとんどの収納スペースに言えることなのですが、デッドスペースを上手に使うことを考えましょう。

洋服をハンガーで吊るすと、下にスペースが必ずできます。クローゼット内では、収納ボックスや、カラーボックスを導入して収納力をアップさせてください。

ここでポイント!ケースを幅ぴったりに詰めてしまうと、引き出せないことがあるので、少し両端に余白を作っておきましょう。その隙間には、アイロン台など、薄いものも収納出来るので一石二鳥。

クローゼット内もスッキリさせたい場合は、中身の見えないケースを選ぶといいですよ♪

一人暮らし収納術《お悩み解決》④
冬用のお布団収納

冬用の毛布はかさ張るので、防虫剤とともに圧縮袋を使ってコンパクトにまとめましょう。

一方、羽毛ぶとんは購入した際に付いてきた収納袋で、保管することをおすすめ!もし、ない場合は、風通しのよい布で包むのもOK。圧縮してしまうと、羽毛ダメージを与えてしまうので、長持ちしないことも…

クローゼットの上段(ない場合は突っ張り棒で、スペースを作る)に保管して、喚起するために、定期的に扉を開けておくこと。使用する際は、1度天日干ししてから、使用しましょう。

3.一人暮らし収納術|おすすめ人気インテリア

収納力たっぷり!一人暮らし向けのおすすめインテリアを現役インテリアコーディネーターが5つご紹介。

一人暮らし収納術《おすすめ人気インテリア》①
冷蔵庫もおしゃれに!

デザイン性も兼ね備えた、ポップな雰囲気の冷蔵庫をご紹介。

一人暮らしにとっては、85Lで大容量なので、作り置きなどもたっぷり収容できます。

家電にデザイン性を加えると、人とは違ったおしゃれを演出でき、普段使いのものこそ、心踊るものを選んで、お部屋でとっておきの時間を過ごしましょう。

一人暮らし収納術《おすすめ人気インテリア》②
デザインも収納力も完璧!シングルベッド

一人暮らしでのベッド下収納は、必ず用意しましょう!こちらの商品は、収納付きシングルベッドで、手前に2つ引き出しが付いており、奥には、スノーボードや長い物の収納が可能。

また、デザイン性も優れており、多くのインテリアテイストに合うので、男女問わず人気のシングルベッドです。

一人暮らし収納術《おすすめ人気インテリア》③
フレキシブルに使えるドレッサー

女性の一人暮らしでドレッサーを置くスペースがとれず、メイクをユニットバスや、リビングテーブル上でする方も多いと思います。

こちらの商品は、ベッドサイドテーブルとしても使用できるコンパクトドレッサー。化粧品も、ドレッサー内に細かく収納でき、もちろん鏡付き。

木目のデザインで、高級感もありコストパフォーマンスにも優れており、サイズ感も使いやすく、ちょっとした小物をディスプレイしても楽しめる優秀なアイテムです。

一人暮らし収納術《おすすめ人気インテリア》④
スタイリッシュなハンガーラック

こちらのシンプルな線のハンガーラックは、壁に立てかけるように設置するタイプ。一人暮らしのお部屋でも、場所を取ることなく設置可能。

スタイリッシュなフォルムなので、見せる収納として大活躍。ハンガーラックにも、デザイン性を持たせると人と違ったおしゃれを作り出すことができます。

モノトーン、ヴィンテージテイストによく合うので、少し男性向きのインテリアとはなりますが、華奢な線なので女性が使ってももちろん大丈夫。変わったデザインのものが欲しい方におすすめの商品です。

一人暮らし収納術《おすすめ人気インテリア》⑤
人と差をつける突っ張り棒

一人暮らしや、賃貸のお部屋に必要な突っ張り棒。こちらは”一本の線から始まる新しい暮らし”をコンセプトに展開しているシリーズ。

暮らしに合わせて、様々な組み合わせを楽しめるこちらの突っ張り棒が、最近とても人気が出てきています。

フォルムもとてもシンプルなのですが、突っ張り棒につけることができるパーツが、素敵なものばかり。

小物を置くテーブルをはじめ、見せる収納として使用できる棚、そして照明器具まで。あなたの理想の暮らしに合わせて、あなただけの組み合わせを楽しんでみては?

4.一人暮らし収納術|重要ポイントまとめ!

MEMO
    【生活感をなくすためには…】
  • 見せる収納は、お店のディスプレイを参考に
  • 生活感があるものは、隠す収納にする
    【収納スペースを作り出すには】
  • ベッド下や、クローゼットのデッドスペースを活用
  • DIYで収納力をアップさせよう!
    【収納×おしゃれを実現するには】
  • デザイン性のあるものをお部屋に置く
  • 生活感をなるべく出さないように!