おしゃれな部屋のレイアウト大公開!こだわりの暮らしを送ろう

おしゃれなお部屋づくりのために。まずはレイアウトが大事!

カフェや雑誌に出てくるようなおしゃれなお部屋は自分ではなかなかできないと思っている方も多いのではないでしょうか。おしゃれなお部屋づくりは、インテリア小物はもちろんですが、レイアウトでもお部屋の印象はがらりと変わります。

この記事では、お部屋づくりに困っている方に向けて、間取りやお部屋別にレイアウトに役立つポイントをご紹介します。

1.まずは自分にぴったりな物件とお部屋のレイアウトを選ぼう

1-1.自分に合ったお部屋の間取りとレイアウトを人数から考える

インテリアを考える前に、賃貸物件をお探しの方ならまずお部屋の間取り選びから始めましょう。マンションや戸建てにお住いの方は、リビングやベッドルーム、子供部屋など、部屋の振り分けが暮らしにフィットしているかどうか、この機会に考えてみてもいいかもしれません。

1-2.お部屋でどんな暮らしやレイアウトにしたいかイメージする

物件や間取りが決まったら、次はそのお部屋の中でどんな暮らしがしたいかを考えます。ゆったりできるスペースがほしいなら、リビングは家具をたくさん置かずゆったりとした雰囲気に。

お家で仕事をすることも多く、集中できるスペースがほしいなら書斎のある暮らしを考えてみましょう。

1-3.購入する家具をお部屋の間取りやレイアウトに合わせて選ぶ

お部屋の模様替えや引越しで家具を新しく購入する場合は、家具選びの前にお部屋にメジャーを持って行ってしっかりと測ります。暖房器具があって思っていた家具が置けず、イメージしていたレイアウトにならないという失敗を防ぐことができますよ。

2.一人暮らしにおすすめのお部屋の間取りとレイアウト実例

2-1.まるでホテルのような空間。ワンルームの部屋レイアウト実例

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

ワンルームのお部屋で目指したいのは、ホテルの一室のようなお部屋のレイアウト。明るい色のインテリアを、床が近くになるにつれて暗くなるようにグラデーションのように取り入れると、空間に広がりが生まれ、同じお部屋でも広く見せることができますよ。

ワンルームレイアウト版インテリアコーディネートまとめ! 現役コーディネーターが選ぶおすすめ実例とは?

2-2.動線にもこだわりたい。1Kの部屋レイアウト実例

適当に家具をレイアウトして並べてしまうとごちゃっと見えてしまいがちな1Kのお部屋ですが、家具をお部屋の幅が長い方の壁に沿って置くなどすると、奥行きが生まれてお部屋が広く見えます。日々の生活や家事がしやすいように動線を確保するのもポイントです。

1Kなのに広く感じるおしゃれレイアウト術|インテリアコーディネーターが教えます!

2-3.色づかいや家具で広く感じる。1DKの部屋レイアウト実例

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

食事がとれるダイニングキッチンのほかに、もう1部屋があるレイアウトの1DK。暮らすお部屋にあたるスペースはあまり広くないことも多いので、家具やカラーコーディネートで広々感じられる空間をつくることで心地よい暮らしにつながります。

1DKレイアウトの全て。広く見せるポイントや男女別おすすめレイアウトなどを大特集

2-4.リビングダイニングはインテリアも楽しめる。1LDKの部屋レイアウト実例

リビングダイニングもそこそこの広さがあるため、もう1部屋と家具をうまく配分しながら使える1LDKのレイアウト。家具の高さや配色を意識することで、お部屋がより広く感じられます。

1LDKのおしゃれなレイアウト! テイスト別レイアウトを現役コーディネーターが教えます

2-5.一人暮らしにおすすめの部屋レイアウトまとめはこちら

一人暮らしだからこそ、自分が心地良いと感じられるお部屋作りは大切。色やテイストにもこだわって、毎日帰りたくなるような部屋を作りましょう。

一人暮らしレイアウト|お気に入りが見つかるおしゃれなインテリア実例集

3.二人暮らしや同棲におすすめの部屋の間取りとレイアウト実例

3-1.生活動線と収納スペースが取れる。2Kの部屋レイアウト実例

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

築年数が古い物件が多く、現在主流となっているLDKの間取りではないため家賃が手頃なことも多い2Kのレイアウト。生活スペースと寝るスペースを分けることができたり、各部屋にある収納をうまく活用することで、空間を広く活用することができます。

2Kの間取りはコスパ抜群!一人暮らしと二人暮らしのレイアウト実例

3-2.ダイニングテーブルも置けてコスパ抜群。2DKの部屋レイアウト実例

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

二人暮らしで豊かなライフスタイルを送るのに必要と考えられている55平米に近いお部屋の広さが確保できる2DKのお部屋。ダイニングテーブルを置くこともできるので、暮らしにメリハリがついてお部屋が自然と片付きやすくなります。

3-3.リビングスペースでゆったりくつろげる。2LDKの部屋レイアウト実例

リビングとダイニングとキッチンがひとつの空間になっていて、部屋数もあるので比較的ゆったりと暮らしやすいレイアウトの2LDKのお部屋。それぞれのお部屋に収納があることが多いので、普段使わないものは閉まっておき、リビングの家具は少なめに配置することでゆったり過ごせます。

同棲カップルや家族におすすめ!2LDKのレイアウト&インテリア実例集

3-5.二人暮らしにおすすめの部屋レイアウトまとめはこちら

自由にお部屋を使っていた一人暮らしとは違い、二人暮らしはお互いが気持ちよく過ごせるように工夫が必要です。ご夫婦や、同棲カップル、友人や兄弟など、それぞれの生活スタイルに合ったお部屋のレイアウトにしましょう。

同棲にもぴったりな二人暮らしレイアウトガイド。心地よい暮らしを探そう

4.ご家族におすすめの部屋の間取りとレイアウト実例

4-1.ダイニングスペースのサイズがポイント。3DKの部屋レイアウト実例

 

3LDKに比べるとダイニングスペースが狭くなってしまう3DKのお部屋。家族でほっとできる空間にするためには、線が細めで横幅が大きすぎないダイニングテーブルやチェアを置き、余白を作ってすっきりさせるのがポイントです。

3DKのレイアウト|ダイニング・和室・収納などのお悩み別解決策まとめ

4-2.子供部屋の確保もできる。3LDKの部屋レイアウト実例

リビングダイニングキッチンのほかに3部屋ある間取りの3LDKは、家族と過ごすスペースのほかに、個々の時間を過ごすことができるスペースもあるのでファミリー層にぴったり。趣味のお部屋や収納部屋、子供部屋など幅広い用途で使うことができます。

3LDKのレイアウト。インテリアコーディネーターが教える「理想の暮らし方」を実現するアイデア集

子供部屋におすすめのレイアウトまとめはこちら

お家の中でも小さめの部屋が割り当てられることが多い子供部屋。子供部屋のレイアウトは、お子様の成長や性格に合わせて家具の配置やインテリアを考えます。

子供部屋レイアウトのお悩み解決!心地よく過ごせる空間づくりアイデア集

5.おしゃれさんに学ぶインテリアコーディネート。部屋別レイアウト&家具配置

5-1.長く過ごす部屋だからこだわりたい!リビングのレイアウト

リビング×部屋レイアウト①
生活リズムに合わせたソファやテレビボードの配置に

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

リビングで過ごすことが多いなら、しっかりとくつろげるようにソファやテレビボードのレイアウトは大切!テレビとソファが近すぎて疲れてしまわないように、程よいスペースを確保しましょう。

リビング×部屋レイアウト②
部屋の広さによってはソファダイニングも効果的

ソファとダイニングテーブル・チェアの機能が一体になった「ソファダイニング」もスペースやお部屋を活用するには効果的です。生活リズムが同じご夫婦やご家族だと、お互いに心地よく暮らすことができます。

リビングのレイアウトでもう悩まない!快適リビング完全ガイド

5-2.料理や食事の時間を楽しくする部屋。キッチンのレイアウト

キッチン×部屋レイアウト①
対面キッチンは家族の様子が見えて安心

もともとの物件の間取りにもよりますが、キッチンの前にダイニングテーブルをレイアウトすると、お母さんは料理や片付けをしながらでも家族の様子が見えて安心です。

キッチン×部屋レイアウト②
カウンターキッチンはDIYしてもおしゃれ

サイズがぴったり合わなかったり、気に入ったデザインの既製品が見つからない時は、カウンターキッチンをDIYで作ってしまうのもおすすめです。オリジナルなサイズなのでレイアウトもしやすく、世界にひとつのオリジナルなので愛着も湧きますよ。

5-3.ゆったりリラックス。ベッドルームの部屋レイアウト

ベッドルーム×部屋レイアウト①
生活リズムに合わせたベッドスペースの配置を

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

ベッドルームのレイアウトは、生活リズムに合わせて配置を考えるのがおすすめです。ご夫婦の生活リズムが異なる場合は、ベッドのどちら側からも入れるようにすればお互いに気を遣いません。

スペースに余裕がある場合は、シングルサイズのベッドを2つ並べると振動が伝わりにくくなります。

ベッドルーム×部屋レイアウト②
デスクやサイドテーブルを置いて作業や読書がはかどる

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

お部屋のスペースに余裕があれば、ベッドルームの中にデスクを置いて寝る前にささっと作業をするのも良いかもしれません。サイドテーブルに素敵なライトを乗せればぐっと雰囲気も良くなり、読書がしたくなります。

5-4.特殊スペースも活用!メゾネットの部屋レイアウト

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

ロフトよりも天井が高くスペースも広いメゾネットは、集合住宅の中でも二階建ての戸建てのような気分が味わえるスペースです。共用の廊下に面していないメゾネットのスペースは、よりプライベートな空間としてレイアウトのアイデアも広がります。

住みたくなるメゾネットレイアウト。おしゃれな間取りや家族構成別のレイアウトまとめ

5-5.収納にも生活空間にも。ロフトの部屋レイアウト

画像出典元:goodroom
画像出典元URL:https://www.goodrooms.jp/tokyo/

「屋根裏部屋」とも呼ばれるロフトは、収納スペースとして使ったり、趣味のためのスペースとして使ったりいろいろな用途に使えます。インテリアコーディネートを楽しむこともできますよ。

ロフトを使いこなすレイアウト。その空間が好きになるロフト100%活用術

自分にぴったりお部屋のレイアウトでこだわりの暮らしを

    【お部屋選びは暮らしに合わせて】
  • どんな暮らしがしたいか考えながら間取りや部屋のレイアウトを考えてよう
  • これから家具を買う場合はお部屋の実際のサイズに合わせて購入しよう
    【一人暮らしにおすすめなお部屋の間取りとレイアウト】
  • ワンルームはホテルのようなお部屋に
  • 1Kは動線にもこだわると使いやすい
  • 1DKのお部屋は色使いや家具の工夫で広く感じる
  • 1LDKは家具の高さや配色も意識して空間ひろびろ
    【二人暮らしにおすすめなお部屋の間取りとレイアウト】
  • 2Kは生活スペースと寝るスペースを分けてそれぞれの空間を活用
  • 2DKのお部屋はダイニングテーブルが置けて暮らしにメリハリ
  • 2LDKは部屋数も収納も多くリビングでゆったり
    【ご家族におすすめなお部屋の間取りとレイアウト】
  • 3DKはダイニングの家具の選び方もポイント
  • 3LDKは収納部屋や趣味の部屋など幅広い自由なレイアウトで
    【おしゃれさんに学ぶ部屋別レイアウト&家具配置】
  • リビングは暮らし方に合わせてスペースや家具選びをしよう
  • キッチンは気に入ったサイズやデザインが無ければ作る選択肢も
  • ベッドルームは生活リズムでベッドの配置を考えて
  • メゾネットやロフトは広さや形に合わせてコーディネートを楽しもう

オフィス編のレイアウトガイドはこちら

オフィスレイアウトを学ぶ。業務効率&モチベーションが上がるレイアウト事例集 おしゃれなオフィスデザインテクニックを知って通いたくなる空間を作る