【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

カラボ収納の総まとめ♪用途別でおすすめアイデアをご紹介

カラーボックスは組み立てやすく低価格で購入できるので、DIYやインテリアに取り入れる人が多数。その部屋のインテリアや用途、使う人によってさまざまな活用方法があり、アイデアは無限大です。そこで今回は、カラーボックスを活用したDIYやインテリアについて徹底的に調べ、103パターンを厳選。そのほか各メーカーのおすすめ商品など総計129選の情報をまとめてみました。参考になる情報や気づきが得られる内容となっていますので、ぜひ楽しんでご覧ください。

カラボ収納はインナーボックス選びがポイント♪素材別おすすめアイデア30選

インナーボックスは、ホームセンターやインテリアショップのほか、100均やロフトなどのバラエティショップでも手に入ります。選ぶインナーボックスによってお部屋の印象が変わるので、カラーボックスを設置する場所、使う人、インテリアを考慮して最適なものを選びましょう。ここからは、DIYテクニックやアイデアなどを紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

1.節約&エコになる「牛乳パック」

いつもはすぐに捨ててしまう牛乳パックをリサイクル♪重ね合わせて繋げたり、お好みの大きさにカットすることで収納したいもののサイズにぴったり合ったインナーボックスを作ることができます。牛乳パックは匂いや衛生面を考え、必ず作業を始める前に綺麗に洗って水分を乾燥させておきましょう。

調味料や薬など小物の整理にぴったり

hirokoさん(@korone.home)がシェアした投稿

調味料や薬、事務用品などの小物を収納するなら、牛乳パックがおすすめです。作り方はクラフトテープやマステを貼って牛乳パックのデザインを隠すだけ。(ロゴが透けて見えてしまう場合はテープを2重にして貼ると良い)色を統一することですっきりと収納ができます。市販のクラフトボックスの中に仕切りとして入れるのも良いでしょう。

絵本もかわいく収納できる

絵本はそれなりに重みがあるので、ヘタらないように牛乳パックを重ね合わせて強度をアップさせましょう。好きな色柄やインテリアに合う布を貼って楽しむことができるのも手作り作業の醍醐味です。

ごちゃごちゃした衣類もすっきり

ちゃこさん(@chacobeans)がシェアした投稿


牛乳パックの底面の部分からTシャツや靴下などの衣類が入るくらいの高さでカットするだけの簡単な作業で完成。画像は吊るして収納していますが、カラーボックスのインナーボックスとしても応用できます。カラーボックスに蓋をつけることで目隠し収納ができるのでさらにスッキリしますよ。

2.ゴミに出すのはもったいない「段ボール」

引越しやネット通販を利用したときなどさまざまなシーンで活躍する段ボール。利用した後は邪魔になってしまいますが、資源回収やゴミに出すのは一旦待ってください!頑丈で扱いやすい段ボールはカラーボックスのインナーボックスとして最適な素材です。

段ボールに見えないおしゃれ感

のんさん(@jyuira.non)がシェアした投稿

段ボールに塗料を塗っただけで、まるで木箱のようなおしゃれなインナーボックスに早変わり♪塗装するときにおすすめなのは「ミルクペイント」です。段ボールは厚手で丈夫な素材なので手作りでも長持ちしますよ。

ターナー ミルクペイント

森永乳業のミルク原料を使用したミルクペイント。成分はミルクガゼインという牛乳のタンパク質なのでペンキのような嫌な匂いが発生せず、安全に使用できます。落ち着きのある柔らかな発色が魅力です。

シックなお部屋にぴったりのボックス

Kaori Fujimotoさん(@kor_capricornus)がシェアした投稿

段ボールにリメイクシートを貼るだけでインテリアに合った素敵なインナーボックスができます。画像のようなダークブラウンでシックな木目調デザインや、ブルー系の木目で西海岸風のインテリアにするのも素敵です。大理石柄のシートでNYのセレブ風にアレンジするのも人気です。

ダンボールをおしゃれなゴミ箱にリメイク