【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

8.憧れのウォークインクローゼットもDIYで

せっかくウォークインクローゼットがあるのに収納家具を置かないなんてもったいない!カラーボックスで上手に仕分ければ、洋服だけではなく帽子やサングラス、ベルトにバッグなどファッションアイテムをまとめて収納できます。中にはお部屋にカラーボックスを並べてつっぱり棒を設置し、ウォークインクローゼットをDIYで作ってしまうという上級者さんも居ます。カーテンレールをつけて目隠しすれば素敵なクローゼットになりますよ。

重ねて収納力アップ

maacoさん(@maaco.uw)がシェアした投稿


カラーボックスを重ね置きしてTシャツや下着などの収納棚にリメイク。カラーボックスの色とインナーボックスの色を統一し、中身を見えないようにすると良いでしょう。カラーボックスなので棚の上に物も置けて収納力も抜群です。

家族それぞれのボックスを用意


家族の多い方にこそ活用して欲しいカラーボックス収納。子供のランドセルやお父さんのキャップ、お母さんの帽子など、家族それぞれのファッションアイテムや荷物を仕分けることができます。壁につけて設置すれば動線も邪魔しないのでスムーズにお出かけの準備ができるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

女性の憧れ♪バッグのディスプレイ


こちらは市販のクローゼットですが、カラーボックスを積み上げてつくることも可能。仕切り棚のひとつひとつにお気に入りのバッグを収納すれば、海外セレブのような気分になれます。こちらは高さがあるリメイクなのでL字金具などを使用し、しっかり固定しましょう。

9.壁面収納

無駄のない収納として注目されている壁面収納。飾り棚やお部屋の仕切り棚など、カラーボックスを連結させてお部屋にぴったりの壁面収納を作るコツをご紹介します。

コーナー型のかラボを上手く活用


こちらは既製の家具ですが、カラーボックスにもこのようなコーナー型のカーブのかかった製品があります。壁面にぴったりと設置しサイドをこのようなコーナー型のカラーボックスを連結すると売り物のようなおしゃれな家具に近づけることができますよ。

ぴったりハマるサイズにカスタマイズ

@chocolate.cafeがシェアした投稿


冷蔵庫や食器棚の隣など少し空いているスペースがあればカラーボックスを設置しておしゃれなシェルフを作ってみてはいかがでしょうか。長方形や正方形など形が違うタイプのものを組み合わせるのもおもしろいですね。

部屋同士の仕切りにもなる♪


カラーボックスを縦置きで連結させ、背面同士を向かい合わせて設置すると、面からも裏からもものが出し入れできる収納棚に。部屋同士の間仕切りにもなるので子供部屋をセパレートするときにもおすすめ。空間を無駄なく活用した大容量の収納棚になります。

10.玄関

家に入って最初に目にする玄関。いつ誰が来ても良いように常に整頓しておきたいですよね。無駄がなく収納にもなるおしゃれなインテリア。この3点を満たすカラーボックスを使用したDIYアイデアをご紹介します。

好みの布で作る玄関ベンチ

友さん(@tomobuchiko)がシェアした投稿


カラーボックスを寝かせ置きして天板を用意。レザーや布などお好きなファブリック製品をタッカーで打ち付けた玄関ベンチです。こんなに簡単なのにとてもおしゃれ。フタを開けると収納にもなるのでシーズンオフの靴をしまっておくこともできます。

ディスプレイを兼ね備えた靴箱

Gensyuu Igariさん(@igarigensyuu)がシェアした投稿


スニーカーやパンプスなど靴のコレクターさんにおすすめなのは、カラーボックスをつかったディスプレイ棚兼靴箱。飾りながら靴箱として活用できるので、大切なコレクションを日々眺めて楽しむことができます。サッと取り出せるので必要なときにすぐに準備でき、メンテナンスもスムーズに行えます。

おしゃれなキャビネット作りにもチャレンジしたい

burubon。さん(@burubon_urrk)がシェアした投稿


靴箱の横にあるのがカラーボックスで作ったキャビネット。靴のお手入れアイテムやスリッパなどちょっとしたものを収納しておくのに役立ちます。画像のように水槽を置くのも素敵。生花やアートなどお好きなものを飾ってあなたらしいアレンジを楽しんでくださいね。

デットスペースも賢くカラボ収納