【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

11.見落としがちな廊下も劇的に変身

廊下に収納するという発想はなかなかないと思いますが、ある程度のスペースが確保できればとても重宝します。だからと言ってカラーボックスを置いたら横歩きしなければ通れないような状態だとストレスになってしまいます。余裕を持って歩行できるようなスペースが確保できなければ無理に設置しないほうが良いでしょう。

階段のコーナーを活用した神ワザ

riiさん(@rii.ie__)がシェアした投稿

階段を登りきった後にあるスペースにカラーボックスを当てはめて、収納スペースを作るのもひとつのアイデア。寝室に向かう動線なのでパジャマやアロマなどリラックスグッズなどを収納するのもおすすめです。階段の素材や色に合わせてカラーボックスの色やインナーボックス、ディスプレイを統一するとおしゃれに仕上がりますよ。

忘れもの・失くしものを軽減!魔法の収納棚

鍵やエコバッグなど普段よく使うものをどこに置いたらわからない。家から出発した後に忘れもにに気がつきリビングに取りに行くといった無駄な時間を過ごした経験はありませんか?そんなことにならないように、玄関に向かう廊下におでかけグッズを収納できる棚があれば便利。カラーボックスとインナーボックスを組み合わせて家族みんなの忘れもの最終チェック棚を作りましょう。

廊下スペースを活用した絵本ラック

あずさんさん(@zuurii1984)がシェアした投稿

廊下にカラーボックスを並べて子供の目線の高さに絵本をディスプレイした本棚。子供が自分で手を伸ばし興味を持った絵本を選ぶことができるので、好奇心や思考能力が豊かになります。大人用の洋書やおしゃれ雑誌をディスプレイしても素敵ですね。

12.和室にも似合うカラボインテリア

和室にカラーボックスを置くときは、畳を傷つけないようにラグマットやプレイマットなど保護するものを引いてから設置することをおすすめします。湿気の多い時期はたまに移動させて畳を呼吸させてあげるとカビや劣化防止にもなります。移動や畳への負担を考えるとあまり重いものを収納しないほうが良いでしょう。

リビングから見えないおもちゃ箱

リビングに背を向けた状態でカラーボックスを設置するとおもちゃ箱の中身を隠して収納することができます。普段は面向きにしておいて、来客のあるときだけ背を向けるという方法もありますよ。
※このインテリアは視界を遮ってしまうため、見守りが必要な乳幼児には向いていません。大人が付き添うか、ほかのインテリアをご検討ください。

和室に馴染む木目調のカラーボックス

mikiさん(@mikimiki_jurijuri)がシェアした投稿

木のカラーボックスを横置きにしてコルクボードで扉をつくるアイデア。和室の木材の色に合わせた天板を用意すると一層和室に馴染みます。盆栽や生け花、ツボなどを飾って和の雰囲気をさらに盛り上げましょう。

障子に合わせた白いカラーボックスも素敵

akiakiさん(@akiakinoie)がシェアした投稿

白いカラーボックスがマッチするのは障子の白に合わせているから。インナーボックスにも白が使われており、まとまり感が出ています。下段のインナーボックスをあえてカゴにするのもおしゃれ。白に近い柔らかい色味のものを選ぶと馴染みます。

13.ワンルームは収納が命

ワンルームはスペースが限られているので、壁面に沿ってカラーボックスを設置するのが基本。いかに広々とした印象になるか、収納力があるか。尚且つどうすればおしゃれなインテリアになるのかを研究していきましょう。

海外ドラマに出てきそうな見せる収納棚

ゆーたろーさん(@yuu_pkm03)がシェアした投稿

淡いグレーに塗装したカラーボックスを横置きして作った収納棚。仕切り棚を外してブックスタンドを配置しています。棚の上にはキャンドルや芳香剤、オブジェなどを並べておしゃれに。掃除用のコロコロが置いてあっても違和感がないほど洗練された仕上がりになっています。

カラボの裏にも手を加えてカフェ風インテリアに

きむあやさん(@kimuaya0310)がシェアした投稿

トースターが乗っている台がカラーボックスをリメイクしたもの。カラーボックスの裏がむき出しになっていた部分に塗装した板を貼り、ステンシルなどでメニューボードを作成すればカフェ風インテリアになります。板ではなく黒板ボードやチョークアート用の板を貼って自分でペイントするのも良いですね。

壁面収納と合わせてさらに大容量の収納に

airararaさん(@airarara_room)がシェアした投稿

テレビ上の板で作った壁面収納の横スペースに配置したカラーボックスの収納棚。シェルフなどもすべて壁に沿って配置することで空間を上手に使った収納ができます。部屋のテイストや収納するものに合わせて扉をつけたりインナーボックスを入れてみたりとお好きに楽しんでくださいね。

あなたの好きな色でカラボを選ぼう!