【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

使い捨てOKのゴミ箱にも

chikaさん(@ever.bldays)がシェアした投稿

小さめサイズの段ボールを並べて分別できるゴミ箱にもリメイクできます。ブラックなどの濃い色味の絵の具を塗ると上手に段ボールのデザインを隠すことが可能。画像のようにクラフト紙のようなメモ帳に分類アイテムを記載しクリップで止めるとおしゃれ感が出せます。

3.隠す収納で力を発揮「クラフト・エコクラフトボックス」

100均やインテリアショップなどで手軽に手に入れることができるクラフトボックス。色味や素材が味が出るという理由でエコクラフトボックスも人気です。中身が見えないデザインがほとんどなので書類や事務用品、工具などの隠して収納したいものもスッキリと収納することができます。漫画や小説、雑誌などの本やCDなどの収納にも最適です。

同じ種類のクラフトボックスでスタイリッシュに

cocoさん(@secretroom___)がシェアした投稿

カラーボックスと同系色のクラフトボックスを用意するのがおすすめ。ボックスのデザインを統一させるとさらに一体感が生まれます。たとえボックスの中身が整頓されていなくてもわからないので忙しい方や片付けが苦手な方にも挑戦しやすいでしょう。

思い切って柄物を選ぶのもあり

カラーボックスは柄がないのであえて好きな柄やカラフルな色のクラフトボックスを選ぶのも良いのではないでしょうか。模様替えとなると重労働ですが、クラフトボックスを置くだけなら手軽にお部屋の雰囲気を変えることができます。

傷や汚れはマステで隠してリメイク

kariさん(@kou.sa.ku)がシェアした投稿

もしリサイクルしたいけど傷や汚れがきになる場合は、マステでかわいくデコレーションしちゃいましょう。和室に似合う和風のものから花柄、チェック柄などさまざまな種類のものが販売されています。100均でも手に入れることができるので、ぜひ探してみてくださいね。

4.DIY材料として大注目されている「すのこ」

すのこと言えば下に敷くものというイメージですが、DIY愛好家たちの中ではまさに何にでも変身できる万能アイテム。組み立て方や色などを変えれば、まるで売り物のようなアイテムになるんです。

好きなサイズに合わせられるのが魅力

pinkoさん(@my.do.okini)がシェアした投稿

すのこを組み合わせて箱を作り、好きな色でペイントするだけでおしゃれなコンテナボックスができます。柄は切り絵のようにくり抜いた紙にスプレーを吹きかける方法や、シールを貼るというアイデアも。上級者さんはステンシルやデコパージュに挑戦してみても良いでしょう。

看板風のオブジェも素敵

imasumiさん(@its.moca)がシェアした投稿

すのこを組み合わせてポケットを作り、画像のように植物を飾るとおしゃれです。調味料や化粧品などを入れても良いですね。お部屋のテイストに合わせてペイントも行いましょう。

難しそうな扉もすのこで解決

cyoa66さん(@cyoa66)がシェアした投稿

カラーボックスを横置きしてすのこで作った扉をつけてリメイク。蓋つきの木箱も作ることができます。カラーリングを統一してこなれ感を演出するのがポンとです。画像のように脚をつけて高さを出す場合は、重みに耐えられるような厚さの木材でしっかり補強するようにしましょう。

不織布&コットンケースもおすすめ