【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

3.こんなにおしゃれなテレビ台も作れる

30さん(@bell_helmets_333)がシェアした投稿


カラーボックスを横置きして作ったテレビ台。テレビの下に1枚木の板を挟んで重みを分散させることで強度をアップさせてています。画像のようにグリーンが多めのインテリアやナチュラルテイストのインテリアには木材がしっくり馴染みます。
カラーボックスで作るテレビ台|強度や配線収納にこだわったDIYアイデア&おしゃれリメイク術

4.自分好みのベッドもDIYできる

risamamanさん(@risamaman)がシェアした投稿


カラーボックスを横置きに連結させて作ったベット。湿気対策のため、必ずベットマットの下にすのこを置いて通気性を良くしておきましょう。手前に物も収納できるスペースがあるので本やオブジェなどを飾ってインテリアを楽しむのもおすすめです。また、カラーボックスの背面を下にして寝かせ、その上にすのこを置く方法もアリ。高さは低くなってしまいますが、布団とベッドマットの下が仕切りのついた収納になります。

5.リビングにも映えるおしゃれな机

mym_357461さん(@kebo2mayumi)がシェアした投稿


カラーボックスで作る机は自室で使うのはもちろん、子供のリビング学習用や在宅ワーカーの方のリビングデスクとしてもおすすめ。両サイドにカラーボックスを向かい合わせで設置し、天板を固定するだけの簡単作業で完成します。天板やカラーボックスをを好きな色にペイントしたり、インテリアにマッチするリメイクシートを貼るなどして、あなただけのオリジナルデスクを作りましょう。
カラーボックスを机にDIY!高さを考慮すれば子供にも大人にもマッチするおしゃれデスクができる

子ども用!カラーボックス収納おすすめアイデア5選

カラーボックスを使えば、おもちゃやオムツなどの収納のほか、子供が喜ぶおもちゃまで作ることができます。子供部屋はもちろんリビングなど目につく場所に置いても恥ずかしくないおしゃれなDIYアイデアをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

1.子供の目線に合わせたおもちゃ収納

YURIさん(@yurl.i)がシェアした投稿


子供の目線に合わせて作られた高さが低めのカラーボックスです。こちらは、ニトリの製品でサイズは、幅41.9×奥行29.8×高さ59のもの。2段のカラーボックスにレールをつけてプラスチックケースを設置し、引き出し風に仕上げています。子供も扱いやすく見た目もかわいいので、リビングでおもちゃ収納として使用するのも良いでしょう。

2.まるでお店のディスプレイのよう!プレイテーブル

Yuki Immrさん(@irotoridori.yuki)がシェアした投稿


作り方はカラーボックスを縦置きして連結させ、天板の上に人工芝を設置するだけ。レゴやトミカ、プラレールなどをディスプレイしながら遊べるプレイテーブルも簡単にできるんです。これは電車オタクの方など、大人も楽しめる素敵なアイデア。思わずSNSに投稿して自慢したくなってしまいますね。

3.市販のものより大きくて遊びやすい♪リカちゃんハウス

エレナさん(@erenadoll)がシェアした投稿


カラーボックスを縦置きして、リカちゃんグッズやおままごとグッズなどを配置するだけで夢のリカちゃんハウスの完成。子供部屋にディスプレイしたまま片付けなくても良いのでお母さんにとても子供にとっても嬉しいのではないでしょうか。リカちゃんだけではなく、シルバニアファミリーやメルちゃんなどの子供の好きなお人形ハウスとして活用してくださいね。

4.ままごとキッチンもプチプラでリメイク


市販のままごとキッチンはなかなか高額ですが、カラーボックスをリメイクすれば素敵な手作りキッチンを作ることができます。奥にカラーボックスを並べておもちゃのフライパンなどを設置すればままごとキッチンの出来上がり♪

さらに両サイドに縦置きしたカラーボックスを設置し、真ん中に横置きしたものをセッティング。お揃いのリメイクシートと天板をつければお店風の外観ができます。画像のように木材を組み立てて屋根を作ったり、「CASHIER」の看板を用意するなど小物にこだわれば、さらにおしゃれでかわいいままごとキッチンになります。

5.ショーケースでお店やさんごっこ

@miyuna.620がシェアした投稿


縦置きしたカラーボックスに仕切りをつけて、スクイーズや紙粘土で作ったスイーツを並べれば素敵なショップカウンターになります。LEDライトやショッパーを飾るとさらにお店風になりますよ。お気に入りのアクセサリーや化粧品を並べて大人用のショーケースにアレンジしても素敵です。

場所別におすすめの収納アイデア39選