【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

3.キッチン周りも効率よく整理できる

キッチン周りもインテリアの一部。おしゃれで洗練されたインテリアを目指すためには、整理整頓が鍵となります。リビングから見えるキッチンカウンターや台所の内側まで、カラーボックスを使ってきれいに収納できるアイデアをご紹介します。

レンガ風のおしゃれなキッチンカウンター

Tamyさん(@sakufitsgerald)がシェアした投稿


モノトーンでまとめたおしゃれなキッチンカウンター。こちらは縦置きしたカラーボックスを連結して天板で繋げて作っています。周りに白いクッションレンガシート(ふわふわレンガ)を貼れば、なんちゃってレンガのタイルを再現することができます。柔らかい素材なので子供がぶつかってもケガをしにくく安全面にも配慮できます。

見えない場所もおしゃれに♪作業テーブル

みのむし子さん(@mino64co)がシェアした投稿


食材を切ったり、パンやお菓子の生地を伸ばしたりと料理をするときはある程度のスペースが必要です。カラーボックスを連結させれば、作業テーブルも簡単に作ることができます。下の棚スペースには小麦粉などの粉ものを収納したり、ゴミ箱を設置したりとお好きなようにカスタマイズしましょう。

キッチン家電の収納棚&キッチンワゴンにも

Yuriさん(@ponzu.room)がシェアした投稿


炊飯器や電子レンジなどのよく使用するキッチン家電を収納しておくと便利です。もし人がよく集まるご家庭ならキッチンワゴンとして活用するのもおすすめ。縦置きで連結したカラーボックスを天板で繋げ、下にキャスターを、側面に持ち手をつけると移動可能なキッチンワゴンになります。鍋やお皿、料理などを一度にたくさん運ぶことができてとても便利です。

4.洗面所&トイレも綺麗に収納

洗面所は、玄関やリビングとは違いお客様に目につきにくい場所。ついつい整理整頓が後回しになっていませんか?また、収納スペースがないからと言ってトイレットペーパーを買ったときのまま放置していませんか?収納がないなら作ってしまえば良いのです。簡単に綺麗に収納できるアイデアを学んで実践してみましょう。

収納付きのランドリーボックス

megさん(@meg1585)がシェアした投稿


扉付きのスペースには洗剤を収納。下のプラスチックカゴには家族の洗濯物を分けていれることができます。投稿者さんは、もともと下の方にも扉をつけていましたが、通気性と利便性を考え外したのだそう。見た目だけではなく使い心地を重視することも大切ですよね。カラーボックスのリメイクはやり直しがきくので、失敗を恐れずにチャレンジしてみましょう。

扉付きのストック収納棚

さんしょくさん(@sannshoku)がシェアした投稿


こちらは扉つきの収納棚。洗剤やシャンプー、ボディソープなどのストックも隠して収納できます。扉に少し手を加えるだけでさらにおしゃれ感がアップ。扉に写真たてのフレーム、模様のように曲げたワイヤーを取り付けてスプレーすると見違えるほどクオリティの高い仕上がりになります。

トイレットペーパーの収納にも

リビングートさん(@livingut_lh)がシェアした投稿


ミニサイズのカラーボックスや通常サイズのカラーボックスをカットして半開きのパタパタ扉をつければトイレットペーパーもおしゃれに収納することができます。観葉植物や芳香剤などを綺麗に飾ってトイレ内のインテリアを楽しみましょう。下にキャスターをつけておくと掃除がしやすくて便利です。

リビングでは隠す収納として大活躍