【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

5.リビング・ダイニングは特に気合を入れたい

リビング・ダイニングスペースは、自分や家族、お客様が多くの時間を過ごす場所。そんな場所だからこそ、インテリアに溶け込むおしゃれなカラーボックスアレンジを楽しみたいですよね。隠す収納や見せる収納などマネしたくなるアイデアをご紹介します。

おしゃれなゴミ箱にリメイク

𓇼 RYO 𓇼さん(@ryo_chan07)がシェアした投稿


カラーボックスの中の仕切り板を外し、扉として使用。上の段にはコルクボードを取り付けたパタパタ扉をつけてゴミを捨てやすいように工夫しています。ロゴや文字などはステンシルを使用することで、まるで売り物のような出来栄えに。インテリアの主役になる素敵なアイデアです。

リビング学習に最適

あっこさん(@310akochi)がシェアした投稿


勉強する子供をリビングで見守ることができるリビング学習。机を置くスペースがないというご家庭でも、カラーボックスなら最小限のスペースでかわいいカウンターデスクを作ることができます。扉をつければ教科書やノート、よく使う書類などを隠して収納することがでて便利です。

アシンメトリーな配置で見せる収納に

充英アートさん(@jueiart)がシェアした投稿


こちらは、あえて色や形の異なるカラーボックスを積み上げて作った壁面収納です。最初から単体のキューブ状になっている商品で、自分の好きなように配置できます。普通のカラーボックスをバラして作ることもできますよ。

6.押入れ・納戸の整理もお任せ

押入れや納戸は後先考えずにものを収納してしまうと大変なことになってしまいます。普段から何がどこに収納されているかひとめでわかるような収納にしておくと、家事や掃除、模様替えなど家事全般を時短でこなすことができますよ♪コツを掴めば今すぐ挑戦できる収納アイデアをご紹介します。

ボックスを大量に置いて仕分けるテクニック

yukiさん(@letoile__life)がシェアした投稿


普段はあまり開けることのない納戸。捨てようか、とっておこうか迷うものを無作為に詰め込んでいませんか?手紙やハガキ、年賀状などの郵便物やドライバーなどの工具、文房具、常備薬など細くて種類の多いものはカテゴリごとにケースに分類して置くと便利です。横置きしたカラーボックスにキャスターをつければ、必要なときに移動することもできます。

子供のおもちゃもすっきり

etaan0606さん(@etaan0606)がシェアした投稿


押入れの下の段に高さの低いカラーボックスを設置。下にキャスターをつければ子供が自分でお片づけができるおもちゃ箱になります。画像のようにおもちゃの車の駐車スペースや大きなおもちゃを置くスペースがあるとさらに片付けが楽になります。

カラボを横置きしてA4サイズの書類やファイルを収納

manaさん(@rgrg__1110)がシェアした投稿


押入れにつっぱり棒をつけて衣服をかけ、余ったスペースにカラーボックスを配置。横置きにするとA4サイズの書類やファイル、雑誌などが入るので整理棚として使用するのも良いでしょう。直置きするのではなくインナーボックスやカラーボックスを組み合わせることでこんなにすっきり収納することができます。

7.テレビ周りだっておしゃれに収納できる

テレビ周りといえば配線類やゲーム機のほか、DVDやCD、レコードなどさまざまなジャンルの電子機器、映像・音楽関連アイテムが集まる場所です。整理整頓が難しい場所だからこそ、カラーボックスの出番。簡単でおしゃれな収納術をご覧ください。

充電ステーションにもおすすめ


カラーボックスは、モデムルーターや配線ケーブルの目隠しにも最適です。電源プラグにタコ足配線を設置し、カラーボックスに穴を開けてコードを通せば充電ステーションにリメイクすることも可能。扉をつければ完璧な目隠し収納になりますよ。

収納力抜群の壁面収納にもおすすめ