風通しの良いクローゼット収納でスッキリとした暮らしを

クローゼット収納の見直し前に 整理収納の正しい順番をご紹介

整理収納の意味を知っていますか?「整理」とは、不要な物を整理して本当に使う物を選別すること。「収納」とは、選抜された物を使いやすく収めるという作業のことです。

「整理」の作業で把握できた必要な物に、きちんとしたスペースを作り「収納」する。この「整理」→「収納」の順番を守ることで、クローゼット収納が使いやすくなります。もしクローゼットの収納がうまくいかない場合は、まず「整理収納」を見直してみると良いでしょう。

まずは減らして!風通しの良いクローゼット収納へ

クローゼットはごちゃつきやすい場所のひとつ。風通しの良いクローゼットにするために、まずは全ての物を出して、必要なものと不要なものを仕分けましょう。例えば、1年以上着ていない服、着心地の悪い服、過ぎ去った流行のバックなどは思い切って捨てるなど、ルールを作るとスムーズに作業できます。

必要なもの、お気に入りのものだけを手元に残すことで、心もクローゼットも軽くなり、洋服選びが簡単で楽しくなるでしょう。

分けることがポイント!選びやすくなるクローゼット収納

一緒に使う物別に「グループ分け」しておくと便利です。「出勤セット」「お出かけセット」「来客セット」「お手入れセット」など……。セットごとにトレイや収納ケースに入れておくと出す手間が省けます。使う頻度ごとに分けることも重要です。

収める時に大切な事は「一目で分かる」「簡単である」こと!

出し入れをスムーズにするため、少しでも手間を減らすことが収納のポイントです。扉を開け、引き出しを引き、さらに箱を開けるという「マトリョーシカ収納」をしていませんか?

頻度の高いものは、すぐ取り出せる場所に置きましょう。また半透明の収納ボックスを利用したり、ラベリングをすることでひと目でわかりやすくなります。

クローゼット収納 スペースを使い切るテクニック

クローゼットの奥行きは60センチぐらいが主流で、洋服の収納にジャストサイズ。まずはかけて収納するのがオススメ。服の丈を揃えてかけると、下に棚や収納ケースを配置できます。服の色を薄い色から濃い色順に並べると、服が見つけやすくなります。

押入れクローゼット 奥行きを有効活用して収納力をアップ!

押入れの奥行きは90センチ。圧倒的な収納力がある反面、奥が取り出しにくいデメリットも。まずふとん、季節家電などの大物を収納し、つっぱり棒や棚、収納ボックスなどを使いスペースを使い切りましょう!

収納が無い・少ないお部屋でも大丈夫!オープンクローゼットがオススメ

一人暮らしなどでクローゼットが無い・収納が少ない場合は、部屋の一角や壁一面にラックやシェルフなどでクローゼットスペースを作ってみてはいかがでしょうか。色やデザインが一目でわかるため、ファッションアイテムが選びやすくなり、お店のようなおしゃれなディスプレイ収納が叶います。

クローゼット収納アイデア&収納グッズ10選

整っていないクローゼットから衣類を探したり、しまったりする作業は、時間と手間がかかります。便利な収納グッズを使ったり、収納術、DIYのアイデアを取り入れるだけで、とても使いやすくなりますよ。
収納上手な人気インスタグラマーさんの実例を参考して、快適なクローゼット収納を目指しましょう。

①万能!収納ケースを最大限に利用する

クローゼット収納の基本形は、まず長さを揃えて「掛ける」。その下にできるスペースに収納ケースを置き「畳んで」収納することです。

クローゼットの中に収納ケースがあると、ハンガーに吊るすことができない洋服や、形崩れが気になるニットなどを収納できて便利。まずはクローゼットの奥行きを測り、ぴったりサイズの収納ケースで空間をフル活用しましょう。

クローゼット・押入れにぴったりな収納ケース
無印良品「ポリプロピレン衣装ケース」

無印良品のポリプロピレン衣装ケースは、横幅や高さの異なる引き出しを自分好みにスタッキングでき、まとめて使うことで見た目がスッキリ。また定番商品なので、追加購入しやすいのもポイント。

ケースが半透明なので、ぼんやりと分かる程度の透け感があり、中身がわからなくなる心配がありません。飽きのこないシンプルなデザイン、豊富なサイズ展開、使い勝手のよさ、どれを取ってもオススメです。

②パンツ収納のアイデア しまいやすくとりだしやすく

パンツやズボンの収納、悩みがちです。ハンガーにかけても滑り落ちたり。たたんでもシワになったり、探しにくく、取り出しにくい。クローゼット下の部分や、衣装ケースの上など、ちょっとした空きのスペースにパンツ専用のラックがとても便利です。見た目もオシャレで、選ぶのも取り出すのも楽になりますよ。

簡単オシャレなパンツ収納
足立製作所「高さ伸縮スラックスハンガー(スイング式)」

収納スペースに合わせ12本・20本・2段タイプなど選べます。高さも伸縮式なので押入れの高さに合わせたり、下に収納などを置くことも可能。

パンツを半分に折ってかけるだけなので、毎日スーツを着られる方にもぴったりです。スイング式なので出し入れも簡単でスムーズ!国内産の丁寧な作りで、丈夫でガタつきが少ないことも魅力の一つです。

③クローゼットはハンガーで変わります

クローゼットがごちゃごちゃするのは多すぎる服と、バラバラのハンガーが大きな要因です。たくさん収納したいけど、見た目はスッキリさせたい……。それなら細いハンガーで統一してみてはどうでしょう?

高さや並びが揃うだけで綺麗で取りやすいです。また衣類にとっても、専用に設計されたハンガーに掛けて保管したほうが形崩れを防ぎ、綺麗に長く着ることができますよ。

シンプルで機能的なハンガー
MAWA Shop Japan/マワショップ・ジャパン「MAWA hanger」

収納関係の本には必ず登場する、ドイツ製のMAWA(マワ)ハンガー。種類がとても多くて驚きます。ハンガーの厚さ約2.5mm〜1cmなどスリムで省スペース。表面の特殊コーティングで服が滑りにくいのが特徴です。

さらにエコノミックシリーズは肩の出っ張りがないデザインなので形崩れしません。衣類の保管時だけでなく、洗濯後に乾燥させるときにも最適です。

④衣類を用途別に分けて収納する

衣替えをしない収納をご存知ですか?コツは通年の洋服を用途別にざっくり分けること。衣装ケースを使い、上段にオンシーズン、下段にオフシーズンを収納します。

引き出しの中は仕切りケースなどを使い、上から見てわかりやすいように立てて収納するのがおすすめです。「半袖」「長袖」「ウール」「麻」など、ほどよく適当に。そのくらいの方が、季節の変わり目など柔軟に対応できます。

衣装ケース内を分けるのに便利
無印良品「高さが変えられる不織布仕切ケース」

無印良品の収納ボックスとはもちろん、どんな収納ケースにも高さを合わせられます。衣装ケースは深さがあるので、なかなかピッタリの仕切りケースは見つかりません。

これがあると洋服の他にも、靴下やタイツなどの小さな衣類や、ニット帽など高さや大きさの異なるバラつきがちなアイテムが収納できスッキリ!家中どこでも使えることもメリットです。

⑤衣類を綺麗に収納する

衣類を綺麗に収納して、クローゼットをスッキリ見せることは意外と大変です。スッキリ片付けたつもりでも、数日で雑然としてきます。

簡単にキレイに見せるコツは、色のグラデーションになるように並べること。ショップのように余裕をもたせてディスプレイすることです。綺麗に畳まれた洋服が並んでいるだけで、選ぶのも楽しくなりますよ。

Tシャツがディスプレイに!
バンドー株式会社「TATEMU」

Tシャツが綺麗に畳まれて並べられたら、まさにショップのディスプレイ!でも最初は綺麗に畳んでいたTシャツも取り出す時にグチャグチャになってしまうことも。毎回畳み直す必要がなく、飾りながら収納できる話題のアイテムを見つけました。お気に入りのTシャツ、思い入れのあるライブTシャツなどディスプレイしてみては?

⑥スペースを上手に活用する

クローゼットや押入れの奥行きを上手く活用すると、収納力は格段にアップします。奥行きにぴったりサイズの衣装ケースはもちろん、普段使わないトランクや箱などにシーズンオフのかさばる物を入れて飾りながら収納すると無駄がありません。

またハンガースペース自体の収納力を上げてくれるアイテムなどもあります。便利に使ってスペースを有効活用したいですね。

収納家具を増やさず、同じスペースで隙間が作れます
リビングアンドヘルス株式会社「衣類収納アップハンガー 2本組 」

バーに掛けるだけで、収納力が1.5倍になる便利なハンガー。衣類を段違いに収納することで肩部分の厚みが減り、クローゼットに隙間が生まれ、収納力アップするしくみです。服がパンパンだと選ぶのも一苦労。元々ある空間をうまく使ってクローゼットにゆとりを持たせるだけで、選ぶのもぐっと楽になりますよ。

⑦収納に余白を作る

収納場所に100%物が入っていたら、すぐに溢れてしまいます。詰め込みすぎはシワの元。8割を目安にゆったりと収納しましょう。余白部分には何も置かず、着たニットを陰干ししたり、明日の用意を並べたり。気持ちの余裕にもつながります。

どうしても手放す決心がつかない物があるなら「保留箱」に。処分の見直しを繰り返し、余白スペース維持が重要です。

軽くてシンプル、大容量なボックス
IKEA/イケア「SKUBB」

高い場所でも楽に取り出せる、イケアの代表的収納ボックス。ボックスの持ち手が縦に取り付けられており取り出しやすく、直線的でスッキリなデザインなので見ためも美しいです。

サイズアウトした服、保留の服など普段使わない物をごっそりと収納するのにとても便利。ただ、かなりの収納力なので入れた物を忘れがち。内容はラベリングしておくことをオススメします。

⑧収納ラックでオープン収納!オシャレで便利な生活を

クローゼットや収納スペースが少ない方。新築をお考えの方。ライフスタイルに合わせて間取りを変えたい方など。可動式のクローゼットを作ってみませんか?高さ調節も自由、設置するための工数も非常に少ない通称「ガチャ柱」がおすすめです。事前に耐荷重と壁面の下地を必ずチェックして取り掛かりましょう。

使いやすい
株式会社ロイヤル「SSシステム・シューノ」

SSシステムは「シューノ19」と「シューノ32」の2ラインに分かれていて、高さピッチ、耐荷重に応じて選ぶ仕様です。収納したいモノに応じて可動棚の高さを変え、自分流にアレンジしていけます。

さらにシューノは、住宅の下地(間柱・下地合板)へ直接ビス止めして設置するので安定性も抜群。ロック機能もあり、小さなお子さんのいるご家庭にも安心です。

⑨突っ張り棒収納のススメ

100円均一ショップでも手に入るつっぱり棒は、使う場所を問わない、アイデア次第の便利グッズ。奥行きのあるクローゼットや、押入れの使いきれていない端や奥に掛け、S字フックやクリップで帽子をかけると取りやすくて美しい収納になります。また縦に取り付けて、マットレスや羽毛布団などを立てかけたり。使い方は無限大です!

しっかり掛けられる突っ張り棒!
平安伸銅「押入れ用強力太タイプの突っ張り棒支え棒セット」

押入れや奥行きのある収納に「掛ける」収納はとても有効。そのために突っ張り棒はとても有効なのですが・・荷重で落ちてしまうこともよくあります。毎回直すのは本当に大変。

落下のイライラを無くすために、衣類には押入れ用のつっぱりハンガーをオススメします。置くタイプのものよりも商品自体が省スペース。コートなどアウターまでどんどんかけましょう!

⑩かご・箱・袋でさりげなく飾って収納する

かご、箱、袋は小分け収納の基本アイテムです。放り込むだけでクローゼットはスッキリ、取り出しも簡単。さらに可愛いかごや、箱を選ぶだけでさりげなく飾って楽しめますよ。

蓋のないかごには、靴下やストールなど色形が違ってばらつくものをくるくる畳んで、ぽいぽいと。お気に入りの小箱や袋には、ここぞという日のアクセサリーや時計などを入れてみてはいかがですか。

お部屋がおしゃれになるカゴ
mocoMOROCCO/モコモロッコ「MERCI Basket 」

フレンチ×モロッコスタイルのお店。革の染色もオリジナル、文字も手書きで手作り。クローゼットを開けるたびに、嬉しくなるような愛おしいかごです。

普段は飾りながら収納を楽しみ、大きめのかごバックとしても、車に積んで旅行にもおすすめ。当たり前の毎日に、大好きな物を!Web shopからの予約販売なので、納期などはチェックしてみてください。

おしゃれなクローゼット収納術を実践しているブロガー

おしゃれなクローゼットを目指し、いざ始めよう!と思っても、何から始めていいのか・・意外と悩んでしまいます。そこで参考になるのが人気ブロガーのクローゼット。クローゼットだけでなく、その暮らしぶりはきっと何かの参考になります。

成功のコツは真似することです!いいなと思う収納やインテリアを見つけたら、小さくてもまずは行動を起こしてみてくださいね。

MI|めがねとかもめと北欧暮らし。

いつか見た映画「めがね」と「かもめ食堂」からとったと言われているタイトル通り、北欧インテリアのおうち。ご夫婦、お子さん2人との生活のなかで紹介される、雑貨や暮らしがシンプルすぎず、とても参考になります。クローゼット収納は無印良品のグッズを使い、スッキリと使いやすくシンプルで、真似したくなります。

参考 めがねとかもめと北欧暮らし。MI

宇高有香|ウチカラ

「丘の上の家」というブログで10年間、片づけ・収納・そのライフスタイルを綴った人気ブロガー宇高さんの新ブログ。「片づけは苦手だけどできれば少しでもステキで心地いい暮らしがしたい」という肩肘張らず、生活のしやすさに重点を置いた収納は、手の届くものばかりで本当に勉強になります。

参考 ウチカラ宇高有香

Nomita|I SPY DIY

海外のインテリアとファッションがお好きな方にオススメ!最新のトレンドに敏感な彼女が、より少ないコストで再現する方法を紹介したブログです。何もない所から作り上げたクローゼット収納も素晴らしく、ビフォーアフターにやる気が出てきます。収納アイテムもとっても可愛いので、見るだけでもワクワクします!

参考 I SPY DIYJenni Yolo

クローゼット収納を使いやすく便利にするアイデアまとめ

MEMO
    【クローゼット収納の見直し前に 整理収納の正しい順番をご紹介】
  • まずは「整理」→不要な物を整理して本当に使う物を選別すること
  • 次に「収納」→選抜された物を使いやすく収めるという作業のこと
  • 「整理」で把握できた物に、スペースを作り「収納」するのが正しい順番
  • 全ての物を出して、必要なものと不要なものを仕分けすることから始めよう
  • 必要な物の中で、一緒に使う物別に「グループ分け」しておくと便利
  • 「一目で分かる」「簡単である」収納を心がける
    【クローゼット収納 スペースを使い切るテクニック】
  • クローゼットは、かけて収納+収納ケースがオススメ
  • 押入れは、つっぱり棒や棚、収納ボックスなどで奥行きを生かす
  • 収納が無い・少ないお部屋はオープンクローゼットでディスプレイ収納する
    【クローゼット収納アイデア&収納グッズ10選】
  • ①万能!収納ケースを最大限に利用する
  • ②パンツ収納のアイデア しまいやすくとりだしやすく
  • ③クローゼットはハンガーで変わります
  • ④衣類を用途別に分けて収納する
  • ⑤衣類を綺麗に収納する
  • ⑥スペースを上手に活用する
  • ⑦収納に余白を作る
  • ⑧収納ラックでオープン収納!オシャレで便利な生活を
  • ⑨突っ張り棒収納のススメ
  • ⑩かご・箱・袋でさりげなく飾って収納する