お悩み解決!キッチンの引き出し収納テクニック

キッチンの引き出し収納はタイプで使い分けよう

キッチンは常にスッキリと片付けておきたい反面、大好きな器や道具に囲まれて過ごす時間も大切にしたいですよね。でも実際に引き出しを開けてみると、料理ツールやカトラリーがいっぱいで、探しているものが見つからないことも。

今回はキッチンのタイプ別に収納方法、コツをご紹介しています。是非参考にして引き出し収納を活用してみてください。

キッチン収納|引き出しが浅い場合

引き出しが浅い場合、調理器具や小物、カトラリーなどを収納されているご家庭が多いのではないでしょうか。サイズや用途が違うものを一緒に収納すると、探しにくく、取り辛くなります。整理トレーや、100均の小物入れを使って小分けすると便利で、スッキリと収納できます。

また、豆皿、小皿、お茶碗や、マグカップなどの器を並べて収納するのもおすすめです。全体を見渡せるので、まんべんなく使う事ができます。

キッチン収納|引き出しが深い場合

キッチンの調理台下に多い、深い引き出し。深さを活かすことで、米びつなど「高さのあるもの」がそのまま収納できとても便利です。開け閉めで中身が動いてしまいやすいので、収納する場合は、100均のスタンドやファイルボックスなどを使うと見やすく、取り出しやすくなりますよ。

また「たくさん重ねられること」も大きなメリットです。ボウルや鍋など同じ形のものは、入れ子式収納にして収納力をアップさせましょう。よく使うツールほど手前に収納すると、調理中も物が取りやすくスムーズです。

キッチンの収納に引き出しがない場合

キッチンに引き出しがない場合も多い賃貸物件。シンク下に大きな収納があっても、棚板もなく、排水管が邪魔でスペースを活かすのがとても難しい場所ですよね。しかしアイデア次第で、収納力は格段にアップします。

コツは棚やラックなどを使い空間を仕切り、その高さと奥行きを活かしきる事です。さらに細かくかごや、ボックスに入れて収納すれば、スライドして物を取り出せます。取り出しも簡単で、見た目もスッキリな収納空間になりますよ。

狭いキッチンの場合

狭いキッチンでも、食材や調味料、調理器具など収納する物はたくさんあります。片付ける引き出しやスペースが無くても、壁は空いていませんか?まずは壁を使った収納がオススメです。

ワイヤーネット、突っ張り棒などを壁に設置し、フックで鍋や調理器具などを吊り下げることで収納力はアップします。よく使う物をかがんでとらなくていいように、スペースが無い場合はDIYで作ってみたり、工夫して広げてみるといいでしょう。

ある程度の広さがあるキッチンの場合

スペースに余裕がある場合は、ワゴンやスチール棚を置いて収納を増やしましょう。カラーボックスを複数置並べるだけでも、収納量はぐっと増えます。さらにその上はレシピ本を置いたり、配膳の用意をしたりと、収納力アップだけでなくキッチンカウンターとしても便利です。

高さ調整可能な棚は、電子レンジやトースターなどの大きな電化製品をぴったり収め、さらにかごやストッカーなどを利用すると食品収納に便利です。収納用品は同じ色で揃えると、全体的にスッキリして見えます。また無印のストッカーなど半透明の収納ケースは、中身がうっすら確認できるので使い忘れがなくて便利です。

使いやすくて便利|キッチンの引き出し収納術6選

引き出しは便利なので、とりあえず何でも入れてしまいがち。引き出し内で物が重なり合うと、下の物が埋もれて取り出しにくくなってしまいます。引き出し整理大切なポイントは、まず「仕切る」こと。そして「統一感を出す」ことです。

仕切るケースの高さや形を意識する、ケースは同種類で揃えるなど使いやすく、美しい引き出し収納術を集めています。整理してもなぜかすっきりとしないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

スタッキングとスライドで引き出しのデッドスペースを有効活用

上下に重ねられ、スライドできる収納トレーをうまく使い、引き出しの高さを有効活用しています。使っているのはニトリの「ブラン」という収納アイテムで、以前より角の丸みがシャープになり、引き出しにぴったり収まり無駄がありません。

また縦横に伸縮自在な『縦横伸縮整理トレー 』で、長くて入りきらなかったトングなども収納可能に。スッキリ見やすく、スペースを使い切っています。

まずはサイズ確認!引き出しはぴったりサイズで仕切ること

引き出しにただ入れるだけだと、細かい物はごちゃごちゃと混ざってしまいがちです。トレーなどの仕切りを使って整理すると、取りやすく見た目もスッキリ。さらに重ねると収納力もアップします。

スライド式なら下のケース内も見渡せ、取り出しやすく便利です。まずはご家庭の引き出しサイズ(縦・横・高さ)と、収めたい物をしっかりと確認し、引き出しにぴったり収まる収納ケースを購入しましょう。

ごちゃつく調理器具は引き出し内で吊る

調理器具を沢山お持ちの場合、重ねる収納は探すのが大変。引き出し内に100均のフックを取り付け、トングやお玉などを吊るして収納されています。出しっぱなしで油ベタベタなんてこともありませんし、引き出しを開けるだけで全て見渡せ、何かに干渉することなく取り出せます。

また背の高いガラスピッチャーなど、引き出し用の仕切り棒で空間を分け、立てる収納で奥まで使い切っています。

フックで吊るす・バーで仕切る引き出し収納

引き出しの扉裏は、開けた瞬間に取り出せる一軍スペースです。そこにフックでよく使うものを厳選して吊れば、探すことなく出し入れでき、格段に作業効率は上がります。

直置きするよりも下を掃除しやすいメリットもあります。深い引き出しは物が倒れやすいので、付属のバーや突っ張り棒を使って仕切るとグラグラせずしっかり収納できます。

中身が見渡せると便利でスムーズ!多種類なお弁当グッズ収納

色やサイズがとにかく多種類なお弁当グッズ。100均の浅型かごを二段重ねし、さらに仕切りを使って小分け収納しています。1つの場所に余裕を持って納めているので、とても使いやすそうです。

またセリアの蓋つきケースには割り箸やお手拭きなど、もらって増えてしまうものを収納。何がどこにあるのか見やすいので、数や種類が多くても管理が楽です。

収納量を増やしてもスッキリする 100均アイテムのちょい足しワザ

引き出し収納を増やしたいけれど、収納家具を買い足すほどではない場合は、引き出し内で収納ケースを重ねるテクニックが有効です。

何をしまっているのか忘れないように、中身が確認できる事が大事なポイント。半透明のトレーや網かごなどを使い、動かしたり、取り出したりせず一目で分かる収納にすると使いやすくなります。

よく使う食材は「取り出しやすさ」「見やすさ」を大切に収納する

毎朝使う出汁パックや麦茶など、湿気が気になる開封済み食品。高気密の容器に移し替え、取り出しやすく、見やすく収納されています。

ラベリングもされているので、上から見て何がどこにあるか一目瞭然!残量も分かりやすく買い足しの目安にもなります。また賞味期限の近いものを集めておくテクニックは簡単なので、すぐに真似できますね。

食品ストックの管理収納で食品ロスを減らしましょう

袋が大きくかさばる物が多い乾物や食品ストック。留め具もまたかさばりますし、形も不揃いでパッと見て把握しにくいですよね。密封できるチャック付きの袋に移し替えるだけで、留め具も必要なく、形も揃いスッキリ見やすく二重買いしてしまうことも減ります。

さらに賞味期限をラベリングしておくと、引き出しの中でうっかり期限切れということもなくなりますね。

コレクションしがちな高価なティーカップの収納アイデア

ティーカップは持ち手があり重ねづらいのですが、引き出しに取り出しやすく収納されています。おわん収納用のケースにカップを重ねたり、ディッシュスタンドを使うなど工夫され、開閉時にがちゃがちゃ言わなくなったそうです。

大切な食器を傷つけずに、見た目にも美しく、たくさん収納したい時にぴったりのアイデアですね。

よい食器を使いやすく収納 普段使いのランクアップ

来客時に必ず使う、ティーセット。ティーカップとポットなど、お茶専用の引出しにまとめて収納すると、急な来客でもさっと用意できて便利です。

収納の際にはカゴなどにまとめてグループ収納すると、スムーズに選べます。重ねすぎず、空間に余裕を持たせることが取り出しやすさのコツです。よい食器を食器棚の奥の方にしまい込まず、普段から使って暮らしをランクアップしましょう。

必ずキッチンで使うゴミ箱の収納

キッチンでかなりの頻度で使う「ゴミ箱」を引き出しに収納されています。密閉度が高く匂い漏れも気にせず、また自動で開閉する物をお使いとのこと。

ゴミ箱は見えると一気に生活感が出てしまうもの。引き出し収納なら、使うときは出しっ放しでも、閉めてしまえば見えません。高さのある引き出しがあるご家庭は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

引き出しに入れる「物」の固定観念を捨てる

引き出しの大きなメリットである、奥までいっぱいに使える、上から見渡せることを活かせば、大きな物も楽に収納活用できます。さらに使う場所が収納場所であることを意識すれば引き出しはもっと便利に使えます。

例えば脱衣所への通り道であるなら、下着類やバスタオルなどを収納してもいいでしょう。勝手口のすぐ側なら、買ってきた物の一時置き場として、スペースを開けて置くなど使い方は無限です。

キッチンの引き出しがない場合の収納術6選

キッチンには食材だけでなく、鍋やおたまなど調理器具など収納するものがたくさんあります。引き出しなど備え付けの小分け収納が少ない場合、物は出しっ放しになりがちですが、そうすると作業スペースが足りなくなってしまいます。

限られたスペースを上手く使って整理されている収納術を集めました。「何か不便だな」と感じてる方は、ぜひ参考にしてキッチンスペースをより良い空間にしてみてください!

吊り戸棚の中身は「見える化」がオススメ

扉を締めればスッキリな吊り戸棚を、うまく活用されているアイデアです。少し背伸びが必要な上の棚は、ゴミ袋やスポンジなど「月1回使う頻度の物」、すぐ取れる下の棚は、薬やお茶セットなど「毎日か週1回使う頻度の物」を収納しています。

中身が見える透明ケースを使うことで、扉を開けた瞬間に内容や残量が分かり便利に、また時短にもつながっています。

高い場所にある収納の有効活用アイデア

キッチンにある大きな収納の一つ「吊り戸棚」。高い場所にあるので、ただ詰め込むだけの場所になりがち。よく使う物を1番使いやすいところに置くのが、有効活用のコツです。

物は取り出しやすいように「取手付きケース」に収納するのがおすすめです。また使いづらい収納の扉は、思い切って外すのもひとつのアイデア。オシャレな器など、飾って収納できる場所になりますよ。

奥行き22センチの棚板が収納できる物

こちらの写真で使われている棚板はリビングに取り付けられたもので、サイズは奥行き22センチx幅150センチx厚み3センチほどだそうです。案外細身なのですが、つけて見るとさすがの収納力。食器好きな人ほど、増えてくるお気に入りの器やグラス。いつも目にしながら収納できるアイデアです。

物が多くてもスッキリ見えるのは「空き」を作っているから。見せる収納はぎゅうぎゅうに詰めないことが大切です。

ないなら作る収納スペース

収納家具を置くと、却って狭くなってしまうこともありますよね。その場合、棚板を取り付けることで収納スペースを確保できます。引き出しと違って閉められないので、丸見えになっていることを意識して、詰め込みすぎは禁物です。

素材や色もできるだけ統一し、たとえば「飲み物」や「お酒」などテーマを決めて物を置くようにすると、雑多に見えずオシャレに見えます。

オープン棚を引き出し式収納に

棚板の奥行きが44cmと深めのオープン棚を、棚板の間隔を狭くし、収納ケースを引き出しにして、奥まで上手く使いこなされています。

実際使用されている無印良品のやわらかポリエチレンケースは、とても柔らかく、棚板を傷つけないので引き出しにぴったり。ケースはゴミ袋やタッパー、乾物、根菜など内容に合わせて高さを変えているそうです。

家の中のコックピット「ダイニング収納」を快適に

最近の戸建てやマンションでも多い、対面キッチン。その際、キッチンの背面を収納棚にするご家庭が多く見られます。

オープンタイプの場合、ヴィンテージのカップを飾るなど見せる収納もいいのですが、ダイニングはとても便利な場所なので、文房具や、裁縫道具など家族がよく使う物を収納すると、とても快適になります。かごや、収納ボックスなどを使って取り出しやすくしておくとさらに便利です。

キッチン収納スペースを広くするための工夫

キッチンでは雑多になりやすい、オイルや調味料入れをしまい込まず、ニトリの「コンロ横ラック」で綺麗に収納されています。すぐ手に取れる場所に必要な物が揃い、調理がスムーズになったそうです。

扉や引き出しを開けるという動作が無いことも、調理中には大きな時短メリットに。ラックとあわせて、オイルや調味料入れも見直しされたそうで、とてもオシャレで整ったキッチンになっています。

見せる収納をオシャレにするちょっとしたコツ

オシャレな生活感を出したい時には、素材や形を揃えた容器に移し替え、見せながら収納する事をおすすめします。お気に入りの調理用具や、グリーンなどと一緒に並べるだけで、センスの良いキッチンになります。

また、物を出しすぎるとごちゃつき感が出てしまうので、その場合は色を揃えるだけでもスッキリしますよ。

バラつくパッケージは使いやすく収納

白とシルバーでスッキリとした、ホームセンター「コーナン」のオープンラックと、YAMAZAKI の調味料ワゴンを使ってキッチンの背面収納棚を作っています。

とてもスリムな調味料ワゴン。可動式で僅かな隙間に収まるので、調理中以外は収納可能。バラつくパッケージも収納されれば気になりません。白で統一された収納はとても清潔感がありますね。

オンオフを切り替える小型ワゴンで収納力と作業性をアップ

キッチンは調理する作業場なので、収納しすぎても使いづらくなってしまいます。収納力と作業性を両方アップできる、小型のワゴンを組み込むことで、オンオフを上手く切り替えることができます。

大きめのワゴンを使えば、その上は作業台としても使用可能。配膳などにも使うことができます。狭いキッチンでも作業場スペースが増えると、スムーズに料理ができますよ。

大きな空間に細々収納するときは「仕切る」

シンク下の大きな空間を仕切って有効利用されています。無印のファイルボックスを使い、奥行きがある収納スペースも引き出して取れるように工夫がされていて動作がスムーズ。

高さや奥行きがあるからこそ、ボウルやザル、バットなど収納する物が大きくても大丈夫。出し入れしやすいようにゆとりをもたせて配置しているので、見やすく、片付けも楽々です!

扉裏がお宝収納ゾーンということ、ご存知でしたか?

シンク下の空間にばかり目がいってしまい、見逃しがちな「扉裏」ゾーン。ここは開けると必ず自分の方にやってきて、立ったまま取れるので動作も楽な、最高の収納場所です。

バーを取り付け掃除スプレーをかけたり、鍋蓋などをかけても便利です。またフックを使えば収納ボックスをかけられ、収納量も増えます。シンク下の収納と干渉しないよう、ドアの開閉チェックを忘れずに。

キッチンの引き出し収納|アイデア総まとめ

MEMO
    キッチンの引き出し収納はタイプで使い分けよう
  • キッチン収納|引き出しが浅い場合は、整理トレーや、小物入れを使い「小分け収納」を心がける。
  • キッチン収納|引き出しが深い場合は、開け閉めで中身が動きやすいので、スタンドやファイルボックスを使おう。
    キッチンの収納に引き出しがない場合
  • 狭いキッチンの場合は、まずは壁を使った収納がオススメ。ワイヤーネット、突っ張り棒、フックなどで工夫。
  • ある程度の広さがあるキッチンの場合は、ワゴンやスチール棚を置いて収納兼作業スペースを確保しよう。
    使いやすくて便利|キッチンの引き出し収納術6選
  • スタッキングとスライドで引き出しのデッドスペースを有効活用
  • ごちゃつく調理器具は引き出し内で吊る
  • 中身が見渡せると便利でスムーズ!多種類なお弁当グッズ収納
  • よく使う食材は「取り出しやすさ」「見やすさ」を大切に収納する
  • コレクションしがちな高価なティーカップの収納アイデア
  • 必ずキッチンで使うゴミ箱の収納
    キッチンの引き出しがない場合の収納術6選
  • 吊り戸棚の中身は「見える化」がオススメ
  • 奥行き22センチの棚板が収納できる物
  • オープン棚を引き出し式収納に
  • キッチン収納スペースを広くするための工夫
  • バラつくパッケージは使いやすく収納
  • 大きな空間に細々収納するときは「仕切る」