衣装ケースの収納術。デッドスペースを賢く使うアイデアまとめ

1.衣装ケースの選び方。収納場所別おすすめのサイズ

衣装ケースはクローゼットや押入れのスペースを最大限に活用できる定番アイテム。けれどデッドスペースを無駄なく使いきるには、その場所に最適なケースを選ぶ必要があります。そのためには、ケースを選ぶ前に収納する場所の寸法を正しく知る(測る)ことが大切です。

1-1.クローゼット収納に便利な衣装ケース

衣装ケース×クローゼット収納①
クローゼットの奥行きは60cmが目安


ハンガーにコートを掛けて収納するには、最低でも60cmの奥行きが必要です。そのため、クローゼットの奥行きは60cmに設計するのが基本。厳密な決まりではなく、スペースに余裕がなくて50cmしか奥行きを取れなかったり、逆にスペースが余ってもっと深く設計されている場合もあります。

クローゼット用のケースを選ぶときは、何を収納するのかよくイメージをして、事前に必ずメジャーでクローゼットの内寸を測りましょう。

衣装ケース×クローゼット収納②
クローゼットのハンガーバーに吊るせる奥行き40cmの吊り収納


洋服はハンガーに掛けて収納したい方もいれば、たたんでラックや引き出しに収納したい方もいますよね。たたむ派の方はハンガーバーが長すぎてクローゼットが使いにくいと感じることもあるのでは。そんなときはハンガーバーに取り付けられ衣装収納がおすすめ。手に取りやすい高さに簡単にラックを作れます。

衣装ケース×クローゼット収納③
枕棚には手に取りやすい小振りな衣類ケースがおすすめ


クローゼットの枕棚の高さは180cmに設計するのが基本。ただし奥行きと同様にこれも厳密な決まりではなく、もっと低い位置に設計されたり、逆に高い位置に作られることがあります。

低い場合はある程度大きなケースを置いても楽に手に取れますが、高さが180cmを超えると大きな衣装ケースを取り出すのは大変です。この場合は小さなケースのほうが使いやすく、たとえ空きスペースができても結果的にはスペースを無駄なく使える可能性が。

1-2.押入れ収納に便利な衣装ケース

衣装ケース×押入れ収納①
押入れの奥行きは75cmが目安


日本の戸建て住宅は尺貫法で設計されるのが一般的です。マンションの場合はそうでもありませんが、和室の押入れの奥行きには従来のスペースを確保する傾向がいまなお根強くあります。

押入れの奥行きのおおまかな目安は75~80cm。クローゼットに比べるとかなり深く、ラックなら2列収納ができます。ただし「一間(いっけん)」のサイズは地域によって異なるため、押入れの奥行きも一定ではありません。衣装ケースを選ぶときは事前にメジャーで押入れの内寸を測るようにしましょう。

衣装ケース×押入れ収納②
扉を外して枕棚におしゃれなカゴをディスプレイ

古い住宅では、押入れの横幅は壁芯で一間(1818mm)のサイズが一般的。昔は狭い間取りに家族4~5人で暮らしていた家庭が多く、たくさんの布団を収納できる大きな押入れが必要だったからです。

押入れに布団を収納しないのなら、押入れの扉を取り外すと部屋が広く感じられます。下段に衣装ケースを収納し、上段と枕棚はディスプレイ収納に使うのもおしゃれですね。

1-3.ベッド下収納に便利な衣装ケース

衣装ケース×ベッド下収納①
シングルサイズならベッド下の奥行きは90cm


ワンルームなどの狭い部屋では、ベッド下は衣類収納に活用できる貴重なスペース。シングルベッドでも90cm以上の奥行きがあります。奥行きが90cmの収納ケースは手を伸ばさないと奥まで届かないため、75cmくらいが使いやすいです。また、ケースがベッドの側面から奥に少し引っ込んでいるほうが、部屋が広く感じられます。

衣装ケース×ベッド下収納②
ベッド下には前後2列にケースを並べると使いやすい


ある程度の高さがあるベッドなら、ベッド下には奥行き90cmのケースを置くより45cmのケースを前後2列に並べるほうが使いやすいです。奥のケースにはオフシーズンの衣類を入れ、手前のケースにはオンシーズンの衣類を入れておけば、シーズンの変わり目に前後を入れ替えるだけで季節の衣替えが済みます。

衣装ケース×ベッド下収納③
奥行きの深い引出しには100均の小物ケースを使うと整理しやすい

ベッド下に奥行きの深い衣装ケースを置くときは、小物ケースを仕切りに使うと奥まで無駄なくスペースを活用できます。100均には衣装ケースの間仕切りに使いやすい、いろんなサイズのミニケースがあるので、一度覗いてみるのもいいかも。

1-4.パントリー収納に便利な衣装ケース

衣装ケース×パントリー①
棚板の奥行きは30cm。足元には引き出し収納が使いやすい


狭いパントリーでは腰から上の高さにある棚は手に取りやすい反面、下のスペースは使いにくく、デッドスペースになっていることも。狭いスペースの足元には、奥行きの浅い引き出し収納が使いやすいです。パントリーが洗面所に近いようなら、奥行き30cmほどのクリアケースを置くとタオルや肌着の収納に利用できて便利。

衣装ケース×パントリー②
キャスター付きメタルラックを使ってパントリーに洋服を収納


パントリーにある程度の奥行きがあるようなら、キャスター付きのメタルラックを置いて衣類収納に利用するという考え方も。ライフスタイルは人それぞれ、パントリーだからといって必ずしも食品庫に使う必要はありません。それにキャスター付きラックなら、暮らし方の変化に合わせて収納場所を簡単に変えられます。

2.衣装ケースの種類。タイプ別おすすめの収納方法

衣装ケースにはいくつかの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。収納したいものや使い方に適したタイプを選ぶことで、より効率よくケースに衣類を収納できます。

2-1.汎用性が高い一段タイプの衣装ケース

一段収納×衣装ケース①
部屋の中で家具とのバランスを見て高さを調整


部屋の中に置く衣装ケースには一段タイプがおすすめ。積み重ねるタイプなら、お子さんの成長や暮らし方の変化に応じて全体の高さを柔軟に変えられます。お店で商品を見たときは低いと感じたけど、部屋の中に置いてみたら思ったより背が高かったという失敗も避けられます。

一段収納×衣装ケース②
クローゼットの空きスペースに合わせてシリーズ商品をカスタマイズ


クローゼット用の衣装ケースにも一段タイプはおすすめ。ファッションの好みは年齢とともに変化します。単純に持っている服の量が変わることもあるでしょう。一段タイプならクローゼットに掛けている洋服の変化に応じて、後で高さや幅を調整できます。

一段収納×衣装ケース③
ハンガーラックがおしゃれに見える木製のボックス


スチール製のハンガーラックは無機質で味気ないと感じるようなら、木製のボックスをベースに乗せて衣装ケースに使うと途端におしゃれな雰囲気に。ラタンや麻など、他の天然素材のボックスを使ってみるのもいいですね。積み重ねられる木製のボックスもあります。

2-2.タンス感覚で使える多段タイプの衣装ケース

多段収納×衣装ケース①
天板付きなら上に書類や小物を置ける


一段タイプの衣装ケースは、天板がプラスチック製で重いものを上に乗せられないのが難点です。けれど多段タイプなら天板にある程度の耐荷重性があり、木製の天板なら本やカバンを置くラックとして使えます。

多段収納×衣装ケース②
マットなホワイトカラーは洗面所のインテリアに溶け込む


洗面所などお客様も利用する場所には、中が見えない不透明な衣装ケースのほうが使いやすいです。ホワイトカラーなら狭い洗面所が広く感じられるという効果も。そして丈夫な天板が付いている多段タイプの衣装ケースなら、脱衣かごや洗剤を安心して上に乗せられます。

多段収納×衣装ケース③
カラボならオープンラックにも引き出し収納にもなる


クローゼットの中に何をどんな風に収納するかまだイメージが固まっていないようなら、とりあえずカラーボックスを利用するのがおすすめ。始めはオープンラックとして使い、引き出しが欲しくなったらピッタリサイズのボックスをセットできます。よりたくさん収納できる衣装ケースが欲しくなったら、枕棚用のラックとして活用できます。

2-3.移動ができるキャスター付き衣装ケース

キャスター付き収納×衣装ケース①
キャスター付きチェストなら必要に応じて部屋の中に出して使える


クローゼット用のチェストにキャスターがついていると移動がしやすく毎日の掃除が捗ります。さらに、暮らし方が変化したときに便利です。暮らし方は数年単位で変わるものですから、いろんなケースを想定して収納アイテムを選んでおくと、より長く使えます。

キャスター付き収納×衣装ケース②
カラーボックスに取っ手とキャスターを付けてクローゼット収納をDIY


一般的なカラーボックスの横幅は42cmで奥行きは30cm。クローゼットの中に正面を向けて置くと手前にかなりのデッドスペースができますが、横を向けて置くとデッドスペースが12cmも減ります。カラボにキャスターと取っ手を付けて側面が前を向くようにすると、クローゼットの収納量が増え見た目もスマートに。

キャスター付き収納×衣装ケース③
押入れの下段にキャスター付き着物ケースを置く


着物は多くの方が収納場所に悩んでいる衣装。着物が大好きでたくさん持っているようなら別ですが、晴れ着が2~3セットあるくらいなら押入れの中に収納できると便利ですよね。キャスター付きの桐ケースなら、押入れの奥に収納していても出し入れが楽にできます。

できれば縦方向に収納したいときは、幅75cmの帯用ケースを使うという考えも。着物のたたみ方には少し工夫が必要ですが、それほど難しくはありません。

3.人気収納メーカー別おすすめの衣装収納

衣装ケースといえば無印良品やニトリが真っ先に頭に浮かぶ方も多いでしょう。最近はIKEAの人気も高まっていますよね。いずれのメーカーにも衣類収納に使えるおしゃれな商品はもちろん、衣装ケースがより使いやすくなる便利なアイテムがそろっています。

3-1.ユアニチャー×おすすめ衣装収納

衣装収納×ユアニチャー①
押入れにぴったりサイズをオーダーメイドで作る「MAIN SHELF」

ユアニチャーのMAIN SHELFは、幅・高さ・奥行き共に10cmから50cmまで1cm刻みで設定できるオーダメイド収納棚。

おしゃれなカラーと全13色の豊富なバリエーション。ユアニチャーのMAIN SHELFなら、サイズや色にこだわった収納棚を作ることができます。

公式サイトの3Dシュミレーションでサイズとカラーを選択すれば、簡単にイメージ通りの収納棚が作成でき、ワンクリックでオーダーできます。

衣装収納×ユアニチャー②
押入れにぴったりサイズをオーダーメイドで作る「SIMPLE BOX」

ユアニチャーのSIMPLE BOXは、幅・高さ・奥行き共に10cmから50cmまで1cm刻みで設定できるカラーボックス風収納。

おしゃれなカラー全13色の豊富なバリエーションから選べるので、サイズや色にこだわったカラーボックスをオーダーメイドしたい方におすすめです。

3-1.無印良品×おすすめ衣装収納

衣装収納×無印良品①
押入れの奥行きにジャストサイズの「ポリプロピレンケース」


無印良品には押入れ用とクローゼット用の衣装ケースがあります。押入れ用ケースの奥行きは65cmで、クローゼット用ケースの奥行きは55cm。いずれも高さは3種類から選べるなどバリエーションが豊富ですから、スペースにぴったりの理想的な収納ユニットを作れそうです。

衣装収納×無印良品②
子供服の収納には「やわらかポリエチレンケース」が便利


子供服やハンカチなどの小物収納には「やわらかポリエチレンケース」がおすすめ。大きな引き出しに仕切りを作るより、小さなケースに仕分け収納してラックに乗せるほうが簡単です。テプラやシールを使ってラベリングしておけば、どれに何が入っているか迷うこともありません。

衣装収納×無印良品③
ベッド下におしゃれな「トタンボックス」


ベッド下など室内のデッドスペースにおしゃれに衣類を収納したいなら、トタンボックスがおすすめ。トタンは湿気に強く防虫効果もあり、昔は衣装ケースといえばトタン製でした。昭和レトロなインテリアが好きな方には特におすすめです。

3-2.ニトリ×おすすめ衣装収納

衣装収納×ニトリ①
ボックスと吊り収納をシリーズ商品でそろえて統一感を出す


ボックス収納と吊り収納を同じデザインで統一したいなら、ニトリの商品がおすすめ。ニトリの収納ボックスはパッケージデザインが豊富でおしゃれ。デニム素材など珍しいアイテムもあります。

衣装収納×ニトリ②
ニトリのカラボアイテムで作るベビークローゼットは使いやすい


オリジナルのベビークローゼットを作りたい方に絶大な人気がある、ニトリのカラーボックスキット。必要に応じて少しずつアイテムを追加できるのもうれしいですね。カラーボックスなら成長後もずっと使い続けられるため、無駄がありません。

衣装収納×ニトリ③
不織布の「整理ボックス」なら不要な仕切りをハサミでカットできる


靴下などの小物を引き出しの中にきれいに収納したいときに便利なニトリの整理ボックス。布製でやわらかく、入れるものの形に合わせて仕切りが動くため、引き出しの中にデッドスペースができません。不要な仕切りはハサミで簡単にカットできます。

3-3.IKEA×おすすめ衣装収納

衣装収納×IKEA①
高さの低い「スクッブ」を枕棚に立てて収納


IKEAのスクッブは布製で重さが軽く、持ち手も付いているため、枕棚用の収納ボックスに便利で人気があります。特に人気があるのはたくさん入る深型のタイプですが、高さ19cmの浅型タイプを立てて収納すると、枕棚のスペースをより無駄なく使えます。

衣装収納×IKEA②
「スクッブ」の布団ケースはベッド下の衣類収納に便利


IKEAのスクッブは布団を立てて収納できることで人気の商品。布団用のサイズは93×55×19 cmで、これはベッド下にぴったりのサイズです。オフシーズンの衣類やサイズアウトした子供服など、すぐには使わない洋服をベッド下に収納したいときに便利。そのまま押入れの奥に立てて収納できるのも助かりますね。

衣装収納×IKEA③
「パックス」ワードローブシステムで寝室の壁一面にオリジナルの衣装収納を作る


寝室にクローゼットがなく、これから衣装収納をそろえようと考えているところなら、IKEAのワードローブシステム「パックス」を導入するという考えも。パックスなら持っている衣装の内容に合わせてサイズとアイテムを選べ、後で追加や取り外しもできます。壁に固定するためタンスのように転倒する心配もありません。

衣装ケースの収納アイデアまとめ

MEMO
    【衣装ケースの選び方。収納場所別おすすめのサイズ】
  • クローゼットの奥行きは60cmが目安
  • クローゼットのハンガーバーに吊るせる奥行き40cmの吊り収納
  • 枕棚には手に取りやすい小振りな衣類ケースがおすすめ
  • 押入れの奥行きは75cmが目安
  • 押入れの扉を外して枕棚におしゃれなカゴをディスプレイ
  • シングルサイズならベッド下の奥行きは90cm
  • ベッド下には前後2列にケースを並べると使いやすい
  • 奥行きの深い引出しには100均の小物ケースを使うと整理しやすい
  • パントリーの棚板の奥行きは30cm。足元には引き出し収納が使いやすい
  • キャスター付きメタルラックを使ってパントリーに洋服を収納
    【衣装ケースの種類。タイプ別おすすめの収納方法】
  • 一段タイプは部屋の中で家具とのバランスを見て高さを調整できる
  • クローゼットの空きスペースに合わせてシリーズ商品をカスタマイズ
  • ハンガーラックがおしゃれに見える木製のボックス
  • 天板付きチェストは棚の上に書類や小物を収納できる
  • マットなホワイトカラーは洗面所のインテリアに溶け込む
  • カラボならオープンラックにも引き出し収納にもなる
  • キャスター付きチェストなら必要に応じて部屋の中に出して使える
  • カラーボックスに取っ手とキャスターを付けてクローゼット収納をDIY
  • 押入れの下段にキャスター付き着物ケースを置く
    【人気収納メーカー別おすすめの衣装収納】
  • 無印良品の「ポリプロピレンケース」は押入れの奥行きにジャストサイズ
  • 子供服の収納には無印良品の「やわらかポリエチレンケース」が便利
  • ベッド下におしゃれな無印良品の「トタンボックス」
  • ボックスと吊り収納をシリーズ商品でそろえて統一感を出す
  • ニトリのカラボアイテムで作るベビークローゼットは使いやすい
  • 不織布の「整理ボックス」なら要らない仕切りをハサミでカットできる
  • 高さの低いIKEAの「スクッブ」を枕棚に立てて収納
  • IKEA「スクッブ」の布団ケースはベッド下の衣類収納に便利
  • IKEAの「パックス」ワードローブシステムで寝室の壁一面にオリジナルの衣装収納を作る