スペースを有効活用!収納付きベッド 失敗しないための選び方と注意点

収納付きベッドの選び方

引き出し付きの定番タイプから、マットレス下の全面が収納になっているようなボックス型など、収納量で大きく違います。引き出し収納付きベッドの選び方で、ぜひ知っておきたいのが引き出し構造の違いです。

BOX構造と組立てタイプに大きく分かれますが、BOX構造では引き出し部分がスライドレールで、組み立ても簡単です。組み立てタイプはすべて組立てることになるので時間を要します。

収納付きベッド全般にいえることですが、下に収納がある分、床面も高くなるので、マットレスは薄めのものを選びましょう。

ある程度の収納が欲しいなら「引き出し付きベッド」

お部屋で入りきらない衣類もすっきり片付く、収納付きベッドの定番といえるのが「引き出し付きベッド」。組立てタイプ(BOX構造でない商品)は価格の安さが魅力ですが、多くが引き出しの反対側は空洞です。壁に付けて使用するか、自分で収納ボックスを入れるなど工夫すれば有効活用できるでしょう。

BOX構造のものは反対側も長物収納として使うことができ、ほこりも入りにくいという利点がありますが、価格はやや上がります。

注意点
・BOX構造でないものは、自分で組み立てるか組立てサービスなどを利用する
・引き出しを開けるスペースを確保する必要がある
・BOX構造ではほぼ完成品のため、梱包が大きく搬入がやや大変になることも
・組立てタイプは価格を抑えられるが、組立て工数が多い分、BOX構造と比べて耐久性は下がる

使用頻度が高いものをたくさん収納したいなら「チェストベッド」

チェストベッドは引き出しの数が多く、収納家具を置くスペースが少ない場合や、より容量の大きな収納付きベッドが欲しい方などにおすすめ。大小の引き出しが複数付いているので、しまうものを大きさによって分けたりと、整理もしやすくて便利です。

ただ、引き出しも多く、床面が高くなるので、大きなものだと日々の乗り降りが面倒になる場合も。マットの厚さを選ぶのに不安な場合は、セット販売を利用するなどしてもよいでしょう。

注意点
・引き出しの数が多いので、BOX構造でない場合は組立てが大変
・床面の高さが上がってしまうので、マットレスを薄めにする
・引き出しを開けるスペースを確保する必要がある
・通気性があまりよくないので、除湿剤などの湿気対策が必要

大きなものを収納したい・スペースを有効活用したいなら「跳ね上げ式の収納ベッド」

大容量のスペースで、まるごとベッド下を収納家具のように使えるのが「跳ね上げ式ベッド」です。マットレスの下にある床板をガス圧で持ち上げるので開閉が簡単。また縦開き、横開きとあるので配置に合わせて選べます。

布団はもちろん、じゅうたんなどの長物、扇風機や暖房器具といったシーズンオフの家電も収納可能。深さは何種類か選べることも多いので、しまいたいものに合わせて決めてもいいかもしれません。

注意点
・開閉時に布団や枕の位置がズレる
・床面の高さが上がるのでマットレスを薄めにする(セット販売も多い)
・ほこりが気になる場合は衣装ケースなどの収納グッズを用意する
・通気性が悪く、除湿剤や換気などの湿気対策が必要
・ガスシリンダーが故障するリスクがある(長く使うとガス圧低下により交換する必要も)
・ガスシリンダーの性能上、基本的にはクイーンやキングなどの大型サイズがない

収納付きベッドのおすすめ商品をご紹介|引き出し付きベッド3選

収納付きベッドのなかでも低価格、デザインも豊富で人気なのが引き出し付きベッド。浅型のものや深型のもの、幅の広さなど、引き出しサイズもさまざまに選べます。収納量の多い深めのものなら、使わないタオルケットや枕などをしまっておくことも可能です。

組立てタイプの場合、引き出しなどもすべて自分で完成させなければなりません。特に組立て家具が初めての人はそれなりに時間がかかることを心得ておきましょう。

①ヘッドボードにLED照明&コンセント付き
ニトリ/「シングル ベッドフレーム(アザン WH アサヒキ25)」

引出しは開け閉めがしやすいスライドレール付きで奥行き47cm。左右どちらにも取り付けられるので、壁付けにするならお部屋に合わせて配置を決めておきましょう。

ヘッドボードには小物を置けるスペースとLED照明、携帯の充電に便利な2口コンセント付き。

ニトリならではのコスパでお得感アリの引き出し収納付きベッドです。

②大きな引き出しが3つも付いて充実の収納力
イケア/「NORDLI ノールドリ(フレームのみ)」

シンプルな白いベッドフレームはどんなお部屋にも合いそうなデザイン。大型の引き出しが3個も付いているので、衣類だけでなくシーツやタオルなどと使い分けて収納してもよいでしょう。

引き出しは深めでたっぷり入るサイズで、一人暮らしのお部屋にもぴったり。NORDLI(ノールドリ)シリーズではそのほかの家具展開もあり、お部屋全体のコーディネイトもできます。

③引き出し収納以外にもミニテーブルなど機能満載
多機能ベッド「Alloys(アロイス)」

キャスター付きで左右入れ替えも可能な引き出しは2つ。ベッド下は間仕切りがあり、引き出しの反対側も収納ケースなどを入れて整理しやすくなっています。

ヘッドボードには照明やコンセントも付いて、フラップ扉を開くと、なんとミニテーブルに!扉があるから文庫本をしまっても普段は閉じておけば、見た目もすっきり。

枕元の収納スペースまでいろいろ使えてうれしい多機能な引き出し収納付きベッドです。

収納付きベッドのおすすめ商品をご紹介|チェストベッド3選

名前の通り、チェスト(タンス)のように引き出しが多くあるのが「チェストベッド」です。なので、たくさん収納したいものがあるという方には、ぜひおすすめ。

引き出しが4つくらいのものから何個も付いた本格派まで、種類もいろいろ選べるのが便利です。深さの異なるものが付いていることが多いので、衣類やカバン、本などそれぞれ分けて収納できます。

注意したいのは、引き出しが多いということは組立て工程も多いということ。また、大きさや重量などもあるので、購入の際は搬入経路などの確認もよくしておきましょう。

細かなものから大きなものまでスッキリ収納
「Inniti イニティ」(フレームのみ・セミシングル)

畳約2畳分、約780リットルという驚きの収納力をもつチェストベッド。造りもしっかりしたBOX構造で、引き出しには底抜け防止の補強桟付きで安心です。

浅い引き出しには小分けに便利な仕切り板付きで、靴下や下着などもキレイにしまえます。布団やラグなどの長物、大きなものは反対側に収納。

2口コンセント付きで、時計やスマホを置くのにぴったりなヘッドボードで省スペースに。

②ショートサイズでお部屋のスペースを大幅節約
コンセント・ショート丈チェストベッド「wunderbar ヴンダーバール」

マットレスの長さが180センチとショート丈のベッド。小柄な女性や子供ならちょうどいいサイズです。

通常サイズだと、かなり占めてしまうようなお部屋のスペースも節約して、有効に使えます。コンパクトなヘッドレスタイプなら、さらに省スペースも可能。

安心のBOX構造で、引き出しが5つと反対側には布団やスーツケースなどの大きなものもしまえます。ヘッドボードとフッドボードの角も丸く加工されるなど、細やかな設計配慮がうれしいベッドです。

③スライド棚付きの収納大充実ベッド!
スライド収納付き 大容量チェストベッド

引き出しが5つと反対側の大型収納に加え、ヘッドボードにはスライド収納が付いたチェストベッド。キャスターの付いたスライド収納はヘッドボードの左右どちらでもOK。可動式の棚はしまうものに合わせられます。

寝る前のスキンケアグッズや小物等、工夫次第でいろいろしまって、サッと隠せば見た目もすっきり。引き出しは安心の補強桟付き。浅めと深め、使い分けできるのでバッグも型崩れせずに入ります。

衣類以外にもマンガ本やゲームソフトなど、物が増えて困る子供部屋でも大活躍しそうなベッドです!

収納付きベッドのおすすめ商品をご紹介|跳ね上げ式の収納ベッド3選

一般的な「引き出し収納」だと、引き出しのスペースも必要だし、配置の自由度もあまり高くない。その点、跳ね上げ式ベッドなら上からの出し入れができて、レイアウトも幅広く対応できます。

特に一人暮らしなどのお部屋では、収納家具を減らせて大助かり!となるかもしれません。ただ、サイズも大型になるので組立ても基本は大人2人が安心です。

搬入経路を確認したうえで、収納するもののイメージを具体的にして、よく検討することも大事です。

ベッド下の大収納!日本製ガスシリンダー採用
「mumu ムム・跳ね上げ収納ベッドS フレームのみ」

ベッドの下一面が収納スペースとして使用できるから、ベッドを置いた場所=大きな収納スペースに。

シリンダー可動部への収納物の挟み込みを防いで、開閉時のフレームの歪みも軽減。また、フットボードを奥に設置し、閉じるときも手を挟みにくい安心設計もうれしいところ。

2口コンセント付き、スマートなヘッドボードの棚はラウンドカットと、デザイン面も高得点です!

②すのこ構造の床板がベッド下の湿気を逃がす
ガス圧式跳ね上げベッド「NO-MOS ノーモス」

ガス圧式跳ね上げベッドなどの大型収納付きベッドでは、特にベッド下に湿気がたまりやすいのがネック。あまり取り出さないものなど、放っておくと、久々に開けたらカビが生えていた!ということも。

この「ノーモス」は床板をすのこにして、通気性をよくし、カビの原因となる湿気を逃がします。下の収納にほこりなどが入らないよう、カバー生地もついているので安心。敷き布団もOKなので、お天気のいい日に干してすっきり、清潔を保てます。

深さは25~39センチでレギュラー・ラージ・グランドの3種類。グランドは最大830リットルの大容量。収納するものや予算に合わせて選びましょう。

③安心の老舗メーカー。ガス圧調整で敷布団もOK
ガス圧式跳ね上げ収納ベッド「マジュラン シングル(フレームのみ)」

ガス圧式跳ね上げベッドは開閉にシリンダーを伸縮させますが、マットレスにある程度の重さがないと閉まりにくいものもあります。つまり、軽すぎても重すぎてもダメですが、この商品では敷布団やスプリングなしのマットレスでも使用可能とのこと。

こちらを販売する東京ベッドは日本で最初にポケットコイルを採用したという老舗メーカー。手持ちのマットレスや購入予定のマットレスに合わせ、重量に適したガス圧に調整してくれます。

床面の高さは26、33.5、41センチとあり、浅型か深型か予算に合わせて選べます。急な跳ね上げを防止する安全ロック付き。

自分に合った収納付きベッドの選び方まとめ

MEMO
    【収納付きベッドの選び方】
  • 引き出し付きの定番タイプ、マットレス下が全面収納になっているボックス型など、収納量で変わる
  • 引き出し構造に違いがあり、引き出しは完成品で組立ての簡単なBOX構造と自分ですべて組立てるタイプに分かれる
【引き出し付きの主な特徴】
  • ある程度の収納が欲しい方におすすめ
  • BOX構造でないものは、自分で組み立てるのに時間を要する
  • BOX構造でないものは、自分で組み立てるのに時間を要する
  • 引き出しを開けるスペースを確保する必要がある
  • BOX構造ではほぼ完成品のため、梱包が大きく搬入がやや大変になることも
  • 組立てタイプは価格を抑えられるが、組立て工数が多い分、BOX構造と比べて耐久性は下がる
    • 【チェストベッドの主な特徴】
    • より容量の大きな収納付きベッドが欲しい方におすすめ
    • 引き出しの数が多いので、BOX構造でない場合は組立てが大変
    • 床面の高さが上がるので、薄めのマットレスを選ぶかセット販売が安心
    • 引き出しを開けるスペースを確保する必要がある
    • 通気性が悪く、除湿剤や換気などの湿気対策が必要
      【跳ね上げ式ベッドの主な特徴】
    • 大きなものを収納したい・スペースを有効活用したい方におすすめ
    • 開閉時に布団や枕の位置がズレる
    • 床面の高さが上がるのでマットレスを薄めにする(セット販売も多い)
    • ほこりが気になる場合は衣装ケースなどの収納グッズを用意する
    • 通気性が悪く、除湿剤や換気などの湿気対策が必要
    • ガスシリンダーが故障するリスクがある(長く使うとガス圧低下により交換する必要も)
    • ガスシリンダーの性能上、基本的にはクイーンやキングなどの大型サイズがない
    • かなり大型なので、購入の際は搬入経路なども確認