食器棚収納のアイデア|おしゃれなブログから学べる収納のコツとセンス

食器収納のコツ

食器棚の食器収納に満足できていますか?買うのが楽しくてついつい増えがちな食器類。ただ食器棚に詰め込んでしまうと、重ねすぎて取りづらかったり、使われない物もでてきます。食器収納にはコツがあり、少し意識するだけで食器棚はグンと使いやすくなります。

コツは食器をすぐ取れる状態にする事。「片手で持てる」「見渡しがいい」ことに気を付けると、取り出しやすい収納になります。他にも様々なコツを紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

よく使うものを近くに置く(移動ワザ)

食器の配置がよいと、少しの動作で物に手が届き、何度も取りに行ったり、出したりしまったりする手間が省けます。まずはよく使う食器がどれなのかを考えて、一番使うものを一番使いやすい場所に移動してみましょう。

食器棚の一番使いやすい場所は、大体中段くらい「目から腰の高さ」といわれています。手が届きやすく、一番出し入れしやすい収納場所なので、毎日使うお茶碗や、平皿、コップ、お箸などあらかじめグルーピングして収納するのもオススメです。

すぐ取り出せる工夫をする(移動・増設ワザ)

食器をしまう位置によって見え方は異なります。すぐに取れる状態にするコツは、高さに応じて収納の仕方を変える事です。腰高より上の棚に置く場合、小皿は手前に、大皿は後ろに置くように。見渡しがよく取り出しやすくなります。

腰高より下の棚に置く場合は、奥が見えにくいので、収納ボックスなどに入れて引き出せるようにすると、より使いやすくなります。また量が多い場合は、コの字ラックなどを使い棚を増設し、高さとスペースを使いきることが収納量アップのコツです。

見た目をスッキリさせる(整頓ワザ)

よく使う物は、飾ったり見せながら収納するのも一つのアイデアです。その場合、出しっぱなし感は無くしたいところ。色々な物がある場合、その下にトレイや長皿を敷くだけで、まとまって見える効果があります。また物を置く範囲が決まるので、余計な物まで置かなくなります。

見せる収納のコツは、見せる物の色や素材を出来るだけ揃える事。カラフルな柄物は、部屋の雰囲気や家電などとの調和が難しいので、手堅くモノトーンがオススメ。スッキリ見え、失敗は少ないですよ。

食器棚収納の参考にしたいブログ5選

食器棚をいかに整え、すっきりと心地よく使えるようにするか。その方法は収納だけではなく、物の選び方、またDIYのアイデアなども重要になってきます。

参考になるアイデアや暮らしを紹介している、とっておきのインスタグラマーやブロガーを見つけました。みなさんそれぞれが素敵に暮らしながら、得意分野を活かし様々な収納方法を試みています。お悩みに合わせて、すぐにでも真似したいアイデアが見つかりますよ。

食器好きブロガー「leafさん」

著書「明日の私を助ける家事貯金」で有名なleafさん。ブログの中で「家事貯金」という家事の負担を減らすアイデアを沢山紹介されています。キッチンツールや調味料などは手の届く位置に収めるなど、収納のコツも参考になるものばかり。

インスタで紹介されている、北欧スェーデンの飾り棚「string pocket」へディスプレイされた素敵な食器を始め、食器のコレクションは見るだけで楽しめますし、見せる収納の参考になります。

引き出し食器収納を仕切るコツは、かごとバスケット

「うつわ好きで食器を減らせない」とのことで、多種類の器をお持ちですが、ブログのお写真はどこもスッキリされています。

プレート以外の食器は作り付けキャビネットに収納。引き出収納は見渡せるので使いやすいそうです。開けるときに食器が動いてしまう悩みも、無印の籠やワイヤーバスケットを使い解決。仕切ることで、食器ズレ防止と同時に食器の指定席が出来るので、整理しやすく片付けやすい収納になるそうです。

leafさんのブログ「10年後も好きな家」

参考 10年後も好きな家leaf

忙しくても片付けが苦手でもできる整理収納ブロガー「七尾亜紀子さん」

ご主人が単身赴任なさっているので、2児の育児と家事をほぼ一人でこなしつつ、フルタイム正社員で働かれた亜紀子さん。その経験から、もっとラクに楽しくなるための収納アイデアをブログで発信したことで大人気に。

著書「自動的に部屋が片づく 忙しい人専用 収納プログラム」のタイトル通り、無駄のない収納のコツはためになるものばかり!

また整理収納コンサルティングのお仕事を活かし紹介される、お客様宅によるビフォーアフター収納例などはとても参考になります。ブログやインスタが人気なのも納得です。

食事準備をスピーディーにする食器棚の収納方法

食器棚の中は、使用頻度で手前と奥に分けて収納されています。あまり使わない食器はボックスにまとめ上段に収めると、いざ取り出すときも奥のものを取り出しやすくて便利です。

毎日使う一軍の食器類は全て手前に置かれており、ワンアクションで取り出せてとても便利だそうです。さらにお気に入りの食器ばかり厳選しているので、開けるだけでテンションが上がる食器棚になっています。

七尾亜紀子さんのブログ「ワーキングマザー的 整理収納 & 北欧インテリア」

参考 ワーキングマザー的 整理収納 & 北欧インテリア七尾亜紀子

湘南シンプルライフ「DAHLIAさん」

溢れたモノの断捨離をきっかけに、シンプルライフをスタート。最小限までモノは減らさず、スッキリ暮らす「シンプリスト」ブロガーのDAHLIAさん。毎朝8時に更新されるブログは、記事内容の幅広さに驚きます。

収納、整理、断捨離はもちろんのこと、自家製味噌を作ったり、美味しいお店紹介などグルメにも精通。40代の美容情報やファッションにまでセンスの良さが伺えます。ブログもインスタも画像が丁寧で美しく、見るだけでワクワクした気持ちにさせてくれます。

りんご箱を2列並べゆとりのある食器棚 

りんご箱を2列並べ、食器棚として活用されています。りんご箱は高さがあるので、ニトリのウォールシェルフや無印の仕切り棚を使って上下に収納。棚上にはカップや枝モノを飾るなど見せる収納や、季節を楽しむ工夫も素敵です。

また使用頻度の低い食器は、竹素材のボックスの中に収納し、さらにボックスの蓋は食事の際トレイとしても使われるなど、無駄のない工夫が至る所に見られます。用途や気分によって組み替え出来るりんご箱食器棚は、とてもお気に入りなんだそうです。

DAHLIAさんのブログ「シンプルライフ×シンプルスタイル」

参考 シンプルライフbyシンプルスタイルDAHLIA

ナチュラル賃貸マンションでお金をかけない家づくり「pinkoさん」

大阪市在住、4人家族で主婦をされているpinkoさん。お金をかけない家づくりにこだわり、家具から雑貨までなんと全て手作り!卵の殻や川で拾ってきた小石を素敵なオブジェに変身させたりと、そのセンスの良さと完成度の高さには驚くばかりです。

材料は100均の板材などで作るので、驚くほどローコスト。まな板4枚でマルチユースなコンパクトラックや、材料費500円の持ち手つきトレイなど、キッチン周りの収納に役立つ記事が満載です。ぜひアイデアを食器棚の収納にお役立てください。

ダイソーのキッチンケースで仕切り付き収納棚を簡単DIY

pinkoさんの賃貸マンションのキッチンは2.5畳だそうです。スペースに限界を感じつつも、明るい色でペイントしたりお花を飾ったりして楽しんでいるそう。食器棚は一部扉を取り払い、見せる収納に。扉の開閉がないだけで、アクション数は減り楽になります。

食器類は使用頻度によって分類分けし、3年使わないものは処分するなど、すっきり収納を心がけています。小さなディスプレイ棚をDIYするなど、今ある食器棚にプラスアルファしながら気分を変えたい方にオススメです。

pinkoのブログ「pink pinko life」

参考 pink pinko lifepinko

物と部屋とアイデアで”ラクにカッコいい暮らし”を目指す「國松 麻央さん」

2児の母でもあり、ライフオーガナイザー、そしてJUST SPACE代表と、マルチタスクをこなす毎日の中で、スッキリとしたお家を保つアイデアをブログやインスタで紹介しています。片付け・収納・モノ選びを通して「黒くてカッコよくて、ラクなお家」を「ごく普通のマンション」で無理なく実現されているところが、とても参考になります。

記事にも度々紹介されていますが、ムダな行動を省き効率をあげる「動線」の話など、目先の物を動かすだけでなく、根本から収納を考えるような内容が多いです。ぜひしっかり読んで、ラクで快適な日々を送りましょう。

食器棚の使い方は人それぞれ まずは動線を見直そう

食器棚は上半分を活用し、下半分は食料庫にされている麻央さん。理由は簡単で、旦那様が買ってきた物を収納するのにちょうどいい場所だったから。それまで、旦那様が適当に収納して困っていた悩みがピタリと解消された収納アイデアです。麻央さんが管理している引き出しには、水、おもち、インスタント食品などよく使う食材を。

モノを収納するときは種類ごとに分けて収納するだけでなく、使う人ごとに収納する方法も便利なアイデアですね。お子様用の引出しやスペースを作れば、自立にもつながります。収納を通じて、家族と楽しく快適に暮らせる方法を探してみてはどうでしょう。

國松 麻央さんのブログ「JUST SPACE」

参考 JUST SPACE國松 麻央

食器棚収納アイデアまとめ

MEMO
    【食器収納のコツ】
  • よく使うものを近くに置く(移動ワザ)
  • すぐ取り出せる工夫をする(移動・増設ワザ)
  • 見た目をスッキリさせる(整頓ワザ)