キッチン収納のストレスを軽減!100均アイテムを活用した実例アイデアをご紹介

キッチン収納に100均アイテムでひと工夫

キッチンはきれいな状態をキープするのが難しい場所です。お鍋やフライパンは大きな収納スペースが必要な反面、お玉やフライ返しなどの調理用具は、調理中に素早く手に取れないとストレスを感じます。

また、食器やカトラリーは出し入れしやすい収納を意識していないと、次第に片付けるのも取り出すのもストレスに。そして、冷蔵庫や食品庫は全体が見渡せないと、賞味期限切れのリスクが増えます。

キッチンの収納を考えるときは、スペースの有効活用より出し入れのしやすさが重要。収納上手さんのアイデアを参考に、まずは100均アイテムを活用して、すぐにできることから始めてみましょう。ちょっとした工夫をするだけで、キッチンの収納ストレスが激減しますよ。

使いやすい収納方法は人によって異なる

収納上手さんの多くは、シンク下などの引き出しスペースを余すところなく上手に使われています。でも、いきなりあれと同じ状態を目指してしまうと、かえって使いにくくなるかもしれません。

使いやすい収納は、その人の個性によって異なります。一般的に「使いやすい」と言われている収納を100%同じように再現しても、あなたにとって使いやすいとは限りません。キッチンの収納を考えるときは、あなたの日常の動作をイメージするようにしましょう。

食器は棚に積み重ねる以外にも収納方法がある

食器を食器棚に収納するとき、無意識に積み重ねて収納していませんか?でも、積み重ね収納をしていると下のほうにある食器を取り出しにくく、使っているのは上の2~3枚だけという状態に陥りやすいです。

また、前後に2列収納をしていると、奥の食器を取り出すのが大変で、前の食器しか使わなくなります。食器棚の奥や下のほうには、普段使わない食器を収納するという考え方もありますが、どうせなら全ての食器を出し入れしやすく収納できるとうれしいですよね。

レンジフードは調理用具の収納に打って付けの場所

調理用具は、コンロ周りに収納するのがもっとも作業効率が良いです。でも、吸盤タイプのフックに重いフライパンを掛けていると、次第にずり落ちてきます。かと言って、突っ張り式のラックやディアウォールを使ったDIYには、それなりに費用が掛かります。

100均には、レンジフードの縁に引っかけられる専用のフックや、レンジフードに直接取り付けられるマグネットフックがたくさんあります。

キッチン収納を変えるおすすめの100均アイテム10選!

ここからは、キッチンの収納をサポートしてくれる便利な100均アイテムをご紹介します。プロの整理収納アドバイザーさんが実践している事例もたくさん紹介しているので、ぜひ参考にしてください。「その発想は無かった!」という収納アイデアが見つかるかもしれませんよ。

セリアの仕切り板つきケースにお箸を斜めにして収納

お箸の収納には仕切り付きのケースが便利です。好きな位置に仕切りを取り付けられるケースを使えば、お箸と箸置きをひとつのケースにすっきりと収納できます。

でも、ここでひと工夫。ケースの仕切り板をあえてお箸の長さより短い位置に取り付け、お箸を仕切り板に立てかけるように収納すると、よりスムーズにお箸の出し入れができます。

お箸は寝かせるより立てるほうが取りやすい

お箸はフォークやスプーンに比べて全体が細く、使うときは2本必要だから、本来はトレーを使って横に寝かせるより、お箸立てに立てて収納するほうが取りやすいです。

けれど、お箸立てを置くスペースが無かったり、お箸とカトラリーを一緒に収納したいときは、トレーを使うほうが便利ですよね。そんなときは、お箸の長さより短いケースをあえて選ぶことで、お箸立てと同じくらいスムーズにお箸を取り出せます。

セリアのプルアウトボックスを使ってシンク下引き出しにキッチン消耗品を収納

セリアのプルアウトボックスは、ストックバッグなどのキッチン消耗品を収納するのに便利なアイテム。フタには十字型の穴があり、中に収納しているポリ袋やキッチンペーパーをスムーズに引き出せます。フタと本体が分かれているから、中身の補充が楽にできるのもうれしいですね。

スペースをフルに活用できワンアクションで取り出せる

プルアウトボックスは積み重ねができる形をしているため、シンク下の深い引き出しに2段収納ができます。フタ付きだから上のケースが下のケースにハマり込む心配はありません。

ミニ・トール・ロングの3種類のサイズがあり、収納したいものにちょうどいい大きさのケースを探しやすく、うまく組み合わせることで引き出しの中を隅々までフルに活用できます。

ダイソーのパンチングボードを使ってコンロ下引き出しに調理用具を収納

お玉やフライ返しなどの調理用具は、ひとつずつフックに掛けて収納するほうが手に取りやすいです。そんなときに便利なのが、ダイソーのパンチングボード。収納ケースも取り付けてピーラーなどの小物類もすっきりと収納できます。

同じ要領で、コンロ下引き出しの内側にこのボードを取り付け、油はねがなくほこりがたまらない場所に調理用具を掛けて収納するのもおすすめです。

調理用具を引き出しの中に掛けて収納できる

パンチングボードはダイソー商品の中でも大人気の収納シリーズ。プラスチック製の有孔ボードで、ワイヤーネットより見た目がおしゃれなうえ、オプションも豊富です。

引き出しの場合、深さがあっても縦方向の収納をイメージしにくく、トレーやスタンドに調理用具をまとめて収納している方も多いのでは?でもパンチングボードを使えば、引き出しの中に掛けて収納するという選択肢ができます。

100均アイテムを活用してコンロ周りにフライパンと調味料を収納

DIYが好きな方の多くは、ディアウォールなどを使ってコンロの周りにオリジナルの壁面収納を作っています。おしゃれなインスタ画像を目にしたら、つい真似したくなりますよね。

そっくり同じように真似をするのは大変ですが、アイデアを参考にしたお手軽DIYは、100均アイテムを使ってすぐに実践できます。レンジフードにフライパンを掛けられるフックや、コンロ奥に置ける小さな調味料入れをうまく活用してみましょう。

賃貸の一人暮らしではコンロ周りに収納を確保しやすい

コンロ周りの収納は、キッチンが狭いほど確保しやすいです。広々としたオープンキッチンには壁が少ないため、シンク下の引き出しをいかに無駄なく使うかが大きな課題となります。でも狭いキッチンは壁に囲まれているため、フックや突っ張りラックを使うと簡単に収納を増やせます。

デコレーションにこだわりたい方は、壁にリメイクシートやブリキのプレートを取り付けるだけでも、グッと雰囲気が変わりますよ。

ダイソーのレンジフードフックにアイアンの鍋敷きをディスプレイ収納

レンジフードの縁にフックを引っ掛けてたくさんの調理用具を収納すると、便利な反面、キッチンがごちゃごちゃした印象になります。でも、アイアンなどおしゃれなデザインの鍋敷きを1~2個吊り下げている程度なら、生活感は無く、むしろキッチンの飾りに。

すっきり片付いたキッチンでは100均アイテムもおしゃれな飾りになる

生活感が出ないように、キッチンのワークトップには何も置かないようにしたいという方もいますよね。実際、キッチンのように汚れやすい場所では、お掃除がしやすいようにツールはすべて扉の中に片付けるのが理想的です。

100均には便利な収納アイテムだけじゃなく、おしゃれなキッチン雑貨もそろっています。キッチンがすっきりと片付いていれば、100均アイテムを使って素敵なディスプレイをつくるのは簡単です。

100均のブックスタンドを使って入れ子式の食器を個別収納

大・中・小、3サイズの食器を積み重ねてコンパクトに収納できる、入れ子タイプの食器。1個分のスペースに3つの食器を収納できるから、すごく便利と思って買ったものの、取り出しにくくてあまり使わなくなってはいませんか?

そんなときは、思い切って個別に立てて収納してみましょう。深みのある食器を立てて収納したいときは、ブックスタンドを使うのがおすすめ。ディッシュスタンドには収まり切れない大きな食器を、取り出しやすく立てて収納できます。

個別に収納するほうが積み重ねるより取り出しやすい

入れ子式の食器に限らず、大きなお皿は重みがあるから棚の下のほうに収納がちですが、それだと取り出すのは一苦労です。でも立てて収納していれば、大皿をワンアクションで取り出せます。

ある程度の大きさと強度があるブックスタンドを選べば、パスタ皿や大きなパイ皿を立てて収納することも可能。100均にはいろんなタイプのブックスタンドがあるので、あなたが使いやすいアイテムが見つかるかもしれませんよ。

奥行きが深い食器棚にはダイソーのロングバスケットが便利

一般的な食器棚の奥行きは30~40cm。大皿をたくさん使う欧米と違って、小皿をたくさん使う日本人には収納しにくい奥行きです。このため、食器を前後に2列収納している方も多いはず。小さなグラスや湯呑みは3列収納している方もいるのでは?

ダイソーのロングバスケットは、冷蔵庫やシンク下のスペースを奥まで無駄なく使えるように考えて作られた商品で、30cm以上の長さがあります。これは食器棚で使うのにもちょうどいい長さです。

トレーを使うと食器棚奥のグラスやカップを出し入れしやすい

ダイソーのロングバスケットやセリアのキッチントレーを使ってコップや小皿を食器棚に収納すれば、食器棚の奥までしっかりと収納に活用でき、奥の食器をスムーズに取り出せます。

ケースの横幅と高さにはいくつかの種類があるから、収納したい食器とスペースにぴったりのケースがきっと見つかるはず。

小さな調味料の収納にはセリアのハンガータイプ・ポリ袋クリップが便利

お刺身を買うと付いてくる、薬味やお醤油の小袋といった小さな調味料。いざというときにあると便利だけど、使うときまで冷蔵庫の中で迷子にならないようにするのは難しいですよね。

そんな小さな食品を探しやすく収納したいときに便利なのが、セリアのハンガータイプのポリ袋クリップ。冷蔵庫の棚板やポケットに引っ掛けることができ、クローゼット内の洋服を探す要領で素早く探し出せます。

薬味や食べ残しのお菓子を見えやすく収納でき、節電にも効果がある

ポリ袋クリップの活用法は他にもあります。例えば、食べかけのチーズやチョコレートは、食べ終わるころには大きな袋に中身はチョットだけの状態に。煎餅やお酒のつまみもそうですよね。

そんな「ちょっとだけ残っている」お菓子の袋が、冷蔵庫の中で大きなスペースを取っているのはもったいないです。また、見えやすく収納することで、探すために長いこと冷蔵庫を開けっぱなしにするのを防げるから、節電にもつながります。

アイスや冷凍うどんは箱から出して100均のケースに立てて収納

冷凍うどんや箱入りのアイスなど、まとめ買いをするとお得になる冷凍食品は多いです。でも、元々入っていた箱にそのまま入れておくと、取り出すときにちょっとだけ手間ですよね。

そんなお得パックの冷凍食品は、箱から出して個別に立てて収納するのがおすすめ。立てるのが難しい小さなアイスには、積み重ねができるトレーを使うときれいに収納できます。

ストック量が分かりやすく取り出しもスムーズに

冷凍うどんを個別に収納しておくと、ひとつだけ使いたいときにサッと取り出せて便利です。また、箱入りアイスは箱から出しておくことで、何がどれくらいあるか、ひと目で見えるように。

「まだたくさん入っていると思っていたら、残り1個だった!」という事態を防げます。

突っ張り棒と粘着フックを使ってゴミ箱の側面にゴミ袋を掛けて収納

横幅の広い角型のゴミ箱を使っているようなら、100均の突っ張り棒と粘着フックを使えば、ゴミ箱の側面に簡単にゴミ袋掛けを作れます。

作り方はとっても簡単。ゴミ箱の側面に粘着フックを2つ取り付け、そこに突っ張り棒を乗せるだけ。この突っ張り棒にゴミ袋を掛けておけば、ゴミ袋の交換がスムーズに行えます。

ゴミ袋の交換がスムーズにでき、収納スペースも取らない

100均には、ゴミ袋がワンアクションで取り出せる便利なケースがいくつかあります。でもゴミ箱用のゴミ袋は、できるだけゴミ箱の近くに収納しておくほうが、動作に無駄がありません。

ゴミ箱の背面を収納スペースに活用すれば、ゴミ箱の正面はすっきりとした印象をキープできます。

キッチンの収納ストレスを減らす100均アイテムまとめ

MEMO
    【キッチン収納に100均アイテムでひと工夫】
  • 使いやすい収納方法は人によって異なる
  • 食器は棚に積み重ねる以外にも収納方法がある
  • レンジフードは調理用具の収納に打って付けの場所
    【キッチン収納を変えるおすすめの100均アイテム10選!】
  • お箸はケースに寝かせるより立て掛けるほうが取りやすい
  • セリアのプルアウトボックスはキッチン消耗品をワンアクションで取り出せる
  • ダイソーのパンチングボードを使うと調理用具を引き出しの中に掛けて収納できる
  • 賃貸の狭いキッチンほどコンロ周りに100均アイテムで収納を確保しやすい
  • すっきり片付いたキッチンでは100均の鍋敷きがおしゃれな飾りになる
  • 100均のブックスタンドを使うと深い食器を立てて収納できる
  • ダイソーのロングバスケットを使うと食器棚奥のグラスやカップを出し入れしやすい
  • セリアのハンガータイプ・ポリ袋クリップは冷蔵庫に小さな調味料を収納するのに便利
  • アイスや冷凍うどんは箱から出してケースに立てて収納しておくと取り出しやすい
  • 突っ張り棒と粘着フックがあればゴミ箱の側面にゴミ袋掛けを作れる