快適なクローゼットのコツ|すぐに使える吊り下げ収納のアイデア10選

クローゼットの吊り下げ収納とは?

クローゼットがあるけれど、開けると団子状態で、物を探すのが大変だと感じていませんか?クローゼットを整理したいなと思ったら「吊り下げ収納」がおすすめです。

「吊り下げ収納」とは、ハンガーや吊り下げバスケット、収納ポケットなどを使って、洋服や小物を掛けて収納する方法のことで、畳む必要がなく手間いらず。自分だけでなく家族にとっても簡単なので、自主的に服を管理できるようになるオススメの収納テクニックです。

クローゼットの吊り下げ収納のメリット

コート、スーツ、ジャケットなどたたみジワをつけたくない衣類などは、それぞれの衣類にあったハンガーに吊り下げ収納すると、楽で扱いやすいと同時に、形くずれ防止の大きなメリットがあります。

また市販のベルトハンガーやパンツハンガー、フックなどを使うと、帽子やベルトなどの小物もたくさん収納できる上、使いたいものが一目で分かり、選びやすく、探しやすくなります。

クローゼットの吊り下げ収納のデメリット

吊り下げ収納をするには、ある程度の広さが必要になります。狭いスペースに無理に服を詰め込むと、物が探しにくいだけでなく、衣類にシワがつきやすく、そのうえ通気が悪くなってカビの原因にもなるからです。クローゼットにゆとりあるスペースが取れそうに無い場合は、手持ちの衣類を見直してみることから始めると良いですよ。

クローゼットの吊り下げ収納のコツ

クローゼットの吊り下げ収納にはいくつかのコツがあります。まずは何と言っても、押し込まないこと。ゆとりが無くなると、服同士が干渉し合い、取り出しにくくなります。まっすぐにかからないことで、余計なスペースを取ってしまいますので注意しましょう。

さらに、丈を長いものから短いものへ順に並べるコツ。この一工夫で、下段に新たなスペースが生まれるのです。このような吊り下げ収納のコツ、実はまだまだあります。実例を元に紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

シーズンオフのものは収納ケースへ

クローゼットの吊り下げ収納スペースはとても使いやすいので、ふだん使いの衣類に絞ると便利です。使わない期間が長い季節の衣類や小物などは、収納ケースにしまいましょう。

季節ごとに入れ替え制にすることで、スペースを効率的に使え、ゆとりのあるクローゼットになります。収納ケースごとにラベリングをするなど、きちんと分けて収納すると、衣替えもラクラクです。

使用頻度でゾーン分け収納するとスッキリ

薄手の服や、厚みのあるバックなど形がさまざまで、片付けづらいクローゼット。使用頻度に応じて収納ゾーンを分けると、スッキリ使いやすくなります。

よく使う衣類は、片付けの手間がなく取り出しやすい、吊り下げ収納ゾーンが鉄則です。さらに冠婚葬祭グッズ、旅行グッズなど使用頻度の低いものは収納ケースにまとめ、クローゼットの棚の上などへしまっておくと便利です。

クローゼットの吊り下げ収納|具体的アイデアとおすすめ商品10選

クローゼットの吊り下げ収納には、沢山のお役立ちアイテムがあります。フック、ハンガー、ラックなど、どれも便利なアイテムですが、ご自宅のクローゼットのサイズや間取り、家族構成などに応じて選ぶことが重要です。

ここでは、様々な使いやすいクローゼットの実例と、おすすめの商品をまとめておりますので、ぜひ吊り下げ収納を使ったクローゼット整理にお役立てください!

吊り下げ収納の王様!「吊り収納ボックス」は様々な衣類に対応

クローゼットのポールに取り付けた収納ボックスに、セーターを畳んで収納しています。よく着る服はしまいこまず、吊り下げ収納ゾーンに置きたいですよね。

伸びが気になる衣類も畳んでしまえるのでとても便利。服の他にも帽子やバックなど、そのままハンガーにかけられない物も、取り出しやすくスッキリと収納できますよ。

ボックスが2個付き!便利な吊り下げ収納アイテム
ニトリ「吊り収納・ボックス3点セット」

取り付けも出し入れも簡単で、見た目もシンプル。吊り下げ収納をより快適に、オシャレにしてくれる商品です。引き出し式のボックスが2個付いてくるので、靴下などの色形がバラバラなものは隠して収納することが可能。クローゼット内もスッキリします。

またお気に入りのアイテムを見せて収納にすることもできる優れものなので、うまく使って素敵なクローゼット空間にしましょう。

ハンガーで吊り下げ収納は変わります

コートやニット、パンツ、マフラーまで、特殊加工されたすべらないハンガーで収納されていて、見た目も揃って美しく、とても使いやすそうなクローゼットです。

ハンガーの選び方ひとつで、吊り下げた物が滑り落ちてイライラすることもなくなります。よく着る大切な服だからこそ、こだわる価値はありますよ。

ズレない 落ちない 吊り下げ収納
MAWA/マワ「マワハンガー」

吊り下げ収納には欠かせないハンガーですが、収納のためだけでなく、服を休ませる効果もありますので、衣類に合った形を選ぶことが大切です。マワハンガーは袖が伸びたりなどの型崩れ防止効果もあり、種類も多く性別やサイズに応じて選ぶことが出来ます。

また滑りにくいだけでなく、コンパクトなのでクローゼット内でもとても省スペース。吊り下げ収納に、ぜひオススメしたいアイテムです。

選ぶのが楽しくなる 美しく、使いやすいパンツ収納方法 

たくさんあるデニムを、S字フックに引っ掛ける簡単アイデア!まるでショップのように、スッキリと見やすく収納されています。選びやすく、取りやすく、かけやすい。まさに理想の吊り下げ収納です。

また色落ち防止のために頻繁に洗濯しないデニムは、引き出しにしまうよりも、湿気がこもりにくい吊り下げ収納にピッタリの衣類だと言えます。

究極のシンプル フックで収納
ニトリ「ステンレスS字フック」

どこでも便利なS字フック。4個入りで、お値段もお手頃なので沢山揃えられますね。パンツだけでなくアクセサリーや、ベルトなどのちょっとした小物を吊り下げてもスッキリします。

材質もオールステンレスなので、洗濯したパンツをそのままかけても大丈夫。常備しておくと、家中で吊り下げ収納に使えるので便利です。

収納力アップ!クローゼットにブランコを

吊り下げ収納のスペースには限りがありますが、クローゼットにバーを足す(クローゼットブランコ)ことで、収納力を増やしてしているアイデア。上下にスペースが分けられるので、無駄なく空間を使い切っています。

下のスペースに引出しや衣装ケースはあるけれど、畳むのが苦手で衣類が出しっぱなしになりがち。そんな方にもオススメです。とても選びやく、パッと見てコーディネートできるので、朝の忙しい時間を有効に使えますね!

吊り下げスペースが倍になるブランコ
サン・ステージ「クローゼットブランコ」

吊るすだけでクローゼットや押入れの吊り下げ収納スペースが倍増するブランコ。最近主流のクローゼットは180cmくらいなので、このブランコを吊るせば最大約90cm下までポールを吊るすことが可能。

約3歳くらいの子供から届きますので、お子様の衣類収納スペースとして活用されてもよいですね。大2本小2本のセットなので、家族それぞれのスペースも作れます。

子供の衣類も吊り下げたい!お悩み解決アイテム

子供用のズボンは小さいけれどに畳むと嵩張り、大人用のズボンハンガーだとずれてしまったりと、悩んでいるお母さんも多いのでは?そこで、とても便利な吊り下げグッズを使って綺麗に収納されているアイデアをご紹介。

素晴らしいのはクリップも使わず、ひっかけるだけの簡単さ!またサイズに応じて伸縮するのに、ハンガーサイズは変わらないので見た目もスッキリ。綺麗に揃ったズボンは、見やすくて管理がしやすそうですね。

便利でコスパ良し 忙しいお母さんにオススメ
SmartAngel/スマートエンジェル「ズボン用伸縮ハンガー 6P」

西松屋のプライベートブランドから発売されている子供用のズボンハンガー。ゴムの力を利用して、ズボンがずり落ちないジャストな位置でバーが止まる仕組みになっています。

見た目もシンプルで、掛ける手間、外す手間がほとんどいらないので、干してこのまま吊り下げ収納も可能。楽で綺麗な上、時短にもなる、忙しいお母さんにお役立ちアイテム間違いなし。お値段もお手頃で、さすが西松屋です。

おしゃれで便利な吊り下げワイヤーバスケット

何でも入れられて、見た目もオシャレなワイヤーバスケット。S字フックを使い、クローゼットのバーに吊るし、枚数が多く、嵩張ってしまうニット帽をスッキリ綺麗に収納しています。中がよく見え、どこに何があるか一目瞭然で使いやすそうです。

ワイヤーバスケットは入れるだけと簡単なのに、不思議と出しっ放し感がないので、引き出しに畳んで入れたり、一つずつ吊り下げるのが苦手という人に、ピッタリのアイデアです。

ぽいぽいっと入れるだけ簡単収納
ニトリ「ワイヤーバスケット クアドラト(SS)」

シンプルでオシャレな見た目のワイヤーバスケット。サイズ展開もSS〜Lまであり、収納する物や場所に応じて選ぶことができます。お値段もお手頃なので、いくつか並べて収納してもいいですね。

ディスプレイ収納はもちろんですが、通気性がよいので、脱いだ服の一時置き場にしたり、朝脱いだパジャマを入れるなどの使い方も便利ですよ。

バックの数が多い人必見!スペースは無駄なく使いましょう

バックは種類も素材も様々なので、数が多いと収納のスペースも広く必要になってきますが、狭いスペースを上手く利用し、沢山のバックを収納されています。コツはバック専用の吊り下げ収納アイテムを使っていること。

立てて収納しているので、重さで取っ手や形が変形することもなく、一目で何がどこにあるか分かりとても使いやすそうです。ついつい増えすぎるバック収納に専用グッズはオススメです。

バック専用スペースでクローゼットはスッキリ
アイメディア「パッと見えるバッグ収納ラック 」

バッグの型崩れを防ぎながら収納できるバッグハンガー。両サイドがメッシュなので、通気性も抜群。幅約15cmとスリムなので、スペースも取りません。仕切の高さが15cm、25cm、30cmに分かれているので、様々なサイズ収納可能。

またフックが回転式なので、クローゼットのバーに吊り下げたり、壁掛けフックに掛けたり、使う場所を選ばず便利。人気のカバンラックなのも納得です。

ストッキングやタイツの見やすい収納方法

丸めると意外とかさばるストッキングやタイツ。引き出しや袋にまとめて入れるとすぐにパンパンになり、素材や柄を選びたくても見つかり辛くなってしまいます。

そこで、タオルハンガーとカーテンクリップを使い、ストッキングやタイツを吊るし「見やすく」「取りだしやすく」収納しています。とても簡単で使いやすそうですね。カーテンクリップの数以上にならないように数を管理されているのも見習いたいところです。

シンプルに映えるのでインテリアとしても素敵
Hauspot/ハウスポット「真鍮製タオルハンガー」

見やすく、取りやすいのでストールやマフラーなどにオススメのタオル掛け。真鍮素材はオシャレなだけでなく、殺菌・抗菌作用があるため、実は菌が増えやすい環境に向いている素材。毎回洗わないマフラーなどを休ませるのにピッタリです。

100均で売っているカーテンクリップと組み合わせると、ストッキングやタイツも吊り下げ可能。スペースいらずの、簡単収納アイデアです。

吊り下げ収納 収納システムを増やすアイデア

家族の成長と共にクローゼットは改造が必要になってきます。バー付きの収納システムを増やし、子ども3人分の学用品や服・小物を置くスペースを見事に増設されています。

空きスペースがあれば、組み合わせが自由なシステム収納を増やすというアイデアもいいでしょう。収納スペースが増えると、ゆとりをもって収納できるようになりますよ。

収納スペースを自由自在にカスタマイズ
IKEA/イケア「ELVARLI 」

システム収納なので、組み合わせが自由。吊り下げ収納には欠かせないポールやフックに、棚板や引き出しも付けれます。つっぱりタイプの他、床置きタイプもバリエーション豊かにあります。

天井近くまで高さがあるので収納量は抜群ですが、転倒防止には注意が必要。床置きタイプの物は壁固定をオススメします。

吊り下げ収納 バーを増やすアイデア

築年数50年の団地にお住まいで、クローゼットスペースがもともと押入れ。ハンガーをかけるバーが無いなど、収納は悩みの種だったそう。横幅が広い押し入れでも使用できる突っ張り棒を購入し、吊るす収納スペースを確保しています。

自分で様々に工夫し、シンプルで、使いやすそうなスペースにされています。バーが付いていないクローゼットや、押入れを収納スペースにされている方にオススメのアイデアです。

使いやすいスタンダードなつっぱり棒
平安伸銅工業「突っ張り棒 強力タイプ バネ入り ホワイト」

便利な吊り下げ収納には、ついつい物を沢山かけたくなります。次第に重くなっていき、外れてしまうと直すのは本当に大変な作業。最初から耐重が多いものを選びましょう。

広いクローゼットから隙間スペースまで、サイズ展開も豊富なのでピッタリサイズが見つかります。内蔵バネでしっかり壁にくっつき、ズレ落ちも予防。もちろんネジ・クギ不要なので、バーを増やそうかなと思ったらまずチェックしてみてください。

快適なクローゼットにする吊り下げ収納アイデアまとめ

MEMO
    【クローゼットの吊り下げ収納とは?】
  • 洋服や小物を掛けて収納する方法
  • クローゼットの吊り下げ収納のメリット
  • 楽で扱いやすいと同時に、形くずれ防止になる
    使いたいものが一目で分かり、選びやすく、探しやすくなる
  • クローゼットの吊り下げ収納のデメリット
  • ある程度ゆとりのあるクローゼットスペースが必要
    【クローゼットの吊り下げ収納のコツ】
  • 押し込まないこと
  • 丈を長いものから短いものへ順に並べること
  • シーズンオフのものは収納ケースへ入れること
  • 使用頻度でゾーン分け収納すること
    【クローゼットの吊り下げ収納|具体的アイデアとおすすめ商品10選】
  • 吊り下げ収納の王様!様々な衣類に対応してくれる吊り収納ボックス
  • ハンガーで吊り下げ収納は変わります
  • 選ぶのが楽しくなる 美しく、フックで使いやすいパンツ収納方法
  • 収納力アップ!クローゼットにブランコを
  • 子供の衣類も吊り下げたい!お悩み解決アイテム
  • おしゃれで便利な吊り下げワイヤーバスケット
  • バックの数が多い人必見!スペースは無駄なく使いましょう
  • ストッキングやタイツの見やすい収納方法
  • 吊り下げ収納 収納システムを増やすアイデア
  • 吊り下げ収納 バーを増やすアイデア