段ボールを収納に活用。デメリットを知れば怖くない!実例アイデアをご紹介

段ボール収納には気をつけて

段ボールは加工がしやすく、布やリメイクシートを貼るだけでピッタリサイズのおしゃれな収納を作れるなど、工作が苦手な方でもDIYにチャレンジしやすいです。

けれど、段ボール収納にはリスクがあります。段ボールの性質を無視した使い方をすると、ボックスの中はあっという間にカビやダニの温床に。そうならないためにも、段ボールを収納に利用する際のメリットとデメリットを正しく理解しておきましょう。

段ボール収納のメリット

ネット通販を利用すると段ボールが無料で手に入るため、実質0円収納が可能です。段ボールはハサミやカッターで加工できるなど、取り扱いが簡単なのもうれしいですね。手持ちの布や包装紙を使ってリメイクすれば、お金を掛けずにおしゃれなオリジナルボックスが作れます。

また、段ボール素材の既製品もたくさんあります。段ボールはプリント加工ができるため、プラスチック製品よりおしゃれな収納ボックスが豊富。サイズとカラーのバリエーションも多いです。

段ボール収納のデメリット

段ボールは2枚の厚紙の間に空気層があり、保温性と吸湿性に優れています。けれど、これは段ボールのメリットであると同時に、デメリットでもあります。なぜなら、適度な湿気がある暖かい空間は、虫やカビにとっては繁殖に理想的な環境だからです。

段ボールの吸湿性はきわめて高く、除湿剤の代わりに用いられているほど。湿気を逃がす工夫をしておかないと、段ボールの中がしっとり濡れるまで吸湿し続けます。

このため、段ボール収納は押入れの奥や小屋裏のような風通しの悪い場所で使うには不向きです。風がよく通る室内や、ラックの高い位置に置き、ボックスの中には除湿剤を入れるようにしましょう。

段ボール収納に向いていないもの

段ボールに湿気がこもらないようにするには、ボックスの中にすき間をつくるのが効果的です。箱の中いっぱいにものを詰め込むのではなく、スカスカの状態を維持することが、防虫と防カビ対策につながります。このため、衣類や布団などのファブリック用品や、本の収納には段ボールは不向きです。

おすすめの段ボール収納アイデア10選!

ここからは、段ボールを使った収納アイデアをご紹介します。段ボールの上から布やリメイクシートを張っただけで、見違えるほどおしゃれな収納に変身した実例画像や、段ボールで作られた驚きの力作アイデアを集めてみました。ぜひ参考にしてください。

段ボールで洗面台下ラック用の収納ケースを作る

給排水の配管がある洗面台下スペースを、隅々まで無駄なく収納に活用するのは難しいです。配管を避けて設置できるラックはあるものの、そこに都合よく収まるケースはそうそう見つかりません。でも段ボールを加工すれば、スペースにぴったり収まる形の収納ボックスが作れます。

段ボールなら配管を避ける変形ボックスを簡単に作れる

洗面台の下に収納したいものと言えば、洗剤やシャンプーなどのストック品ですよね。いずれも重く、頑丈なケースが必要です。でも段ボールなら少々重くても大丈夫。

仕上げに段ボールの正面部分に紙や布を貼ってデコレーションするだけで、段ボールとは思えないスマートな印象になります。箱の隅にラベリングをしておけば、透明ケースじゃなくても中身はすぐに分かります。

高さのある段ボールをゴミ箱に活用する

横幅の広い段ボールは、側面を切り抜くとゴミ箱として活用できます。また、高さのあるタワー状の段ボールを使えば、上部を中に折り返すだけで深みのあるオープンボックスになり、段ボールを切り抜く手間が省けます。

段ボールには適度なクッション性があるため、瓶など割れ物を入れるゴミ箱にはプラスチック製品より向いています。そして、汚れたり傷んできたら、そのまま気軽に捨てられます。

100均のリメイクシートとキャスターを使っておしゃれで便利に

もし同じサイズの段ボールが複数あるようなら、分別ゴミ箱を作ってみましょう。置きたいスペースに対して段ボールが少し大きすぎる場合は、カッターとガムテープを使うと簡単にスリム化できます。

仕上げに、表面に100均のリメイクシートを貼りつければ、既製品に劣らないおしゃれな分別ゴミ箱に。また、ゴミ箱を頻繁に移動したいときは、底面にキャスターを貼り付けると便利です。

段ボールを貼り合わせてペットのトイレシーツ収納を作る

段ボールは犬や猫のトイレシーツ収納を作るのにも便利です。トイレシーツのサイズと使用頻度は、飼っているペットのサイズと数で大きく変わります。でも、既製品のペットシーツストッカーはバリエーションが少ないうえ、値段も高額です。

シーツストッカーに大きな強度は必要ないから、段ボール工作で十分。それに段ボール製のストッカーなら、仮に倒れても危険はありません。

機能的で使いやすいサイズの収納が作れる

ペットシーツストッカーは、背が高いほどたくさんのトイレシーツを収納できます。また、トイレ掃除をするときに必要になるティッシュペーパーなども一緒に収納できると助かりますよね。段ボール工作をすると、そんな理想的なシーツストッカーを作れます。

背が高いストッカーを作るには、複数の段ボールを継ぎはぎしなければいけませんが、表面に布やリメイクシートを貼って仕上げれば、継ぎはぎをきれいに隠せます。

段ボールでフォトフレームをハンドメイド

段ボール工作にまだ慣れていない方におすすめなのが、フォトフレームの製作。厚みのある段ボールをカットするのは、思いのほか大変です。いきなり大きな作品に取り組んでしまうと、途中で挫折するかもしれません。

工作に自信がない方は、サイズが小さくてすぐに完成するフォトフレーム製作で手慣らしをするといいでしょう。

ハギレを活用しておしゃれな0円収納が作れる

フォトフレームのハンドメイドは、ハギレ布や残り物のレーステープを活用したいときにもおすすめ。フォトフレームは面積が小さいので、小さな布で素敵なデコレーションが作れます。

段ボールカットはお母さんが担当し、デコレーションはお子さんが担当すれば、親子で工作を楽しむことができます。

バンカーズボックスのミニ段ボールに事務用品を収納

バンカーズボックスと聞くと、強度が高くて重いものを収納できるというイメージがありますよね。でも、バンカーズボックスにはいろんなサイズの商品があり、特にデスク周りで使うのに便利なアイテムが豊富です。

バンカーズのミニボックスは、ボールペンがぴったり収まるコンパクトなサイズ。デスクの上に出しっ放しにしていても邪魔にならず、たくさん積み重ねができます。

シリーズ商品でそろえるとインテリアに統一感が生まれる

もし室内の一箇所でバンカーズボックスを使っているようなら、他の部屋でもシリーズ商品を使ってインテリアに統一感を出しましょう。例えば、シューズクローク・キッチン・書斎といったように横続きじゃない空間であっても、同じシリーズのボックス収納が置かれているとインテリアに調和が生まれます。

IKEAと無印良品の段ボールボックスにDVDをスマートに収納

おしゃれな収納グッズと言えば、無印良品とIKEAが浮かびますよね。けれど、どちらのブランドも値段が高い商品が多く、欲しいけれどなかなか手が出ないと思っている方も多いのでは。でも段ボール製品なら、サイズの割に値段が安く、購入しやすいです。

IKEAや無印良品のペーパーボックスを使えば、リビングのオープンラックにDVDをスマートに収納できます。

段ボールはプラスチックより質感がやさしい

段ボール製のボックス収納は、プラスチック製品に比べて質感がやさしく、リビング収納にはおすすめのグッズ。フタ付きのボックスを使えば、ほこりが気になるDVDケースをオープンラックに安心して収納できます。

無印良品の段ボールボックスはお得な5個セット売りなので、おしゃれなプチプラボックスがたくさん欲しい方には特におすすめです。

段ボールにブランド品の紙袋を貼ってオリジナルのカラボケースを作る

カラーボックスの棚にぴったり収まる段ボールがあれば、ぜひ活用したいですよね。でもカラボのインボックスは目に付きやすいだけに、デコレーションには悩みます。

もしシャネルなど高級ブランドの紙袋が手元にあれば、カラボ用の段ボールリメイクに活用しましょう。紙袋の色に合うカラー画用紙と包装紙を組み合わせてリメイクすれば、素敵なオリジナルのボックス収納がローコストで作れます。

ブランド品の紙袋は丈夫で高級感がある

ブランド品を買ったときにもらえる紙袋は、どれもカラフルでロゴデザインがおしゃれです。おまけに紙質は厚くてしっかりとしているため、リメイク素材には理想的。

大好きなブランド品のロゴが入ったボックスがカラボに収まっていれば、目にするたびにワクワクしそうです。それに、頑丈で適度なクッション性がある段ボール素材のボックスなら、化粧瓶などの割れ物でも安心して収納できます。

子供のおままごとキッチンを段ボールで作る

女の子のおもちゃとしてすっかり定着した「おままごとキッチン」。カラーボックスを使っておままごとキッチンをDIYしている方も多いですが、大きな段ボールとリメイクシートを使えば、もっと簡単に作れます。

この場合、無理に立ち上がり壁面を作らず、オープンキッチンにするほうがより簡単に製作でき、子供の様子を正面から観察できるというメリットも。

段ボールなら使わなくなったときに処分しやすい

おままごとキッチンは木製でサイズが大きいため、おもちゃではなく家具に分類されます。そして、処分するときは粗大ゴミです。

子供がおままごとを楽しむ期間はそれほど長くありません。おままごとを卒業した後もしばらくは収納代わりに使うことはできますが、むしろ必要なくなったら処分するほうが現実的です。段ボール製のおままごとキッチンなら、簡単に解体して捨てられます。

子供の学習机に段ボール製品を利用する

強度の高い段ボールを使えば、小さな子供用の学習机を作ることは十分に可能です。現に、段ボール製の子供家具ブランドが登場し、近ごろ人気を集めています。値段は安くありませんが、処分のしやすさを考えたら、木製の学習机より気軽に購入できるからでしょう。

シンプルなデザインにすれば自作も可能

既製品のデザインを参考に、段ボールで子供用の学習机を作るのはそれほど難しくはありません。箱型の「脚」を作り、その上のやはり箱型の「天板」を乗せるだけです。引き出しは作らず天板下収納にすれば、比較的かんたんに作れます。

また、椅子も最初は箱型のベンチ収納で十分です。せっかく凝ったデザインの椅子を作っても、お子さんが机で勉強しない可能性だってあります。立派な学習机と椅子を購入するのは、子供が勉強を楽しむようになってからでも遅くはありません。

活用法は箱だけじゃない!段ボールで作るおしゃれなバッグ

近ごろ、商品パッケージの段ボールを使って財布やバッグが製作するのが、ひそかなブームになっています。財布の場合、見慣れたデザインが違って見える点も人気の理由でしょう。それに、段ボールの財布にはヴィンテージ感がありおしゃれです。

財布を作るにはスナッププライヤーなどの専用工具が必要ですが、段ボールの形をそのまま利用したデザインのバッグなら、工具が無くても作れます。

パッケージデザインを活かせばほぼ0円で製作できる

段ボールでバッグを作る大きなメリットは、パッケージデザインを活かせばほぼ0円で製作できること。しかも、個性的でおしゃれです。段ボールバッグは丈夫な紙袋だと考えれば、使い道は無限にあります。

必要に応じて持ち手やポケットを取り付けたり、箱型のバッグにはキャスターや仕切りを設けるなど、いろんなアレンジを気軽に楽しめるのも段ボールバッグの魅力です。

段ボール収納の活用術まとめ

MEMO
    【段ボール収納には気をつけて】
  • 段ボールは無料で手に入り、簡単にリメイクできる
  • 段ボール素材の既製品は安くておしゃれなものが多い
  • 段ボールは湿気を吸いやすく虫がつきやすい
  • 段ボールは衣類や本の収納には不向き
    【おすすめの段ボール収納アイデア10選!】
  • 段ボールを使えば洗面下配管を避ける変形ボックスが簡単に作れる
  • 高さのある段ボールはゴミ箱に活用できる
  • 段ボールを使うと機能的なペットシーツストッカーが作れる
  • 段ボールとハギレを使っておしゃれなフォトフレームをハンドメイド
  • バンカーズボックスには事務用品の収納の便利なミニサイズもある
  • IKEAと無印良品にはDVD収納に使いやすいおしゃれな段ボールボックスがある
  • 段ボールにブランド品の紙袋を貼ると高級感のあるカラボケースが作れる
  • おままごとキッチンを段ボールで作ると使わなくなったときに処分しやすい
  • 子供の学習机と椅子は段ボールで簡単に作れる
  • 段ボールのパッケージデザインを活かせばおしゃれなバッグがほぼ0円で製作できる