フリーランスのインテリアコーディネーターになるには?ここだけの話!赤裸々にまとめました

1.そもそもフリーランスとは?

フリーランスとは会社に属すことなく、独立し自分の手で仕事を獲得する働き方のことを指します。全て1人の責任になるのでとても大変な時はありますが、成果が報酬として現れるので頑張れば頑張ったほど稼げることも。

また、自由に契約を結ぶことができ、休日も不定休。自分自身をきちんとコントロールしていくことがとても重要です。

2.フリーランスのメリット&デメリット

フリーランスのメリット

  • 通勤時間がない
  • タイムスケジュールを自由に組める
  • 1つの肩書きに縛られず、いろんな仕事ができる
  • 頑張った分だけ報酬にあらわれる
  • 主なメリットは上記4つ。通勤をする必要がないため、満員電車から解放されたのが私にとってとてもストレスが軽減し、休日や予定も自分で決められるのでプライベートも充実。仕事面ではインテリアコーディネーター以外にも、興味のあったライターやスタイリストも挑戦しました。

    会社に属していた時は、「インテリアコーディネーター」業務のみでしたので、今では視野を大きく持つことができています。

    フリーランスのデメリット

  • 報酬額が安定しない
  • 社会からの信頼性の低さ
  • 仕事量に波がある
  • 一方デメリットは、仕事数に波があり忙しい時とそうでない時に報酬が入ってこないので初めは不安でした。仕事がなかったら生活はできません。フリーランスとして生きていくためには仕事を得ることがまず第一。そして社会的地位も今は低いので、不動産やカード会社からの信頼は0に近くなることもあります。

    3.フリーランスのインテリアコーディネーターになるには?

    フリーランスのインテリアコーディネーターになりたいという方は、割と多く耳にするのですが実際どうしたらなれるの?と聞かれます。ここでは一般論と私が思うやり方を、正直にお話ししたいと思います。

    フリーランスになるには?①
    一般論は就職先で下積みを積む

    インテリア業界での一般論は、「下積み5〜10年」というのをよく耳にします。住宅メーカーや、その他インテリア企業、デザイン事務所などを経て合計5〜10年したらフリーランスとして独立できるケースがほとんど。私の周りでは1社ではなく何社か転職を繰り返して、専門分野の知識をたくさん得てからフリーランスを目指す方が多いです。

    インテリアコーディネーター繋がりから人脈を作り、現場での経験が多ければ多いほど仕事のスピードも上がるので、結果的に信頼度も高く安心して仕事を任せられるのは間違いなし。

    1点ネックなのは、もしインテリアコーディネーターを40代から目指そうとしている方には少々厳しい下積み期間。けれど私は人生の経験が多い人ほど、フリーランスに向いていると思います。

    フリーランスになるには?②
    「今日からフリーランス!」といえば、もうフリーランス

    私はこのパターンで26歳の時にフリーランスのインテリアコーディネーターになりました。「世間を甘く見過ぎ」そう思われて当然。インテリア業界では下積み5〜10年が暗黙の了解であって、専門学校を卒業し、2年(1年ずつ違う企業に勤める)社会に出ただけで「今日からフリーランスになります」と宣言。

    どうやったらフリーランスになれますか?という問いかけに対しては、「下積みを積む」「今日からフリーランスと宣言する」この2つの答え以外ないと言っても過言ではありません。もちろん、フリーランスのインテリアコーディネーターになるには様々なスキルや実績がないと不安になり、最初の一歩が踏み出せない気持ちもわかりますが、あなたが本当にフリーランスになりたいのであればどちらか選び、その選んだ道を歩むには何が必要なのかを考えましょう。

    4.フリーランスを目指す方からよくされる質問5選!

    フリーランスのインテリアコーディネーターとして、一歩踏み出せない方へのアドバイスや方法を自主開催セミナーで教えています。その際によく聞かれる質問が5つあるので、あなたにもご紹介!

    フリーランスがよくされる質問①
    「実績がないのはどうしたらいいですか?」

    1番多いのが、「実績がないのはどうしたらいいですか?」インテリアコーディネーター資格を取った方や、取得を目指している方からよく聞かれますが答えは1つ。「実績がないのであれば、作ればいい」

    実績がなく不安でフリーランスのインテリアコーディネーターになれないです。と言われますが、あなたのお部屋を模様替えしても良し。テーブルの上でインテリアスタイリングをしてみるのも良し。家族や友人に協力してもらい、実際にコーディネーターとして動くのも良し。まずは、行動することが大事です。行動し、記録を取って実績として残すこと。無いものは作り上げましょう。

    フリーランスがよくされる質問②
    「資格は必要ですか?」

    絶対に必要という訳ではありません。実際インテリアコーディネーターとして働いている方、全員が資格を持っている訳ではなく、中には無資格でもフリーランスとして活躍されている方は大勢います。

    私は学生時代に取得したのですが、資格の有無関係なしに「資格の勉強」はしていて良かったなと思う部分はたくさんあり、プレゼンやお客様に説明するとき具体的な寸法を伝えると説得力もアップ。

    フリーランスの場合は名刺に記載できるので、1つの信頼性を高める手段として取得するのもいいですね。

    フリーランスがよくされる質問③
    「どうやって仕事を取ってますか?」

    インテリアコーディネーターとして働いてる人は多くいる中、フリーランスがどう仕事を獲得できるのか。私の場合、1度だけ営業をかけたことがありますが、それ以外は友人の紹介や、憧れのスタイリストさんのお手伝いを何度かやらせてもらいその後仕事を紹介してもらったなど、誰かの紹介で得ることが多いです。

    それこそ今の時代は、自己アピールできるSNSを使わない手はありません。後ほど詳しく述べますが実績ができたらとにかく皆に知ってもらうこと。これを続けることも仕事獲得への道の1つです。

    仕事を獲得したら、毎回自分の最大限のスキルにプラスα加えていくことは絶対に必要。チャンスを掴んだら次に繋げるように全力で努力しましょう。

    フリーランスがよくされる質問④
    「スキルに自信がありません。」

    インテリアコーディネーターは一生勉強の世界で、かつセンスという見えないものを売っているので正解は一切ありません。スキルに自信が無いと思っていても、自分が手がけた作品(学校の課題でも、自宅のスタイリングなど)を知ってもらう際は、自信満々にアピールすること!

    プレゼンや、納品の時にコーディネーターが不安そうな顔をする、自信が無いような発言をすることは絶対にタブー。それだけで次のチャンスは無くなります。相手はお金を払ってお願いをしているので、「私のプランが1番!」くらい堂々としてください。

    またスキルに自信が無いのであれば、雑誌を読みあさる、ショールームにいくなど真似できるものは真似して、自信をつけていきましょう。

    フリーランスがよくされる質問⑤
    「報酬の相場ってどのくらいですか?」

    フリーランスになっていざ仕事を獲得した際に、悩むのが「報酬」。基本的にこちら側がフィーを提示し、それに同意が得られればお仕事がスタートになります。

    フリーランスのインテリアコーディネーター報酬を調べることは難しいですが、ここだけの話とある方は1件13万円。これを基準として考えるのも◎

    また引き渡しまでにかかりそうな作業時間を割り出し、時給計算するのも1つの手です。1時間1000円なのか1500円なのかはあなた次第。

    ここでアドバイス。初めから自分を低評価し低い報酬額で受けすぎないように注意しましょう。それを基準にお仕事を紹介されると労働に見合わない額になる可能性があります。

    5.フリーランスになる前にやっておいたほうがいい事

    フリーランスとして独立する前に必ずやっておいた方がいい事を2つお伝えします。勤め先を辞める前に事前に準備しておこう。

    フリーランスがやっておいたほうがいい事①
    必須!クレジットカードを作る

    まず1つ目は「クレジットカードを作る」。残念ながらフリーランスの社会的信頼はかなり低いです。勤め先を退職したのちに、フリーランスインテリアコーディネーター用のクレジットカードを作ろうと思っても、審査が通らないことも。

    フリーランスになると、他者と業務委託契約をし、モデルルームの仕事をすることがあるのですが、この時のインテリアデコレーション用品費用は「立替」することがあります。案件の予算にもよりますが、多い時では100万近くなることも。

    プライベートと仕事用でクレジットカードを別にし、きちんと管理するためにクレジットカードは作っておきましょう。

    フリーランスがやっておいたほうがいい事②
    今の時代は当たり前。SNSで自分をアピールし続ける

    フリーランスになると決めた瞬間から、SNSで自分をアピールする。インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、noteなどあらゆるSNSがありますが今の時代、このおかげで個人でお金を稼げるようになっています。

    ここで大事なのは投稿をし続けること。とにかく続けることが大事です。初めは反応もなく味気ない時もありますが上手にハッシュタグを使ったり、コメントを残してみるなど試行錯誤をしてみるのも◎

    SNSはこの記事を読んだ瞬間にも始められるので、早く始めて発信し続け、周りの人より先に進みましょう。

    実際にフリーランスのインテリアコーディネーターでSNSからの集客のみでTV出演している方も…!

    8.フリーランスのインテリアコーディネーターになるには
    重要ポイント

    MEMO
      【フリーランスになるのに正解はない】
    • 下積み5〜10年と言われているが、自分のタイミングで◎
    • 経験と知識を満遍なく増やしたいなら何社か転職するのもおすすめ
      【フリーランスの特徴】
    • 全ての予定を自分ありきで考えることができる
    • 仕事は安定して入ってくるわけではない=所得もバラバラ
    • 基本的に1人で仕事をするので責任が伴うが、それもまた糧になる
      【フリーランスになる前に必ずやること】
    • 仕事用のクレジットカードを作る
    • SNSを始めてインテリアコーディネーターということをアピールする