キッチンにおすすめの収納ラック|ニトリ・無印からDIYアイデアまで幅広くご紹介

キッチン収納にラックをおすすめする理由

ラックと聞くと大きな家具をイメージする方もいるでしょう。でも、キッチンのように小さなモノがあふれている場所では、むしろ小さな収納ラックが活躍します。

大きな収納ラックを取り入れる場合も、調味料や消耗品といった頻繁に使う小さなモノをいかに使いやすく収納できるかが、ラックを選ぶときの重要なポイントです。

①サイズが豊富

ラック収納は、食器棚やパントリーとして使用できる大きなサイズから、調味料収納として使えるコンパクトなものまでさまざまです。おしゃれなデザインのラックもあれば、機能性にすぐれた便利なラックもあり、デザインと機能性のどちらを重視するか悩むかもしれません。

ラックの使い方がはっきりとイメージできていない間は、小さなラックを少しずつ取り入れるのがおすすめ。調味料置き場に困っているならまずはスパイスラックを、食器の水切り場所に悩んでいるなら水切りラックといったように、ひとつずつ問題を解決していきましょう。

いろんなものをまとめて収納できる大きなラックは、キッチンの動線がある程度決まってから選ぶほうが失敗しません。

②壁面収納・吊り下げ収納が可能

食器棚やカウンター収納といった全体が面で覆われた家具と違って、骨組みや棚板がオープンになっているのがラック収納の大きな特徴です。ほこりへの対策が必要な反面、S字フックを使用すれば、キッチンツールなどをフレームや棚板に吊り下げて収納できます。

また、コンロやシンク周りの壁面を収納に活用できる、便利な突っ張り式のラックもあります。

③シンプルなデザインで使いやすい

その性質上、ラック収納にはシンプルなデザインの商品が多いです。しかし、シンプルだからこそ、さまざまなテイストに見せ方をアレンジできるという楽しみもあります。

また、ラック収納には壁面や扉がないため、出し入れがしやすいです。キッチンは日々の食生活を支える要の場所。料理や家事で忙しく動く場所のため、ワンアクションでツールを出し入れできるのが理想的。つまり、ラック収納はキッチンで使いやすい収納家具と言えます。

ラックを使用したキッチン収納アイデア10選

ここからは、キッチンに便利なラック収納のアイデアと、おすすめの商品をご紹介します。収納したいモノ別に、大小いろんなサイズのラックをピックアップしているので、ぜひ参考にしてください。100均アイテムを使って気軽にトライできるDIYアイデアもあわせてご紹介します。

キャスター付きワゴンを水切りラック収納に活用

賃貸マンションなど調理スペースが狭いキッチンでは、水切りかごの置き場所に悩みますよね。横幅が短いシステムキッチンのシンク横に水切りラックを置くと、調理スペースがほとんど無くなります。かといって、食器を洗うたびに水切りかごを移動するのは大変。

そんなときは、キャスター付きワゴンを水切りラック収納に活用しましょう。キャスター付きワゴンを使えば、食器を洗うときだけ水切りかごをそばに引き寄せられ、洗い終わったら邪魔にならない場所に移動できます。

高さ78cm。シンク横で使いやすいワゴン収納
IKEA/「RASKOG(ロースコグ)」

築浅の賃貸マンションで広く採用されているシステムキッチンの高さは85cmです。一方、団地や築年が古いアパートの流し台の高さは80cmが主流。つまり流し台の高さは80~85cmなので、シンクサイドで使うワゴンの高さは70~80cmくらいが使いやすいです。

イケアのロースコグワゴンは高さ78cm。水切りかごを収納するのにちょうどいい高さで、ラックの中にIKEAの水切りかごがすっぽりと収まります。

100均のすのこを使ってゴミ箱ラックをDIY

キッチンのゴミ箱を隠して収納したいけれど、あまりお金を掛けたくないときは、100均のすのこを使ったDIYがおすすめ。4枚のすのこを組み合わせてボックス状にするだけで、簡単にゴミ箱ラックが作れます。

移動できるように底板にキャスターを取り付けたり、ゴミ箱が隠れるように正面にカーテンを取り付けるなど、ちょっとした工夫をすれば、より便利でおしゃれなラックに変身しますよ。

リーズナブルなナチュラルテイストのウッドラック
ニトリ/「パインラック マンクス」

ニトリの「マンクス」は、リーズナブルなウッドラックを探している方におすすめの商品。サイズは幅61.5×奥行30cm、高さは3タイプから選べます。

キッチンで使いやすいコンパクトなサイズで、棚板の位置は調整可能。手持ちのゴミ箱がぴったり収まる高さに棚板を渡すことができ、空いたスペースはキッチン消耗品や調味料の収納に活用できます。

シンク周りの壁面を水切りスペースに活用

食器の水切りかごはシンクサイドに置くのが、もっとも動線に無駄がありません。そうは言っても水切りかごを置けるスペースがないときは、シンクの奥に置けるラックタイプの水切りを使ってみましょう。

シンク周りの壁面を水切りにスペースに活用すると、真下がシンクなので水受けトレーが必要ないというメリットがあります。奥行きが狭い専用のラックを選べば、シンクを使うときに邪魔に感じることはありません。

シンク奥に置けるスリムな水切りラック
ニトリ/「伸縮シンク上ラック」

ニトリの「伸縮シンク上ラック」は、シンクの幅にあわせて横幅を調整できる水切りラック。奥行は20cmしかなく、横幅は58~101cmの間で調整できるため、ほとんどのキッチンで使用できます。

「伸縮シンク上ラック」には、グラススタンドや包丁スタンドといった別売りのオプションも豊富。うまくオプションを組み合わせれば、それまでデッドスペースだった空間を、水切りと調理用具の収納スペースに活用できます。

ひとり暮らしのキッチンにはミニサイズのメタルラックが便利

ワンルームマンションでひとり暮らしを始めるときは、冷蔵庫や炊飯器といったキッチン家電にはコンパクトなものを選びますよね。ひとり暮らし用の冷蔵庫はサイズが小さく背も低いから、冷蔵庫上のスペースを収納に活用できます。

メタルラックは熱にも水にも強いなど、冷蔵庫のそばで安心して使えるラック。棚板の位置を調整しやすく、耐荷重が高いため、電子レンジなどの重いキッチン家電を収納したいときに便利です。

キッチンで使いやすい木製棚板のメタルラック
無印良品/「ステンレスユニットシェルフ」

無印良品の「ステンレスユニットシェルフ」は、木質系の棚板が付いているメタルラック。メッシュラックの場合、棚板のすき間から小さなものや家電の脚が落ちやすいという難点がありますが、フラットな木質系の棚板なのでそんな心配がありません。

サイズは幅58×奥行41×高さ175.5cm。ミニサイズの冷蔵庫だけじゃなく、中型の冷蔵庫もすっぽりと収まります。

ウッドラックはフレームに突っ張り棒を渡せる

もしメタルラックとウッドラックのどちらを選ぶか悩んでいるようなら、フレームをどう活用したいかをイメージしてみましょう。

ウッドラックとメタルラックの大きな違いは、フレームの形状です。メタルラックは丸いポールがフレームの役目をしているのに対し、ウッドラックのフレームはフラットな角形。メタルラックはS字フックを掛けやすい反面、ウッドラックはフレームに突っ張り棒を渡したり、粘着フックを取り付けたいときに便利です。

棚の位置を簡単に変えられるウッドラック
テリア/「木製 オープンラック」

テリアの「木製 オープンラック」には、棚板を引っ掛ける棒がフレームにたくさん渡してあり、棚板の位置を簡単に変えられます。また、使っていないバーはS字フックを引っ掛けて収納に利用できるなど、ウッドラックなのにメタルラックのような使い方が可能。

サイズは幅78×奥行42(棚板の奥行きは35cm)、高さは3タイプから選べます。

箱型のミニ調味料ラックは初心者でも簡単にDIYできる

調味料ラックを必要最小限のサイズにとどめたいときは、DIYをするのが早道です。100均には、小さな調味料ラックを作るのにちょうどいいサイズの板材がそろっています。横幅が狭い板はカットしやすく、塗装も簡単。

調味料ラックをコンロの奥にすっきり収めたいときや、コンセントを上手にかわしたいときは、まずは100均を覗いてみると良いアイデアが浮かぶかもしれませんよ。

アイアンフレームに木の棚板がおしゃれなミニラック
ベルメゾン/「トスカ(tosca)キッチンラック ワイド」

トスカは、インテリア雑貨の専門メーカー山崎実業が展開している人気ブランド。木材とスチールを組み合わせたデザインが特徴的で、おしゃれ・使いやすい・丈夫・コンパクトという、水まわりに理想的な条件がそろっています。

トスカの「キッチンラック ワイド」は、コンロやシンクの横に調味料を収納するのに便利なミニラック。サイズは幅40×奥行12×高さ15.5cm。天板がフラットなため、棚の上をケトルやミルクパン置き場に使うこともできます。

専用のラックを使うとコンロ横に調味料と調理用具をスマートに収納できる

調味料・キッチンツール・お鍋など、コンロサイドに置けると便利な物はたくさんありますよね。そうは言っても、キッチンがごちゃごちゃした印象になるのは避けたい。

そんなときは、コンロサイド専用の収納ラックを利用するのがおすすめ。専用ラックを使えば、コンロサイドのわずかなスペースに必要なものを使いやすく収納できます。

コンロサイドに置きたいものが全て置ける
ニトリ/「コンロ横ラック」

ニトリの「コンロ横ラック」は、システムキッチンのコンロサイドに置けるラック収納。全部で3段の棚があり、中段の棚は左右の使いやすい側に取り付けられます。

サイズは幅53×奥行15×高さ50.5cm。上2段の棚は少し引っ込んだデザインにすることで、圧迫感を押さえています。メタルラックだから、S字フックを使ってフレームのいろんな場所に吊り下げ収納ができるというメリットもありますよ。

家電ラックの中にゴミ箱を隠して収納

キッチンのゴミ箱を目に付かない場所に隠して収納したい方には、ダストボックス付きの家電ラックがおすすめ。パッと見では冷蔵庫のように見える、扉付きのおしゃれな白い家電ラックもあります。カウンター収納と家電ラックを白で統一すると、すっきりとした清潔感のあるキッチンに。

ゴミ箱を引き出しの中にすっきり収納できる
ハイド(hide)/「ダストボックス付き 目隠し家電収納」

ハイドの「目隠し家電収納」は、スライドテーブルとフラップ扉が付いている便利な家電ラック。フラップ扉だから家電を使いやすく、使わないときは扉を閉めるとほこりを防げます。

最下段は引き出し収納になっており、26.5リットルのゴミ箱を2個付属。引き出しの中にゴミ箱を片付けることで、見た目がスッキリするだけじゃなく、ゴミ箱のニオイも抑えられます。

毎日使う食器は小さなラックを使っておしゃれに収納

マグカップやコーヒーサーバーなど、よく使う食器は手に取りやすい場所に収納したいですよね。壁に取り付けられる小さなボックス型のラックを利用すれば、手に取りやすいのに落下しにくく、ほこりも防げます。お気に入りの食器をディスプレイ収納したいときにも便利です。

食器のディスプレイ収納におすすめ
無印良品/「壁に付けられる家具・箱」

無印良品の「壁に付けられる家具・箱」は、石膏ボードの壁にピンで固定できる木製のミニラック。あとちょっと収納が欲しい時や、ガランと空いた壁面にディスプレイ収納を作りたいときにおすすめの商品です。

全体の耐荷重は5kgもあるので、食器の収納にも安心して利用可能。サイズは奥行15.5×高さ19cm。横幅とカラーはそれぞれ3タイプから選べます。

ラブリコを使ってシンクの奥に調味料ラックをDIY

コンロ周りに調味料ラックを置くと便利な反面、あまりにコンロに近いと油跳ねが気になります。賃貸アパートの流し台はシステムキッチンほど奥行きがないため、特に注意が必要です。

コンロ奥のスペースが厳しいときは、シンクの奥に調味料ラックを配置するほうが安心。ラブリコを使ってDIYすれば、使いやすい高さの調味料ラックをシンクの奥に作れます。

高級感のある突っ張り式ステンレスラック
ベルメゾン/「燕三条で作るキッチンつっぱりラック[日本製]」

燕三条は日本を代表する金属加工の産地。ベルメゾンでは、そんな燕三条で作られたラックをたくさん取り扱っています。「キッチンつっぱりラック」もそのひとつ。やや値段は高めですが、光沢のあるステンレス製の棚板には、ほかの商品には無い高級感があります。

本体のサイズは幅45×高さ71~100cmで、棚板の奥行は14cm。ほかに、水切りバスケットやサポートテーブルなどの別売りオプションがあり、使いやすくカスタマイズできます。

キッチンにおすすめの収納ラックまとめ

MEMO
    【キッチン収納にラックをおすすめする理由】
  • ①ラック収納はサイズが豊富
  • ②ラック収納は壁面収納や吊り下げ収納が可能
  • ③ラック収納はデザインがシンプルで使いやすい
    【ラックを使用したキッチン収納アイデア10選】
  • イケアのロースコグを水切りラック収納に活用
  • 100均のすのこを使ってゴミ箱を収納できるラックを作る
  • シンク周りの壁面を水切りスペースに活用する
  • ひとり暮らしのキッチンにはミニサイズのメタルラックが便利
  • ウッドラックはフレームに突っ張り棒を渡せる
  • 箱型のミニ調味料ラックは初心者でも簡単にDIYできる
  • コンロサイドに調味料と調理用具をスマートに収納できるラックもある
  • ゴミ箱を家電ラックの中に隠して収納する
  • 毎日使う食器は小さなラックを使ってディスプレイ収納
  • ラブリコを使ってシンクの奥に調味料ラックをDIY