一人暮らしのクローゼットどうしてる?スッキリ収納アイデアとおしゃれな実例10選

一人暮らしの方必見!クローゼット収納のコツ

押入れやクローゼットといった「もともと部屋についている」収納スペース活用できていますか?物はいっぱいあるのに、収納スペースは少しだけ、という一人暮らしの住まいも多いのではないでしょうか。クローゼットに服が入りきらずストレスを感じる、部屋が狭く感じて不便だなと感じたら「収納」の見直しどきです。

大切なのはきれいに片付けることよりも、自分にとってベストな収納法を見つけること。クローゼット収納はコツを知るだけで、見違えるほど片付きます。技あり収納の数々をご紹介しますので、ぜひ一人暮らしのクローゼットアイデアとして参考にしてください。

1.クローゼットに収納するものを選定する

ワンルームでは、唯一の収納スペースがクローゼットということもありますよね。狭い部屋を少しでも広く使うためには、服だけでなく本や家電、オフシーズンの布団まで収納する必要があります。あらかじめしまう物の量などを書き出してプランニングすると、ジャストフィット収納がつくれます。

収納スペースに対して物の量が多い場合は、部屋にハンガーパイプなどを用意して、普段着る服をおしゃれに見せて収納するのも一つの手です。全ての物をぎゅうぎゅうに詰め込むより、ゆとりを持って見渡せるクローゼットを目指しましょう。

2.空間を有効利用する

ハンガーパイプの上にできたすき間や、クローゼット側面のへこみのような部分。クローゼットにありがちな無駄な空間も、突っ張り棒や、S字フックなど様々なグッズを使えば収納スペースになります。

そのほかにも、開き戸の裏やクローゼットの壁面など、収納に活用できる空きスペースをまずは見つけましょう。どこに何をしまいたいか、しっかりプランを立てて、サイズを測ってから買い物に行くと無駄がありません。

3.使いやすく収納する

クローゼットは一般的に「ハンガーパイプ」「下の空きスペース」「上部の棚」の3ゾーンに分かれます。目線の高さにある「ハンガーパイプ」は、出し入れがしやすいので普段よく使う衣類の収納がオススメ。服を長さ順に並べ「下の空きスペース」を作ることがコツ。衣装ケースなどを入れると、服や本なども収納できます。

よく使う家電は手前に、オフシーズンのものは奥に置きましょう。「上部の棚」は手が届きにいのでオフシーズンの衣類や布団、めったに使わないスーツケース、思い出の品など、ゾーンごとに工夫して使いやすく収納しましょう。

一人暮らしのお部屋を快適に。クローゼット収納アイデア&厳選アイテム10選

クローゼットは、中央から左右に開く「両開き扉」が多く、開口部が広く取れるのが特徴。上手に収納することで、中身が一目で見渡せ、ワードローブ管理も簡単になり、何かを探すことも無くなります。

クローゼット収納のポイントは、無駄な空きスペースを収納に変える「収納グッズ」。実際に使いやすいクローゼットを実現しているアイデアと共に、ワザあり収納アイテムの数々をご紹介します。

クローゼットの大物をざっくりスッキリ収納

色や形がバラバラな日用品。文庫本や、レコードなど増え続ける趣味のグッズ。置いてあるだけで生活感が丸出しになるような物を大きな収納ボックスにまとめ、クローゼット下の空きスペースに収納しています。

大容量の物が収納でき、シンプルなボックスなので見た目にもスッキリ。手前にスーッと引き出すだけで良いので、取り出しも簡単。奥までスペースを使い切れるメリットもあります。

とにかく収納できて頑丈。オールマイティーな良品
無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」

今話題の収納アイテムと言えば、無印良品の頑丈収納ボックス。大サイズで、約幅60.5×奥行39×高さ37cmの大容量。普段使わない電化製品なども収納でき、部屋に置いてあってもシンプルなデザインが邪魔になりません。

フタをしたまま腰をかけることができる頑丈なボックスなので、来客人数が多い時などちょっとした椅子や机の代わりにもなります。また、上に敷布団などを置いても大丈夫。湿気が溜まらない、布団置き場としても活躍しそうです。

ハンガーラックにこだわるクローゼットスペース

元々の収納スペースがない賃貸物件に、DIYで手を加えてクローゼットスペースを作っています。突っ張り棒を使って作ったカーテンの奥に見えるのが、木箱とハンガーラックのシンプルな収納スペース。

木箱にまとめて収納することで、見せたくないものは目につかないように工夫されています。ハンガーラック自体がシンプルで美しく、思わず覗きたくなります。

シンプルでおしゃれ アメリカの業務用ハンガーラック
Pacific Furniture Service/パシフィックファニチャーサービス「36″/48″ GARMENT RACK」

実際にアメリカで使用されている、タフで使い勝手の良い業務用ハンガーラック。スムーズに回転するキャスター付きなので使い勝手もとてもよく、見た目もおしゃれ。さらに専用のバスケットを付け足すこともでき、靴やカバンなどもディスプレイ収納できます。

クローゼットスペースが無い、狭いなど、部屋に収納スペースを増やしたいと考えている人にピッタリのハンガーラックです。

クローゼットは棚+収納グッズで便利になります

すのこに足をつけたような棚をDIY、そこにスッキリとパンツや小物を並べ収納しています。棚はホームセンターで木材を購入、希望サイズに無料カットしてもらい、なんと材料費2,500円!自作なのでピッタリサイズ、分解も楽々。

開けてすぐ見下ろせる収納ボックスに、普段使いの靴下やタイツなどの小物をざっくり収納。デットスペースになりがちな扉の奥に、頻度の低い服を収納するなどの工夫をするととても使いやすくなります。

軽さ、持ちやすさ、使いやすさが揃った収納ボックス
無印良品「やわらかポリエチレンケース・大」

やわらかい素材で扱いやすく、軽くて持ちやすいので、女性には特にオススメな収納ボックス。サイズも9種類と豊富。蓋をつければ重ねられるので、普段使わないシーズンオフの衣類を収納したり、防虫剤を入れたい洋服などの収納にピッタリ。

タイツと靴下など、それぞれゾーン分けしたい物はブックエンドで仕切りをすると使いやすくなります。シンプルな見た目に加え、耐久性もあるので、どこでも便利に使える収納グッズです。

DIYの本場アメリカで誕生!シェルフリンクスで2×4材の棚を作ろう

部屋にクローゼット収納を作る場合は、オシャレな棚にしたいですよね。簡単に頑丈な棚を作ることができる「シェルフリンクス」という接合パーツを使って棚を作るアイデア。見た目が黒くワイルドなので、スッキリと男前な仕上がりになり、お部屋のアクセントにも。

植物やステンレスなどとの相性もとてもいいので、インダストリアルや塩系インテリアがお好きな方におすすめです。オープン棚にオシャレな箱を置くだけで、お店のディスプレイのようですね。

男前インテリアのクローゼット収納
2×4 basics/ツーバイフォーベーシック「シェルフリンクス」

どこのホームセンターでも売っていて、加工もしやすい2x4(ツーバイフォー)材と、「シェルフ・リンクス」という接合パーツで、DIY初心者でも簡単に棚を作ることができます。棚数や棚板間、側板間も簡単に変えられ、部屋のサイズに合わせられることが大きなメリット。

奥行きなどの必要なサイズを計測して、ホームセンターのカットサービスを利用して切ってもらうと簡単です。十分な強度と安定性のある棚なので、衣類収納に限らず、部屋にひとつあると便利そうです。

一人暮らしに合わせる衣類収納術

東京での一人暮らしを快適にするアイデアを発信をしているカトヒサさん。狭い家に合わせ、大きな衣装ケースを思い切って捨て、よく着るものと、かさばるものをハンガーにかけ、紙袋には帽子、頻度の少ないものはかごに収納しているそうです。

かごは重ねられるものを選んでいるので、場所も取らずスッキリ。シンプルですが、少数精鋭のクローゼットは無駄がなく、本当に使いやすそう。自分の生活スタイルに合わせて、持ち物を見直す事も大切ですね。

狭いクローゼットには収納効率がいい収納ボックスを
ニトリ「バスケット ライラ3」

縦でも横でも重ねても使え、角が四角なボックスは、収納効率がとてもいいので、押入れやクローゼットの中で使う収納ボックスに最適です。またサイズは4種類、色も3種類あり、お値段もお手頃なので揃えて使うとクローゼット内の見た目もとてもスッキリ。

素材はペーパーとスチールなので、しっかりしていて長く使えます。カラーボックスにもピッタリサイズに作られていて、レビューの満足度が高いのも納得です。

見せるクローゼットは、引き出し収納がスッキリのコツ

2つ並んだハンガーラック。1つはパンツ、トップス、ルームウェアなどよく着る服をカーテンでふわっと目隠ししながら収納。引き出しにはハンカチ、靴下などの小物や下着を。もう1つにアウター、ワンピースなど丈の長いものをかけていて、見た目にとてもスッキリしています。

飾って見せるだけではスペースがもったいないので、雑多な小物を引き出しで隠しながら収納することが、お部屋をスッキリ見せるコツです。

見せる収納にピッタリ!オシャレな引き出し
KEYUCA/ケユカ「クラスタ 収納ボックス」

オープンクローゼットをスッキリ見せるコツは、飾ると隠すのバランス。おしゃれな引き出しを組み合わせて普段使いのゴチャゴチャするものの指定席を作りましょう。

表面は突板を使用しているので、自然な風合いがお部屋の雰囲気に合わせやすく、フローリングの色と近い色を選ぶとよりスッキリとした印象になりますよ。お気に入りのモノが煩雑に見えないよう整理でき、動かすのも簡単。とても使い勝手の良い引き出しです

オシャレ玄関のクローゼットスペース

クローゼットがないマンションなので、玄関ホールにアイアンバーを使って天井から吊り下げ棚を作り、かさばるアウターやマフラーをシーズン関係なく収納しているアイデア。バッグは奥のボストンバッグの中に、出番の少ないボディバッグと小さなショルダーバッグを収納するなどの工夫も。

慌ただしい朝も、疲れて帰ってきた夜にも便利そうですね。玄関スペースに余裕がある人は、ぜひ真似してみてください!

天井と壁で固定してアウター掛けに
アクシス「アイアンレールコーナーL字」

L字のアイアンバーを二つ並べて固定し、間に木を渡すだけでオシャレなオープン収納棚に。綺麗に表面処理されたアイアンなので、家やインテリアを選ばず使えとても便利。

ビスで取り付けの際は、壁面・天井に下地が入っているか確認し、耐荷重に注意して洋服などをかけるようご注意ください。

インテリアの邪魔をしない突っ張り棒

壁と壁の間のちょっとしたスペースをクローゼットにしています。突っ張り棒を渡すだけの簡単なアイデアですが、マットなアイアン風の突っ張り棒を使っているところが大きなポイント。バーがインテリアを邪魔せず、洋服もしっかりかけられ、お部屋のアクセントになっています。

黒色はモノトーンで揃えられたお部屋にもピッタリですが、インダストリアルなヴィンテージ系や、ロートアイアンを使ったアンティーク系などがお好きな方にもオススメ。

デザインも価格も優秀なオシャレ突っ張り棒
DRAW A LINE/ドローアライン「テンションロッド」

「つっぱり棒」で有名な平安伸銅工業と、クリエイティブユニットTENTのコラボブランドDRAW A LINEが作った、自由にパーツを組み合わせて使用できる突っ張り棒です。

シンプルで、安っぽくなく、来客から丸見えの場所でも大丈夫。釘やネジを使わずに収納スペースを増やし、移動も可能なので、一人暮らしのちょっとした空きスペースの有効活用に最適です。

クローゼットの扉裏収納スペース使い切ってますか?

100均のワイヤーネットを使い、クローゼット扉の内側を収納スペースとして活用されています。キレイに剥がせるフックで、上の2箇所を止めるだけ。とても簡単ですが、扉裏ゾーンは開けた時一番近くに手が届き、一目で見渡せるので最高の収納スペース。

別売りのフックやワイヤーカゴを利用すれば、バックや帽子、ベルトなどの小物もかけることができ、頻度の高い小物をまとめると、毎日の準備がとても楽になるのでオススメです。

アイデア次第!一人暮らしの便利グッズ
株式会社セイワ・プロ「ワイヤーネット」

ワイヤーネットは、引っかけたり繋いだりのアレンジがとても簡単にできます。壁にフックでぶら下げて、サングラスや時計などを引っかけたり、ネックレスなど長くて絡みやすい物をS字フックなどで吊り下げ収納すると、見やすく取りやすく便利です。

扉裏だけでなく、使いづらいクローゼットの奥に設置して、オフシーズンの帽子を収納するなど使い方は無限大。ぜひ工夫してデッドスペースを活かしてください。

一人暮らしの布団収納アイデア

一人暮らしで必ず必要な布団を、クローゼット上棚にスッキリ収納しているアイデアをご紹介します。高い位置にある棚は手が届きにくいのですが、イケアの取っ手付きの収納ボックスは取り出しも簡単。とても軽いので、布団を入れても、楽々棚の上に上げられるそう。

黒いタグの裏側には中身をきちんとラベリングしているので、探す手間もありません。出し入れが楽だと収納法を維持できるので、きれいな部屋が続きますよ。

季節外の布団や防災グッズなど大物整理に
IKEA/イケア「SKUBB」

スッキリとした見た目のスクッブはコーナー部分にネットを使用し通気性も高く、とても軽い人気の商品。69×55×19サイズにはダブルサイズの寝袋、1番大きい93x55x19サイズは シングルの羽毛布団1枚が圧縮なしでピッタリサイズとのこと。大物収納に最適ですね。

つるっとしたナイロン素材で長く使うことができ、ライフスタイルの変化や、家族が増えた場合などにも役に立つこと間違いなしです。

クローゼット収納の注意点

収納は整って終わりではなく、その後も綺麗で清潔なクローゼットを維持するためにいくつか注意するべき点があります。きちんとした知識や習慣は一度身につけると、引っ越ししても、結婚しても一生役に立ちます。まずは基本的な注意点からチェックしていきましょう。

湿気・カビ対策

クローゼットは湿気がこもりやすい場所なので、衣類を収納する前に、湿気やにおいを発散させる一時置き場があるとよいでしょう。丸1日干しておけば湿気やにおいは随分抜けます。タンスに収納する際は、下の段は湿気が多くなりカビが生える恐れがありますので、湿気に強い合成繊維の衣類を収納することをオススメします。

また除湿剤、防虫剤を置き、こまめに換気をするなどクローゼット内の防虫&除湿の管理にも気をつけましょう。

断捨離で本当に必要なものを残す

小さな部屋で快適に過ごすためには、思い切って「断捨離」する勇気も必要です。たくさん持っていても、実際に使っているのは一部だった、なんてことよくありますよね。定期的にクローゼットを見直し、自分にとって本当に必要なものを見極めましょう。

そうすれば自ずと、クローゼットの中も片付いてくるはずです。大切なのは、ベストの状態を保つよう「増えたら減らす」ことを意識することです。スッキリとしたクローゼット収納を維持できますよ。

一人暮らしのクローゼット収納 アイデアとおしゃれな実例まとめ

MEMO
    【一人暮らしの方必見!クローゼット収納のコツ】
  • 1.クローゼットに収納するものを選定する
  • 2.空間を有効利用する
  • 3.使いやすく収納する
    【一人暮らしのお部屋を快適に。クローゼット収納アイデア&厳選アイテム10選】
  • クローゼットの大物をざっくりスッキリ収納
  • ハンガーラックにこだわるクローゼットスペース
  • クローゼットは棚+収納グッズで便利になります
  • DIYの本場アメリカで誕生!シェルフリンクスで2×4材の棚を作ろう
  • 一人暮らしに合わせる衣類収納術
  • 見せるクローゼットは、引き出し収納がスッキリのコツ
  • オシャレ玄関のクローゼットスペース
  • インテリアの邪魔をしない突っ張り棒
  • クローゼットの扉裏収納スペース使い切ってますか?
  • 一人暮らしの布団収納アイデア
    【クローゼット収納の注意点】
  • 湿気・カビ対策
  • 断捨離で本当に必要なものを残す