ラベル収納をワンランクかわいく便利に。ストレスフリーな役立つラベリング術10選!

ラベリング収納の注意点。ラベルを貼る最大の目的は「見える」こと

収納ケースを使うとモノを片付けやすくなる反面、何をどこに片付けたか見えにくくなる場合があります。そんなときに有効なのがラベリング。中に入れているものを書いたラベルをケースに貼ることで、フタを開けなくてもラベルを見れば中身がひと目で分かります。つまり、ラベリングをする最大の目的は「見える化」です。

「見る」ラベルと「見せる」ラベルを使い分ける

そうは言っても、英字ロゴのおしゃれなラベルシールを見かけたら、つい欲しくなりますよね。素敵なラベリングを施したインテリア画像がインスタにはたくさん投稿されているから、真似をしたくなるのは当然です。でも、おしゃれなラベリングを真似する前に、あなたがラベリングをする目的を改めて考えてみましょう。

ラベリングには、見える化のほかにデコレーションの目的もあります。おしゃれなラベリングはまさにこちらが大きな目的。この場合は、ラベルを貼るまでもなく、中身が何かちゃんと分かっているケースがほとんどです。

ラベルの文字は大きくはっきりと書く

ラベリングはカッコ悪いという気持ちが少しでもあると、できるだけ小さな文字や、おしゃれな書体でラベルを作ろうとします。でもそれでは、せっかくラベリングをしてもあまり意味がありません。なぜなら、近づいてよく見ないとラベルの文字が見えないようなら、ケースを引き出すほうが早いからです。

また、あなたにはちゃんと見える文字でも、家族にとっては見にくい文字なら、やはりラベルの効果が半減します。ラベリングをするもうひとつの目的は、家族みんなが分かりやすくするため。ラベルを作るときは、家族の意見も聞きながら進めましょう。

子供のおもちゃには平仮名やイラストを使うと分かりやすい

ラベリングには、お子さんの自立を促す効果もあります。子供のおもちゃや衣類ケースにラベリングをすることで、子供は自然と自分でおもちゃや服を探し、自分で片付けるようになります。

このため、子供用の収納ケースには、子供が悩まないラベルを貼るのが大切。小さな子供は文字よりイラストのほうが判断しやすいので、できるだけイラストのラベルシールを使うのがおすすめ。文字じゃないと分かりにくいときは、漢字を使わずに平仮名で書くようにしましょう。

収納におすすめのラベリングアイデア10選

ここからは、キッチン・洗面所・クローゼット・リビングなど、場所別に適したラベリング術をご紹介します。それぞれの場所でラベリングするメリットを、事例を交えて分かりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。記事中では、目的別におすすめのラベルライターをご紹介しているので、こちらもお見逃しなく。

初めてのラベリングにはマスキングテープとマジックがおすすめ

収納ケースにラベリングをしようと思い立ったとき、最初に悩むのが「何を使ってラベリングするか」でしょう。

ラベルライターを使うと書きたい文字をきれいな書体で印刷できる反面、ラベルシールを使うと初期費用を安くおさえられます。でもはじめは、マスキングテープを使って仮のネーム札を貼るのがおすすめ。マステもマジックも100均で手に入ります。

ラベルシールを買うのはコツがつかめてからでも遅くない

収納ストレスを減らすためにラベリングしようと思い立ったのに、どんなラベリングにするかなかなか決められず、ラベリングの作業が進まないのはもったいないです。それに、自分が分かりやすいラベルネームは、使っているうちに変わるもの。

このため、ラベルライターを使う際も、最初はマステに手書きしたラベルをケースに貼り、しばらくは様子を見るほうが、ラベルテープやラベルシールの無駄使いを防げます。

「ピータッチ」はコンパクトで使いやすいラベルライター

ラベルライターと言えば、テプラを連想する人が多いですよね。オフィスはもちろん、工場やサービス業の現場でも、テプラによるラベリングが広く採用されています。

でも、ラベルライターを使うのが初めてという方には、テプラは高機能すぎて操作が難しいかもしれません。そんな方には、テプラよりピータッチがおすすめ。ピータッチはサイズがコンパクトで値段が安く、操作も簡単です。

ピータッチはテプラよりボタン配置がシンプル

テプラはもともと、オフィス用に開発されたラベルライターです。そのため、高機能で本体サイズが大きく、値段も高め。最近は、家庭用のコンパクトなテプラも登場していますが、ボタン配置がキーボードスタイルになっているなど、パソコンに慣れていない人には使いにくい側面があります。

その点、ピータッチのボタン配置は電話と同じテンキースタイル。スマホや携帯電話を操作する感覚で、文字入力ができます。

食品を入れる容器は本体とフタの両方にラベルを貼る

調味料ケースにラベリングをする際に注意したいのが、ラベルを貼る位置。調味料をラックに立てて収納するときは本体のよく見える位置に、寝かせて収納するときはフタにラベルを貼ると中身が分かりやすいです。

ただし、キャニスターのようにフタが外れる容器には、フタと本体の両方にラベルを貼るのがおすすめ。フタにしかラベルを貼っていないと、似たような調味料を同時に使ったときにフタを閉め間違えてしまい、中身が何か分からなく可能性があります。

フタを閉め間違える心配がない

調味料には、パッと見では中身が何か判別できないほど似ているものが少なくありません。例えば、お塩とグラニュー糖や、すりごまと粉末スープなどがそう。どちらも間違えて使うと大変なことになりますよね。でも、フタにも本体にもラベリングしていれば、2重にチェックができ、ふたを閉めるときも悩まずに済みます。

カット野菜の冷凍保存にラベルシールが大活躍!

野菜は買った日にすべてカットし、種類やカットした形別に冷凍庫に保存している方も多いですよね。冷凍保存すれば野菜が長持ちするし、カットしているから使いたいときにすぐに使えるなど、良いこと尽くしです。

このようにカット野菜を冷凍保存するときにも、ラベリングが欠かせません。収納ケースにタッパーとジップロックのどちらを使うにしろ、ラベリングをしているほうが目当ての野菜を素早く探せます。

カットした形状を分かりやすく記載できる

人参などの根菜類は、乱切り・千切り・いちょう切りなど、料理によってカットする形が違います。せっかく違う形にカットしたなら、同じ素材でも別のケースに収納するほうが、使うときに探しやすいです。ラベルにはカットした形も記載しておくと、より素早く探せますよ。

調味料ケースに英字ラベルを貼るとおしゃれなキッチンに

同じデザインとカラーの調味料ケースがキッチンに整然と並んでいると、すっきりと片付いた印象を受けます。でも、同じ調味料ケースがたくさん並んでいたら、どれに何が入っているか見分けるのは至難の業。

そのため、調味料を別のケースに入れ替えるときは、ラベリングが欠かせません。この際、英字ロゴのラベルシールを使うと、おしゃれなカフェ風キッチンを演出できます。

ラベルを貼るだけでカフェ風のインテリアを作れる

英字ロゴはおしゃれな反面、とっさに読みにくいというデメリットがあります。でも、料理を作るのはあなただけだったり、家族は滅多に使わない調味料なら、自分だけが判別できれば大丈夫。

キッチンのように忙しい場所では、どこに何があるか体が覚えているから、読みにくいラベルを貼っていても大して困りません。むしろ、おしゃれな空間にいることでモチベーションが上がるメリットは大きいです。

洗剤の容器にはひと目で分かるロゴ入りのラベルシールを自作

洗面所はキッチン以上に生活感が出やすい場所です。洗濯洗剤の容器には、色鮮やかであまりおしゃれとは言えないものが多いため、洗濯用の洗剤をおしゃれな容器に詰め替える方が増えています。

でも、洗濯洗剤の使い間違いは、食品以上にリスクが高いです。もし洗濯機の柔軟剤用ポケットにまちがって洗剤を入れてしまったら、すすぎをやり直さないといけません。そのため、洗剤を詰め替えるときはラベリングが必須です。

オリジナルのロゴマークは脳が覚えている

洗剤容器のラベルには、できるだけオリジナルのロゴマークを使いましょう。ロゴマークは脳にインプットされているため、あわてているときにうっかり取り間違えるリスクが大きく減ります。

パソコンを持っているなら、オリジナルロゴのラベルシールを作るのはそれほど難しくありません。ボトルの正面にはおしゃれな英字ラベルを貼り、背面に小さなロゴラベルを貼るだけでも、間違えるリスクが減りますよ。

家族みんなが利用するケースにはイラストのラベルがおすすめ

ケースにラベリングをする際、文字とイラストのどちらを使うか悩むときがありますよね。自分だけが使うツールボックスならともかく、家族みんなが利用するモノを入れるケースのラベルは特に悩みます。

どちらにするか悩むときは、イラストのラベルを使うのがおすすめ。一般的に、文字よりイラストのほうがとっさの判断がしやすく、脳に考える負担がかかりません。道路標識が文字ではなくイラストになっているのはこのためです。

文字よりイラストのほうが連想しやすい

また、関連する用具をひとつのケースにまとめて入れたいときにも、イラストのほうが分かりやすいです。

例えば、自転車用のロープやヘルメットとメンテナンスツールを同じケースに入れたいとしましょう。この場合、文字で「自転車」と書くより、自転車のイラストラベルを貼るほうが、「自転車関係はココかな?」と連想しやすいです。

子供のおもちゃケースには写真をラベリング

もし子供のおもちゃ入れに文字でラベリングをしているようなら、ぜひ写真を一緒に貼るようにしましょう。子供のおもちゃは、あなたにとっては文字で書くほうが探しやすくても、お子さんにとっては写真のほうが探しやすいです。

子供が自分でおもちゃを探すようになり片付けを促す効果もある

ケースの中に入っているおもちゃの写真をとり、プリントしてラベリングしておくと、子供が自分でおもちゃを探すようになります。写真のラベルがあれば片付ける場所が分かりやすいため、子供が積極的にお片付けをするように。

使ったおもちゃを元の場所に片付けると、次に使いたいときも探しやすいため、子供にお片付けの習慣が自然と身に付きます。

モバイルフォトプリンターを使えば写真ラベルを簡単に作れる

パソコンやプリンターを持っていないから、写真を印刷するのが大変という方は、スマホ用のモバイルフォトプリンターを使うという方法もあります。「pomini(ポミニ)」はスマホで撮った写真を簡単に印刷できる、スマホ専用のコンパクトなフォトプリンター。お料理のレシピブックを作りたいときにも便利ですよ。

布製の収納ケースにはひも付きのネームタグが便利

衣類や布団用の収納ケースには布製品を使うのがおすすめですが、布製のケースにはラベルシールがうまく貼れません。そんなときは、ひも付きのネームタグを利用しましょう。

ひも付きのネームタグは、100均アイテムを使って簡単に自作できます。タグプレートの裏に収納リストを手書きして、ひもを通して持ち手などに吊るすだけ。おしゃれなタグプレートを使えば、収納ケースのアクセントになります。

ひも付きのネームタグは簡単に自作できる

インテリアに映えるおしゃれなネームタグは、探してみるとたくさんあります。モノトーンファンに人気のブランド「mon・o・tone」のネームタグは、IKEAの収納ケース「スクッブ」との相性がバツグンです。

また、ネット上には無料でダウンロードできるネームタグ用のイラスト素材が豊富にあるので、パソコンとプリンターを持っているなら、素敵なネームタグを無料で作れます。

漫画本の背表紙に英字ラベルを貼る

インテリアの雰囲気を変えるのに有効なラベリングは、収納ケースだけではありません。ブックカバーの背表紙に英字ラベルを貼るだけで、本棚とインテリアの雰囲気がガラリと変わります。

コミックラックが洋書が並ぶおしゃれな書棚に早変わり

どんなに素敵なインテリアを作っても、書棚に漫画本がずらりと並んでいたら台無しですよね。かといって、フタ付きのケースに漫画本を収納すると、読みたいときにサッと手に取れません。

でも、漫画本におしゃれなカバーを付ければ、そんな悩みを解決できます。そして、ブックカバーの背表紙に英字ラベルを貼れば、コミックラックが洋書が並ぶおしゃれな書棚に変身します。

ラベリング収納術まとめ

MEMO
    【ラベリング収納の注意点。ラベルを貼る最大の目的は「見える」こと】
  • 「見る」ラベルと「見せる」ラベルを使い分ける
  • ラベルの文字は大きくはっきりと書く
  • 子供のおもちゃには平仮名やイラストを使うと分かりやすい
    【収納におすすめのラベリングアイデア10選】
  • 初めてのラベリングにはマスキングテープとマジックがおすすめ
  • ピータッチはテプラよりボタン配置がシンプル
  • 食品を入れる容器は本体とフタの両方にラベルを貼る
  • カットした冷凍野菜はラベルに形も記載する
  • 調味料ケースに英字ラベルを貼るとカフェ風のインテリアを作れる
  • 洗剤容器のラベルには商品ロゴを使うと分かりやすい
  • 文字よりイラストラベルのほうが内容を連想しやすい
  • モバイルフォトプリンターを使うと写真ラベルを簡単に作れる
  • 布製の収納ケースにはひも付きのネームタグが便利
  • ブックカバーの背表紙に英字ラベルを貼ると本棚がおしゃれになる