大人ピンクで作るインテリアコーディネート。おしゃれ可愛い部屋のレイアウト実例!

ピンクインテリアは色の組み合わせでもっとおしゃれになる!

ピンクがテーマカラーのインテリアと聞いて最初に頭に浮かぶのは、いかにも可愛らしいガーリーなお部屋かもしれません。しかし、ピンクにも様々な表情があり、色の組み合わせによってテイストを変えられるカラーでもあるのです。

今回はピンクを使った自分らしいお部屋にするためのおすすめアイデアをご紹介します!

「ピンク×グレー」の組み合わせ

ピンクとグレーのインテリアは可愛いとクールを同時に演出できる人気の組み合わせです。知的で高級感のある大理石柄アイテムは大人かわいいインテリアにぴったり。

画像のように、グレーのアイテムには色の濃淡のバリエーションを付けて取り入れることによって空間にさらにメリハリが生まれます。特に床に近いカーペットには濃い色がおすすめです。

「ピンク×ベージュ」の組み合わせ

ウッド素材にはベージュやホワイトだけではなく、実はピンクにも合います。いつものナチュラルインテリアにピンクを合わせてみると、一味違う仕上がりに。ナチュラルカラーだけでは作り出せない活き活きとした明るさがプラスされます。

ベッドリネンなどの大きなファブリックアイテムに、キレイなピンクを取り入れることによって簡単にイメージを変えることができますよ。

「ピンク×白」の組み合わせ

清潔感漂うホワイトとピンクの組み合わせのコーディネートは、多くの女性が1度は憧れるお部屋ではないでしょうか?可愛らしいピンクの世界に思いっきり浸かりたい場合は、ぜひピュアホワイトと合わせて。

淡い色合いのファブリックや、お花やハートのモチーフはいかにもなイメージですが、クロスに幾何学模様を取り入れているので甘くなりすぎず大人っぽいお部屋が完成しています。

「ピンク×黒」の組み合わせ

ピンクと黒は主張の激しい色同士のような気がしますが、アイテムを絞ってごくシンプルなデザインの黒で統一すると、壁一面がピンク色でもお部屋全体はこんなにスッキリした印象になります。

このとき青みのかかったピンクだと若々しい印象になるので、落ち着いた雰囲気にするためには、オレンジが混ざったコーラルピンクがおすすめです。

「ピンク×ゴールド」の組み合わせ

照明器具や家具にゴールドを取り入れると高級感あふれる仕上がりになります。カーテン、クロス、家具のピンクのトーンを統一することによってより洗練された印象に。

クリアなゴールドを使うとゴージャスになりますが、アンティーク感のあるシャビーなゴールドを選ぶとシックな雰囲気が加わります。

「ピンク×ブルー」の組み合わせ

華やかなピンクのカーテンがコーディネートの主色になっているお部屋。ソファの鮮やかなブルーと家具のブラウンが差し色になり、3者がうまくバランスを取って、見ているだけで元気が出てくるコーディネートが完成しています。

実はこのコーディネートはクロスの照明器具にグレーを使っているのがポイント。トーンの低い色を組み合わせることによって全体のまとまりが生まれ、カラフルなだけではない落ち着いたお部屋を作ることができます。

「ピンク×グリーン」の組み合わせ

ピンクと緑は補色といって、色の仲間としては正反対の場所にある組み合わせですが、色のトーンにこだわって組み合わせてみると一気にお互いの魅力を引き出しあってトロピカルな雰囲気に!

この組み合わせで色を選ぶときは、ピンクならフラミンゴピンク、緑ならエバーグリーンといったように、実際の南国にある鳥と植物の色から着想を得てイメージをふくらませるといいかもしれません。難易度の高そうな組み合わせですが個性的なお部屋になること間違いなしですね。

ピンクをインテリアに取り入れるときのポイント&実例紹介

ピンクインテリアに挑戦してみようと思っても、どんなアイテムから取り入れていけば良いのか悩んでしまいませんか?

個性の強いカラーでもあるピンクインテリアを使って、みんなが居心地良く寛げる空間を作るにはどんなコツがあるのでしょうか。失敗しないコツと実例を3つご紹介いたします。

家具や壁紙など部屋の「メインアイテム」をピンクに

大きな家具にピンクを取り入れると可愛さが押し出されてしまう気もしますが、この画像のようにさりげないイエローやシェルモチーフ、ファー素材など、いろんな要素を散りばめることでガーリーの度合いを調整することができます。

そこにインテリアグリーンやたくさんのウォールデコレーションを合わせていくと、お部屋はこんなにコージーな空間に。組み合わせるアイテムを工夫すれば印象もどんどん変わっていきます。

雑貨や小物など「差し色」として取り入れる

クッションはちょうど良い大きさなので取り入れやすいアイテム。お部屋全体の中でピンク色の占める面積は少なくても、少し要素が入るだけで印象が変わります。シンプルなお部屋のイメージを崩したくない場合は無地のファブリックがおすすめです。

その他にもキャンドルなど差し色になる小物を何個か合わせることで統一感が生まれます。シンプルでさりげない演出をしたいときには、ピンク以外の色をできるだけ少なくしてコーディネートしましょう。

みんなが居心地良いインテリアに

個性的な色でもあるピンクは、取り入れ方次第では一緒に住んでいる家族に取って居心地悪い空間になってしまうことも。どんなインテリアにも言えることですが、お部屋づくりで1番大切なのはみんながリラックスできる場所を目指すことです。

リビングなどの全員が使うお部屋にピンクを取り入れる際には、あまりに鮮やかすぎる色は避けて、他の家族の好みのテイストに合う色合いやアイテム選びを意識してコーディネートするようにしましょう。

豆知識|ピンクにも色々な種類がある!テイストごとに使い分けよう

ピンクと認識される幅の色は広く、ベージュに近いものやオレンジ寄りのものなど、カラーによって印象も様々です。

テイストごとに合うピンクを選ぶことでインテリアがより洗練された雰囲気になりますよ!好みのものをぜひご参考にしてみてください。

ナチュラル系と相性の良い「サーモンピンク」

健康的で生き生きとした雰囲気が魅力のサーモンピンク。大胆なインテリアグリーンともよくマッチします。

かわいらしさが抑えられたナチュラルなピンクで、性別を問わずに取り入れやすい色なのでリビングのアイテムにもってこいです。カーテンやソファなどにぜひ取り入れてみてください。

シャビーな雰囲気が合う「ダスティピンク」

すこしくすんだ色味のダスティピンク。落ち着いたトーンの色なので、シックな雰囲気でピンクを使いたいという方にはこちらがおすすめです。

相性が良い色は、はっきりした色合いよりはグレーやオフホワイトなど落ち着いたトーンがぴったり。画像のようにブラックも足すとクールな印象も付け加えられます。

子供部屋にぴったりの「ベビーピンク」

その名の通り、赤ちゃんの柔らかい肌のようなピュアピンクです。昔からベビー服によく使われてきた色でもあるので、赤ちゃんやお子さんのお部屋にぴったり。
寝具やアートパネルなどと一緒にトータルコーディネートを楽しむのもいいですね。

リビングなどのお部屋に使う場合はぜひホワイトカントリーの家具をあわせてみてください。家具のクラシックな雰囲気によって海外のインテリアのようにすることができますよ。

ピンクインテリアまとめ

MEMO
    【ピンクインテリアは色の組み合わせでもっとおしゃれになる!】
  • ピンク×グレーは人気の組み合わせ
  • ピンク×ゴールドならゴージャスな印象に
  • ピンク×グリーンはトロピカルな雰囲気に
    【ピンクをインテリアに取り入れるときのポイント&実例紹介】
  • メインアイテムをピンクにしてみる
  • 小物などの差し色で取り入れる
  • みんなが居心地良いインテリアを目指そう
    【豆知識|ピンクにも色々な種類がある!テイストごとに使い分けよう】
  • ナチュラルインテリアならサーモンピンク
  • シャビーな雰囲気ならダスティピンク
  • ピュアな印象になるベビーピンク