カインズのカラーボックスを本気でレビュー!おすすめ&残念ポイントを大公開

カインズの3段カラーボックスを実際に購入し組み立てた本音レビューをご紹介

東日本や東海地方、近畿地方の方にとってはおなじみのホームセンターカインズ。カインズでもオリジナルのカラーボックスを購入することができます! 今回は、シンプルでおしゃれな色合いのカラーボックスを探している方におすすめのカインズ『カラーボックス S4 可動棚収納ボックス 3段 ナチュラルエルム』を実際に購入し、組み立てた本音レビューをご紹介します。

カインズのカラーボックスを一人で組み立ててみた

それでは、カインズのカラーボックスを一人で組み立てて感じた、本音レビューをご紹介していきます!カラーボックスにオシャレさを求める方や、カラーボックスの組み立てやすさに関する口コミが知りたい方必見です。ぜひ、あなたの部屋にあうカラーボックス選びの参考にしてください♪

カインズのカラーボックスが到着

カラーボックス 比較 コーナン 7 梱包されたカインズのカラーボックスがこちら。ベーシックな3段タイプを選んだので、梱包も重さも一般的な組み立て式カラーボックスと同じくらいです。 カラーボックス 比較 カインズ 8 梱包を広げてみるとこんな感じ。板やパーツ、説明書はシンプルにまとめられていて、なんだかスッキリとした印象を受けました。 カラーボックス カインズ 7 背板は、2枚の薄い板がテープで繋がれていました。空気やゴミが入らないように丁寧にきっちりとテープが貼られていたので、透明なテープが目立つものの、それほど安っぽさを感じることはありません。 カラーボックス 比較 カインズ 9 カラーボックスを組み立てる際に使用するネジや背板止め、棚受けのピンなどはこのように一つのシートにまとめられていました。プラモデルのパーツを思い浮かばせるようなシートですが、このシートのおかげで梱包をといたときにすっきとして見えたのだと思います。 使う直前に一つづつ取り出せば、細かいパーツをなくさなくて済みそうです!小さいお子さんがいるお家やペットを飼っているお家では、細かいパーツをなくしてしまったらたいへんですよね。ささいなことですが、こうした気遣いは嬉しいポイントです♪

カインズのカラーボックスを実際に組み立てたレビュー

カラーボックス カインズ 1 説明書を読みながら、カインズのカラーボックスの組み立てをスタート!説明書は、シンプルに1枚。組み立て工程も大きく4つに分けて説明されているので、とっても分かりやすかったです。また、カラーボックスが完成するまでの工程をひと目で把握できる点は、「完成形をイメージしやすくていいな♪」と思いました。 カラーボックス カインズ 2 カインズのカラーボックスはネジ穴が、このように2段になっています。ネジを最後までねじ込むと表面がフラットになり、床や壁を傷つける心配がありません。 カラーボックス カインズ3 このようにネジがしっかり埋まっていれば、ストッキングや洋服などを引っ掛ける心配もなさそうですよね♡ネジが最後まで埋められたかも、このネジ穴が2段になっているお陰でひと目で確認することができ、家具の組み立てに慣れていない人でも安心してカラーボックスを作れます。 カラーボックス 比較 カインズ 34 各板をネジで固定して中板をピンの上に乗せたら、ネジを付属のシールで隠します。ネジをカラーボックスと同じ木目・色のシールで隠すことが出来る点は嬉しいポイントなのですが、切り込みが深く入りすぎているため台紙ごと剥がれてしまった点はマイナスポイント!シールを台紙から剥がすという工程で無駄に時間を使ってしまい、少しイライラしてしまいました。 カラーボックス 比較 カインズ 35 左側が、ネジを付属のシールで隠した状態。パッと見は目立たないですが、よーく見ると何か貼ってあるというのが分かります。「明るめの色合いのカラーボックスだからシールが割と目立つのかな…?」という気がするので、ネジ穴隠しのシールをできるだけ目立たせたくないという人は、暗めの色合いのカラーボックスを選ぶといいかもしれません。 今回組み立てた”カラーボックス S4 可動棚収納ボックス 3段 ナチュラルエルム”には、他に『ホワイト』と『ブラウン』があります。シールを目立たせたくない場合には『ブラウン』がおすすめです! カラーボックス カインズ 4 少し離れた所から見ても、視力1.5の私にはシールを貼った部分が分かってしまい、少し残念な気分に。組み立てやすさや、おしゃれなカラーリングなどが気に入っていただけに、細かい所ですが「うーん!」という感じ。 カラーボックス 比較 カインズ 33 最後に、プラスチックでできた背板止めを裏面の4箇所に取り付けます。これで完成なのですが、ここで「組み立て手順を入れ替えたらいいのに」と思ってしまう残念なポイントが…。 最後にこのL字のプラスチックパーツを取り付けようとすると、ネジをねじ込むときに力が入りやすいよう、中板を外して上下を入れ替える必要がありました。この二度手間は、縦置きで可動棚として使用する場合のみ発生するのですが、「注釈が入っていたら親切でいいのにな」と思わずにはいられない残念ポイントです。 カラーボックス カインズ 5 これでカインズのカラーボックスは完成です!ちょっとした不満はありましたが、シンプルながら分かりやすい説明書のお陰で、30分ほどでできあがりました。ネジ隠しのシールが少し目立つことも気にはなりましたが、こうして正面から見ると「ナチュラルな木目がおしゃれでとっても素敵」と一気に満足感が♡