ブラウンで作るお洒落なインテリアコーディネート。センスあるアイデア実例をたっぷりご紹介!

ブラウンをメインとしたおしゃれなインテリア10選

フローリングや木製家具の多くが茶系であることから、ブラウンは身近なインテリアカラーとして親しまれています。実際に家の中を見渡してみるとドアや柱に1つはブラウンが使われているはず。

そんなブラウンカラーで理想のお部屋づくりを始めましょう!今回は家庭的にも都会的にもなれるブラウンインテリアの魅力を実例とともにご紹介します。

ブラウンでつくるインテリア|ナチュラル編1

ナチュラルなウッドフローリングは、リラックスしやすい雰囲気を演出します。フロアには少し暗めの木材を使用して、ソファと飾り棚には明るめのブラウンを選んでいるので、全体は軽やかに、足元は安定感を与えるお部屋になっています。

あちこちに飾られた小さなグリーンがさらに居心地の良さを演出していますね。

ブラウンでつくるインテリア|ナチュラル編2

キッチンにオープン棚を作り、自然素材のかごやドライフラワーをディスプレイして、機能と美しさを両方叶えているコーディネート。

ナチュラルな木材や自然素材の美しさはそのまま空間の魅力につながります。特にこのお部屋の場合、壁に貼られた無垢材が空間の安心感を作り出していますね。

ブラウンでつくるインテリア|ナチュラル編3

床、カウンター、天井でそれぞれ材質の違うウッドを使っているのが特徴的なインテリア。木材の材質や幅や貼り方の違いが空間のコントラストを生み出し、色のコントラストは少なくても楽しい印象の空間になっています。しかも、よくみるとレンガタイルまで取り入れられていますね。

こちらのフローリングのパターンはヘリンボーンと言われており、ヨーロッパで人気を博したスタイルです。ただストレートに板を貼るよりも上品なイメージにすることができます。

ブラウンでつくるインテリア|ナチュラル編4

ナチュラルカラーのフローリングにブラウンの家具を組み合わせてあるコーディネート。床と家具を同系色でまとめると、お部屋の真ん中に大きなソファがあったとしても威圧感を与えずにスッキリとした印象にすることができます。

家具には他の素材は取り入れず、すべて木材で揃えてあることろにこだわりを感じます。ファミリー住居だけでなくコンパクトなワンルームでも使えるアイデアですね。

ブラウンでつくるインテリア|海外インテリア編1

ダイヤモンドタフティング(ボタン締め)が施されたソファーを中心にコーディネートされたリビング。ソファ単品でみると高級感のあるアイテムですが、少しクタッとした田舎風テキスタイルのクッションや、大きな葉の観葉植物を組み合わせることで、肩の力の抜けた居心地いい空間にまとまっています。

家具の脚を細身のアイアンで揃えてあるのも足元をスッキリ見せるコツです。

ブラウンでつくるインテリア|海外インテリア編2

お気に入りの雑貨が飾られて楽しい空間のインテリア。一見すると統一性は無さそうですが、一つひとつのアイテムに注目すると雑貨も家具もブラウンを中心に選ばれているのがわかります。

色の規則性を作ることで、雑貨が多くてもごちゃごちゃした印象にならずにディスプレイすることができるのですね。このルールを意識すれば、おしゃれな海外風インテリアに近づくこと間違いなしです。

ブラウンでつくるインテリア|海外インテリア編3

暖色に分類されるブラウンは、伝統的な模様のキリムラグとも相性抜群。時を経た木材のようなぬくもりを感じさせてくれます。

お部屋の雰囲気づくりには、組み合わせる家具の木材の種類も重要です。あたたかみのあるお部屋にしたいときには、写真のようなチェリーやマホガニーなどの赤みのあるウッドを選んでみてください。

ブラウンでつくるインテリア|ダークモダン編1

壁一面に貼られたブリックタイルと黒い鉄骨が印象的なお部屋。このような組み合わせはブルックリンスタイルと呼ばれ、レンガづくりの古い建物を補強するために鉄骨が組み合わされたのが始まりです。無骨でスタイリッシュな空間を作りたいときにおすすめのインテリア。

ファブリックは梁に合わせて黒にするとよりスタイリッシュさが引き立ちますね。

ブラウンでつくるインテリア|ダークモダン編2

壁や天井がブラックの場合、ブラウンのアイテムがより際立って見えます。こちらのお部屋ではソファやラグにブラウンを取り入れてあって、木材とも組み合わさり上品な空間に。

ブラックを使ってホテルライクな雰囲気を出しつつ、ブラウンですこしリラックスムードを加えてあげると、ラグジュアリーとくつろぎの両方を叶えることができます。

ブラウンでつくるインテリア|北欧シック編1

ヘリンボーン柄に貼られたフローリングが印象的なお部屋。壁や家具はグレーとブラックでシンプルにまとめてある分、床のブラウンが際立ちます。

ブラウンを使って北欧スタイルを作りたい場合は、テキスタイルでは鮮やかではっきりした色を楽しんで、ブラウンはフローリングや家具で取り入れるのがおすすめです。家具は飴色になったヴィンテージのものを。

ブラウンでつくるインテリア|北欧シック編2

余計なものは置かずに、ホワイトとブラウンの2色ですっきりとまとめられたお部屋。ダイニングの椅子の布地はフローリングの色と合わせてあります。

フローリングの種類は様々ありますが、こちらのお部屋のように木目の模様がはっきりわかるタイプのものを使うと雰囲気がぐっとおしゃれになります。できればフローリングシートではなく、本物の無垢材を使うと空間の質が上がります。

ブラウンのインテリアは色味で違いが出る

大きく括られがちなブラウンですが、ひとえにブラウンといってもカラーによって微妙なニュアンスの違いがうまれるもの。好みのスタイルに合うブラウンが見つかればお部屋の魅力はさらに増すはずです。

ブラウンインテリアをさらに楽しめるバリエーションをご紹介いたします。

ベーシックな「ミディアムブラウン」

ダークすぎずライトすぎない、安心感のあるブラウンです。色のクセがないのでどんな家具にもテイストにも合わせやすいのが特徴です。

建売住宅や安価な家具によく見られるカラーなので、ともすれば見飽きていると思われるかもしれませんが、インテリアのテーマを変えたくなったときはどんなスタイルにも順応してくれる、心強いカラーでもあります。

個性を出すなら「キャメル」

キャメルとは名前の通りラクダの毛の色を指しますが、インテリアで使われるカラーを指すときにはオレンジがかかったブラウンも含まれます。

インテリアのアイテムではソファでよく用いられており、レザーの中でも特に人気のあるカラーです。ヴィンテージ感が強いのでインダストリアルスタイルやコテージ風インテリアにはこのカラーがよく似合います。

より落ち着いた雰囲気になる「ダークブラウン」

家の木材は時を経るごとにだんだんと濃い茶色になっていきます。そのため、クラシカルなお部屋の家具やフローリングの色はこのダークブラウンが使われているイメージがあるのではないでしょうか?

格調高いお部屋はもちろんですが、画像のようにホワイトの多い空間の床にダークブラウンを使うと、コントラストがはっきりして白の清々しさをより味わうことができます。

ブラウンのインテリアは素材によっても印象が変わる

ブラウンのインテリアは、組み合わせる素材によっても印象を変えることができます。ナチュラル素材のバンブーや籐と組み合わせれば素朴な印象に。またレンガと組み合わせると都会的な印象にも変化させられるのです。

好みのインテリアで使える組み合わせのアイデアをご紹介いたします。

ラタン・バンブー素材

ラタンやバンブー素材のアイテムは軽い色のナチュラルインテリアでよく用いられている印象がありますが、少しトーンを落としてブラウンと合わせると素朴な雰囲気の中に落ち着きを生み出すことができます。

海外の田舎風インテリアを作りたい方はぜひブラウンと自然素材を組み合わせてみてください。安価に販売されているアイテムも多いので、一人暮らしのお部屋にもおすすめです。

レンガタイル

インテリアで用いられるブラウンカラーといえば家具やフローリングなどのウッドの色がすぐ思い浮かびますが、レンガの赤っぽいブラウンもコーディネートに一役買ってくれます。レンガとブラックと合わせれば都会的なスタイルに、木材と合わせればコテージ風のお部屋を作ることも可能です。

本物のレンガを使ってもいいのですが、室内であれば施工のしやすいレンガタイルがおすすめです。ホームセンターで1枚から売っているので、柱や壁の一角に貼り付けて雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか?

アイアン素材

ブラウンインテリアにアイアンが加わるとシックな印象がさらに強くなりますが、アイアン素材の家具はミッドセンチュリーを代表するアイテムであることから、ウッドの持つクラシカルな雰囲気からモダンに寄せることができます。

ブラウンを使ったスタイリッシュなお部屋をつくりたい方はぜひ取り入れてみてください。

まとめ

MEMO
    【ブラウンをメインとしたおしゃれなインテリア10選】
  • ナチュラルインテリア
  • 海外インテリア
  • 北欧シック
    【ブラウンのインテリアは色味で違いが出る】
  • ベーシックな「ミディアムブラウン」
  • 個性を出すなら「キャメル」
  • 落ち着いた雰囲気にする「ダークブラウン」
    【ブラウンのインテリアは素材によっても印象が変わる】
  • ラタン・バンブー素材で素朴に
  • レンガタイルでインダストリアルに
  • アイアン素材でスタイリッシュに