無印良品ポリプロピレン収納のサイズ一覧。シミュレーターで「ぴったり」をスマホで簡単検索

無印良品の収納が人気の理由

無印良品の収納グッズは、高品位な商品をリーズナブルな価格で提供するのがコンセプト。ロゴデザインや着色にコストをかけていないため、同じデザインの高級ブランド品のほぼ半額の値段で買えます。

「見た目があまりにシンプル過ぎる」という声がある一方で、シンプルなデザインは長く使い続けても飽きることなく、むしろ高級感さえあり、いつしか「無印」が人気ブランドへと成長しました。

また最近では、無印良品の収納グッズを使った収納術や意外な活用法を、自身のブログやsnsで紹介する「無印ファン」の方が増えています。ネット上にはマネしたくなる無印収納のアイデアがあふれており、この点も無印の人気を後押ししているのでしょう。

無印良品で人気の「ポリプロピレン収納」の特徴とサイズ一覧

無印良品の「ポリプロピレン収納」には、大きく分けると「引き出し式ケース」「やわらかケース」「ファイルボックス」の3種類があります。そのうち、特に人気があるのが引き出し式のポリプロピレン収納。引き出し収納は衣類や事務用品の収納に欠かせませんよね。

無印良品の引き出し式のポリプロピレン収納は、全部で50アイテム以上。横幅・奥行き・高さのそれぞれについてバリエーションがあるため、ケースを置くスペースの寸法をきちんと測っていないと、スムーズに商品を選べません。また、何を収納するかも事前に決めておいたほうがいいです。

そこでここからは、ケースの奥行きと横幅に着目し、使用に適した場所とおすすめの使い方ご紹介します。サイズ選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

書類や小物の整理に|ポリプロピレンケース引出式・横ワイド

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレンケース引出式・横ワイド」は、幅37×奥行26cmのスマートな引き出し収納。無印良品のスタッキングシェルフはもちろん、ニトリなど他ブランドのカラーボックスにもすっぽりと収まる奥行きです。

高さのバリエーションは薄型・浅型・深型の3種類があり、それぞれ9cm、12cm、17.5cm。また薄型に限り、ケースの中に2個の引き出しをセットできる「薄型2個」タイプがあります。

高さが低い薄型や浅型は、事務用品や書類の収納に便利。ポリスチレン仕切板を一緒に使うことで、細々とした小物類をきれいに収納できます。

また、この「横ワイド」シリーズは、無印良品の「ポリプロピレン収納ラック」と組み合わせて使えるため、引き出しとオープンラックを組み合わせて使いたいときにも便利です。

ポリプロピレンケース引出式・横ワイド|サイズ一覧表

ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・薄型幅37cm奥行き26cm高さ9cm
ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・薄型2個幅37cm奥行き26cm高さ9cm
ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・浅型幅37cm奥行き26cm高さ12cm
ポリプロピレンケース引出式・横ワイド・深型幅37cm奥行き26cm高さ17.5cm

食器や雑貨収納に|ポリプロピレンケース

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレンケース」は、幅26×奥行37cmのスリムな引き出し収納。パントリーのように奥行きが浅い造り付け収納や、奥行40cm前後のスリムなリビングラックの中にすっきりと収まります。

深すぎない奥行きのケースは水まわり収納に使いやすく、食品や洗剤のストックに便利。うっすらと中身が見えるため、ラベリングをしなくても中身が分かります。また、高さのある深型は脱衣所の収納にもおすすめ。透明ケースには入れたくない肌着の収納にぴったりです。

高さのバリエーションは、「横ワイド」シリーズと同じく薄型・浅型・深型の3種類。ただし2個の引き出しをセットできるのは、「横ワイド」シリーズ違って浅型と深型の2タイプ。「深型2個」タイプは、引き出しに小さな食器を収納したいときにも便利ですよ。

ポリプロピレンケース|サイズ一覧表

ポリプロピレンケース・薄型幅26cm奥行き37cm高さ9cm
ポリプロピレンケース・浅型幅26cm奥行き37cm高さ12cm
ポリプロピレンケース・浅型2個幅26cm奥行き37cm高さ12cm
ポリプロピレンケース・深型幅26cm奥行き37cm高さ17.5cm
ポリプロピレンケース・深型2個幅26cm奥行き37cm高さ17.5cm

狭いスペースにも収まる|ポリプロピレン収納ケース

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」は、幅34×奥行44.5cmの引き出し収納。クローゼットほど深い奥行きがない収納スペースや、部屋のなかの中途半端な凸凹スペースに置ける衣装ケースを探している方におすすめの商品です。

高さのバリエーションは小・大・深の3種類があり、それぞれ18cm、24cm、30cm。ケースの高さによって最大で積み重ねられる段数が異なり、小は9段、大は7段、深は6段まで積み重ねが可能です。

一般的な整理ダンスの奥行きは40~45cmなので、無印良品のポリプロピレン収納ケースは整理ダンス感覚で使えます。その反面、タンスと違って必要な段数だけ積み重ねができるというメリットが。収納する物にあわせて引き出しの高さを変えたいときや、衣類収納を置きたいスペースの高さが低いときにも便利ですよ。

ポリプロピレン収納ケース|サイズ一覧表

ポリプロピレン収納ケース・小幅34cm奥行き44.5cm高さ18cm
ポリプロピレン収納ケース・大幅34cm奥行き44.5cm高さ24cm
ポリプロピレン収納ケース・深幅34cm奥行き44.5cm高さ30cm

衣類収納に|ポリプロピレン収納ケース・横ワイド

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレン収納ケース・横ワイド」は、幅55×奥行44.5cmの引き出し収納。ノーマルタイプより横幅が21cmも広く、シャツやセーターを2枚並べて収納できます。「立てる収納」ではなく「重ねる収納」をしたい衣類におすすめの衣装ケースです。

高さのバリエーションは、ノーマルなポリプロピレン収納ケースと同じ、小・大・深の3種類。このため、幅90cm程度の空きスペースに、同じ高さのノーマルタイプと横ワイドタイプを横に並べて配置してもすっきりとまとまります。

またケースの中に仕切りが欲しいときは、「高さが変えられる不織布仕切ケース」という、このケース専用の別売りパーツを使うと便利です。ケースの中にぴったり収まる奥行きで、通気性もあるため、衣類収納の仕切りに安心して使えます。

ポリプロピレン収納ケース・横ワイド|サイズ一覧表

ポリプロピレン収納ケース・横ワイド・小幅55cm奥行き44.5cm高さ18cm
ポリプロピレン収納ケース・横ワイド・大幅55cm奥行き44.5cm高さ24cm
ポリプロピレン収納ケース・横ワイド・深幅55cm奥行き44.5cm高さ30cm

クローゼットの整理に|ポリプロピレンクローゼットケース

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレンクローゼットケース」は、幅44×奥行55cmの引き出し収納。クローゼットの中で使うのにちょうどいい奥行きで、たっぷり収納できる横幅があります。

通常、クローゼットの奥行きは60cmに設計するのが一般的ですが、間取りの都合でクローゼットの奥行きをもっと狭く作る場合もあります。とはいえ、ハンガーにジャケットを掛けて収納するには最低でも55cmの奥行きが必要。無印良品のクローゼットケースは、このような奥行きが狭いクローゼットにも対応できます。

なお、高さのバリエーションは小・大・深の3種類があり、それぞれ18cm、24cm、30cm。頻繁に移動したいときは、差し込むだけで簡単に取り付けられる別売りのキャスターがありますよ。

ポリプロピレンクローゼットケース|サイズ一覧表

ポリプロピレンクローゼットケース・小幅44cm奥行き55cm高さ18cm
ポリプロピレンクローゼットケース・大幅44cm奥行き55cm高さ24cm
ポリプロピレンクローゼットケース・深幅44cm奥行き55cm高さ30cm

押入れ収納に|ポリプロピレン衣装ケース

画像出典元:無印良品

無印良品の「ポリプロピレン衣装ケース」は、和室の押入れで使うことを想定した引き出し収納。サイズは幅40×奥行65cm。クローゼットケースより横幅が5cm狭く、奥行きが10cm深くなっています。

通常、クローゼットのドアは両サイドに大きく開ける折れ戸タイプが一般的ですが、押入れの扉は引き違い戸が一般的です。このため、仮に収納スペースの横幅が同じでも、クローゼットと押入れでは有効開口幅が異なります。

押入れの内寸にもよりますが、押入れで使う衣装ケースはクローゼット用の衣装ケースより横幅が狭いタイプのほうが使いやすいです。

また押入れの奥行きは75cm前後あるため、クローゼット用の引き出し収納を置くと奥行きスペースが余ってもったいないです。でも無印良品のポリプロピレン衣装ケースは奥行きが65cmあるため、押入れの奥まで収納に活用できます。

ポリプロピレン衣装ケース|サイズ一覧表

ポリプロピレン衣装ケース・小幅40cm奥行き65cm高さ18cm
ポリプロピレン衣装ケース・大幅40cm奥行き65cm高さ24cm
ポリプロピレン衣装ケース・深幅40cm奥行き65cm高さ30cm

収納する場所、物に合った収納アイテムを簡単に検索する方法

無印良品の公式サイトには、収納アイテムを置きたいスペースのサイズを入力すると商品を検索できる、独自のシステムがあります。「収納サイズシュミレーター」と「収納サイズ検索」という2つの方法があり、どちらが使いやすいかは目的によって異なります。

慣れていなくても簡単に使えるのは「収納サイズ検索」のほうですが、リアルな組み合わせイメージを確認したいときは「収納サイズシュミレーター」のほうが便利です。そこで、各システムの特徴と使い方を簡単にご紹介します。

無印「収納サイズシュミレーター」の使い方

①棚の中or床の上を選択


画像出典元:無印良品

無印良品の収納サイズシュミレーターでは、はじめに「棚の中」と「床の上」のいずれかを選択します。文字通り、ラックの中に収めたいか、それとも床の上に置きたいかを選ぶだけだから簡単ですよね。どちらにも使える商品は、どちらを選んでも表示されるので、心配はいりません。

②棚の中の場合


画像出典元:無印良品

「棚の中」を選択すると、次は「何を収納するか」を選びます。選択肢は「衣類」「雑貨・小物」「水まわり用品」の3つ。どれを選ぶかによってリストアップされるアイテムが変わるので、どれにも当てはまらないときや、何を入れるかまだはっきりと決めていないときは、サイズ感で選ぶといいでしょう。

例えば、大きなものを入れたいときは「衣類」、細々としたものを入れたいときは「雑貨・小物」、引き出しではなくボックス収納を探しているときは「水まわり用品」を選ぶのがおすすめです。

③床の上の場合


画像出典元:無印良品

「床の上」を選択すると、次は「何を置くか」を選びます。選択肢は「シェルフ」「キャビネット・チェスト」「ポリプロピレン収納」の3つ。

何を置くかまだ決めていないときは、気になるシリーズから順番に見ていきましょう。どれを選んだとしてもアイテムを選ぶ前にスペースの寸法を入力するため、スペースに収まる大きな家具を大まかに確認できます。

④幅・高さ・奥行きを選択


画像出典元:無印良品

「棚の中」と「床の上」のどちらを選んだ場合も、アイテムを選ぶ前にまずは収納する場所の寸法を入力します。画面に表示される「枠」をドラッグするだけで大まかな寸法を簡単に設定できるほか、1cm単位で具体的な数値を入力することも可能です。

そして枠の下部にある「+」マークをクリックすると、指定したスペースに収納可能なアイテムがリスト表示され、気になるアイテムを選択すると枠の中に次々と画像が表示されます。

収納サイズシュミレーターを使うと実際に収納アイテムを置いた状態をイメージしやすく、素材が異なる商品を並べて置きたいときに分かりやすいです。

無印「収納サイズ検索」の使い方


画像出典元:無印良品

無印良品の「収納サイズ検索」では、幅・高さ・奥行きの3つの条件を入力すると、それに該当する全商品がリストアップされます。その中から、さらに素材での絞り込みが可能です。

木製、ステンレス・スチール、ポリプロピレン、アクリル、硬質パルプ、ダンボール、天然素材という、7つの素材に分けて確認できるので、選びたい素材が決まっているときは探しやすいです。そして、気になる商品をクリックすると「組み合わせ画面」が現れます。

入力したスペースに対してどれくらいの空きスペースが残っているかや、残りのスペースに使えるおすすめの商品を提案してくれるため、商品の組み合わせに悩んでいるときは便利です。逆に、まだ具体的なイメージが固まっていないときは、アイテムの選択肢が多すぎてなかなか決められないかもしれません。

無印良品「ポリプロピレン収納」のサイズまとめ

MEMO
    【無印良品の収納が人気の理由】
  • 高品位な商品をリーズナブルな価格で買える
  • デザインがシンプルで長く使い続けても飽きない
  • マネしたくなる無印収納のアイデアがネット上にあふれている
    【無印良品で人気の「ポリプロピレン収納」の特徴とサイズ一覧】
  • 「ポリプロピレンケース引出式・横ワイド」は奥行26cmで小物の整理に便利
  • 「ポリプロピレンケース」は奥行37cmで水まわり収納に使いやすい
  • 「ポリプロピレン収納ケース」は奥行44.5cmだから狭いスペースにも収まる
  • 「ポリプロピレン収納ケース・横ワイド」はシャツを2枚並べて収納できる
  • 「クローゼットケース」は横幅が44cmありたっぷり収納できる
  • 「ポリプロピレン衣装ケース」は奥行が65cmあり押入れの奥まで収納に活用できる
    【収納する場所、物に合った収納アイテムを簡単に検索する方法】
  • 「収納サイズシュミレーター」を使うとリアルな組み合わせイメージを確認できる
  • 「収納サイズ検索」は操作に慣れていなくても気軽に利用できる