パントリー収納を便利でおしゃれに!使える収納アイデア&アイテム特集

理想のパントリー収納の参考に!使いやすくて快適な収納アイデア10選

パントリー収納とは、キッチンスペースの一部や隣接した場所にある食品庫のこと。本来は食品庫として使う場所でも、せっかくの収納スペースを食品庫だけに使うのはもったいないですよね。

キッチンで使うあれこれを上手く収納して有効活用したいもの。理想のパントリー収納に使づける収納アイデアをご紹介します。

1.オープン棚のパントリー収納は色味を抑えた収納アイテムがしっくりくる

扉がないオープンラックのパントリー収納は、物の出し入れが簡単で便利ですが、人目につく場所なので整頓しておきたいところ。

対面キッチンの並びに配置されたパントリー収納には、無印良品のシンプルな収納アイテムが空間に上手くなじんでいますね。お弁当グッズやランチョンマットなど、普段使いのキッチン用品をバスケットやボックスに分類して収納しています。

対面キッチンはリビングダイニングから見えることが多いので、キッチンに使っているインテリアと合わせて、なるべく色の種類を抑えた方がキレイに見えますよ。

2.置き場所に困るゴミ箱はゆとりスペースのパントリー収納にすっきり納めて

キッチンで置き場所に困る物の一つにゴミ箱があります。ある程度の大きさが必要なゴミ箱は、置き場所によっては邪魔になることも。

キッチンの奥まったスペースに設けているこちらのパントリー収納、下段の空間に分別用のゴミ箱がきれいに整列して清潔感がありますね。オープンスペースなので、家事動線をさえぎることなく使い勝手も良さそうです。

3.直射日光が入らないパントリー収納に手作り保存食を並べて保管

手作りの漬け物や果実酒などの保存食は冷暗所保管が向いていますが、近年、床下収納は減少傾向に。そんな時はパントリー収納がおすすめです。

間取りによっては直射日光が当たらず温度が安定した場所になるパントリー収納で、手作りの保存食を寝かせましょう。お気に入りの保存容器を並べる楽しさや、季節の旬の食材を感じる喜びが増えそうですね。

4.毎日使うエプロンはパントリー収納に掛ける収納でワンアクション

一日に何度も使うエプロンをキッチンに掛けて収納している方も多いと思いますが、収納方法によっては生活感が出てしまう場合があります。

パントリー収納の壁面を使った収納なら、人目につかずすぐに使えるので便利ですね。

アンティークテイストの収納棚とフック、シックなエプロンと統一されたインテリアで見せたくなるパントリー収納です。

5.コレクションしたくなる人気のお鍋はパントリー収納の安定した棚板におまかせ

『ストウブ』や『ル・クルーゼ』の鋳物ホーロー鍋は「料理がおいしく出来る」、「可愛いからつい集めたくなる」と大人気ですが、重量があるため保管場所に迷う方も。

パントリー収納は、ある程度の重さに耐えられるよう棚板を厚く作られることが多いので、鋳物ホーロー鍋でも安心して収納ができます。

DIYで作った収納や軽い物のために作られた収納の場合は、棚板がたわんだり重さに耐えられず落下してしまうこともあるので、気をつけてくださいね。

6.奥行浅めのパントリー収納はカップボードに代用できる

棚板の奥行が浅めのパントリー収納は、食器棚として使うことをおすすめします。市販のカップボードは約45センチの奥行で作られることが多いのですが、それ以上の奥行にすると奥にある物の出し入れがしづらくなります。

パントリー収納も同じで、浅めに作られた棚板なら普段使いの食器を収納してもストレスなく出し入れが可能です。

7.紙袋はファイルボックス+パントリー収納でいつもきれいな状態に

いつの間にか増えてしまう紙袋、「いつか使うかも」と溜め込んでいませんか。

自立するファイルボックスを使えば安定して収納でき、ストックする量をファイルボックスに入る分だけと決めてストックしておけます。

パントリー収納は毎日使う場所なので、出し入れしやすく、溜まりそうになってもすぐに気が付けますね。

8.学校のプリントやスケジュールはパントリー収納の壁面を有効活用

お子さんが持ち帰る学校の書類は、締め切りを忘れないようにと冷蔵庫にマグネットで貼りがちですよね。ついペタペタと貼っていくと、気になるのが生活感。

パントリー収納の壁面にボードなどを使って収納すれば、生活感をカバーしつつうっかり締め切りを忘れることも防げます。

百均でも壁面収納に使えるアイテムは多く扱っているので、色々とアレンジができそうです。

9.パントリー収納にはおしゃれな「見せる収納」で重複買いを防ぐ

見せる収納として使えるおしゃれなアイテムの一つにバスケットがあります。

程良く視線をカバーできるのですっきりとした印象になり、中に何が入っているのか見えているので、家にあるのに同じものを買ってしまう「重複買い」の防止にも。

パントリー収納には細々とした物を収納することが多いので、バスケットの色を揃えるとすっきりとおしゃな収納になりますね。

10.存在感のあるキッチン家電はパントリー収納にまとめて収納

スペースに余裕のあるパントリー収納なら、キッチン家電を収納するのもおすすめです。

高機能のトースターや炊飯器、ホットプレートやオーブンなどお家時間が増えると便利なキッチン家電がつい欲しくなりますね。

キッチン家電はスペースを取ってしまうのでパントリー収納にまとめておけば、キッチンの収納量が増えて使い勝手がよくなります。

パントリー収納におすすめ|便利アイテム

食品以外でも様々な物を収納できて応用が利くパントリー収納。より機能的で快適に使うためには、便利な収納アイテムが欠かせません。

中でもおすすめの3つの便利アイテムをご紹介します。

1.万能な無印のファイルボックスはパントリー収納でも大活躍
無印良品/ポリプロピレンファイルボックス

元々は書類を整理するために作られた無印良品のファイルボックスは、様々なシーンで活躍してくれることで大人気の商品です。

ポリプロピレン製で厚みのあるしっかりとした素材なので、安定感があります。汚れても水洗いできるのは、パントリー収納向きでおすすめポイント。

サイズはスタンダードタイプ、幅広のワイド、高さが半分の1/2などバリエーション豊か。組み合わせ次第で自分好みの収納ができますよ。

2.IKEA バスケットの透け感がパントリー収納をおしゃれに変身
IKEA/リーサトルプ

「見せる収納」は細かい物を置くパントリー収納に向いています。その分、雑多な印象になりやすいので、適度に視線をカバーするアイテムが便利です。

IKEAのバスケット収納リーサトルプは、清潔感のあるスチールのバスケットとバーチ素材の取手の組み合わせがおしゃれ。カラーは6色展開で、税込み999円とお手頃価格が嬉しいですね。

根菜類やストック食品などを入れるだけで、パントリー収納を格上げできます。

3.組み合わせ自由自在のニトリNインボックスならパントリー収納上手になれる
ニトリ/収納ケース Nインボックス

ニトリのNインボックスはデザインがシンプルだけでなく、持ち手に丸みを持たせたり、ボックスの隅まで物が入るようなデザインへ改良するなど、こだわりの詰まった収納ボックスです。

カラーとサイズの種類が多く積み重ねて使うこともできるので、必要な収納スペースに合わせて自分好みに組み合わせることが可能です。

理想のパントリー収納にできる3つのポイント

食料品やキッチン用品以外にも色々な物を収納できるパントリー収納。上手に収納するポイントを知っておけば、より満足したパントリー収納になりますね。

収納の基本でもあるので、参考にしてください。

理想のパントリー収納にできる3つのポイント
1.使用頻度に合わせて収納する物の高さ・位置を決める

パントリー収納の中段(目線下~腰上)は一番物の出し入れがしやすい位置です。毎日使うような使用頻度の高い物は中段に収納します。その次に下段、上段の順番に使用頻度に合わせます。

重い物は使用頻度が低くても下段に置くのがおすすめですよ。

理想のパントリー収納にできる3つのポイント
2.収納ケースには何が入っているかラベルに書いておく

ケースに入れてパントリー収納をする時は、中に何を入れているかシールやラベルに書いて貼っておきしょう。

外から何が入っているか分かるようにしておくと、探しものが少なくなり、無駄な重複買いする失敗も無くなります。家族が見てもすぐに分かるので、自然に片づけができますよ。

理想のパントリー収納にできる3つのポイント
3.収納アイテムを揃えてすっきりおしゃれに

パントリー収納に使う収納アイテムは、素材や色を揃えるとグッとすっきりおしゃな印象に変わります。

すっきりとした見た目に変わることで、何があるか見えやすくなります。

また、おしゃれになった空間をキープしたいという心理から、自然にきれいに片づけられそうですね。