ガレージインテリアを特集!「好き」をいっぱい詰め込んだこだわりの空間を作ろう

男前なガレージインテリアで憧れの空間を実現

あなたのガレージは、ただの車庫ですか?今、ガレージは家族の時間を過ごしたり、趣味空間にしたりするなど、思い思いのスペースとして使う人が増えています。そんなワクワクするガレージライフに大切なのはインテリア!

よく使い込んだヘルメットや、革ジャン、車やバイクなどがある男前な空間には、塗りムラや傷のついた工具たちが似合います。そんな無骨でかっこいい男前ガレージの実例アイデアやコーディーネートをご紹介しますので、参考にして素敵なガレージを実現してください。インテリアにこだわると、愛車もいっそう素敵に見えますよ。

ガレージインテリア!まずは小物からDIY

自分好みのガレージを作りたい!と思っていても、何から手をつけていいのかわからないという人にオススメなのが、小物のDIY。セリアで購入したボックスに取っ手を付け、ナンバーをステンシルして仕上げています。

100均の箱でもナンバーがあるだけで、ぐっと男前インテリアアイテムになります!材料も100均で揃うものばかり。お手軽なので、さっそくお試しください。

ガレージは男の秘密基地!好きなものを好きなだけ

ガレージの一角に見えるのはダーツ、ギター、ビリヤード、スロットなど 男性が好きそうな物ばかり。まさに男の秘密基地ですね!ガレージにスペースがある場合、車やバイクだけでなく好きなものを集めると、とても楽しい居場所になります。

薄暗い照明に、さまざまなポスターや看板、アンティーク雑貨などを所狭しと並べると、秘密基地感がアップしますよ。

アメリカンレトロなガレージインテリア

いかにもアメリカ映画に出てきそうな市松模様の床とネオンサインのガレージ!元気いっぱいですね。タイル貼りは大変、という人も、樹脂タイルやクッションフロアーなどを使うとお手軽にイメチェンできます。もっと簡単にアメリカンレトロを取り入れたい場合は「星条旗のタペストリー」アクセントにするといいですよ。

アメリカ雑貨のインテリアがポップすぎるかなと思っても、バイクや車が黒・シルバーなど、渋めの色合いの場合、部屋全体の引き締め効果になり、ヴィンテージ感も強調してくれます。

ビルトインガレージで愛車をディスプレイの一部に

車が趣味の人にとって、愛車は家族。ビルトインガレージに憧れる人も多いのではないでしょうか。ガラス越しに愛車が見えるように設計されているので、お家の中からも愛車を眺めることができ、まるで車がディスプレイされているようです。

ガレージにスペースがある場合は、ちょっとしたデスクを置くだけで、愛車を囲んで本を読んだり食事をしたりと、家族のリビングのようにも使えます。

バイクをディスプレイの一部にしてしまう玄関

コンパクトながらもきちんと整理された道具たちと、玄関に並んだバイク。まるでインテリアのよう。盗難や雨風にとくに敏感なバイクは、ぜひガレージに入れて置きたいものですが、そんなスペースが取れない!という人にオススメの土間玄関ディスプレイ。

玄関なので動線のよさはもちろんのこと、少し広めのスペースがあれば、メンテナンスまでできちゃいます。かっこいいオートバイの姿に、きっとお客様も見惚れるでしょうね。

こんな使い方も!ガレージの技ありインテリア術

ガレージは、雨風を気にせず思い切り遊べる場所。ただ車を置くだけにしておくのはもったいない!ガレージスペースを工夫して、大好きな愛車を眺めながら、至福の時間を過ごしませんか?

ここでは、こだわりのガレージをご紹介いたします。インテリアもオシャレですし、こんな使い方もあるんだ!と驚きますよ。ぜひ参考にして、あなたらしい使い方を見つけてくださいね。

まるで本当のカフェのよう!カフェ風インテリアを楽しもう

木造の倉庫を自分で改装され、まるでライダーズカフェのような雰囲気にされているバイクガレージ。カラボを使ってバーカウンターを作ったり、机もDIYされたものだそう。お店とうっかり間違って入ってしまいそうなほどの完成度。

薄暗いガレージには、吊り下げ電球やギターなど無骨な物が似合いますね。まずは好みのテーブルセットを置いて、自分だけのカフェ風インテリアを始めてみませんか?

車好きが集まってくる!ガレージカフェを参考にしてみよう

築90年の蔵をリノベーションした素敵なカフェ。ビンテージ車やクラッシックカー好きの方々が集まってくるそうで、まさにガレージのような存在ですね。ロマンがつまったこだわりの空間はインテリアとしても参考になるものばかり。

様々なジャンルのインテリアがありますので、インスタなどで、お好きなテイストのガレージカフェを探してみてくださいね。雑貨だけでなく、空間の使い方など、実際に行って見て知ることも多いですよ。

ガレージを便利な作業場として有効利用

道具類がきちんと収納整理され、広々としたガレージ。必要な物が見渡せ、とても使いやすそうです。雨風をしのげるガレージスペースは作業所としてピッタリの空間。ただメンテナンス用品や道具類は細々とした物が多くごちゃごちゃしがち。

ジャンルごとに箱に入れるなど、わかりやすい収納でスペースの有効利用を心がけて。照明はLEDライトにして、とても明るくなったそう。作業効率をあげる秘訣ですね。

ガレージにトレーニングルームを作っちゃおう

広いガレージスペースの一角に、トレーニング器具を入れトレーニングルームに。とてもカッコいい空間になっていますね。ガレージは基本コンクリートで出来ていますし、防音や強度も心配ないのでトレーニングルームとしてはピッタリ。

床に直接器具を置けない場合は、適度な硬さのクッション性のあるマットを敷くことをオススメします。夏の暑さ、冬の寒さ対策をきちんと行うことで、かなり快適なガレージジムになりますよ。

お家時間を大切に!ガレージでキャンプを楽しもう

ガレージの広さを活かした素敵な遊びと言えば、ガレージでのキャンプ(通称ガレキャン)です。家族が多いと、お家で過ごす遊びを考えるのも大変ですが、ガレージにテントを張って一緒に寝るだけでも、十分楽しい遊びになりますよ。

雨天、トイレや水の心配もいらないので小さなお子様がいる家庭でも大丈夫。プロジェクターで見るテレビも、ガレージだと一段と楽しそうですね。

おしゃれなガレージインテリアを完成させるコツ

こだわりのおしゃれガレージの数々。見ているだけでもワクワクします。さっそく自分でもやってみようと思われた人に、ぜひ知ってもらいたいおしゃれガレージインテリアを完成させるコツをご紹介します。

まずは自分で完成イメージを描いたり、家族と自分の好きなインテリアを話し合うことからスタートすると良いですよ。話し合いの数だけ、きっと素敵な空間になるはずです!

テイストを統一する

バイクや車が主役のガレージインテリア。できるだけごちゃごちゃさせないために「テイスト統一」を大切に。インテリアの印象を大きく左右するのは色です。バイクや車の色から、取り入れる色を決めましょう。ベースは3色以下に抑えるとスッキリしますよ。

またガレージはブリキやプラスチックなどの無機質な素材がよく似合いますが、テイストが統一されすぎると地味になってしまう場合も。その際は、アクセントに壁紙を変えたり、看板を取り入れるなどして、遊び心を加えるのも素敵です。

狭い空間を有効に使う

狭いガレージを有効に使うために、まずはデットスペースである壁面を有効に使いましょう。組み立て式の収納棚を置くなどして、収納場所を確保して。100均で買えるワイヤーネットや小箱を組み合わせ、吊り下げ収納、小分け収納をすることで、細かい道具も用途ごとに使いやすく収納できます。

よく使う物はできるだけ見やすく、取り出しやすい場所に。頻度が少ない物は上に置くようにしましょう。さらに一目でわかるようにラベリングをすると、もっと便利になります。

小物にこだわる

バイクや車、そのほか様々な物に囲まれるガレージ。脱いだ服や荷物など、気がつくと生活感溢れる空間になってしまいがち。とりあえず必要だからと置いてあるコートハンガーや照明、家具なども、一つひとつこだわって選ぶようにすると、いつでもおしゃれなガレージでいられます。

またガレージは日が当たらない場所も多いので観葉植物などは難しいお家も多いと思いますが、フェイクグリーンやドライフラワーなどを取り入れると、オシャレ度がアップしますよ。