カラーボックスを使ったDIYアイデア大特集♪おすすめリメイク術から組み立てレビューまで総まとめ

カラーボックスを活用したDIY♪自分だけの家具づくりを始めよう

ホームセンターや家具店、ネットショップなどで気軽に購入することができるカラーボックス。昨今では「既製品を買うより安い」「DIYすればオリジナルの家具が作れる」とあって人気を集めています。あなたもカラボを手に入れて自分仕様にカスタマイズしてみませんか?

カラーボックスがあればこんなものまでDIYできる!アイデア実例12選

カラーボックスでDIYできるのは収納家具だけではありません。テレビ台や子供のおもちゃ入れなど、アイデア次第でさまざまなアイテムにリメイクすることができます♪ここから紹介するアイデアを参考にぜひ構想を練ってみてくださいね。

1.ホワイトで統一されたキッチンカウンター

 

View this post on Instagram

 

@yk2121121がシェアした投稿


縦置きした3段カラーボックスを天板で繋げて作ったキッチンカウンター。真ん中にゴミ箱がぴったり入るように計算されているところがポイントです。このぴったり感が出せるのはDIYならではですよね♪食器を入れるスペースはあえて棚の位置を狭くして無駄なく収納しているところも素晴らしいです。

2.収納スペースのあるベンチもDIYできる

 

View this post on Instagram

 

NT-homeさん(@nthome1228)がシェアした投稿

3段カラーボックスの背面を床にして寝かせた状態で使用。蝶番で天板をつけ、クッションを置けば、おしゃれなソファーの完成です。天板で作った扉を開けると、3つの仕切りがついた収納になっているので、掃除用具やDVDなど好きなものをしまっておくこともできます。

3.扉をつければ市販の家具のような仕上がりに♪

 

View this post on Instagram

 

LIMIA(リミア)さん(@limiajp)がシェアした投稿

カラーボックスに扉と足をつければ見違えるほどおしゃれな家具に♪天板をあえて違う色にするのも良いですね。寝室や洗面所の収納棚に、リビングの飾り棚にと幅広い用途に対応できる万能家具です。

参考 カラーボックスに扉をつけよう♪素材別の取り付け方や今すぐマネしたくなるリメイクアイデア集アツラエ

 

4.DIYなら収納する靴の種類・サイズに合わせた靴箱が出来る

 

View this post on Instagram

 

Karinaさん(@krn.interior)がシェアした投稿


棚板を抜いた3段カラーボックスを横置きし、2段重ねにして作った靴箱です。突っ張り棒で空間を上手に使い、たくさんの靴を収納できるように工夫しています。画像のように、ディフューザーや小物などを飾るとおしゃれな玄関になりますね。

5.テレビ台もカラーボックスで

 

View this post on Instagram

 

m e g uさん(@hhk_megu)がシェアした投稿


カラーボックスをリメイクしてテレビ台も作ることもできます。アクリル板などを使ってガラス扉風にするのもおしゃれですね。製品やメーカーごとに耐荷重制限があるのでテレビの重さや幅をに合ったカラーボックスを選びましょう。

参考 大人も子供もカラーボックスで机を作ろう!強度と高さを考慮したDIY術や天板・椅子まで完全ガイドアツラエ

 

6.机もDIYして部屋の雰囲気を統一

 

View this post on Instagram

 

Yuko Nakataさん(@yuuuuko_kn)がシェアした投稿

縦置きしたカラーボックスを3つ使用。間隔を置いて並べ天板をつければ立派な机になります。画像のような長さがあれば、二人並んで使用することも可能。兄弟・姉妹で共同で使うのも良いでしょう。

参考 大人も子供もカラーボックスで机を作ろう!強度と高さを考慮したDIY術や天板・椅子まで完全ガイドアツラエ

 

7.なんとカラーボックスがベッドに?壮大なDIY作品

 

View this post on Instagram

 

risamamanさん(@risamaman)がシェアした投稿

カラーボックスの側面を下にして繋げ、布団を置けばベッドに変身。アイデア次第でこんなに大型家具も作ることができるんです。カラーボックスの背面を下にして天板をつければ小上がりとしても使用可能。人の重さを支えなければならないので、カラーボックスは荷重に耐えられる強度のあるものを選びましょう。

8.ロッカー風でおしゃれな洋服収納

 

View this post on Instagram

 

LiTTLE OWNER ウォールステッカーetc販売さん(@mayukamu18)がシェアした投稿

カラーボックスに扉をつけ、無機質なブルーカラーをペイントするとまるで本物のロッカーのよう。突っ張り棒や天板を組み合わせれば、押入れがない部屋にもおしゃれな洋服収納を作ることができます。

9.大人もにっこり♪インテリアにもなるプレイテーブル

 

View this post on Instagram

 

木本ペーパードライバーサポートさん(@ayuayum_o_o_n)がシェアした投稿


カラーボックスでおもちゃ箱兼プレイテーブルも作ることができます♪キャスターをつければ好きな時に好きな場所へ簡単に移動することもできます。カラーボックスは角が鋭いのでコーナーに安全ガードを設置しておくと安心です。

10.内装のリメイクがメイン♪ベビークローゼット

 

View this post on Instagram

 

Mika Sugiuraさん(@m.potato000)がシェアした投稿

赤ちゃんや幼児用の小さな洋服はカラーボックスに収まるサイズ。棚を外して突っ張り棒をつけてハンガースペースを作ったり、インナーボックスを入れておもちゃやオムツを収納するスペースを作ったりと好きなようにカスタマイズが可能。リメイクシートを貼れば雰囲気がガラッと変わりおしゃれに仕上がります。

11.子供の好奇心を刺激する!ままごとキッチン

 

View this post on Instagram

 

yoshie satoさん(@yo0503ppy)がシェアした投稿

ワイドタイプのカラーボックスで作ったままごとキッチン。上段の板はあえて外しておもちゃのガスコンロを置いたり、調理スペースとして使用しています。キッチンツールや食材、他のおもちゃも十分に収納することができるのでお部屋もスッキリしますね。

12.コレクションケースとしてもおすすめのドールハウス

 

View this post on Instagram

 

Ikuko.Sさん(@kuronekoikuko)がシェアした投稿

3段カラーボックスなら、棚板で仕切られた3階建てのドールハウスとしても活用できます。人形の家具や洋服などをディスプレイしながらお気に入りを飾りながら遊ぶことが可能。子供用としてはもちろん、大人のコレクション用としてもおすすめです。

DIYに活用したい♪主要6メーカーのカラーボックスの特徴と組み立てレビュー

カラーボックスを語るなら、実際に購入してみよう!ということで主要メーカー6社のカラーボックスを取り寄せ、実際に組み立ててみました。作業したのは女性編集部員なので、「女性でも簡単に組み立てられるのか?」という点にも注目♪使用感のレビューよりも組み立てに関することが知りたいという方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.【ニトリのカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

ニトリでは、『カラーボックスカラボ 3段(NA)』という3段カラボを購入。コンパクトに梱包されていましたが、重量が約8.95kgあるので結構ずっしりとした重さを感じました。(階段のある住居にお住まいの方は大変かもしれません)

実際に組み立ててみると、横板と上板を体と腕でおさえながら板を固定する最初の作業が、女性一人ではなかなか大変な作業でした。コスパが良く、棚が好きな位置に変えることができる人気商品ですが、無数に空いたダボ穴が目立つなどの気になる部分がチラホラ…。詳細は下記リンクからご覧ください。

【仕様・サイズ】
サイズ(約): 幅41.9×奥行29.8×高さ87.8cm
主な素材: 繊維板
保証年数: 1年
耐荷重: 棚板1枚あたり約10kg
重量: 約8.95kg
組立時間目安: 15分

ニトリのカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 ニトリのカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

2.【コーナンのカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

コーナンでは、『コーナン オリジナル 3段可動棚ボックスα KR18-7197-OAK 』を購入。高さは腰の位置ほどで、幅も厚みもない持ち運びやすいサイズ感。頑張れば女性ひとりでも持ち上げることができる重さです。

説明書はイラスト入りのシンプルなもの。初心者の方でもわかりやすいのではないかと感じました。中板の側面が一部剥げているという残念ポイントもありましたが、通常なら別売りしていてもおかしくない「連結補強金具」や「接続補強ネジ」が入っていたり、2段構造のネジ穴がで凹凸がなくフラットな仕上がりになるなどプラスポイントもたくさんありました。

【仕様・サイズ】
内寸:幅39.5×奥行27.5×高さ85cm
棚用ダボ穴ピッチ:3cm
棚板耐荷重:約5kg

コーナンのカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 コーナンのカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

3.【カインズのカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

ナチュラルな木目がおしゃれなカインズのカラーボックス。今回は、 『S4 可動棚収納ボックス 3段 ナチュラルエルム』を購入しました。

開封してみると、ネジなどの部品がバラバラにならないようにひとつずつシートにまとめてあるという嬉しい配慮がありました♪万が一失くしてしまったり、小さなお子さんやペットが謝って飲み込んでしまったりというアクシデントが起こりくいのではないかと感じ好印象。しかし、説明書通りに作業していたのにまさかの「2度手間」となってしまった工程がありました。カインズのカラーボックスの購入を検討されている方は、詳細記事必見です!

【仕様・サイズ】
【サイズ】(約)幅440×奥行き290×高さ880mm
【本体重量】(約)7.0kg
【耐荷重】棚板:(約)10kg ※棚板1枚あたり
【材質】表面材:プリント紙化粧繊維 板構造部材:ネジ・棚受けピン/金属(スチール)
背板止め/ポリプロピレン
【組立目安時間】(約)20分※時間は目安です。個人差があります。※必要工具:プラスドライバー
【原産国】
タイ

カインズのカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 カインズのカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

4.【LOWYAのカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

『カラーボックス 同色2個セット マルチレイアウト収納棚』を購入しました。LOWYAのカラーボックスは、2個セットのみの販売で梱包も2個セット。合計14.6kgの重さとなってしまうため、玄関先まで配送してもらっても部屋まで運ぶのに一苦労でした。

安全面に配慮されたわかりやすい説明書を元に黙々と作業しましたが、完成までに45分もかかってしまいました。他のメーカーよりも少しお高めですが重厚感がありしっかりとした作りで満足♪

【仕様・サイズ】
サイズ 幅45x奥行29x高さ90cm/1個
素材 プリント紙化粧繊維板
重量 約7.3kg/1個
耐荷重 天板:約10kg、棚板:約7kg(横置きにした場合)天板:約20kg
梱包サイズ 梱包サイズ 91x31x14cm(約16.1kg)

LOWYAのカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 LOWYAのカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

5.【IKEAのカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

北欧テイストのおしゃれな家具が揃うIKEAでは、『EKETエーケトキャビネット2コンパートメント』を購入。カラーボックスという商品はありませんがそれに近い2段キャビネットを組み立ててみました。

2段ということもあり、サイズ、重さ共に女性でも楽に運ぶことが可能。ただ、説明書を見てびっくり!そう。IKEAの説明書はイラストのみで、文字の記載がないんです。果たして無事に組み立てることができたのでしょうか…!?

【仕様・サイズ】
大きさ 幅: 35cm・奥行き: 35cm・高さ: 70cm
耐荷重 棚板1枚あたりの最大荷重: 7.00kg

IKEAのカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 IKEAのカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

6.【無印のカラーボックス】特徴と組み立てレビュー

ナチュラルテイストのお部屋に似合う無印のカラーボックス。『パルプボードボックス・タテヨコA4サイズ・3段・ベージュ(3段)37.5×29×109cm』を購入してみました。木材ではなく「パルプボード」という軽い素材を使用しているため、持ち運びが楽々♪サイズはA4収納の3段タイプなので他メーカーよりも高さがありました。

軽くてサクサク作業が進みましたが、パルプボードの特性上、傷がつきやすいのが気になりました。あとは完成したあとのグラつきなども…。

【仕様・サイズ】
原産国・地域 日本
外寸 幅37.5*奥行29*高さ109cm
収納スペースの内寸 幅34*奥行27.5*高さ34cm
ホルムアルデヒド 接着剤 ノンホルタイプ芯材スリースター
表面加工(表面塗装) HSコート
棚厚 1.6cm
重量 6kg
部材ごとの素材・構造 パルプボード パーチクルボード フラッシュ構造
耐荷重 棚板15kg棚全体25kg

無印のカラーボックスの詳細レビューはこちら

参考 無印のカラーボックスを実際に購入&組み立てた本音レビュー!アツラエ

上記6メーカを比較したまとめ記事はこちら

参考 2018年カラーボックス人気6社徹底比較!全部実際に購入&組み立てた辛口評価発表アツラエ

カラーボックスでDIYするなら知っておきたい♪3つのポイントをご紹介

カラーボックスは、メーカーごとにさまざまなメリット・デメリットがあることがわかりました。ここからは、DIYでカラボを活用するときに知っておきたいポイントをご紹介します。

カラーボックスは大きさ・サイズ選びが重要

カラーボックスは、1段から8段くらいまでの段数があったり、同じ段数でも幅が狭いスリムタイプや幅が広いワイドタイプのものがあったりと、その種類はさまざま。棚板の高さもA4サイズが収納できるタイプの商品もあります。

まずは、「誰が」「どこで」「どういった目的で使用するのか」を明確にし、人や場所、目的にあったカラーボックスを選びましょう。例えば、子供が使用するなら1段や2段タイプなどの子供の目線にあったものがおすすめ。家具と家具の間に設置したい場合はスリムタイプがおすすめです。

カラーボックスの「サイズ」について詳しく知りたい方へ

参考 カラーボックスのサイズを徹底調査!人気メーカーの主要カラボの奥行き・段数など詳しく解説アツラエ

DIYが苦手な方人はデコレーションするのがおすすめ♪インナーボックスも活用しよう

ネジやノコギリを使ったDIYが苦手な方も、色や柄を加えるだけでカラーボックスとは思えないくらい素敵に仕上がります。例えば、お部屋のインテリアにぴったりの色の塗料を塗ってみたり、リメイクシートを貼ってみたりするだけでかなり印象が変わります。ぜひデコレーション感覚で楽しんでみてくださいね♪

あとは、インナーボックスで遊ぶのもひとつの方法。布製やラタン素材のカゴ、ワイヤーボックスなどインテリアや好みに合わせて選べば、お店のようなおしゃれな雰囲気を醸し出すことができます。

カラーボックスの収納術がわかるまとめ記事はこちら

参考 カラーボックス収納ガイド|129の実例に見る目的別カラボ収納術アツラエ

中古・アウトレット品もリメイク次第でおしゃれ家具になる♪

「DIYするから多少の傷があっても大丈夫」という方や「中古でも良いから安く手に入れたい」という方は、リサイクルショップやアウトレットモールなどで激安のカラーボックスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

市販のカラーボックスでもお値段が安い製品もありますよ♪ただ、安さ故に気をつけなければならない点があることも事実。詳細は下記リンクをご覧ください。

激安カラーボックスを手に入れてお得にDIYしたい方へ

参考 【激安カラーボックス】中古から新品までお得に買えるカラボNEWS&リメイクアイデア大全アツラエ

あなたの部屋にぴったりのカラーボックスを探してDIYを楽しもう

さまざまなDIYアイデアと共に、カラーボックスの組み立てレビューをご紹介しました。あなたもぜひ、ニーズに合ったカラーボックスを見つけて、オリジナル家具を作ってみてくださいね♪この記事があなたのDIYの手助けとなれば幸いです。