カラーボックスでDIY♪キッチンカウンターからベッドまで「使える」リメイクアイデア集

カラーボックスでDIYするなら知っておきたい♪3つのポイントをご紹介

カラーボックスは、メーカーごとにさまざまなメリット・デメリットがあることがわかりました。ここからは、DIYでカラボを活用するときに知っておきたいポイントをご紹介します。

①カラーボックスは大きさ・サイズ選びが重要

カラーボックスは、1段から8段くらいまでの段数があったり、同じ段数でも幅が狭いスリムタイプや幅が広いワイドタイプのものがあったりと、その種類はさまざま。棚板の高さもA4サイズが収納できるタイプの商品もあります。

まずは、「誰が」「どこで」「どういった目的で使用するのか」を明確にし、人や場所、目的にあったカラーボックスを選びましょう。例えば、子供が使用するなら1段や2段タイプなどの子供の目線にあったものがおすすめ。家具と家具の間に設置したい場合はスリムタイプがおすすめです。

カラーボックスの「サイズ」について詳しく知りたい方へ

カラーボックスのサイズを確認!段数や奥行きなど寸法を測ってシンデレラフィットを目指そう

②DIYが苦手な方人はデコレーションするのがおすすめ♪インナーボックスも活用しよう

ネジやノコギリを使ったDIYが苦手な方も、色や柄を加えるだけでカラーボックスとは思えないくらい素敵に仕上がります。例えば、お部屋のインテリアにぴったりの色の塗料を塗ってみたり、リメイクシートを貼ってみたりするだけでかなり印象が変わります。ぜひデコレーション感覚で楽しんでみてくださいね♪

あとは、インナーボックスで遊ぶのもひとつの方法。布製やラタン素材のカゴ、ワイヤーボックスなどインテリアや好みに合わせて選べば、お店のようなおしゃれな雰囲気を醸し出すことができます。

カラーボックスの収納術がわかるまとめ記事はこちら

【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選

③中古・アウトレット品もリメイク次第でおしゃれ家具になる♪

「DIYするから多少の傷があっても大丈夫」という方や「中古でも良いから安く手に入れたい」という方は、リサイクルショップやアウトレットモールなどで激安のカラーボックスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

市販のカラーボックスでもお値段が安い製品もありますよ♪ただ、安さ故に気をつけなければならない点があることも事実。詳細は下記リンクをご覧ください。

激安カラーボックスを手に入れてお得にDIYしたい方へ

カラーボックス 激安カラーボックスを激安で手に入れよう♪中古から新品まで最安値カラボ情報&リメイク術まとめ

あなたの部屋にぴったりのカラーボックスを探してDIYを楽しもう

さまざまなDIYアイデアと共に、カラーボックスの組み立てレビューをご紹介しました。あなたも、ニーズに合ったカラーボックスを見つけて、オリジナル家具を作ってみてくださいね♪