カラーボックスxテレビ台の作り方|おしゃれアイデアから、強度や配線周りまでカラボDIYリメイク術まとめ

カラーボックスでおしゃれなテレビ台を作りたい!

既製品を購入するよりも出費を抑えられる、お部屋のカラーやインテリアに合ったものを作ることができる、収納スペースが増えるため整理整頓することができるなど、カラーボックスでテレビ台を作るメリットはさまざま。本記事は、カラーボックスを使ってテレビ台を作るときの注意点と作り方、リメイクアイデアなど、これからDIYに取り組む方々に読んでいただきたいおすすめの内容となっています。あなたもカラーボックスを活用して理想通りのテレビ台を作ってみませんか?

カラーボックスでテレビ台を作る方法

カラーボックスに少し手を加えるだけで、インテリアに馴染むおしゃれなテレビ台を作ることができます。下記の作り方や注意点を確認してDIYを楽しみましょう。

1.まずはテレビのサイズや重さを確認しよう

テレビの型(インチ)ごとの幅はどこのメーカーもほぼ同じですが、重さは製品によって異なります。テレビのメーカーとサイズは、メーカーの公式ホームページに記載されているので、ご自宅のテレビの重さ分の耐久性がある、且つテレビを置いたときにバランスが取れる幅のカラーボックスを選びましょう。下記は液晶テレビのおおよそのサイズ・重さをまとめたものです。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

液晶テレビのサイズとおおよその重さ

画面横幅画面縦幅重さ
22型(インチ)約49cm約27cm約3~5kg
24型(インチ)約53cm約30cm約3.5〜6kg
32型(インチ)約71cm約40cm約5.5〜6.5kg
40型(インチ)約88cm約50cm約10〜20.5kg
42型(インチ)約93cm約52cm約18〜33kg
55型(インチ)約122cm約69cm約18〜36kg
60型(インチ)約133cm約75cm約23〜39kg

2.カラーボックスの強度をアップさせる方法

テレビは重さがあるのでカラーボックスの強度をアップさせてから使用するようにしましょう。具体的には、背面や繋ぎ目にL字金具を施したり、テレビの下に天板をプラスして補強するという方法があります。そのほか、カラーボックス背面の天板にあるすべての角にボンドを塗るだけでもOK。約3cmの長さでそれぞれの角にL字状に這わせるのがポイントです。2時間ほど時間を置いて乾かせば、簡単にカラーボックスの強度をアップさせることができます。

3.地震に備えた対策もしておこう

地震が起きたときのことを想定し、耐震対策をしておきましょう。床がフローリングの場合は、床とカラーボックスの底面の間に市販の耐震パッドをつけておくと揺れによるテレビ台の転倒を防止してくれます。また、テレビの落下を防ぐためにテレビとカラーボックスの間にも耐震パッドをつけておくと安心です。カラーボックスを積み上げて壁面収納にする場合は、家具の転倒を防止する突っぱり棒を使って天井と固定すると良いでしょう。

テレビにも家具にも使える耐震パッド

テレビの落下やテレビ台の転倒を防ぐ耐震パッド。貼り付けるだけで震度7の地震にも耐えることができる強力タイプです。

ネジや釘を使わずに固定できる家具転倒防止つっぱり棒

天井とテレビ台の間に設置し、圧着固定させることで家具の転倒を防ぐつっぱり棒。約200kgまでの圧に耐えることができます。カラーボックスを重ねて壁面収納を作るときにおすすめのアイテムです。

4.安全面にも配慮しておくと安心

テレビの下に木材の天板をプラスする場合は、きちんとヤスリをかけてトゲを取り除き角を取っておきましましょう。特に小さなお子様がいるご家庭は、カラーボックスの角でケガをしないよう、市販のコーナークッションを取り付けるなどの対策が必要です。

5.傷や汚れを防ぐための対策

カラーボックスの下に家具保護シートやカーペットを敷くと傷や汚れから床を守ることができます。インテリアの邪魔にならないよう家具保護シートは透明タイプがおすすめ。カーペットはお部屋のテイストに合ったものを選びましょう。また、カラーボックスと壁の間に少し隙間を作って風通しを良くしておくとカビ対策になります。

透明タイプの家具保護シート

どんなお部屋にも馴染む透明タイプの保護シート。貼ってはがせるので何度でもやり直しができます。あなたのテレビ台のサイズに合わせてカットしてから使用しましょう。

6.テレビ周りの配線を上手に収納する方法

テレビやスピーカー、ゲームなどの配線はカラーボックスの背面の天板にコンセントが通るくらいの大きさの穴をを開けたり、天板を1枚抜いて対応します。そこにインナーボックスを設置すると中身を見せずに収納することができます。しかし、この方法だと少し強度が落ちてしまいます。強度を変えずに配線を隠したい場合は、カラーボックスの背面にワイヤーネットを取り付け、そこにコンセントを絡ませて収納しましょう。

コンセントを引っ掛けて収納できるワイヤーネット

カラーボックスの背面にフックを取り付けこちらのワイヤーネットを装着。あとはコンセントを絡ませて引っ掛けるだけで綺麗に収納することができます。

カラーボックスでテレビ台を作る参考にしたい!おしゃれリメイクの達人22人

ここからは、実際にカラーボックスでおしゃれなテレビ台を作ったリメイクの達人たちの作品を22パターンご紹介します。少し手を加えるだけで劇的に変身した傑作が勢揃い♪きっとあなたの部屋を彩る素敵なアイデアが見つかるはずです。

1.西海岸風のおしゃれなテレビ台

_baby_miさん(@babymi1030)がシェアした投稿

カラーボックスを活用した西海岸風のテレビ台。茶色いペンキでペイントし、木目調になるように仕上げています。すのこで作ったパタパタ扉が荷物の目隠しとなっており、DVDやゲームなどもすっきりと整頓できます。

2.カラーボックスに見えない重厚感


扉付きのカラーボックスをリメイクした作品です。強度をアップさせるためにプラスした天板も、レトロな風合いでおしゃれ。装飾には同じカラーで塗装した100均のフォトフレームと取っ手を使い、まるで高級な家具のように仕上げています。

3.まるでリゾートホテルのようなインテリアに


扉には100均で購入できる細長い木材をカットし、プラダンシートに貼り付けたものを使用。同じ木材をカットせずにテレビ下の天板としても使用しているので、統一感があります。ランタンや布などを飾ればさらにアジアンテイストでモダンな雰囲気になりますよ。

4.カーテンで目隠し♪収納力抜群のテレビ台


両サイドにスリムタイプのカラーボックスを縦置きし、天板で繋いだテレビ台。カラーボックスの扉には黒板塗料を用いているのでチョークでアートや文字を描くこともできます。余ったスペースにはCDを収納し、アイアンバー・布・クリップで作ったカーテンで上手に目隠し。収納力たっぷりの男前なテレビ台です。

5.ダイナミックな壁面収納もカラーボックスで


カラーボックスを縦置き、横置きと組み合わせて真ん中にテレビを置くスペースを確保。ある程度の高さまで積み上げていけば立派な壁面収納が完成します。扉をつけたりインナーボックスを配置するとまた雰囲気が変わるはず。写真たてやオブジェを飾って見せる収納として楽しむのも良いですね。壁面収納にする場合は倒れてこないようにビスやL字金具、つっぱり棒などを使ってしっかりと固定しましょう。

6.ゲーマーにおすすめの背板なしのテレビ台


カラーボックスの背板をとってしまえば、ゲームやDVDプレイヤーなどの配線を阻害することなく綺麗に収納できます。このタイプのテレビ台はブロックを置き強化アップさせましょう。

7.収納する物に合わせて高さを調整


左側の高さがある棚には雑誌などを収納し、右側の低い棚にはDVDプレイヤーなどを収納。高さを自由に変えられるカラーボックスも販売されているので、収納する物の用途に合わせてカスタマイズすると良いでしょう。扉も高さや幅によて開き扉にしたり引き扉にするなどして使いやすい仕様にリメイクするのがおすすめです。

8.書類やプリントなどを収納するならこのサイズ


横置きしたときに高さが出るタイプのカラーボックスは、雑誌や書類の収納におすすめ。同じ種類のファイルボックスを並べると統一感が出てすっきりと収納できます。そのほかレコードや洋書などを収納するのにもおすすめです。

9.もはやカラーボックスに見えない!おしゃれなリメイク


ホームセンターなどで購入できるツーバイ材と呼ばれる木材と中空ポリカを使ってガラス扉風に仕上げたおしゃれなテレビ台。カラーボックスはテレビサイズに合わせてあえて2段のものを使用しコンパクトに仕上げています。ナチュラルテイストのお部屋にぴったりな素敵な作品です

10.インダストリアル風インテリアにおすすめ


100均で購入した素材を使ってロッカー風に仕上げた作品。木の板もペイントすればアイアン風の無機質な色味を再現できるんです!ワイヤーネットやとっても全て同じ色でペイントすればまるで本当に鉄でできたロッカーのようですね。

11.目隠し収納のアイテムは収納ボックスだけじゃない


収納ボックスだけでなく、写真立てやプラスチックのブロックなどを使った目隠し収納術。海外チックでかわいいオブジェや英字アイテム、サボテンなどのグリーンを配置しておしゃれに装飾すれば、テレビ台が主役のおしゃれなインテリアになります。

12.テレビだけじゃなくゲームや人形も収納できる


高さ、幅の異なるカラーボックスを組み合わせて作ったテレビ台。スペースがたくさんあるので人形やフィギュアなどのコレクションを飾ったり、ゲーム機器やソフトなども収納することができます。この場合は「見せる収納」として楽しみたいので扉や目隠しはない方が良いですね。

13.大型テレビはカラーボックスを連結して対応


大型テレビはある程度の幅がないとバランスが悪くなってしまいます。こちらの作品は、2段のカラーボックスを連結して使ってちょうど良い長さに アレンジ。テレビ台に合わせてカラーボックスを選ぶことも大切です。

14.リメイクシートでレンガ風にアレンジ


カラーボックスにリメイクシートを貼るだけで印象がガラッと変わります。ヘラやスクイーズ、スポンジなどで空気を抜きながら貼っていき、余った部分はカッターでカットすれば簡単にリメイクが楽しめますよ。レンガ風や大理石風のシートが100均でも購入できるので気軽に挑戦してみましょう♪

15.ほかの家具とテイストを合わせれば統一感が生まれる

テレビ台は、上段をあえて開けておき、ゲーム機など配線があるものを置くスペースに。テレビ台以外の家具も白×木目調で統一させ、リビングを締める家具のテイストを合わせると簡単におしゃれなコーディネートが完成します。

16.扉付きならリメイクなしでもおしゃれ

扉付きのカラーボックスなら置くだけでも十分おしゃれなテレビ台になります。こちらの画像のようにウッディなカラーボックスを使う場合は、壁にすのこや木材で作った棚を配置して植物を飾るなどテレビ周りをナチュラルな雰囲気にするのがおすすめです。

17.メタルラックを使った驚きのリメイク術


カラーボックスよりも少し低いキャスター付きのメタルラックを使えば、キーボードやマウスを置くスペースが完成。必要のない時はテレビ台の下に収納しておくことができるので邪魔になりません。このアイデアはゲーム機の収納にも使えそうですね。

18.置き方を工夫すればコーナーの空間もうまく活用できる


部屋のコーナーにテレビを設置する場合は、カラーボックスを斜めに配置してみましょう。ただ、こちらのようにおもちゃ入れとして使用する場合はテレビの落下、カラーボックスの転倒を防止するグッズを使って万全な安全対策を行なう必要があります。

19.ブルックリン風のおしゃれなインテリア


ブルックリン風のインテリアを目指すなら、木材・ブロック・モノトーンカラーを取り入れるのがおすすめ。画像のように扉や天板にOSB合板を使用すれば、よりおしゃれな雰囲気を演出できます。

20.テレビ台を超えた収納家具に


カラーボックスを並べて扉を取り付けたテレビ台。たくさんの収納スペースが確保できるので荷物が多い方におすすめです。部屋のメインカラーを白で統一すると清潔感があり明るい印象になりますよ。

21.ダークカラーのテレビ台には差し色をプラス


ダークカラーのリメイクシートを貼り、落ち着きのある印象にまとめた作品。ところどころ白を取り入れることで暗くなりすぎず、まとまりのあるインテリアに仕上がります。ヴィンテージ風のイラストを写真立てに入れて貼り付けるだけで、とてもおしゃれになりますね。

22.テレビ台を巻き込み趣味グッズの収納に


全体を木材で統一し、アルミ板やコルク板を加えてアウトドアな雰囲気を演出。趣味の釣りグッズやDIYグッズを隠さずにあえて飾ることで部屋の雰囲気にマッチし、男前でかっこいいインテリアになります。テレビ台にはキャスターをつけておくと掃除がしやすくて便利ですよ。

カラーボックスでテレビ台作るときにお勧めのメーカー5選

カラーボックスを活用し、自作でテレビ台を作るならどのメーカーが良いでしょうか。耐久性や幅、置けるテレビの重さなどに焦点をあて、おすすめのメーカーと厳選した商品をご紹介します。

ニトリ

幅:61cm
奥行:30cm
高さ:32cm
耐荷重:不明

縦にも横にも連結することができるカラーボックス。扉付きなので置くだけでおしゃれなテレビ台になります。耐荷重の記載がないため、どれくらいの重さのテレビに耐えられるのかをニトリへ問い合わせてみました。すると、そもそもJコンボシリーズは耐荷重設定がない商品のため、具体的な耐荷重については答えられないが、このカラーボックスの幅に収まるテレビなら耐えられるとの回答でした。

販売ページのように横置きでふたつ連結させた場合、幅の長さは122cmとなるため、55型(インチ)までのテレビにを置くことができますが、幅ギリギリとなってしまいバランスが悪いので、42型(インチ)くらいまでのサイズにとどめておいた方が良いでしょう。

IKEA/イケア

幅:42cm
奥行:39cm
高さ:147cm
耐荷重:30kg

イケアで人気のカラックスシリーズ。最大耐荷重30kgなので、30kg以下の42型(インチ)55型(インチ)までのテレビに対応することができます。横置きにして使用するので、高さ:147cmが幅になります。幅的にも最大55型(インチ)までのテレビを置いても余裕がありますね。

無印良品

幅:37.5cm
奥行:29cm
高さ:180cm
耐荷重:棚板1枚15kg・全体約40kg

パルプボードでできたカラーボックス。40kg以下の60型(インチ)までのテレビに対応することができます。横にしてもA4サイズのものが入るので雑誌やファイルケースなどを収納したい方におすすめです。

アイリスオーヤマ

幅:41.5cm
奥行:29cm
高さ:88cm
耐荷重:棚板1枚30kg・全体約80kg

重さに耐えられるカラーボックスといえばアイリスオーヤマの製品。55型(インチ)60型(インチ)など大画面テレビにも対応できますが、横にしたときの幅が88cmと短め。40型(インチ)以上のテレビは、テレビ台からはみ出してしまうので、繋げて使用しましょう。

パール金属

幅:26cm
奥行:16cm
高さ:56cm
耐荷重:棚板1枚あたり約5kg

5kg以下の24型(インチ)までのテレビに対応可能。横置きしてもDVDや漫画は収納できる高さがあります。場所を取らないので一人暮らしの方やワンルームにお住いの方におすすめです。

カラーボックスを使って自分だけのオリジナルのテレビ台を作ろう

いつも同じようなインテリアになってしまいがちなカラーボックスも、リメイクしたり周りをアレンジするだけで見違えるほど素敵になります。あなたも思い通りのテレビ台を作ってお部屋をおしゃれにコーディネートしましょう。