カラーボックスを机にDIY!高さを考慮すれば子供にも大人にもマッチするおしゃれデスクができる

カラーボックスで机を作るときにおすすめのメーカー5選

カラーボックスで机を作るときにおすすめのメーカーとおすすめ商品をご紹介します。ぜひカラーボックス選びの参考にしてくださいね。

1.ニトリ

幅60.9×奥行29.8×高さ71.8cm 耐荷重:棚板1枚あたり約10kg ニトリのネット限定のカラーボックス。固定棚板の天板・底板の位置を自由に変えることができます。A4サイズが収納可能なので書類やノートなども整理できるので、机のリメイクにぴったりです。 ニトリのカラーボックスニトリのカラーボックスは本当にお値段以上?購入&組み立てた本音レビュー

2.アイリスオーヤマ

幅41.5×奥行29×高さ59cm 耐荷重:棚板1枚あたり約30kg・棚全体50kg 耐荷重に優れたカラーボックスと言えばアイリスオーヤマの製品。棚全体で50kgまで支えることができるので、ミシンやアイロン台などを使用する作業台やプリンターなど重い物を置いても大丈夫です。

3.コーナン

幅39×奥行29.2×高さ89.7cm 耐荷重:棚板1枚あたり約7kg タナクイックというオリジナル部品を採用しているため、工具不要で組立が可能なカラーボックス。簡単に組み立てができるのでDIY初心者の女性にもおすすめです。高さがあるので高めの椅子をおいてドレッサー机として使うのも良いでよう。 コーナンカラーボックスコーナンのカラーボックスは完成度が高い?購入して組み立てた本音レビュー

4.楽天

幅42×奥行29×高さ89cm 耐荷重:棚板1枚あたり約5kg・棚全体20kg 同じカラーボックスが2個セットになったカラーボックス。CDなら最大444枚、DVDなら最大156枚、漫画(コミック本)なら最大156枚と、とにかく大容量の収納ができるカラーボックス。色も豊富でパステルカラーは女性や子供におすすめです。

5.アマゾン

幅34.5×奥行29.5×高さ34.5cm 耐荷重:約5kg 幼児向けのキッズデスクを作るときにおすすめ。「フタあり」「棚つき」「ノーマル」の3種類から選ぶことができるので、絵本やおもちゃなど収納するアイテムを考慮して選びましょう。

カラーボックスで作る机はあなただけの宝物

カラーボックスで作る机は、スペースにぴったり収まるサイズ、インテリアや好みにあった色で自分仕様にカスタマイズすることができます。既製品にはない手作りのあたたかみとオリジナリティが溢れる唯一の作品。きっとあなただけの特別な宝物となるでしょう。 【カラーボックス収納完全ガイド】インテリアに映えるカラボ活用術129選